ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、香川とカストロを褒めたたえる!!新キャプテンはシュメルツァーに!《ドイツの反応》



記者会見より管理人が要約してお届けします。香川選手に関する部分は割と詳細に訳しました。




記者会見動画
https://www.youtube.com/watch?v=We-FNQuHzi8





※香川真司とゴンザロ・カストロが、いわゆる準備トレーニングの勝者のように見えますが、それはトレーニングに最初からいてチャンスを掴んだからでしょうか?彼らには満足していますか?(ヴェルトの記者)動画12分ごろから

スポンサーリンク



ただいるだけでは足りないですね。それは学校でも先生に言われたことですが、それは正しいと思いますよ。あなたが言った二人を例に挙げるならば、彼らは本当に素晴らしいパフォーマンスを示してくれました。今シーズン、そして昨シーズンの終盤など、過去半年、そして重要な試合で継続して良いパフォーマンスを出してくれています。彼らは二人とも早くトレーニングに参加し、感覚的に、彼らが無駄にしたようなトレーニングは一度もありませんでした。集中してトレーニングをこなし、テストマッチも同様にプレーしました。


彼らみたいに信頼できる選手がいることは本当に素晴らしいですね。彼らは二人とも良いお手本です。他にもそういう選手が何人かいますね。今そうした選手の名前を挙げると、誰か忘れてしまう事になると思いますので、名前が挙がった二人に留めておきます。


ほんとうに楽しいですし、こうした賛辞はチームみんなとそれから最初からトレーニングに参加していた選手達にもあてはまります。皆我々の一員になったと感じていますし、彼らを信じることもできます。そして“その一日にトレーニングで要求したものを、余すことなくしっかり吸収したね”と言って良いぐらいのトレーニングを過ごしてくれました。特にこの2人の選手はその典型的な選手の例として挙げることができますね。(無断転載禁止




entry_img_1183.jpeg
引用元:BVB公式ツイッター


その他の質問



※マリオ・ゲッツェの状態について

今日のトレーニングではチームに加わってすべての練習をこなしましたし、プレーできる状態ですが、まだ試合でフルに出場する状態ではありません。またギンターやベンダーはオリンピックで短期間に長時間プレーしたこと、また非常に感情的な決勝戦での出来事を消化するためにも、明日の試合はベンチ外になります。




※キャプテンは誰になりますか?

マルセル・シュメルツァーです。昔はキャプテンが遅くトレーニングにやって来て、若い選手が水を運んだりしていましたが、そういう時代は過ぎました。今ではこうした責任は数人の選手に振り分けられています。準備トレーニングでキャプテンが誰になるかというのは、一番小さな問題でした。シュメルツァーになったのは、自然な結果です。




※マインツについて

マインツの状態を測るのは難しいですね。彼らはリヴァプールをあいてにセンセーショナルな4:0という結果をだしていますが、大差で負けたこともありますから。彼らは昨シーズン素晴らしいシーズンを過ごしましたが、彼らは勇気をもって、コンパクト、そして熱心にプレーするだろうと思います。





※シュルレについて

あんまり今から大騒ぎするべきではないと思っています。もちろん僕たちに特別なつながりがあるのは明らかですし、それが手助けとなることはあるでしょうが、選手の状態が良いのは選手自身の手柄です。始まって間もないですが、彼は大きなやる気に満ちていますよ。




201608270354310b6.jpeg



※チームについて

良い感じですね。もちろんスーパーカップの最初の60分やポカール、そしてテストマッチ、トレーニングなどがその糧となっていますね。それらが僕らに良い感覚を与えてくれます。そしてチームも良くまとまっています。トレーニングするのは楽しいですし、お互いに信頼できています。もちろん良いプレーをするには必要なことですね。信頼されれば高いレベルでプレーできます。今は準備ができていると感じています。




※レヴァークーゼンについて

レヴァークーゼンはすごく強いと思っています。彼らはチームを率いる選手を留めていますし、さらに補強もしています。彼らが目標をより攻撃的に公表してくれることを望みますね。レヴァークーゼンのようなチームに対戦するのは大きな課題となるでしょう。グラートバッハについても同様です。





※レアルとの対戦について

僕はチャンピオンズリーグでの試合が最も難しいものだと思っている。我々はタイトル保持者と同じグループになって嬉しいですよ。このスタジアムでレアル・マドリッドと対戦するなんて。これまではベルナベウでの観客でしかありませんでしたから。







以上です。

25分ぐらいの記者会見を要約しましたが、だいたいこんな感じです。香川選手に関する部分はだいたいすべて訳しましたが、つながりやすいように要約したところもあります。トリーア戦のドッペルパックがいかに大きかったか分かりますね。今は香川選手に関心が集まっていますので明日のマインツ戦でも決めてほしいところです。

しかしカストロも香川選手も、度重なるベンチ外にめげずに良くやってくれたと思います。ベンダーの扱いもそうですが、わざと外して、着いてこれるかどうか様子見てるんじゃないかってぐらいですよね。ズボティッチは何が足りなかったのでしょうか?

