ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェ、ドイツ代表ではトップ下はやらず!ドイツ代表の6つの謎!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト




ゲッツェ、戦術、謎・・・

ワールドカップ予選に向けてドイツ代表の6つの謎



entry_img_1196.jpeg
引用元:Bild




日曜日にワールドカップロシア大会に向けた予選が始まるが、ドイツ代表はノルウェー代表と対戦する。ユーロでフランスに敗れて2か月経つが、新キャプテンがマニュエル・ノイアーになることが明らかになっている。しかし多くの疑問が残ったままだ。


スポンサーリンク




これがドイツ代表6つの謎だ。



▶エジルはレーヴの下でもアーセナルのようにプレーするだろうか?


エジルはクラブチームでは何年にもわたって、彼が世界最高のミッドフィルダ―の一人である事を示してきた。このアシスト王はレアル・マドリッドでは159試合中、81アシストを決めて、アーセナルでも119試合43アシストを決めている。

残念:ドイツ代表では彼は本当に沈んでいる。ユーロでの北アイルランド戦のようなパフォーマンスはまったくもって稀である。はっきりしているのは、ヨギの下では彼のポジションは約束されているという事だ。これから彼がこの信頼を定期的に良いパフォーマンスでお返ししてくれると良いのだが・・。


20160902193223e05.jpeg




▶今後もスリーバックでプレーするのだろうか?


ヨギはここ数か月3バックをテストしている。テストバッチはもちろん、ユーロのイタリア戦でも3人の真のディフェンダーを採用し、要塞を築いた。そしてその後“4バックだったら、2トップと二人のサイドバックが高くあがる戦術に対して、頻繁に1対1の状況に追い込まれただろう。これは非常に危険だったんだ。だからこのような戦術を採用したんだ。中央のスペースをよりしっかり締めないといけなかった。”と説明している。

このような相手と状況はこれからも見られるだろう。ここの所チームはこの戦術を吸収し、ヨギも問題なくこの戦術を採用できる。


2016090219322287f.jpeg




▶グループリーグはどのぐらい難しい?


それにこたえるのは難しい。アゼルバイジャンとサン・マリーノは最も勝利から遠い。危険な対戦相手はユーロにも参加した北アイルランドと、1996年の決勝の相手だったチェコだ。そして日曜日にはノルウェーと対戦する。ノルウェーはユーロ予選のプレーオフでハンガリーに敗れている。

はっきりしているのは、ドイツが首位候補という事だろう。本来であればどのチームにも勝たなければならない。




▶ゲッツェの起用法は?

ゲッツェがどんなにクラブで問題を抱えていても、それはどうでも良い。ゲッツェはドイツ代表では頻繁に輝いている。この間のフィンランド戦では、2ゴールをアシストし、ドイツ代表の中では最も良い選手の一人だった。ヨギは彼を偽9番か、サイドの選手として起用するだろう。

何よりもドイツ代表にはストライカーが不足しているので、彼にはそこでプレーするチャンスがある。ワールドカップ予選ではそこで出場する機会が多く訪れるだろう。ヨギはワールドカップの英雄が大好きで、彼の特別な才能を良く分かっている。




▶どうしてこんなに早くワールドカップ予選があるのか?

これはFifaの日程によるものだ。ドイツ代表にはそれに影響を与える権限はなく、ただ受け入れなければならない。このようにシーズンが始まった直後にこのような試合があることは、ファン、クラブ、選手にとっても理想的ではない。

とは言っても9月頭の代表選は別に特別なことでもない。今年はユーロがあったためブンデスリーガの開幕が遅れてしまったのだ。そのため開幕1試合の後で代表戦となっている。





▶どのオリンピック選手にチャンスがあるか?

ズィーレ、マイヤー、ブラントはオリンピックでの素晴らしい成功の後で代表入りを果たした。彼らはチームにうまく誘導されなければならない。彼らがそれぞれのポジションで最初の選択肢ではなかったとしても。

その他にはシャルケのゴレツカ、ライプツィヒのクロースターマン、そしてドルトムントのギンター、また双子のベンダーである、ラースとズヴェンも候補だろう。


20160902193221158.jpeg






以上です。

前回日本代表に対するドイツの記事を紹介しましたが、日本のメディアの報道はどのような感じでしょうか?日本ではチームに対してファンからのブーイングとかはありますか?

コメントにもありましたが、ドイツ代表は期待が高いためか、ふがいない試合をするとものすごく批判されますし、ファンからのブーイングも多いです。マリオ・ゴメスなんかは外すイメージが大きくて、本当に良くブーイングされていました・・・・。エジルもこの記事の通り、なぜいつも起用されるのか、という話になることが多いですね。




[ 2016/09/02 19:48 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(21)
この試合のドイツ代表のシステムと配置が分かる方、教えて頂けませんか?

