ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアルがドルトムントのヴァイグルを熱望か?!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト

スペインで噂

レアル、ドルトムントのヴァイルを熱望か?!





entry_img_1153.jpeg
引用元:BILD



レアルはヴァイグルを獲得するつもりだろうか?

レアル・マドリッドはドルトムントのミッドフィルターである、ユリアン・ヴァイグルに甘い視線を向けている。スペインの新聞“AS”が伝えたところによると、素晴らしいシーズンを送った今、早く彼を獲得したがっているようなのだ。

スポンサーリンク





しかしドルトムントは彼を留めるつもりだ!!



ヴァイグル自身は、“AS”からの噂を光栄なことだと感じているようである。しかしBVBはこの若き至宝を手放すつもりはない。現在2019年までとなっている契約を2021年まで延長するつもりだ。


さらにレアルには別な問題もある。未成年の移籍のために、このチャンピオンズリーグ優勝チームはFIFAによって移籍禁止の措置をくらう可能性があるのだ。



いったいレアルはどうしてヴァイグルを熱望しているのだろうか?


この若い選手は、昨シーズン、2部のミュンヘン1860からブンデスリーガのBVBへと移籍してきた。彼はケルン戦(2:2)では214回のボールタッチを記録し、これがブンデスリーガ記録となっている。さらにヨーギ・レーヴ監督はこの夏、ヴァイグルをユーロ大会のメンバーに加えた。最終的に彼は大会でプレーする事はなかったけれど、それでもこれは大きな成果だろう・・・。


それに加えてヴァイグルのパスの91.8%がチームメートにわたっている。素晴らしい数字だ。
噂によるとパリ・サンジェルマンが彼に興味を持っていたようだ。


そして今度はレアルが・・・。





以上です。


ゲッツェらが加入してい移籍の話題が少なくなっていましたが、また噂が出てきました。まあこれは現実しないと思いますが、ヴァイグルもすっかり重要な選手になりましたね。早く契約延長してほしいです。

それからライトナーのラツィオ行きが決まりましたね。4年契約を結んだようです。イタリアでの活躍を期待しています!

[ 2016/08/13 07:25 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(5)
レアルに今移籍してキャリアとしての得があるのかな?
ああいうクラブはその時々で最も最高の選手をカネに糸目をつけずに買い揃えてチームを作る
だから今ヴァイグルが行ってもそういう選手のバックアップかなと
仮にその立場で成長をしたとしても3年後5年後には同ポジションで大活躍している他クラブの選手をまた高額で買うんだよね
エジルですら簡単に放出するクラブだよ

良く言えば世界トップレベルで競争できるとも言えるけど、どう転ぶかはその時々のレアルの調子次第、マーケットやビジネスの思惑次第
少なくとも育成に手厚く選手を大切にするクラブには見えないんだけどな

まあ本人次第だけどね
[ 2016/08/13 10:11 ] [ 編集 ]
ライトナーはラツィオで頑張って欲しいですね。実力を出せれば、おそらく堅実な評価を受けられると思います。

ヴァイグルの移籍情報は今後に向けたリストアップ程度ではないでしょうか。
[ 2016/08/13 12:18 ] [ 編集 ]
将来はレアルではなく、バルセロナで見たい選手。
[ 2016/08/13 17:01 ] [ 編集 ]
「214回のボールタッチを記録し、これがブンデスリーガ記録となっている。」
「ヴァイグルのパスの91.8%がチームメートにわたっている。素晴らしい数字だ。」
「最終的に彼は大会でプレーする事はなかったけれど」

 あーやっぱり出してもらえなかったんだね。
 普通はこれだけの数字を記録していれば、ドイツ人の多くが気にする結果が出てくるはずだけど、何故かそこスルーするよね。香川にだったらそれこそ、ゴール数とアシスト数で槍玉に挙げるのに。

 むしろこれだけの数値を出しててそれが結果に結びついてないところを重要視すべきだと思うけどなぁ。チャレンジしていないとか、無駄なパスが多いとか、パスは出したがそれが的確じゃなかったとか、パススピードが遅かったんじゃないかとか、停滞の原因になってたんじゃないかとか。そういう分析がなければ、こういう数値はただのボール遊びでしかないからね。もちろん結果だけにとらわれてもいけないけど、ボールが集まってるからこの数値になるわけで、それが1つも結果に結びついていないというのは、むしろ恐ろしいと思うけどなぁ。
[ 2016/08/14 01:47 ] [ 編集 ]
ヴァイグルの素晴らしいところは、あれだけタイトなマークで2人くらいに寄せられても、平気でフェイトやドリブルでかわして前にパスを出せるところですね。
マークを剥がせば、もうあとは一気にビッグチャンスになりますからね。
こういうプレーがまさにビッグクラブのトッププレーヤーである証です。
バルセロナ、レアルマドリード、マンチェスターシティ、PSGと、メガクラブばかりに注目を浴びているのも、やはりスカウトはしっかり見ていると思わされます。
ペップもドルトムントはヴァイグルがいなければ成り立たないと言ってましたからね。
今シーズンはまたさらに市場価値がとんでもなく跳ね上がるのは間違いないです。
敵をいなす堂々としたプレーは、香川に一番見習って欲しい部分でもあります。
[ 2016/08/14 19:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。