ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ミキタリアン!マンUではベンチ要員の可能性も?ドイツ紙《ドイツの反応》




90Min



補欠のために4200万ユーロ?だからモウリーニョはミキタリアンをベンチで燻らせた。



entry_img_1172.jpeg
引用元:90Min



マンチェスター・ユナイテッドの背番号22番は4200万ユーロでボルシア・ドルトムントから移籍した。彼はホセ・モウリーニョ監督にとっては単なる選択肢以上の存在となるとされていた。しかし最初のリーガの試合では、このアルメニア人はスタメンに選ばれることがなかった。監督の説明は非常にきついものであったが、まあ理解できるものであった。しかしながらこれはミキタリアンにとっては、今シーズンはより頻繁にベンチからのスタートが多くなるという事を意味するかもしれない。彼がオールド・トラフォードでサインした時、そのことが頭にあったかはわからないが、今疑問に思っている可能性は十分あるだろう。


スポンサーリンク



モウリーニョがどうしても獲得したがった選手にクラブは大金を支払ったが、それでもこの成功した監督は、スタメンの保証を与えることはない様だ。どの選手もクオリティーを発揮し、スタメンとして監督に自己推薦しなければならない。そして今のところ、ヘンリク・ミキタリアンにとってはその事が上手く行っていないようだ。しかしなぜミキタリアンがスタメン出場しなかったのか、という事についてモウリーニョ監督は論理的に説明し、それは最初の数試合の後では非常に納得できるものだった。レスター戦では素早いリンガードを起用し、彼は重要な1:0となるゴールを決めている。ミキタリアンは93分になってからマタにかわって出場し、ほぼプレーする事がなかった。


その後プレミリーグが始まったが、元BVBの選手は最初の選択肢ではなかった。アウェー、ボーンマスでの3:1の勝利した試合では、モウリーニョはマタを先発させた。低い位置で守って来る相手に対してスペースを有効に活用するための選択のようだ。この試合ではミキタリアンは全ての得点が決まった後の、75分に途中交代で出場している。



サウス・ハンプトン戦では、このアルメニア人はまたしても15分のみの出場となった。これはミキタリアンにとっては決して幸せな数字ではない。彼が今後、新たなクラブで力を証明したければ、この少ない出場時間をものにし、トレーニングでも成果を出さなければならないだろう。そうでなければ、タレントぞろいのチームの中では、ベンチ要員となる危険性もある。





以上です。

まあ4200万ユーロもすれば、主力として獲得しているのではないか、と思うのがドイツ基準でしょうが、マンチェスター基準だったら特にそんなこともなさそうですね。

いずれにせよミキタリアンにとっては厳しいスタートとなったようですね。

それにしてもイブラヒモビッチはすごい・・・。








[ 2016/08/22 18:44 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(16)
イブラ、ボグバと本当に強そうですよね
でも、監督が一番強そう