ドイツ代表のサッカーは本当に知的で美しいですね。
スペインなどよりも、遥かにサッカーを知り尽くしている国だなと思います。
[ 2016/09/02 20:16 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。どこの国も色々ありますね。クラブも代表も活躍するというのはとても大変な事だと改めて感じます。特に日本は移動距離が長すぎる。良くやってると思います。今回日本は負けてしまいました。特に香川選手は10番ですし、最近の試合は活躍していたので期待値も高かったのでかなり叩かれています。もちろんチーム全体が悪かったですが、それでも香川選手を信じて応援していきます。まだまだ日本には香川選手は絶対必要な選手ですから!
[ 2016/09/02 20:19 ] [ 編集 ]
ゲッツェどこのポジションなんだろうと思ってましたがトップ下でなかったんですね。これゲッツェのフォローになってるんでしょうか?
普段ブンデス見てると不甲斐ない負け方したチームにはブーイングすごいので昨日もこりゃ大変だ…と思ってたのですがアレ?って感じに見えました。テレビの写し方だったのでしょうか?違っていたらごめんなさい。まぁ負けたショックでよく見られなかったのもありますが。
[ 2016/09/02 20:27 ] [ 編集 ]
この試合はニコ生でみました。メンバーはドイツ代表のTwitterで確認出来ますよ!たしかシュバインシュタイガーの代表引退試合でした。その割には主力選手は出てなく、後半15分頃~チラホラでてきました。なんだか人選が寂しい感じでした。ゲッツェは2アシストしましたが、あまり良くなかったと自分は思いました。でも結果が全てですね。
[ 2016/09/02 20:28 ] [ 編集 ]
ドイツはフレンドリーで結構やらかすよね。選手のテストしてるのが解る。
そしてワールドカップやユーロのグループリーグでテストやって勝ち続けるから本当に
強い。
[ 2016/09/02 20:47 ] [ 編集 ]
>ゲッツェはドイツ代表では頻繁に輝いている
??ユーロではブーイングされる程でレーブもとうとうベンチに下げましたよね
フィンランド戦はシュバンシュタイガーの壮行会みたいな感じで主力はほぼ出番がなかったですね
エジルやミュラーが最後の方にちょこっと出たくらいだったと思いますが
[ 2016/09/02 21:38 ] [ 編集 ]
ドイツマスコミの自国へのブーイングは愛があるけど
日本は日本人じゃない記者が日本代表にブーイングしているようにしか見えない
[ 2016/09/02 22:08 ] [ 編集 ]
日本のメディアは基本的に選手や監督やその他関係者のコメント引用と結果を単なる情報として知らせてるだけだな

日本代表の試合に来るサポーターはメリハリのある応援とかじゃなくて途切れることのないチャントを延々とやってる
最近ようやく多少のブーイングを覚えた感じ
ちなみにJチームの応援は代表よりはかなりマシ
[ 2016/09/02 23:25 ] [ 編集 ]
ゴメスはこの試合に招集されてなかったと思いますが怪我、それともヴォルフスブルク移籍が移籍市場が閉まるギリギリに決まったのでその辺りをレーブも考えてあげたのかな
ユーロでゴメスよかったしFWは本職のゴメスでいいと思う
[ 2016/09/03 00:15 ] [ 編集 ]
2016/09/02 20:16さんへ
ゲッツェは0トップだったと思う。左フォラント、右ブラントで。343だったかな。
[ 2016/09/03 02:31 ] [ 編集 ]
香川にしてもゲッツェにしても取材対象の名前を二度見したくなるような記事が多いですね。
昔はキッカーやビルト筆頭に、ドイツの記事は日経(サッカーの記事に関しては最も秀逸)のスポーツ欄などに定番的に引用され、さすがサッカー大国だと唸らされていたが、最近のドイツの記事の凋落ぶりはどうなんでしょう。残念な記事が増えているのが気がかり。
[ 2016/09/03 07:45 ] [ 編集 ]
ゲッツェは1トップか0トップだったと思います。代表でゲッツェはいつもどのポジだったか?わかる方教えて下さい。
[ 2016/09/03 08:25 ] [ 編集 ]
ゲッツエはトップ下で一番輝くの選手では無いでしょう。
どう考えても、サイドの方が向くと思いますね。(0トップでも可)

ゲームを作るタイプでは無い。
なぜかドルではトップ下とされてますが、この件ではトゥヘルにまったく同意できませんね。(ただトゥヘルが本来生きるサイドではゲッツエが好みの選手ではなく、仕方なくトップ下だと言ってる可能性はあります)