それから起用法で思い出しましたが、良くドイツ代表の圧力が、みたいなコメントを見かけますが、そんな事って実際にあるのでしょうか?管理人もドイツに住んで長いですが、ドイツサッカー協会がクラブの選手起用に圧力をかけるような事ってあり得ないように感じます。そんな事しなくても良い選手はいっぱいいますし、レーヴも若い選手をしょっちゅう試しています。レ―ヴは自分が気に入っていればクラブで出場していなくたって呼んじゃいますし・・。もしそんな事があったら株主やスポンサーが黙っているはずないと思うのですが・・。

逆にバイエルンがドイツサッカー協会に圧力をかけることは、やろうと思えばできそうな気がします。実際の力関係ではこちらのほうが現実的な気がします・・・。



【おまけ今日のドイツ】

20160827040105deb.jpeg


ここ数日は夏のような暑さが戻って来ました。テラスでのんびりお茶や食事を楽しむのもあと数日は出来そうです。
[ 2016/08/27 05:55 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(24)
今季のレヴァークーゼンが前も後ろも上手いこと補強しましたし強そうなんですよね
ドルトムントの新戦力がもっと上手いことハマってくれないとレヴァークーゼンに2位もってかれそうな不安が…
[ 2016/08/27 06:50 ] [ 編集 ]
サッカー協会がクラブチームに自国選手を起用するようにと圧力をかけずともドイツクラスになると
他国の優秀な選手にも負けない才能豊かな選手がわんさかと溢れ出てくるイメージがある
[ 2016/08/27 06:51 ] [ 編集 ]
毎回、圧力だとか妄想してる人がいたので失笑してました。
特定の選手を擁護するために、そんな事を引っ張り出すのはいい加減にして欲しいと思っていたので、管理人さん、よくぞ書いてくれました。
[ 2016/08/27 07:27 ] [ 編集 ]
香川はテストマッチでトゥヘルの指示に従ってたからね
メディアはテストマッチでゴールしてないからいまいちみたいに言ってたけど試合ごとにいろんなこと試されてた
サンダーランド戦はCFのそばでポストと裏抜けしてた
パスが来なくてチームとしては駄目だったけど交代の時トゥヘルに裏抜け褒められてた
守備が悪すぎると下がってカバーに行けって指差しされてしにいったりさ
ま、これは昨シーズンの後半戦のシャドーのときも指示されるとやってたね
昨シーズンからいるメンツではカストロ、オバ、シュメ、パパもそう
逆に指示通りに出来なかったのがシャヒン、プリシッチ、ピシュ、ヴァイグル
ピシュとヴァイグルはまだ調整出来てないからだけど
シャヒンとプリシッチはビルバオ戦で駄目でその後のスーパーカップでベンチ外
シャヒンはもう昨シーズンからずっと楔のパス出せないし守備も駄目だけどW
プリシッチのベンチ外に驚いた人多かったけどビルバオ戦でポジショニングがおかしかった
トゥヘルに怒られててもなおんなかったんだよね
管理人さんの言うとおりわざと外してついてこれるかみてると思う
マインツでも何度かやってたし岡崎もベンチだったけど何試合か外されてた
プリシッチはこの前のテストマッチで奮起してたね
[ 2016/08/27 07:41 ] [ 編集 ]
陰謀論が好きな人って一定数いるよね
日本代表でも少なからずそういう話が出るもの
[ 2016/08/27 08:17 ] [ 編集 ]
ずっと触れないのでてっきり管理人さんもそういう方と同意見なのかと思ってました
私も管理人さんと同じ考えなので一言あってホッとしました
[ 2016/08/27 08:18 ] [ 編集 ]
管理人さんおはようございます!
香川選手のコメントは嬉しい限りです。
後、管理人さんのコメント説得力ありました。この件は自分もどうなのかと思ってましたが、少し気が楽になりました。何れにしてもチームが勝ち続けての話しですので今日から頑張って欲しいです。全力で応援します。
[ 2016/08/27 08:37 ] [ 編集 ]
香川はなかなか契約延長しないよな。あと1年しかないのに。やっぱステップアップ希望なのかな?
[ 2016/08/27 09:00 ] [ 編集 ]
確かに代表だからってのは無いと思いますが外国人の扱いはどの国も似たようなものかと
つまりは大差ない成績なら国内のそして地元の選手を優先するのは当たり前の事
ドイツのドルトムントのサポーターの為のクラブであるからロイス最優先で次点ゲッツェ
外国人ならレヴァそして昨年のオバミキ並の圧倒的数字がなければ競れない不安はある
[ 2016/08/27 09:30 ] [ 編集 ]
大変貴重な情報をありがとうございます。

