ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBテストマッチに3:0で勝利!絶賛されたのはゲッツェ!ドイツ紙《ドイツの反応》




前回、90分間ベンチだったゲッツェの記事を取り上げましたが、今回はテストマッチ後の記事を取り上げます。


ビルト



ベンチ・フラストレーションの後で!

ゲッツェがザントハウゼンで旋風を起こす!



entry_img_1160.jpeg
引用元:BILD


マリオ・ゲッツェにとってはスーパーカップの代わりにザントハウゼン・・・・

スポンサーリンク




このカムバックを果たした選手は0:2で敗れたスーパーカップバイエルン戦では90分間ベンチに座っていた。彼はトーマス・トゥヘルによって温存されたのだ。彼はチームに合流してから2週間しかたっておらず、まだ仕上がりが遅れているのだ。



そして、スーパーカップに出れなかった代わりに、月曜日に行われた2部リーガのザントハウゼンとのテストマッチに出場することを許されたのだ。



ゲッツェは3:0と勝利を収めた試合で72分までプレーし、アンドレ・シュルレのゴールをアシストしている。



ワールドカップ優勝者で親友でもあるシュルレの隣で彼は、旋風を巻き起こし、一日前のベンチ・フラストレーションを追い払った。力強いパス、力強いドリブルの数々。ゲッツェは2011年と2012年の優勝時の状態に向けて、徐々に魔法を見せ始めている。


公式戦に出場する次のチャンスは、月曜日にトリーアでポカール一回戦の試合が行われる。







以上です。
普段は記者の名前が出るんですが、今回の記事にも名前が載っていません。記者が休暇中で研修生が書いているのでしょうか、という程内容のない記事ですね。せめて2得点したシュルレにもう少し光を当てても良いのではないかと思うのですが。同じドイツ代表なのに・・・。


ちなみにビルトの記事のドイツ人の扱いの一例ですが、ドルトムント最大のファンサイトであるシュヴァッツ・ゲルプのフォーラムでは(アカウント制)ではビルトの記事を引用してスレッドを立てることが禁止されています。


まあそのあたりを踏まえていれば、更新数も多く、笑える記事も多いですし、なんといっても移籍の話題が大好きですから、それなりに楽しめますが・・・


話は変わりますが、来週はポカール一回戦でトリーアと対戦しますね。先日職場の同僚とポカールの話になりましたが、その同僚は地元近くの、旧東ドイツのイェーナというチームを子供のころから応援しているそうで、一回戦の相手がバイエルンになったことを嘆いていました。

イェーナは東ドイツ時代は強く、国際試合にも良く出場していたようで、ローマなど強豪がイェーナまで来ていたようです。そしてその時にローマでプレーしていたのがアンチェロッティで、ホームで4:0でローマを破ったことは未だに忘れられない思い出とのこと。イェーナは現在4部リーグで12ポイントと首位に立っており、是非とも3部リーグに上がって欲しいと言っていました。

ちなみにイェーナのサッカーチームの正式名称はカール・ツァイス・イェーナですが、カール・ツァイスと言えば、カメラの素晴らしいレンズを作っている会社として、カメラファンの間では有名ですね。

ちなみに管理人はまだイェーナには行ったことがありません・・・・


※言葉遣いの荒いコメントは承認されませんので、ご協力ご理解お願いいたします。
[ 2016/08/16 16:40 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(29)
記者の名前が出ないということは、どういう記事なのか理解しているということでしょうね。
[ 2016/08/16 16:55 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
この試合のハイライトしかみてないのですが、ゲッツェがそんなに良かったとは思えませんでした。かなりGKの質、DFの質に左右された試合でした。
[ 2016/08/16 16:55 ] [ 編集 ]
イメージ操作が着々と進んでますね
[ 2016/08/16 17:06 ] [ 編集 ]
シュルレにアシストしたのはゲレイロとモルなんですけど・・・
ゲッツェが旋風を巻き起こした? 良くてそよ風でしょう。
メチャクチャな記事ですね・・・本当に研修生が書いたのかも?
[ 2016/08/16 17:06 ] [ 編集 ]
ゲッツェのプレー内容は絶賛には程遠いしアシストもゲッツェではなくモルですね
こういう扱いはゲッツェの為にも良くない
なんだかゲッツェがかわいそうになってきました
[ 2016/08/16 17:13 ] [ 編集 ]
もうゲッツェに活躍して欲しくて仕方がないんでしょう・・
どう考えても一番躍動してたのはシュールレです
[ 2016/08/16 17:26 ] [ 編集 ]
トゥヘル好みじゃないとしても、レーブが視察するから使え、と来たら逆らえないような
試合もあるでしょうね。ドイツもワールドカップ予選が始まるからユーロのようなことはやりたくない

