ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川、シュルレらの活躍でゲッツェのスタメン奪取は厳しいものに!」《ドイツの反応》



昨日のポカールの試合直後にビルトに掲載された記事になります。シュルレが公式戦スタメンデビューという事もあり、シュルレが中心の記事になっています。


ビルト


BVBポカール2回戦に進出!!

ゲッツェ、シュルレ のゴールをベッドから観戦!



20160823174123db0.jpeg
引用元:Bild



マリオ・ゲッツェがいなくてもBVBはポカール一回戦で対戦した4部リーガのトリーアを3:0で下した!!

スポンサーリンク



現在負傷中(筋肉に問題)のマリオ。ゲッツェは試合直後に、自身がベッドで試合観戦している様子をソーシャルメディアにアップした。彼の膝の上には、試合観戦用にラップトップがおかれている。


201608231741248ad.jpeg



ゲッツェはベットの上からシュルレのプレミエ・ゴールを観戦!!


45:デンベレーが右のオバメヤンにパスを出す。そして中央にクロス。シュルレはファーサイドから近づき、ボールをボレーでネットに沈め、3:0とした。


このドイツ代表選手はこの夏3000万ユーロでヴォルフスブルクにやってきた。彼はスーパーカップのバイエルン戦では無得点だったが、これで1得点だ。これ以外の香川の2得点にも(8.33.)この元ヴォルフスブルクの選手が関与している。

その後シュルレはKOされてしまった。

55分:シュルレがトリーアのゴールキーパー、カイルマンと接触し、その後治療を受けなければならなくなった。


20160823174125165.jpeg



しかしその少し後、彼は笑う事ができた。そして55分に交代している。


ゲッツェがトリーア戦に出場しなかったのは、“単なる予防措置”だという事をトーマス・トゥヘルは試合直前にテレビインタビューで明言している。



監督は“我々は危険を犯したくなかったし、まずはトレーニングで安定したフィジカルを身に着けさせるつもりだ。みんな(注:メディア)我慢できないでいることは良く分かっている。”と続けた。


シュルレ、香川、そしてオバメヤンと、BVB攻撃陣はトリーアで旋風を巻き起こして見せたが、こうなるとゲッツェにとっては(怪我とは関係なく)スタメンの地位を確かにするのは難しいだろう。




彼もきのうベッドの上でそれに気づいただろう・・・



entry_img_1175.jpeg


香川がドッペルパック!トリーアで昨シーズン後半戦に引き続き力強さを発揮!








以上です。

この記事の見出しは、試合直後は
「シュルレ初ゴールとノックアウト!」
というものでしたが、一夜明けて上記のように「ゲッツェが試合をベッドで観戦」と変えられました。

管理人が朝食をとっている時はまだこの記事がビルトサイトのBVBページのトップだったのですが、現在この記事は更新履歴からは削除されてしまいました・・・。なぜでしょうか?ちょっとゲッツェの件で煽りすぎましたかね?記事自体はリンクから消されただけで消去されてはいません。

まあシュルレは公式戦初スタメンという事もあって注目されたのはある意味自然なことですし、西ドイツアルゲマイネ新聞の評価なども、ご祝儀採点みたいなところもあると思います。

一応補足しますと、キッカーはマッチレビューのタイトルを「香川のドッペルパックが試合を決める!」として報道していますが、まあ大部分のメディアは香川選手の活躍を一面で伝えていますね。







[ 2016/08/23 17:45 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(9)
選手の事務所か、ドイツ代表か、ドルの思惑か、誰主導かですね。
これに巻き込まれてる香川は今季本当にめんどくさいだろうな、とは思ってたので
昨日のゴールはほっとしましたね。とりあえずゴールして置けばどこからか解らないけど横やりが
入っても次の試合はある

頼まれてもないのに自分の事より人の事を考えてカバーしてくれる香川を使って、新加入選手が
なじんだら香川は結果だしてない、の報道を出しまくってコンディションの上がったゲッツェに
結果を出させるのが今季の考えられる最悪シナリオかな?と考えています。

昨シーズンは結果はでなかったけどバランスを取っててミスがなくてよかった、次の試合がある、
とも考えていましたが、今季はミスあったけどそれはうまくなるためにチャレンジしてるから、
それに結果をだしたから次の試合がある、という視点でPSMから試合を見てしまっています。
ドルやトゥヘルが仮に香川に何かを約束していて、ゲッツェはトゥヘルが好きではない、報道でも
ワールドカップまであと2年のドイツ代表からの横やりが入るならドルもトゥヘルも逆らえないので
完全には信用できないというか
[ 2016/08/23 18:42 ] [ 編集 ]
いまのコンディションじゃスタメンどころかベンチ外じゃないかな
[ 2016/08/23 22:30 ] [ 編集 ]
いい加減、ゲッツエをトップ下で使うのを諦めたらどうでしょうか。
ゲッツエはサイドの方が生きると思いますね。
[ 2016/08/23 22:48 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。

とりあえずゲッツェは早くコンディションを整えるべきですよね。
期待するメディアの気持ちはわかるけど明らかに現状とかけ離れ無理があります。

香川さんは今シーズン、昨シーズンのミキぐらい結果を残してメディアを黙らせてほしいと思います。
結果がすべてなんで昨日のゴールは本当に良かったです。
[ 2016/08/23 23:00 ] [ 編集 ]
フロント熱望のゲッツェ獲得で、トゥヘルも大変かもですね。CLもボカールもあるしゲッツェも頑張って復活してほしいです。
香川vsゲッツェの報道が多いですが、個人的には昔みたいに二人の連携が見てみたいです。

最近の香川とゲッツェのツーショットが見たいですね笑
[ 2016/08/24 02:03 ] [ 編集 ]
ほんとにどこからの圧力なのか思惑なのかは知らないけど
異常なドイツメディアのゲッツェ推しゲッツェ上げにうんざり
そんなにゲッツェがいいなら香川は今季必死で結果出して
いつでも移籍していいよって思います
[ 2016/08/24 02:39 ] [ 編集 ]
ゲッツェのサイドはないよ。
ゲッツェのスピードじゃ長友もぶち抜けない。

でも、狭いスペースで仕事をできるから
センターなら活きる。

香川かゲッツェのどちらかが、
リバプールに移籍すればよい。
[ 2016/08/24 10:36 ] [ 編集 ]
なにか勘違いしているが長友をぶち抜ける選手はそうそういないぞ
現実的にもっとましな例えを考えてくれないか?
[ 2016/08/24 19:36 ] [ 編集 ]
サイドって別にブチ抜くタイプの選手専用のポジションじゃないよ。
バイエルンはそういう戦術が徹底されていたからゲッツェは苦しんだけど、ドルトムントはまた全然違うからね。
実際、ロイスとムヒタリアンは一人でドリブルで打開していくタイプではないし(特にロイスは)、2人とも連携で崩すのがメインの選手。
それにゲッツェのサイド&トップ下香川は、すでに成功例として過去に見せているわけだからね。
[ 2016/08/24 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。