サイドで使って欲しいですね。前回優勝時は、香川ともそれで結果を出したのだから。
[ 2016/09/03 11:20 ] [ 編集 ]
トゥヘルはトップ下とは言ってなかったように思います。ただ中央の選手だと言ってただけ。親善ではレーブ監督とドルトムント側で話し合いが行われた結果、予定通りに出場したとゲッツェはいってました。
8番10番があってるといったのはゲッツェ本人で、記事にしたマスコミが香川はサブだと盛んに騒ぎ立てたので読者が勘違いしたかも?
バイエルンでも代表でもトップ下やってないのに移籍先クラブで希望通りにできるほどプロの世界は甘くないと思います。
キミッヒが新しい監督に中央ポジションでやりたいと希望をだしたようですね。でも代表ではCBやってましたね。クラブの影響ってとても強いと思います。ゲッツェが本当にトップ下やりたくて移籍してきたのなら、控え覚悟で取り組む必要ありますし、代表にもその内呼ばれなくなるかもしれないですね。
その覚悟があるのでしょうか?疑問です。ドイツ代表の次期トップ下候補はマイヤーじゃないでしょうか。五輪で銀メダル取りましたし、キャプテンを任されてました。期待されてるのが伺えます。
[ 2016/09/03 17:15 ] [ 編集 ]
代表でゲッツェは0トップが多いかな
トップ下は1番手がエジルでクロース、ギュンドアンが続く感じ
[ 2016/09/03 18:34 ] [ 編集 ]
ゴメスはユーロで負傷したので今回の招集までに間に合わなかったようです
ドレスデンとのテストマッチで早速ゴールを決めたようで、やはりドイツ代表の本職はゴメスになると思う
[ 2016/09/03 18:44 ] [ 編集 ]
>バイエルンでも代表でもトップ下やってないのに移籍先クラブで希望通りにできるほどプロの世界は甘くないと思います。




うーん。
これはちょっと違うんじゃないですかね。
バイエルンやドイツ代表に比べれば、ドルトムントは明らかに格下ですし…
バイエルンやドイツ代表だと競争相手はワールドクラスばかりになりますから。
それに代表とクラブのポジションが違うなんて世界中で当たり前のことですよ。
他の選手とのバランスだったり兼ね合いがあるし、やっているサッカーのスタイルもフォーメーションも戦術も何もかも違うんですから。
[ 2016/09/03 19:35 ] [ 編集 ]
クラブでの問題がどうでもいいわけないよね普通に考えて
[ 2016/09/03 20:17 ] [ 編集 ]
試合を見ましたが、やはりゲッツェはまだまだ体が重そうですね。
0トップ起用なのでボールタッチは少なかったです。
よく触るようになったのは70分くらいからじゃないかな。
特にエジルが入ってからのパス交換は、やはりフィーリングが合いますね。
ドルトムントではロイスがまだ離脱中ですが、仲の良い選手だらけなのでドイツ代表よりプレーし易そうな感じはします。
香川とも2列目同士で見たいですね。
1点目はサイドからのクロス→マイヤーのシュート。
2点目はPA内でターンしてからのパス→角度の無い場所からエジルのシュート。
試合を通してあまり目立ちはしなかったものの、キラリと光る決定機を作っていたのは良かったと思います。
ただしシュートの部分ではまだ鈍さが何度も気になりました。
まあ親善試合ですし、コンディション的にまだライプツィヒ戦は(少なくともスタメンでは)出ないんじゃないかと思います。
ノルウェー戦もスタメンは無いんでしょうね、フルで出たばかりですし。
ドルトムントでのポジションで言うと、やはりトップ下かウィングがいいと思います。
アシストの上手さ、最後の部分の落ち着きや丁寧さは魅力に思いました。
[ 2016/09/04 06:12 ] [ 編集 ]
ドイツ代表はいいMFはたくさんいるんだけど、生粋のFWがゴメスしか思い浮かばない。W杯の決勝ゴールでゲッツェの株もぐーんとあがったけど、EUROでだだ下がり。才能があるがゆえ、使いどころを、模索してるって感じですね。結局のところ他のポジションじゃ無理だから点を取れる位置に置いた感じ。かと言ってクラブに戻れば、攻守でハードワークを要求するトゥヘルにとっては力不足と捉えられてるふしがある。まずは体を絞ることを優先にコンディションあげていかないと、また怪我しそう。
代表では色々と酷評されてる香川もこんなドイツの代表選手とあらそってるんだから、大変な世界だよね。
ゲッツェも代表で自信をつけて、そして香川も素晴らしい選手だから、クラブで共存できるのは前ドル時代に証明済なので活かして行く方向も考えてほしい。
[ 2016/09/05 07:18 ] [ 編集 ]
「ゲッツェ、ドイツ代表ではトップ下はやらず!」
ゲッツェって香川とトップ下争いしてたんじゃなかったっけ?

「ゲッツェがどんなにクラブで問題を抱えていても、それはどうでも良い」
あらまー、散々香川がーとか言って、香川をスタメンからはずそうとしてたのに、香川からスタメン奪えないと、クラブの問題ですか。

「ワールドカップ予選ではそこで出場する機会が多く訪れるだろう。ヨギはワールドカップの英雄が大好きで、彼の特別な才能を良く分かっている」
 ユーロ2016で活躍できなくても、親善試合のフィンランド戦で活躍すると、W杯では活躍できるみたいだね。ちなみにFIFAランキングでフィンランドは日本の49位より下の61位だからね。むしろビルトはドイツを何の大会で優勝させる気があるのか疑問だ。
-6ー
[ 2016/09/05 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。