クロップは自分の地位を確立してるので、外国人選手でも割とフェアに扱ってくれましたが、
トゥヘルはこれからキャリアを築こうとしてる監督なのでその辺を求めるのはキツイ
[ 2016/08/16 17:31 ] [ 編集 ]
見れなかったんですがほか誰が出てたんでしょうか
[ 2016/08/16 17:45 ] [ 編集 ]
アシストしたのはエムレ・モルですよ…
背が低いので間違えたんでしょうか…
[ 2016/08/16 17:51 ] [ 編集 ]
この記事は…さすがに的外れすぎて笑わざるをえない。
ゲッツェは明らかにまだコンディションが良くありません。
良かったのは最初の十数分くらいまで。
素晴らしかったのはシュールレ、ゲレイロ、モル、それからヴァイグルでしょう。
特にゲレイロはシュメルツァーよりはるかに上なので、もうスタメンで出てもらいたいですね。
[ 2016/08/16 17:57 ] [ 編集 ]
ゲッツェ上げ
こんにちは。いつもありがとうございます。楽しく読ませていただいております。
しばらく、ドイツメディアの非論理的な『ゲッツェ上げ』それに応じた『香川下げ』が進みそうですね。
今年の初旬に香川が戦術に合わないことを理由にベンチからも外されたことがありましたが、あれもメディアが本人の状態に反して、不調、と報道し続けていたら、いつの間にか不調で外れたことになっていたのに驚くばかりです。メディア怖いです。
[ 2016/08/16 18:11 ] [ 編集 ]
ワールドカップチャンピオンのシュールレはドッペルでしたよね…
勘ぐりたくないですが、やはり諸々勘ぐってしまいますね。
[ 2016/08/16 18:55 ] [ 編集 ]
ゲッツェは誰に気に入られてるのかしら?
[ 2016/08/16 18:56 ] [ 編集 ]
笑っちゃいますね〜。ワールドカップ優勝者のゲッツェが、ワールドカップ優勝者のシュルレにアシスト‥ワールドカップ優勝者ゲッツェが旋風を起こし、魔法使いとなるか〜。Euroは無かった事になっているんだな〜〜。
頑張れ、手の平返しに会わないように。
[ 2016/08/16 19:17 ] [ 編集 ]
スーパーカップにゲッツェが温存された?
トゥヘルはまだバイエルン戦のような激しい試合に出れない状態だとコメントしてましたよね
アシストした選手間違えてるし笑えましたw
そう言えば、一番ゲッツェ上げが顕著でスーパーカップも最後までゲッツェ先発と予想してたキッカーはおとなしくしているんでしょうか
親善試合だから採点つけないようだけど、採点つけるとしたら謎の高採点で2くらいつけるんでしょうね・・
[ 2016/08/16 19:33 ] [ 編集 ]
こりゃアシストだけでなく、おそらく様々なプレーがエムレ・モルとごっちゃになってるね。
後半はゲッツェは消えてましたが、モルが中央にどんどんドリブルで入ってきて好き放題やってましたからね(笑)
まあ…ただあのハチャメチャでは、モルがスタメンで出ることは皆無でしょう。
ゲッツェは目立たなかったけれど、前半は堅実なプレーを見せてましたよ。
最初の方はひらめきのスルーパスなんかも何回か見せていて、まあまだ体が持たないようなので調子が上がれば期待できます。
ロスト祭りの若手選手とは、やはり安定感や風格が違います。
[ 2016/08/16 19:51 ] [ 編集 ]
カール・ツァイスて付けられるんだ
[ 2016/08/16 19:54 ] [ 編集 ]
2部のそれも2試合終わって4失点しているような現在下から3番目のクラブですからザンクトハウゼン
モルはよくも悪くも面白い選手だなと思いました
ゲッツェはやっぱりまだ絞れてないなと思いました
[ 2016/08/16 20:14 ] [ 編集 ]
研修生ならこんな記事書けないと思いますけどね。正式採用されなくなっちゃうよ(笑)。意図があって特定の方向に誘導する記事を書きたいけど、署名記事じゃ引き受けてくれる記者がいない、といったところかな?ドイツは先のユーロのこともあるし、W杯予選もあるし、ドイツサッカー協会の動きは気になりますね(心配が大部分を占めますが)。
[ 2016/08/16 20:54 ] [ 編集 ]
さすがにシュールレが気の毒になってきた。大げさすぎるゲッツェ絶賛記事にはどん引きですよね。まあゲッツェもコンディションが上がれば本来の輝きを見せて行くでしょうが。
[ 2016/08/16 21:00 ] [ 編集 ]
ゲッツェ報道って毎回、ドイツ車マーケティングと一緒やと思う事が多い
[ 2016/08/16 21:20 ] [ 編集 ]
ドイツ代表ってだけで怖いよね。ギンターが去年絶賛されてたのに、ドイツ代表でレーブに嫌われると解ると
クラブでも外されトゥヘルに冷遇されるんだから。ドイツ人なのに

オリンピックはセットプレーで点取りまくってるギンターが見れて何よりなのですが
[ 2016/08/16 22:25 ] [ 編集 ]
今後のゲッツェのプレーのクオリティの向上。スタメンになれるかどうか?が、
バイエルンとの力の差の目安になるのではないだろうか?

