ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブンデスリーガ、優勝するのはどのチームか?監督にアンケート!トゥヘルは明言せず!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】8月16日




ブンデスリーガ、アンケート


監督たちはバイエルンと予想!トゥヘルだけが明言することを拒否!




entry_img_1162.jpeg
引用元:西ドイツアルゲマイネ新聞



エッセン:FCバイエルン、他にいったい誰がいると?ブンデスリーガの監督たちは、アンケートの結果、ほとんどアンチェロッティの下でバイエルンが27度目の優勝を果たす事で意見が一致している。しかしどの監督もより緊迫感のあるシーズンを期待している。

スポンサーリンク



FCバイエルン・ミュンヘンは今シーズンも普通ではない力を見せ、27度目の優勝を果たすだろう。これがブンデスリーガ18チーム監督の、大部分の意見だ。このアンケートはドイツ・プレス・エージェントによって開幕に向けて行われたものだ。



そのバイエルンを追いかける存在としては、ボルシア・ドルトムントとバイヤー・レヴァークーゼンの名が挙げられている。監督たちの目にはシャルケやグラートバッハはそう映らなかったようである。



ヘルタのパル・ダルダイ監督ただ一人だけが、バイエルン以外の優勝を予想している。バイエルンではなくてバイヤーだ。“今回レヴァークーゼンが予想に反して優勝するだろうね。非常に危険なチームだよ。”とヘルタのコーチは語る。その理由は“素早さと良い監督がいるからね。だからバイヤーは良くやると思うよ。それにバイエルンばかりが優勝したら退屈じゃないか。”と語った。



最初のスーパーカップでドルトムントを制しタイトルを獲得したアンチェロッティは、“ブンデスリーガには良いチームがたくさんある。”とみているようだ。これらのチームがマッツ・フンメルスとレナート・サンチェスを加えてさらに力を増したバイエルンを脅かす可能性があるとのことだ。“ドルトムントが一番の競争相手だろう。彼らは本当に素晴らしく、そして才能多い若い選手を獲得した。”とこのイタリア人はほめたたえている。また彼はレヴァークーゼンの台頭の可能性も頭に入れているようで、“僕は今シーズンは非常に緊迫した優勝争い時なると思うよ。もちろん僕らが勝つことを望んでいるけどね。”と語っている。




シャルケ監督ヴァインツィールはバイエルンと予想



彼と他の15人の監督はバイエルンが5年連続で優勝すると思っているようだ。彼らの発言を引用すると、“優勝候補第一だね(マインツ:シュミット)”、“バイエルンが優勢だろう(スクリプニク:ブレーメン)”、“FCバイエルンがまた圧倒的な力をみせるだろう。(コヴァチ:フランクフルト)”となっている。さらにハンブルクのラバッディア監督、ナーゲルスマン(ホッフェンハイム)、ヴァインツィール(シャルケ)らもバイエルンの優勝を明言している。




BVBの監督トーマス・トゥヘルだけが明言を避けている。彼はイルカイ・ギュンドガン、フンメルス、ミキタリアンら移籍の後で全く新しいチームを作らなければならないが、それでもバイエルンの競争相手とみられている。彼は明言をさけ、“まあどうなるか見てみようじゃないか・・”と語った。



バイエルンの優勝を阻止してほしい、という望みは大きい。昨シーズン、ドルトムントは最終的に10ポイント差になるまで、長い間優勝争いを繰り広げた。2015年にはバイエルンは2位のヴォルフスブルクに10ポイント差、2014年には19ポイント、2013年には25ポイント差(どちらも2位はドルトムント)をつけて優勝している。




ポイント差は縮まらなければならない




その他の監督のコメント(管理人まとめ)


ダルムシュタット・ノーベルト・マイヤー:“もちろん優勝争いが緊迫したものとなったら面白くなるだろうね。”



レヴァークーゼンのロガー・シュミット:“優勝候補”をできるだけ苦しめることを目標に掲げている。またバイエルンとのポイント差が小さくなり、タイトル争いがより緊迫したものとなるぐらい競争は大きくなるだろう。



コシンスキー(インゴルシュタット):“予想に反して優勝争いに加わるチームが出てくるだろう。”



ヘッキング(ヴォルフスブルク):“優勝はバイエルンだろうが、その後ろの順位争いはし烈なものになるだろう。”



シュトライヒ(フライブルク):“ドルトムント、レヴァークーゼン、シャルケ、グラートバッハが来るだろうね。だけどバイエルンが優勝する可能性は十分あるよ(ユーモア)。”





