ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、プリシッチにライプツィヒ他複数のクラブが興味!移籍か?ドイツ紙《ドイツの反応》



もうすぐ移籍市場がしまりますが、プリシッチのライプツィヒ移籍に関して新たなニュースが出ました。




ビルト



クリスティアン・プリシッチ、ライプツィヒに移籍か?

ラングニックがドルトムントのスーパー・ブービーを狙う!


entry_img_1178.jpeg
引用元: BILD



ライプツィヒはあと3人の選手の獲得を目指している。そのうちの一人がドルトムントの17歳、クリスティアン・プリシッチだ。

スポンサーリンク



ビルトの情報によると、このほかにイングランド、プレミア・リーグのストークシティやロシアのモスクワが興味を示している。




ラングニックがドルトムントのスーパー・ブービー(あどけない少年)を狙う!



このミッドフィルダーはBVBでの契約を2018年までとしている。しかし彼は実戦経験を積むべきとされている。そしてドルトムントは彼をローン移籍させるつもりのようンダ。しかしスポーツ・ディレクターのラングニックはこれまでの所ローン移籍は拒んでいる。彼はプリシッチを獲得するつもりのようだ。もちろん何年か後にさらに高い金額になることを見越して。しかし起源は8月31日までと迫っている。そしてライプツィヒに合う選手はそれほど多くはない。



ではプリシッチとはいったい誰だろうか?彼はペンシルヴァニアで生まれ、クロアチア人の祖父を持つ。ドルトムントは彼を2015年にU19として獲得したが、2016年1月にはブンデスリーガデビューを果たしている。このヤングスターは昨シーズンブンデスリーガ9試合に出場し。2ゴールを挙げている。



20160825013913a56.jpeg


ドルトムントの今夏の補強で、このアメリカ代表選手には定期的に出場するチャンスはないとみられている。




プリシッチはユルゲン・クリンスマンの下ですでにアメリカ代表として6試合に出場しており、1ゴールを記録している。典型的な10番としてもプレーできるし、両サイドでのプレーも可能だ。



20160825013913522.jpeg


それに加えてライプツィヒはセンターバック一人とサイドバック一人を獲得する予定のようである。







以上です。

ローン移籍は十分にありだと思いますが、いきなり売るのはやめてほしいですね。しかしライプツィヒは完全移籍を目指しているという事で、どうなるかわかりませんね。あと1週間で3人の獲得を目指すとは、なかなか急な話ですね。ポカール敗退が原因でしょうか?

あんまり注目していなかったのですが、管理人の住むドレスデンとライプツィヒが対戦したようですね。2部のドレスデンがライプツィヒを破ったようで、大変盛り上がったようです。そしてなんとドレスデンのファンがレッドブルの象徴である牛の頭(いわゆる牛の生首、まだ血がついている)を投げ込んで問題となっています。ドイツは肉やがそこら中にあるので、肉屋で働いていれば調達は可能でしょうが、さすがにみんな引いています。興味のある方はPokal ,Dresden, Bullenkopf,などで検索してみてください。画像がすぐに見つかります。ちょっと衝撃的なので掲載は控えます。




【おまけ今日のドイツ】


DSC09975_convert_20160823235718.jpg

マスタード専門店がある街 バウツェン
[ 2016/08/25 16:40 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(9)
 ローンならいいけど、放出はよろしくいですね。手放すべきではない。
[ 2016/08/25 17:08 ] [ 編集 ]
プリシッチは先日の親善試合でもゴールを決めてましたね
ガーディアンにガーディアン「世界の若手ベスト50」として選ばれクロップ前監督も絶賛してた逸材
トゥヘルがどうみてるか分りませんが出場機会を求めて移籍したいのなら仕方ないかなとは思いますが
敵に回すとかなり怖い選手に間違いありません
[ 2016/08/25 17:11 ] [ 編集 ]
ローンも売却も結局同じだと思いますよ。確か2018年までの契約とかどこかで見ました。
なので1年出してしまうと、来年帰ってきても残り1年だから来年の夏には契約延長しないなら売却するしかないから
プリシッチはドルから出る気なんでしょうかね

それよりあの牛の頭はドレスデンでしたか。あの写真見ちゃってあれは売られている冷凍牛、冷凍牛とか
自分を説得させながら記事を読まずそっと閉じて試合の内容とかも気に留められなかった位、インパクトありました。
[ 2016/08/25 17:12 ] [ 編集 ]
ドルトムントはプリシッチをセカンドチーム送りにしたいみたいですね
もう遠からずプリシッチはドルトムント出ていくんでしょうね
もったいないなぁ
[ 2016/08/25 17:57 ] [ 編集 ]
ウィングはシュールレ、ロイス、デンベレ、ゲッツェがいて、育成枠ではモルもいる。トップ下は香川、ゲッツェ、カストロ。
去年はサイドの選手としてドゥルムもそこそこ使われてたからバックアップって意味ではかぶる。
野戦病院状態になるなら兎も角、平常運転してたらどんだけプレータイム取れるかは怪しいよな。
[ 2016/08/25 18:05 ] [ 編集 ]
プリシッチ、めちゃくちゃ上手いですよね。
モルやデンベレの才能も物凄いものがありますが、現時点での総合力や、実践においての戦力ではプリシッチの方が遥かにリードしていると思います。
正直、サイドよりも中央(トップ下)の方が力を発揮するんじゃないかと思いました。
[ 2016/08/25 18:17 ] [ 編集 ]
プリシッチは典型的な10番でプレー出来ましたっけ?
[ 2016/08/25 18:25 ] [ 編集 ]
プリシッチは才能があるとはいえ、昨季の移籍市場での失敗(ホフマン放出、ヤヌザイ帰宅、マリ獲得失敗)があったからこその昇格っぽかったからなぁ。

ただそれでも、才能の片鱗は見せていたと思うし、連携も徐々に良くなってきていたけれど、ここに来てデンベレとモルの獲得があり、PSMでは明らかにデンベレ厚遇といった感じで序列が低そうだったのでどうなることやら。

個人的にはロイス復帰まではプリシッチをスタメンにして、モルやデンベレはスーパーサブのほうが機能しそうな気がするのですが、育成枠であるからこそ多少の粗には目を瞑ってデンベレが使われるかな。
[ 2016/08/25 18:27 ] [ 編集 ]
そういや管理人さんドレスデン住みでしたね
ドレスデンと言えばポーランドでやってる森岡にオファーみたいな記事を見たんですがどうなったんですかね
[ 2016/08/25 19:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。