ドイツメディアや協会の思惑にのったり、クオリティが上がらないのに人気取りのためにスタメンにしてしまったらバイエルンには追いつく事はできないでしょうね。
[ 2016/08/16 22:50 ] [ 編集 ]
 話題性のある選手をピックアップするのは普通ですね。私でも、移籍直後の選手が紙面の一面に出ているほうが関心を持ちます。
 腕利きなビルドの記者さんは移籍市場が閉まるまでの一ヶ月間は移籍関係で多忙だと思うので、そのあたりも踏まえたほうがいいかもしれませんね。
[ 2016/08/16 23:09 ] [ 編集 ]
メディアがとかドイツ協会がとか気にし過ぎでは?
多少はあるでしょうけど新加入選手にスポット当てるのは普通では?
自分としてはもっと娯楽らしくサッカーが見たいなぁ。
レーブがギンタ嫌いって情報のソースはどこですか?
ゲッツェが今のままだと香川はレギュラーでしょうし同じチームの選手をディスっても仕方ないんじゃないかなぁ。
下位相手には試すかもしれないけど。
もっと楽しんだらいいんじゃないかな。
[ 2016/08/17 00:12 ] [ 編集 ]
「ソースを示せ」…海外メディアの資本・色(イデオロギー等)や海外メディア同士の提携、海外メディアと国内メディアの提携など、メディアそのものについての知識が無いと逆にソースを提示することで誘導する結果となることもあるからね。コチラの管理人さんが他と違うのは、ドイツ国内のメディアについての説明があったりすることで、すごく面白いと思いますね。日本のメディアなんかは引用元のメディアについての説明なんて一切せずに(イデオロギーが近い提携メディアであることも隠す)、その国の総意であるかのように報道したりしますから。
[ 2016/08/17 04:36 ] [ 編集 ]
メディアの注目はゲッツェに任せましょう、こうなったら!
記者も書きやすいんでしょうね

まぁトゥヘルが周囲に流されず主観にとらわれず判断していけばいいことなのでね
その辺もトゥヘルに問われる手腕のひとつですからやってもらわないと
昨シーズンは監督の判断に疑問符がつく所が多々あったので今シーズンは違うぞという所を期待しています

この試合を見て感じたことは
ゲレイロとシュールレがそれなりに調子が良さそう
モルは戦術という概念がないのでは?色々な面でスタメンは当分先でしょうか?
プリシッチはビルバオ戦はポジショニング等結構ひどかった印象ですが、この試合は改善されていた様に見えました
ゲッツェはコンディションをねまず整えてください
相手が下手で助かりましたが、簡単にゴール前まで運ばれるシーンが割とあった気がしました
位ですかね
親善試合ですが、お互いにそれなりに調整できたのかな
[ 2016/08/17 07:59 ] [ 編集 ]
レーブがギンター嫌いってソースはどこですか?って管理人さんが訳してくれてるよ
ギンターのカテゴリーにある

管理人さんが訳してる記事以外にもギンター、レーブ関連の記事は探したらあるし
読めないなら機械翻訳でも使えば解る。
あの試合後のレーブのコメントは結構強烈だった。テロが強烈でドイツ代表の話なので
日本じゃ翻訳されてもないけど
[ 2016/08/17 15:45 ] [ 編集 ]
協会主導とか別にドイツだけの話じゃないですよね。
日本でもうん?と思う選手の記事が多いのか腑に落ちないと思ってたら、
ああ移籍を控えてたんだ、とか代表呼ぶためか、とかどこが主導してたか後で解る記事も日本でもあるから。
この他に代理人主導とか、クラブ主導とかいろいろあって読んでる方が裏を考えてしまう程、情報過多になったというか

一番最悪なのは、日本のメディアが全部「ドイツ地元誌」とか「イギリス地元誌」とかひとまとめにして
原文読んだときは、トイレットペ―パーか、とドスルーしてる記事でも、日本では強力なスポーツジャーナリストが
日本人選手にそういう評価をしてるという感じにみせかけたWEB記事があふれてる事ですかね
fluをインフルエンザと訳し続けるとか、頑張れをfight(殴り合いの喧嘩しろ)と教えるとか日本の英語教育にも
大問題があるのでしょうが、誤訳というおまけがついてくるのも珍しくない。

記事を書くのが楽だからと海外の地元誌はこういってるからーと引用ばかりでファンなら
誰でも賭けそうな文をあげてても外国人がいうからそうなんだ、と納得してしまう人がいるという根深い問題もあるけど
これだから、ドイツ車マーケティング方式は成功するんでしょうね
[ 2016/08/17 16:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。