ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント地元紙、ズボティッチの扱いでドルトムント批判!!《ドイツの反応》




ルーア・ ナッハリヒテン




BVBコラム

ネヴェン・ズボティッチに対する扱いは悪いやり方だ



entry_img_1167.jpeg
引用元:ルーアナハリヒテン
スポンサーリンク



ドルトムント:ネヴェン・ズボティッチは2008年からボルシア・ドルトムントのメンバーに属しており、長い間レギュラーだった。彼はBVBで2度優勝し、2012のダブルに貢献。さらに2013年のウェンブリ―の決勝戦では、ほぼゴールだと思われたボールをライン上でセンセーショナルにクリアした。彼は単なるBVBのプロ選手ではなく、黒と黄色の一時代を築いた選手なのだ。



だからそれだけに、先週の土曜日に行われたチームのプレゼンテーションで彼の名前が全く出てこなかったのは不思議である。彼は確かに健康面の理由から移籍が破談になったが、今でも彼の名前はBVBのリストに載っている。




“話し合いの結果”


ポカール決勝ではズボティッチはチームのホテルに泊まることが許されなかったが、水曜日に行われたチームのメンバー撮影にも彼の姿はなかった。クラブは記者がそのことに関して質問した後でようやく、そっけなく答えただけだった(双方話し合った結果)。


201608200311090fd.jpeg
引用元:BVB公式ツイッター



これはチームに貢献し、まったく罪のない選手の扱い方として非常に悪いやり方だ。そしてこれは“本物の愛”をモットーとするクラブに相応しくない。







以上です。


本当にズボティッチの扱いだけは理解できません。何人も干された選手はいましたが、チャンスを全く与えられなかったのは本当に彼だけですね。ベンダーも前半戦干されましたが、後半戦になってからはいきなりセンターバックで起用され始めました。本当に不当な扱いだったと思います。

とにかく、怪我を治して新しい移籍先(プレゼンテーションで名前すら出てこなかったとなると、治ってもメンバー入りすることはないだろうと思っています。)で活躍することを祈っています。

[ 2016/08/20 06:00 ] ズボティッチ | TB(-) | CM(23)
スボは私も大好きな選手なので使わないなら使わないできちんと扱ってあげてほしかった。

所でドイツ女子優勝しましたね。ナイト監督ドイツ女子の監督歴が長いですけどすごいですね
[ 2016/08/20 07:27 ] [ 編集 ]
トゥヘルと喧嘩したのかね?
ホント昨シーズンの扱いと放出は謎
[ 2016/08/20 07:33 ] [ 編集 ]
クロップの愛弟子だったからな。
てっきり、リバポについて行くかと思った。
[ 2016/08/20 08:05 ] [ 編集 ]
もしかしたら、ヴァッケCeoは2連覇時代、クロップの薫陶を根強く受けた選手が、今、邪魔なんじゃないでしょうか?
[ 2016/08/20 08:09 ] [ 編集 ]
ズボティッチの扱いもそうだけどクバの扱いなんて他サポのおれから見ても気分悪いわ
監督だけの問題でもないだろうけどトゥヘルがあと少し早く来てればケールも放出されてたろうな
[ 2016/08/20 09:02 ] [ 編集 ]
やっと地元紙も気づいたか
グロクロやクバへの扱い見てもわかるだろ
[ 2016/08/20 09:08 ] [ 編集 ]
ドルトムントってこんなチームだったかなぁ。
なんだか凄いがっかり。
[ 2016/08/20 09:35 ] [ 編集 ]
選手が次々と移籍するのはこういうのも原因ではないかと思う。
香川が来年の夏に移籍しても驚かない。
[ 2016/08/20 09:56 ] [ 編集 ]
やたらとトゥヘルの望む動きができてないだのポゼッションに向いてないだの言われてたけど
CBが急な怪我や病気で人数足りなくなった時長期に干されてたのにも関わらず安定した
パフォーマンスで救ってくれたのはスボ
怪我人や病人が戻ったらすぐベンチ外になった
たしかに足元の技術は他に比べて足りないかもしれないけどギンターの最初の頃のCBの
守備はひどいもんだった
SBの控えでとったパクにDMFでチャンス与えてたんだからスボにももっと与えて欲しかった
使わないなら使わないで正直に話して昨季に移籍させれば良かったんだよね
ほんとスボの扱いには納得できないしドルのフロントへの信頼がなくなった
[ 2016/08/20 10:23 ] [ 編集 ]
 春頃の報道から察するに、とてもプレーできる体ではないと思うのですが、何かあったんですかね。単純にトゥヘル監督のメディア対応が悪く、誠実な説明をしないから要らぬ追求をされているように見えますけど。どうなんでしょうね。
[ 2016/08/20 10:31 ] [ 編集 ]
ペップはズボを穴だとみなしてたからペップ系の監督から見れば要らないとなるのかもね。
敬意を欠いた行為だと思うけどまあそういう組織になってしまったということなんでしょう。
[ 2016/08/20 10:38 ] [ 編集 ]
ドルトムントの情熱的な部分は、クロップと共に消えてしまったように思えてならない
[ 2016/08/20 11:03 ] [ 編集 ]
スボは干されて1年棒に無駄にしてしまったと思ったら、今度は病気でまた無駄な時間を過ごしてしまってるとか
切ないですよね。もっと早く言っておけばスボも行動できた

