ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長「ゲッツェはペップのお気に入りではなかった!」ドイツ紙《ドイツの反応》



シーズンが始まりましたが、ゲッツェに関する話題はまだまだやみそうにありません。
本日のビルト最新記事になります。


ビルト



BVBボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ


ゲッツェはペップのお気に入りではなかった。



20160824055630c69.jpeg
引用元:Bild



マリオ・ゲッツェはBVBに戻って来てもバイエルンの暗い過去を拭い去ることができないでいる。

スポンサーリンク



今になってハンス・ヨアヒム・ヴァツケがゲッツェと元バイエルン監督のペップ・グアルディオラの難しい関係について語った。



ドルトムントの会長はSport1において“私は、彼がそこで不当な扱いを受けたとは思っていない。もしかしたらその前にいくらか誤解のようなものがあったかもしれないね。例えば彼がペップのもっとも大好きな選手であるといったね。もちろんそんなことはなかったわけだけれど。”と語っている。


entry_img_1176.jpeg



ヴァツケにとってはこうしたバイエルンの扱い方は特に珍しいものではないようだ。“あんまり多くプレーしなければ、バイエルンやレアル・マドリッドのようなクラブでは、個人的な面でのケアはあまりされないね。もちろんこれは当たり前ではあるけれど。”




この会長ははっきり、“バイエルンでは結果を出さなければいけないんだ。もしかしたら彼はそのことを少し過小評価していたかもしれないね。”


ゲッツェはドルトムントでいい加減に始動しなければならない。ヴァツケは楽天的だ。“はっきりしているのは、何年かしてから帰って来ると、その前よりもその価値が分かるという事だね。彼は非常に吹っ切れたようだね。”









以上になります。

ヴァツケのテレビでの発言のようですね。その番組は見ませんでしたが、ゲッツェに関して質問されてのことだと思います。

試合も始まったので、そろそろ別な記事を読みたいんですが、まだこんな感じが続きそうです・・。



【おまけ今日のドイツ】


DSC09857_convert_20160823235359.jpg


飲み屋の窓に置いてあったビールジョッキを持った石像
[ 2016/08/24 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(14)
シャヒン、香川、ゲッツェ。
3人の天才が、あのまま移籍せずドルトムントに残っていたら、どれほど凄いチームになっていたんだろう。



[ 2016/08/24 07:25 ] [ 編集 ]
ペップはどこのインタビューだったかは忘れたけど、ゲッツェはいずれドルに戻すみたいなこと言ってたのを覚えてるな。
あの監督さんは密集地帯を好むプレーヤーは好きじゃないからね。ロナウジーニョのクビを平然と切ったくらいだからゲッツェクラスなんか使わないのが当たり前だろうね。
[ 2016/08/24 07:57 ] [ 編集 ]
これ先週も似た記事が出てましたよね。繰り返しイメージ作りしてるんだな、というのがよく解ります。

本当に海外チームに所属してる選手は大変ですね。どこに行こうが結果を出さないと生き残れないから
なのに代表戦では当たり前のように戻ってきて時差なにそれ?でメンタルがーとか言われて
海外組偏向はやめろ、替わりに○○を使えとかマスコミに書かれるから。
[ 2016/08/24 08:33 ] [ 編集 ]
現地での雰囲気が伝わります。
ツイッターからも感じ取れる空気感はありますから。
開幕すると、また違ってくるのでしょう。
清武選手の頑張りをみて、代表戦もあるので、
香川選手には頑張ってほしいと思います。
[ 2016/08/24 08:41 ] [ 編集 ]
ゲッツェて過保護にされてるガキにしか思えなくなってくるな
良い選手なのは理解してるけど、ここまで弁護発言が連続されると気持ち悪いと思うのは自分だけか?
[ 2016/08/24 09:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェがなんだか可哀想だ。
下手に持ち上げられて、甘やかれたらそりゃあ勘違いするし
結果を残す事を過小評価してバイエルンに行っちゃうよ。
このままだと野球の清原か斎藤佑樹コースだ。
ミュラーは逆にバイエルンじゃレギュラーは難しいと昔から理解してそう



[ 2016/08/24 09:33 ] [ 編集 ]
そうですねぇ、もぅそろそろゲッツェのこの手の話題も飽きましたよ。
昔はマティアス・ザマーに騙された馬鹿な子だった・・ということでイイじゃないですか。もぅ大人だから変わったでしょ。
[ 2016/08/24 10:09 ] [ 編集 ]
逆にゲッツェはトゥヘルのお気に入りなのか?今度もフロント主導の獲得ならゲッツェがかわいそう。
[ 2016/08/24 10:16 ] [ 編集 ]
怪我も含めゲッツェにもかなら問題があると思いますが…
[ 2016/08/24 13:21 ] [ 編集 ]
ペップはミュラーにだってあの扱いするからね
スペイン人贔屓は少なからずあった(特にスペインのチームと対戦する時に)
ドルトムントも放出する選手に対しての対応はどうなの?
[ 2016/08/24 15:54 ] [ 編集 ]
管理人様、いつもありがとうございます。
こうしてゲッツェに関する記事を紹介していただくたびに、
自分で覚悟をもってかつて以上のフォームをとりもどしている
香川選手はすごいなぁと感心してしまいます。
マンUから戻ってきたときは、もうだめかもと、正直思ってました。
段々下降線をたどる選手のほうが多いですよね。
ゲッツェもまだ若いんだし、がんばってほしいですね。

[ 2016/08/24 16:40 ] [ 編集 ]
>逆にゲッツェはトゥヘルのお気に入りなのか?今度もフロント主導の獲得ならゲッツェがかわいそう。
獲ったクラブの監督やファンは選択肢がないけど、ゲッツェ本人はサインするかどうか最終的に判断できる立場にいるわけだから可哀想というのはちょっと違うでしょう
クラブとゲッツェの合意がない限りはゲッツェはどこにも行けないんですから
[ 2016/08/24 18:02 ] [ 編集 ]
清原と斎藤佑樹を同列に並べるのはおかしい。

清原: 1流の上の方
斎藤: 3流

くらい。清原は持ち上げられるだけの能力はあった。薬とかをやるのが
反社会的なだけで。斎藤に関しての方がゲッツェに近い。マスコミは
虚像を作るとそれに入れ込む。そして落ち目になれば強烈に叩く。まして
ドイツ人。(ナチスが虐殺を行ったとは言え、第一次大戦後の危機から
立ち直らせたのもナチス。ナチスを絶対悪として過去を精算したが。
ナチスは残虐だがドイツ人は冷酷だよ) ゲッツェもこのままだと猛烈に
叩かれる時がくるでしょう。

最近、ずっと持ち上げられてるなあ、と思ったのは卓球の福原愛。
オリンピック中、NHKのニュースのまとめを見ていたら、3位決定戦で、
伊藤が調子が悪くて福原が励ましてみたいな事を言っていた。どうみても
福原がダメで伊藤はプレーが切れまくっていたのに。

マスの、大勢はよくも考えず一方に流れるから、その評価など当てには
出来ないし、してもいけない
[ 2016/08/24 19:24 ] [ 編集 ]
ヴァツケ「ゲッツェはペップのお気に入りではなかった」
アンチェロッティも使わないとしてるのに、ペップを持ち出す意味が分からない。しかもアンチェロッティが来る前から移籍の話は出てた。それをペップの問題に摩り替え。

ー2ー
[ 2016/08/25 01:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。