ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川、ポカールの活躍でブンデス開幕スタメンのチャンス高まる!」《ドイツの反応》




ルーア・ナッハリヒテン】ディルク・クランペ




土曜日の開幕戦でスタメンのチャンス



香川はゲッツェとの対決でポイントを集める!!


entry_img_1177.jpeg
引用元:ルーアナハリヒテン


トリーア:マリオ・ゲッツェは、心地よくベッドに横たわりながら、、チームメートのトリーアで試合を観戦する自身の姿をソーシャルメディアにアップした。このドルトムントで現在軽傷中のミッドフィルダーはラップトップで試合を観戦していたが、同じポジションのライバルが、ポイントを集める様子をも観戦する事になった。

スポンサーリンク


201608231741248ad.jpeg


3:0で勝利したトリーア戦で香川真司は2回程完璧なポジショニングを見せた。マインツとのブンデスリーガ開幕戦を5日後に控え、この日本人はゲッツェとのポジション争いでアピールしたのだ。



トゥヘル監督がどのように10番のポジションを決めるかは、もちろんゲッツェが普通にトレーニングできる状態になるかどうかがカギとなる。しかし、現状では、他の4人の代表選手と同様にトレーニングに参加して3週間しかたっておらず、彼のカムバックはかなわないように見える。



高まるプレッシャー

ゲッツェは筋肉の問題のため、火曜日にハレで行われたテストマッチにも欠場した。BVBはゲッツェを獲得することで、意図的に香川へのプレッシャーを高めたかった。この日本人は昨シーズン9ゴール、9アシストを決めたにもかかわらず、新監督にとっては常に満足のい行くシーズンとはならなかったのだ。香川のパフォーマンスには激しい浮き沈みがあるとされていた。しかし月曜日のパフォーマンスで香川は、スタメン出場のチャンスは高まっただろう。





以上です。

なんだか褒めているのかけなしているのかわからない記事ですが、管理人の印象ではこのディルク・クランペという記者はルーア・ナッハリヒテンの中でも割と香川選手に批判的な意見ばかり言っています。(逆に香川選手に割と好意的な記者もいます。)

まあルーア・ナッハリヒテンは、本当に昔から地元を取材している小さな地方紙なんですが、ここ数年のドルトムントの成長で、自分たちも偉くなったかのように錯覚している可能性は十分にありますね。ドルトムントが世界的なクラブに成長したのは確かですが、だからと言ってそれを扱う自分たちまで大きくなったと勘違いしてはいけません。

しかしドイツメディアが、ゲッツェ対香川という対立構図を作っていることはもはや明らかですね。これは香川選手にとってもゲッツェにとっても、どちらが活躍しても、こうした意味では大変なシーズンになりそうです。二人とも活躍できれば良いんですが・・・。



さすがにゲッツェ対香川報道にうんざりしている部分もありますが、これもドイツの現状ですので引き続き紹介していきます。



【おまけ今日のドイツ】

DSC09964_convert_20160823235240.jpg


マスタード専門店の試食用のマスタード
約30種類を試食出来ます。日本にもこんなに沢山の種類はあるのでしょうか?
[ 2016/08/24 17:58 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(28)
香川はいきなり2ゴールを決めて一旦は黙らせたが、今後もすぐにドイツ全体でこういった事は起こり続ける。
トゥヘルにはメディアに流されないことを祈る。
もし2人の同時起用を考えていないとすれば、本当に誰よりも厳しい環境での戦いとなる。

それにしても攻撃陣はあまりにも余剰戦力すぎる。
控え組の試合も見たが、やはりレベルは高く、チームの層はかなり厚くなっている。
宝のような若手選手をたくさん抱えまくっているが、実績のあるタレントたちを含めて、どう捌いていくのか不安と楽しみの両方がある。
トゥヘル2年目の手腕に期待したい。
[ 2016/08/24 18:41 ] [ 編集 ]
メディアでの報道とは対照的に、この2人はめちゃ仲良しですからね。
この前も、朝の練習所に現れた途端、早速ダイレクトのパス交換を始めましたから、やはり感性が合っていてお互いを認め合い、好き合っていますよ。
2人が笑顔でボールに触れる姿は、争いなんか微塵も感じず、純粋にサッカーが大好きな少年のように見えて微笑ましいです。
どうかクロップ時代のように香川&ゲッツェを共存させて欲しいです。
[ 2016/08/24 18:48 ] [ 編集 ]
去年の香川に浮き沈みなんてなかったと思いますけどね
なぜか試合に出られなかったり突然のフォメチェンジで機能してない時がほんの数試合あっただけでなぜ浮き沈みとか言われなければならないのか
[ 2016/08/24 18:58 ] [ 編集 ]
スタメン以外ありえないんですが…
イニエスタに対して「スタメン争いリードか…」と煽ってるのと同じ
こういうことを書く新聞社は大抵レベルが低い…