以上です。


後半の監督の発言部分は、元記事だと、監督の発言(場合によっては一単語だけ)を引用しながら記者が文章を書いていて非常に読みづらかったので、監督の発言だけ抜き出しました。しかし引用によってズタズタに切断された文章をつなげただけなので、彼らが本当にどのように発言したかはわかりません。でもまあだいたいこんなものだろうと思います。

トゥヘルはさすがにバイエルンが優勝するとは言わなかったようですね。そこはドルトムントというべきだと思いますね。それにしてもブンデスリーガの監督は情けないですね。このようにしてみんなバイエルンに簡単に3ポイントを与えてしまうから面白くなくなるんです。

以前は下位チームは絶対バイエルンを倒して金星を狙う、ぐらいの気迫があったのですが、最近はこれですからね。これが大量ポイント差につながっているんだと思います。

どのチームの監督にも、優勝はバイエルンかもしれないが、直接対決には勝つ!ぐらいの事は言ってほしいものですね。






[ 2016/08/17 18:10 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(11)
最後の方のコメントの辺り全くその通りだと思います。
これはドルトムントの最多ポイントにも繋がっていると思います。
[ 2016/08/17 18:17 ] [ 編集 ]
もちろんこれらのコメントの全てを額面通りに捉えるのは間違いだと思いますが、ここまで意見が固まってしまうと少し寂しいですね。 バイエルンが5割、ドルトムントが2~3割、ほかで2~3割、という感じだと思いました。
とはいえ、初めにも書いた通りで、腹の中ではどう思っているかは分かりません。ですので、刺激のある面白いシーズンを期待します。
[ 2016/08/17 18:35 ] [ 編集 ]
今のバイエルンは完全体になってしもうてるから・・・・
盤石すぎるやん。
他チーム監督としてはCLのトップクラスで争っててくれこっちは残留EL,CLの皮算用でソレどころじゃないっていう考えなのでは
バイエルンにはどうせ他のチームも負けるしドルトムントはまあ引き分け狙いつつみたいな(笑)
[ 2016/08/17 18:44 ] [ 編集 ]
どのクラブもバイエルン戦はハナから諦めてて休養週に充ててるフシもあるからなあ
そういうクレバーさってつまらないですよね
やっぱりドイツ国内には「バイエルン=大正義」みたいな雰囲気があるんでしょうか?
勝てなくともせめて苦しめる事ができれば面白くなると思うので、ドイツのメディアにそういうムードを盛り上げてってほしいですけどね
[ 2016/08/17 18:55 ] [ 編集 ]
いわゆる戦う前から負けているって奴ですかね
バイエルン一強時代を早く脱してほしいです
[ 2016/08/17 19:35 ] [ 編集 ]
実際どう語ったかはわかりませんが、トゥヘルの答えは個人的に好きですね。
好意的に見過ぎかもしれませんが、静かな闘志を感じます。悪く言えば弱気なのかもしれませんが。
[ 2016/08/17 19:50 ] [ 編集 ]
トゥヘルはスーパーカップ前にバイエルンはかなり先を行っている、我々が争うのはレバークーゼンかボルシアMGだろうと発言していませんでしたか?
スーパーカップで手ごたえを感じたのでしょうか?
[ 2016/08/17 20:41 ] [ 編集 ]
 ヘルタのダルダイ監督は面白いですね。私は彼の予想が当たる可能性が僅かですがあと思います。
 レヴァークーゼンは良い補強を重ねてチームとして仕上がってきている段階ですし、シュミット監督は優秀。ヘップ率いるバイエルンに勝ったこともあります。劣る戦力で格上に勝負を仕掛けられる監督さんですから、まさか、があるかもしれない。楽しみです。
[ 2016/08/17 21:20 ] [ 編集 ]
今シーズンはブンデスよりもやっぱりCLが楽しみです。
世界から認めてもらえたり注目されるのはやっぱりCLなので。
[ 2016/08/17 22:54 ] [ 編集 ]
審判までバイエルンだとやる気も萎えますからね
PKぐらいとってほしいもんです
[ 2016/08/18 06:49 ] [ 編集 ]
まぁバイエルン、ドルトムント、レバークーゼンの順番は妥当ですね。
ドイツでは嫌われているようですが、個人的にはライブツィヒに期待します。
さすがに昇格初年度でそんなに勝てるとは思いませんが、去年もインゴルシュタットやダルムシュタットは健闘していましたし・・・
[ 2016/08/18 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。