ロッベン煽るような気性の激しさとかあるのでなんか言ったのかもしれませんが、
あの気性の粗さでドルのゴールは守られサポーターとチームメイトにタイトルをもたらしてくれた
[ 2016/08/20 13:12 ] [ 編集 ]
スボティッチに関しては血栓症にかかったのがすべて
だったと思う。当時、チームは1週に2試合をこなす
必要があり、スボティッチにもアピールする機会はあ
ったはずだった。
フンメルスが去りバルトラがその穴を埋めている現在
スボティッチはCBの序列で4、5番目でありトゥヘル
の構想に含まれていない。
[ 2016/08/20 13:50 ] [ 編集 ]
スボティッチについては代表選択の過程を見ても「対立を厭わない」選手であろうことは分かります。が、トゥヘル以降のドル(幹部含む)は選手への対応で不可解な部分が多いですよね。スボティッチは突然先発起用された試合でもそんなに悪くはなかったん印象なんですけど、その後の扱いも変わらず。正直、違和感を感じることが多くて、ドル関係はいつもモヤモヤしてます(笑)
[ 2016/08/20 14:07 ] [ 編集 ]
ゲッツェに向けた愛の一割でも分けて欲しいもんだね
[ 2016/08/20 14:21 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。

クバにも同じだったし残念の一言につきます。
せめて冬には移籍させてあげて欲しいです。
[ 2016/08/20 14:36 ] [ 編集 ]
二連覇時のクロップの遺産はもうシュメピシュチェク香川ベンダーくらいか?時代は変わりますねえ
[ 2016/08/20 15:08 ] [ 編集 ]
シュバイニーの扱いに対して、ドイツメディアの多くがマンUを非難しているなかで、スボに対するドルの扱いも最悪だ、とそんな流れかな?

まあ、スボだけじゃなくクバもグロクロもチャンスさえ与えられなかったのは酷いもんだったし、キャプテンだったフンメルスが見限るような発言をして出て行き、重用したムヒですらあっさりと出て行ってしまう始末だから、選手と監督や経営陣がゴタツイているのは確かなんだろうけど……。
[ 2016/08/20 16:15 ] [ 編集 ]
クバの扱いといいひどすぎる、真実の愛とはなんだったのかな
[ 2016/08/20 16:29 ] [ 編集 ]
まあ何かしらの誤解も表面的にしか見れないサポ側に与えてるんだろうけど、選手の扱いは宜しくない
[ 2016/08/20 18:01 ] [ 編集 ]
2連覇の功労者を次々とリスペクトのないやり方で放出。主力が3人も移籍。うち1人はキャプテンが古巣に出戻り、1人は監督のお気に入り。
これ見てるだけでも選手と監督、フロントが上手くいってないのかねと思いますね。
[ 2016/08/20 19:02 ] [ 編集 ]
「真実の愛」はクロップ時代のチームに似合うスローガンだね。
[ 2016/08/20 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。