真司がんばれよ!!!!おらああああ!!!!
[ 2016/08/24 19:05 ] [ 編集 ]
今季のドルトムントのMF全部とSBはポジション争い激しいでしょうね
昔夢見たロイスー香川ーゲッツェの並びは見れるのだろうか…
[ 2016/08/24 19:12 ] [ 編集 ]
結果を出さないゲッツェには当然のようにスタメンのチャンスがあって、香川には結果がなければチャンスはなかった、ということですね。
ゴールしたから試合に出るチャンスをやる、と。解りやすいスタンスですね。
[ 2016/08/24 19:15 ] [ 編集 ]
ゲッツェ-香川を比較する記事は管理人さんのおかげで飽きるくらいあると理解しました。ならば今ならシュールレの出来も良い感じのようなのでシュールレ-ロイスの比較が出て来てもいいと思いますし、ましてやデンベレ-モルなんて完全にポジション争いしてますし、シャヒン-ヴァイグルはローデ-カストロからポジションを奪えるのか等読み応えのある記事・論評が書けると思うんですけどね。もしその様な記事を見つけてお暇なら書いて頂けたらと思います。
[ 2016/08/24 19:21 ] [ 編集 ]
香川かゲッツェか論争は今シーズンの鍵になりそう
とはいえ二人が共存する4231が強力なのは証明されているのでトゥヘルには上手く消化してもらいたいな
[ 2016/08/24 19:31 ] [ 編集 ]
なんか前から思ってたんだけど、ドイツのメディアというかドイツ人全体なのかもしれないけど、ポジションとか戦術とか見て判らないのかな?
ずっと同じポジション、同じ戦術でやってると思って書いてるようにしか見えない
[ 2016/08/24 19:39 ] [ 編集 ]
ゲッツェと香川が仲がイイ子犬みたいににピッチでワンツー繰り返してた時は、香川センター、ゲッツェ右サイドだったよね。上手く共存できると思うけどね・・ なんで対立させなあかんのやら。
[ 2016/08/24 19:56 ] [ 編集 ]
ルールの記者というか、ドイツ人記者はサッカーは娯楽のメインストリームで、そのヒエラルキーの頂点にいるのはドイツ代表選手、
という視点をもってて、外国人選手はその下のカテゴリーに入れてますよね。
一方日本は娯楽満載で、サッカーは生活の一部に入り込んでいるわけでもないので、スポーツ番組で他スポーツを押しのけて
時間をさいてもらうには誰かが結果を出さなきゃシーズン中でも文字で紹介するだけで終了とかザラ。
リオオリンピックの期間中は夏の高校野球も同時進行してたので、プレミアが開幕しましたが、サッカーの話題はメインストリームから完全に外れてました。

ラグビーワールドカップが日本であるし、東京オリンピックもあるから種目別に東京までの限定でスポンサーの企業がついて
番組が作られるだろうし、種目に野球がはいるので、ますますスポーツ番組でサッカーに割かれる時間は今後数年は減ると思うんですよね。
香川とかドイツにいってる日本人記者は日本にサッカーの話題を提供し続けなければ、すぐ日本での扱いが悪くなる、と解ってるから、
毎回受け答えしてるだけなのに、ドイツ人記者はヨーロッパで大人気のクラブであるドルに日本人が所属してるから日本人記者が群がってる、と
ものすごい勘違いしてる。おまけに日本人が好きな外国人サッカー選手がたくさん所属しているスペインで清武が早くも結果を出してきているので、
ブンデス組は結果を出し続けないとサッカーに当てられる時間をリーガに食われる可能性もある。

