ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【独ポカール】香川!ドッペルパックの活躍で高評価!!BVB全選手採点と寸評①!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ



トリーア:アンドレ・シュルレはトレーニングに合流してからたった3週間しかたっていなかったが、それでも3:0で勝利したトリーア戦でベストな選手だった。以下個人評


entry_img_1173.jpeg
引用元:Sky Sport News



ヴァイデンフェラー 3

前半はゴールの後ろでバスタブに湯を張って、のんびりと風呂に入ることもできただろう。シュートを防ぐという点において、彼はまったく必要とされなかった。開始約1時間が経過して、ようやく最初のシュートが枠内に飛んできた。しかしそのシュートはキーパー真正面だった。

スポンサーリンク




パスラック 3.5
ルーカス・ピスチェクの仕上がりがまだなので、この18歳はまたしても右サイドバックとして先発した。序盤はトリーアのアントンに対して不安定さを見せた。その後は守備では安定していたが、攻撃ではアクセントを与えることはできなかった。




ソクラティス 2.5
ほとんど相手に試されることはなかったが、危険な状況にさらすこともなかった。60分にたった一度だけ、Pエリア付近でアラヴィーに抜かれてしまったが、彼の放ったシュートが不正確で助かった。




バルトラ 2
トリーアが攻めてこなかったので全く問題がなかった。オバメヤンに正確な縦パスを送るなど。組み立てにおいては素晴らしい動きを見せた。しかし危険を犯しすぎた。もう少し強い相手ならすぐに罰せられただろう。




シュメルツァー 3
ほとんど相手陣内にいた。相手が攻撃してくることがなかったからだ。しばしばコンビネーションに加わっていたが、効果的になったのは前半終了間際だった。彼がシュルレに最高のパスを出したが、シュートは外れてしまった。




ローデ 2.5
トリーアがBVBにとって全く危険とならなかったのは、ほとんど彼のおかげだ。彼は中央のスペースを埋め、ボールを奪い、必要とあれば戦術的なファールを犯した。それに加えて賢いパス捌き。




カストロ 2
中央の演出家。彼のパスとテンポのある動きで何度もドルトムントに攻撃をもたらした。このようにして彼は香川の2点目の起点となっている。




デンベレー 4
長い間目立つことはなかった。右サイドで努力していたが、攻撃的な相手に対してボールをたくさん失った。彼が中央で突破を試み、Pエリアに向けてスプリントをした直後、3:0となった。なぜなら彼がアシストを決めたオバメヤンにパスを送ったからだ。後半は、53分のオバメヤンへのクロスのようにより良い場面が見られた。




香川 2
彼は3回程、ワントップの選手がいなければならない場所にいた。もちろんミッドフィルダーがその位置にいることも当然許されている。彼はそのうち、(本来彼に向けられたわけではなかった)2回のボールをゴールに押し込んだ(8/33)。そして一度は外してしまった(50)。いずれにせよそれ以外でミスがあったために(チーム)最高点となることはなかった。




シュルレ  1.5
トレーニングに加わって3週間で、このドイツ代表選手はBVBにおいて公式戦スタメンデビューを果たした。非常に素早く、存在感があり、そして効果的だった。彼の8分のクロスが先制点の起点となり、2:0の場面でも彼の足は、得点に絡んでいた。そして3:0の場面では、非常に技術に優れたボレーキックを自ら決めた(45)。後半には相手ゴールキーパーと激しく接触し、その後交代となった。しかし交代時には笑顔も見られた。彼の力強いパフォーマンスではそれも納得だ。



オバメヤン 3.5
香川とは対照的に、彼はワントップの選手がいなければいけない場所にいなかった。バルトラが彼にパスを出した時、彼はボールをフリーでチップしたが、少しばかりだらしなく、ポストに弾かれた(19)。53分のヘディングはバーに当たった。3:0の場面では正確なクロスを送ってシュルレをアシストしている。




ラモス 4
シュルレにかわって出場したが、左サイドでまったく目立たなかった。その後は多くの決定機を外した。





以上です。

今シーズンBVB公式戦初ゴールは香川選手となりましたね。テストマッチではなかなか点に絡めませんでしたが、ひさびさのドッペルパックを決めてくれました。


ルーアハナリヒテン寸評採点その2はこちらです。合わせご覧ください!