ミキは2年前は精神的にもかなり悪かったので大丈夫かと心配になりますが、、
[ 2016/08/22 19:11 ] [ 編集 ]
イブラにポグバ。
メガクラブの補強はえげつない。
よっぽどの実力者でない限り、スタメンを勝ち取り続けるとのはとてつもなく難しい事なのだとつくづく思う。
ハメスやゲッツェでさえ、怪我や少しの歯車の食い違いでキャリアが狂ってしまうのだから…
あらためてメガクラブのレギュラー選手は凄い、凄い、凄い。
[ 2016/08/22 19:22 ] [ 編集 ]
マンUサポーターからはルーニーが調子悪そうなんで
15分の中でも良いプレーをみせたムヒを出せって
凄い言われてるみたいですけどね
モウも試合後褒めてたみたいだしナイーブなタイプだから
徐々に慣れさせてる感じで多分そろそろスタメンじゃないかな
[ 2016/08/22 19:29 ] [ 編集 ]
彼なら冬頃にはもうスタメンになってるでしょうね シーズンのスタートしたばっかだからそれほど心配する必要はない
[ 2016/08/22 19:57 ] [ 編集 ]
マンチェスター基準って言うよりプレミア基準ですか
ムヒもユナイテッド移籍に関していろいろな噂がありましたね
移籍金の一部を負担しただの、ライオラがズラタンとポグバをユナイテッドに移籍させるのにムヒをセットで売り込んだとか
ポジション争いしている選手が次々と結果を出してムヒも焦っているかもしれないけど
プレミアはリーグ戦に国内カップ戦2つユナイテッドはELもあるし必ず出番はあると思うのでその時に是非結果を出して欲しいですね
[ 2016/08/22 20:11 ] [ 編集 ]
ブンデス最優秀選手なのに、ベンチとかもったいなすぎやろ。
[ 2016/08/22 20:28 ] [ 編集 ]
ミキがベンチってことより、マタがスタメンなのが驚きでしたわ…
[ 2016/08/22 21:44 ] [ 編集 ]
マタの活躍は嬉しいけど、
ミキは心配ですね。
監督の信頼を必要とするタイプなので
特に心配です。
フェライーニが普通にボランチで機能してるのが面白いです。
シティやスパーズといった攻撃的なチームを相手にどういうスタイルでいくのかわかりませんが、
プレミアは試合数がめちゃくちゃ多いので、
回ってきたチャンスをしっかりいかしてほしいですね。
[ 2016/08/22 22:05 ] [ 編集 ]
 BVBの基本戦術とモウリーニョのそれは全く違いますし、コンディションのことは外からはわかりませんし、ミキタリアンは性格的に馴染むのに時間がかかる人のように思いますし、フィットするまで時間をかけてるだけかもしれません。彼の実力は間違いないものですから、心配することはないと私は思います。
[ 2016/08/22 22:25 ] [ 編集 ]
今後、戦術化されていくだろうからムヒタリアンを使った方が強いよ。
ポグバが加入して、ボールキープ力をとてつもなく上げてくれるから、ムヒタリアンにとってポグバがいてくれた方がやりやすくなると思う。
両選手とも頭がいいからね。
逆にマルシャルはイブラが点取ってしまうし、あまり賢くないので居る意味が無くなっている…
[ 2016/08/22 22:36 ] [ 編集 ]
モウリーニョはムヒをオプションだと明言しているので控えが確定しています。
チームとして結果も出ているので、無理に先発起用する必要性はないですね。
NBAでは6thマンと言いますが、サッカーでは12番目として控えから流れを変える活躍をすることを求められているようですね。
[ 2016/08/22 23:46 ] [ 編集 ]
もちろん実力も大事だけど、自分に合うチーム、チームカラーというか、それが合わないと実力を出し切れないで去って行く選手なんてたくさんいる。せっかくいったのだから、ムヒタリアンにも頑張ってほしい。香川に助言までもらって移籍したのだから。ビッグクラブというのはそういうものだと理解して!もらったチャンスをものにするしかないね。
[ 2016/08/23 00:31 ] [ 編集 ]
マタは凄いなあ。
思えばこのイブラヒモビッチだって2009年にエトオ+4600万ユーロでインテルからバルセロナへ行ったものの、ペップに合わず、辛い冷遇時期を過して、1年ほどでセリエAに出戻りましたね、ムヒにはビッククラブに定着して欲しいものです。
ブンデスファンですが、イブラファンとしては、キャリアの最後にイブラが敬愛している(多分)モウリーニョとこのようなビッククラブで再会出来たのが嬉しく、本当に楽しみです。
[ 2016/08/23 01:51 ] [ 編集 ]
ミキタリアンはドルトムントでも加入直後は苦戦してましたし、端で見る以上に癖のある選手なのかもしれませんね。
過密日程のプレミアならスタメンで出番がないってことは流石にないと思うので、何とかブンデス最優秀選手の力を見せ付けて欲しいものですね。
[ 2016/08/23 03:14 ] [ 編集 ]
今の香川なら即スタメンで出られるんだろうけどな。
ムヒタリアンはプレースタイル的に厳しいかな。出もどり決定かな。
[ 2016/08/23 06:01 ] [ 編集 ]
ユナイテッドって政治的なものもあるクラブですからね。実力だけじゃポジション取れないのもある。
でもシーズン長いし、ウィンターブレークの頃にはあっさり出てると思いますよ
[ 2016/08/23 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。