日本でサッカーのシャツ来て歩いてるのはたいてい外国人で、試合の日以外に日本人が国内外問わずクラブシャツ来て街を歩いてたら
オタク扱いとか馬鹿にされてもおかしくない国が日本なのですが、この辺のギャップはすごいありますよね
[ 2016/08/24 20:05 ] [ 編集 ]
とりあえずゲッツェはポジションがどうだとか言う前に
しっかり身体絞らなきゃな。
[ 2016/08/24 20:11 ] [ 編集 ]
ゲッツェと香川が1つのポジションを争っているように見えますが、複数のポジションを複数で争っているのが実情ですよね。
新聞記者は劇作家ですね。
[ 2016/08/24 20:12 ] [ 編集 ]
メディアとはこんなもの、ただそれだけですよね。
ドイツ代表からの圧力なども書いてる方多いですが多少はあるにせよ使うのはトゥヘルです。
ギンタは使われてませんしね。
それともギンターは代表には必要ないから使わないでもOKと言われてるのかな?
メディアは売る為に煽るのが仕事です。
自分は冷静に見ていきたいなぁ。
ゲッツェもドルの一員なんだから応援したい。
リーグ優勝見たいね!
[ 2016/08/24 20:13 ] [ 編集 ]
サッカーから外れてすみません。マスタード専門店ってスゴいですね。さすがフランクフルトの国、マスタードまで豊富な種類があるんですね。

日本の味噌のように、ドイツ人にはマスタードも家庭や地方によって好みに違いがあるのですかね?
[ 2016/08/24 20:19 ] [ 編集 ]
自分もチームメンバーがそれぞれ活躍するのを望んでいます。ただ競争という背景もあるにはあると思います。そして香川はチームワークを基にして活躍する選手ですから、監督の采配によって影響を受けやすい立場にあると思います。クロップの時のようには、深く信頼されていないと思いますが、トゥヘルから特別扱いされていないということを逆手にとって、さらにレベルアップして欲しいと思います。自分は今期ヨーロッパで旋風を巻き起こすドルトムントを見たいですね! 今期はすごく楽しみです!
[ 2016/08/24 20:43 ] [ 編集 ]
サポーターっていうかファンにもいるよね強いチームを応援して自分まで偉くなったと勘違いしてるの
百歩譲って、弱かったり創設初期だったり下部からとかで念願叶って優勝やら強豪になったことを誇るのはまだ分かる
最初からある程度強豪だったり名声がある古豪とか絶対王者みたいなのを選んどいて下位を見下してドヤってるやつの痛さと言ったらないね
何らかを成した本人でさえ天狗になると批判されるのに
悲しいことによく見かけるんだよなあ
[ 2016/08/24 21:22 ] [ 編集 ]
デンベレが、センターサークル付近で個人技で抜きにかかってるのをいるのをみて、ちょっとガッカリしたので、
ロイス、シュールレ、ゲッツェの調子のいいものでスタメンにしてほしいです。
モルとデンベレはサブとカップ戦中心に使ってほしいですね。
モルもデンベレも精神的にナーバスな態度を見せているのも気になります。
格下には
        オーバ
シュールレ ゲッツェ 香川 ロイス
        ヴァイグル
シュメレ  バルトラ パパ ピスチェク
のような4-1-4-1の可能性を探ってほしいです。
それにしても昨年からですが、なぜトゥヘルはラモスをウイングに置く形を何度も何度も試してるんでしょうか。機能したことは一度もないと思うのですが、謎いです。
[ 2016/08/24 21:24 ] [ 編集 ]
ドルの弱点、セットプレーの守備がますます不味くなるが、

    シュールレ
ゲッツェ 香川  モル

これは一度見てみたい。

ゲッツェ香川モルの3人同時起用は危なすぎるかもだけど、2人同時なら割と頻繁にあるかも?
今シーズンも楽しみだ^^

管理人さんは辛口採点論評の翻訳に少々気が咎めているようだけど、食後のデザートだからって甘いものばかりでは飽きてしまう。辛いポテチや苦いコーヒーも必要だすよん^^
[ 2016/08/24 21:27 ] [ 編集 ]
二連覇したシーズンは、週末が待ち遠しくて楽しみで楽しみで、飲み会なんぞ全部断っていた事をおもいだしました。香川とレバ・ゲッツェの決定力とクバやギュンの駆け引き、クロップの熱さ‥週明けの仕事に向かう気持ちもちがいましたね。中田がペルージャの旗頭を担ってた以来の、興奮でした。
良ければ先発、悪ければ交代かベンチ‥単純な基本的な話の筈が、何やら不可解なプラスαの要因を醸し出すマスメディア。先日の香川と、ベッドでニコニコ二代目若旦那では勝負になら無いし、なる方がおかしい。
トゥヘルもイマイチそのプラスαを醸し出す雰囲気。
まぁ香川には、他クラブへのアピールも兼ねて頑張って貰いたいですね。
[ 2016/08/24 21:29 ] [ 編集 ]
ドイツメディアは裏切り者ではあったが大活躍してゲッツの復帰に反対してたコアなサポも手のひら返しって感じのシナリオが一番美味しかったのでしょうねw
開幕戦からハットとか希望してたのでしょうか?
まぁ一番信用してたキッカーでさえ、前シーズンの評価で活躍した香川と香川より明らかに結果が出てなかったゲッツェと同じカテゴリーでしたね。それも理由がトゥヘルに寄って2試合ほどベンチ外にされただけで。
そういえばキッカーおとなしくなりましたねw
香川には騒音を無視して是非結果を出して欲しいものです、憧れのリーガを目指して!
[ 2016/08/24 21:59 ] [ 編集 ]
香川はボランチではなく、アタッカーとしてでているのだから
組み立てを後ろで手伝ったりする事より、ゴールすること、
ロストしようが前を向いてゴールを狙い続ける事が相手の脅威に
なることがチームの助けになり、一番のチームプレーヤーであることを
思いだしたのはゲッツェのおかげでしょうか