2ゴールしてもミスがーとか今の香川の立場が解って逆にいいですね。
リンクマンとかパサーとかやってミスがないなら、もっと低かったはず
やっぱゴールしてなんぼですよね。自国代表をいれようとする勢力を黙らせるにはこれしか道はない
[ 2016/08/23 06:54 ] [ 編集 ]
やはりこの様な採点ですか。。。
香川のコンディションはまだ遠い。
それでもこれだけ出来る!
本当に素晴らしすぎる。
開幕が楽しみです。

管理人さんいつも有難う御座います。
心からお礼を言います。
[ 2016/08/23 07:20 ] [ 編集 ]
香川の寸評みるととても2得点した選手の寸評には見えないなw
[ 2016/08/23 07:43 ] [ 編集 ]
笑ってしまう。
ドッペルでもこれか~(^-^;
[ 2016/08/23 08:00 ] [ 編集 ]
>彼は3回程、ワントップの選手がいなければならない場所にいた。もちろんミッドフィルダーがその位置にいることも当然許されている。彼はそのうち、(本来彼に向けられたわけではなかった)


少し嫌味な言い回しでしょうか。
「良いポジショニングだった」と素直に表現してもらえないんですね・・・。

媒体や記者によって、寸評に特徴があって面白いです。
[ 2016/08/23 08:25 ] [ 編集 ]
シュールレ絶賛は分かるけどそのために香川のミスをわざわざ引っ張り出す必要ありますかね。
[ 2016/08/23 08:37 ] [ 編集 ]
点とらないと最低点つけられた勢い
まあドイツの至宝()のライバルだし仕方ないわ
香川は結果だけ追い求めろ
[ 2016/08/23 08:57 ] [ 編集 ]
シュールレの1.5はどう見てもご祝儀採点だな
[ 2016/08/23 10:21 ] [ 編集 ]
シュルレに対する寸評で一発目からドイツ代表選手強調があって香川と対照的で笑う
[ 2016/08/23 10:48 ] [ 編集 ]
ミスがなかったのはゲッツェくらいかな。なのでMOMはゲッツェ……って言うくらい無理矢理に重箱の隅を突いているな。中に入りたがるメンバーが多い中、シュメやパスラックを使おうとしていたし、攻撃の幅を広げようともしていたんだけどなぁ。三点目も走り込んで囮になっていたし。
[ 2016/08/23 11:10 ] [ 編集 ]
前ドル時代が基準になってるから、期待値が半端なく高い。
いいパスだしたとか、動きがよかったとかでは満足しない。ゴールをとってなんぼ!! それほど前の香川はインパクトがあったってことだね。
でも、トゥヘルからのシンジ下がるなの指令のおかげで、前の自分に戻るのは無理って言ってた香川に戻りつつあるのはいいことだね。ゴールへの嗅覚が徐々に戻ってきてる感じ。トゥヘルの荒治療が効いたね。
[ 2016/08/23 12:02 ] [ 編集 ]
2点ともオバメもゴール前にいるけどな
1点目はアシストかな
[ 2016/08/23 13:22 ] [ 編集 ]
2点目の起点になったパスだしたのってバルトラだよね。あのプレーすごかった
[ 2016/08/23 15:37 ] [ 編集 ]
シュルレの採点甘すぎだろwww
[ 2016/08/23 15:42 ] [ 編集 ]
ミスがなくても無得点ならゴールが~と言われ、ゴールしてもミスが~と言われる。
香川選手は大変ですね。
期待値が高いとかの話ではないような気がしますけど。。
[ 2016/08/23 19:01 ] [ 編集 ]
MVPは香川なところ多いしシュールレは完全にご祝儀だね
初公式戦で得点上げてあの出来ならご祝儀付きで納得出来る範囲の採点
[ 2016/08/23 21:10 ] [ 編集 ]
香川も復帰戦でビルトが1点でしたよ。
ご祝儀でギャーギャー言いなさんな…
[ 2016/08/24 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。