とりあえずトゥヘルが現状では香川の出来に満足しているようでよかったです。
[ 2016/08/27 09:36 ] [ 編集 ]
いつも貴重な翻訳とドイツの風を運んでいただきありがとうございます。あの2点はやはりデカかったですね。後半は流したと言ってましたが、力のいれ具合も要領を得た感じがいつのまにか中堅を感じます。いよいよ開幕!
[ 2016/08/27 10:48 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
いよいよシーズン始まりますね。主力選手が抜けて最初は正直不安しかなかったんですが、先日の試合を見て少しずつチームでやろうとしている形が見えてきて楽しみになってきました。
バルトラの縦パスから攻撃のスイッチを入れたり、香川選手を経由して攻撃を組み立てたり、シュールレ、ゲレイロ、ローデなどの新戦力もいい動きを見せてたりとまだまだ不安もありますが期待を待って開幕迎えられそうです。
[ 2016/08/27 10:55 ] [ 編集 ]
いつも応援しています。久しぶりにコメントしますね。
スボティッチは、バランスのいい選手ですが、ソクラテスほど一対一に優れた選手は世界的にもそういませんし、ポゼッションサッカーをするには、もう一人は足元の強いバルサでいう4番を置く必要があります。なので、ドルトムントの攻撃陣以上にソクラテス+フンメルス(バルトラ)というのはドルトムントのキープレーヤーになりますね。この組み合わせは、トゥヘルが昨年後半に取り組んだ守備的な戦い方とポゼッションサッカーを担う両輪ですね。そうなるとCBにスボティッチの枠がないのは当然に感じます。
[ 2016/08/27 11:42 ] [ 編集 ]
移籍先で選手が成功すれば良し、
しなくても移籍金より安い額で買い戻せばリスクの少ない補強が出来る。
これはクラブの方針であって、ドイツ協会がどうのこうのは関係無い気がする。

まあでも、次はムヒタリアンがそうならない事を祈るよ
[ 2016/08/27 12:26 ] [ 編集 ]
いやいや、ドイツサッカー協会がクラブの選手起用に圧力をかけるなんてことを本気で信じてる人はほとんどいないですよ。
一部の香川ファンが妄想しているだけでは?
そもそも、どの国のリーグでも自国の選手(ましてや代表選手なら尚更のこと)は優遇されますよ。
メディアだって自国の人気選手には総じて甘いです。
外国人選手はあくまでも助っ人ですから、香川は結果を出し続けるしかないですね。
ドイツ代表とポジション争いをしなくてはならないのはしんどいですけど、周りの雑音に振り回されずに頑張ってほしいです。
[ 2016/08/27 12:36 ] [ 編集 ]
そうそう。
日本の感覚をドイツや他国に持ち込まないで欲しい。
結構特殊な国だよ日本て。
[ 2016/08/27 15:58 ] [ 編集 ]
>一部の香川ファンが妄想しているだけでは?

逆ですよ。アンチさんたちや、古い個人技至上主義に囚われた人たちが使うことの方をよく見る。「ダメダメ、その程度じゃドイツ人優遇の壁を破れないよ、お疲れさん」という感じ。
[ 2016/08/27 16:17 ] [ 編集 ]
もしかして本当にチーム状態がトゥヘルが思っている以上にいい具合に仕上がって来ているのかな
[ 2016/08/27 16:18 ] [ 編集 ]
08/27 07:41さん
私も同じ見解です
トゥヘルは指示とポジショニングに辛いですね
ギンターはベンチ、ホフマンにいたっては冬放出ですし
逆に直接口説いてきたメリーノなんかは見ててなるほどですね。まだまだ青いけど
[ 2016/08/27 17:03 ] [ 編集 ]
全て納得ですね
トゥヘルはベンチ外にわざとするのは選手を奮起させるためにやってると思います。
いい記事ですね
[ 2016/08/27 17:52 ] [ 編集 ]
香川の契約はあと2年(2018年まで)ですよ。
残り1年になったら契約延長か移籍かの判断です。
なので決めるのは今シーズンの終わり(2017年)ですね。
[ 2016/08/27 19:51 ] [ 編集 ]
資金の面ではメガクラブに及ばないドルトムントは、弱くなってCLに出られなくなったらサイクルが止まってしまう。だから、フェアな競争をチーム内でさせないとね。えこひいきすると、間違いなくチームは弱体化するし、今みたいにメガクラブが欲しがるような有望な若手が入りたがるチームにはなれないはず。
[ 2016/08/27 20:44 ] [ 編集 ]
このインタビューの翻訳をしてくださって本当にありがとうございます。

昨シーズンはトゥヘルに対しても色々な場面で疑心暗鬼になりましたが、、

香川選手とカストロ選手は今のBVBには欠かせないと思います。
今シーズン頑張ってほしいです。
[ 2016/08/27 20:49 ] [ 編集 ]
やはりレーヴはドルトムント(トゥヘル)に口出してたようですよ
もうゲッツェを出せと
昨シーズンレーヴが見に来ていた試合に調子の悪いドゥルムを出して噛み合わず大失敗してましたが、、、まぁドイツ代表ですからね
圧力がかからないはずないと思います
[ 2016/08/29 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。