自分の背後のことは自分ではなくてトゥヘルが決めること、
ダメならトゥヘルが交代させる、と割り切って自分のタスクに
集中できているうちは大丈夫だとは思っています
[ 2016/08/24 22:09 ] [ 編集 ]
メディアは売るために記事を作るので、内容に一喜一憂することなく、冷静に見ていきたいですね。
競争は大事です。毎試合香川を見たい気持ちはあるけど、ゲッツェも頑張ってほしいです。

あと、デンベレひどかった代わりに、モルにかなりいい印象を受けました。ボールのさわり方がメッシっぽい。試合でるの難しいと思うけど、注目していきたい選手ができました。
[ 2016/08/25 00:09 ] [ 編集 ]
ルーニーやゲッツエ、自国の代表選手の10番がライバルになるんだから、香川選手はやっぱり花形選手。
こういう選手が相手だと、実力以外の雑音がどうしても大きくなるから一筋縄ではいかないですよね。
マンチェスター時代があるから、ドルトムントの競争はまだ生ぬるく感じているかもしれないけれど。
それにしてもドイツ人は、もっと用意周到だから、侮れないですね。

でも、昨年春以降の香川選手を見ていると、頼もしく、この荒波に飲み込まれず進んでいきそうな気がしてます。がんばって、いいプレーを見せてほしいです。
[ 2016/08/25 00:15 ] [ 編集 ]
香川はトップ下やシャドーのアタッカーだけじゃなくIHでギュンの位置でも起用されてるやん
ゲッツェだって10番と8番って言ってるんだからIHもやるつもりでしょ
今季は競争激しいからどこででも出れればいいでしょ
[ 2016/08/25 05:10 ] [ 編集 ]
BVBのこの夏の移籍の一番の話題はゲッツェの復帰で、ファンの関心も一番高い
そしてそのポジションにいるのは人気のある香川選手なのでしょうがないのかなって思います。

実際には、今シーズンはあらゆるポジション争いが激しくなりそうで、ロイスやバイグルも安泰ではないのではないでしょうか
トゥヘルは2つくらいのポジションをできる選手を好みそうで、ゲレイロもボランチとして出場したりしていたので
[ 2016/08/25 08:50 ] [ 編集 ]
ほんと香川も毎度毎度ゲッツェとの記事でうんざりだろうね。
対立させるより、融合したほうがいいと思うんだけどね。
でも、今季の香川は何か今までの彼とは違う気がする。覚悟を持って臨んでいるというか、相当の危機感をもって向かい合ってやってる。外国人という厳しい立場も理解していて、結果をださなければ居場所はない。トゥヘルの起用も興味深いけど、香川は埋もれることはないと信じてる。
[ 2016/08/25 10:08 ] [ 編集 ]
今のトップ下は、攻守にマルチタスクを求められ、スペースや時間がどんどん少なくなっており、役割を果たすことが難しくなってきている。そういった状況が、却って香川に利しているような気がする。天才的なひらめきや個人技だけではなくて、勤勉でコツコツ努力を積み重ねられ、試合中はビッグプレーだけではなく、小さな効果的なプレーを数多くできる選手が、トップ下の役割を担える。そして、トップ下が機能できるチームこそが、多彩な攻撃を展開でき、一つ頭ぬけられるんだと思う。
トゥヘルはゲッツェを、あくまでも中央の選手と言ったのは、「サイドはもうたくさんいるから、コンバートさせない(デンベレやモルを育てるためにも)」という意味で、だからこそ「厳しい状況」と言ったのだと思う。
[ 2016/08/25 14:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。