ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBローデがトゥヘルの下で守備的中盤のボスに!!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



バイエルンのベンチからドルトムントの汚れ役へ



ローデ、トゥヘルの下で守備的中盤のボスへ




entry_img_1198.jpeg
引用元:Bild


こんなにも早くキャリアが大きく変わるとは・・・


スポンサーリンク



ゼバスティアン・ローデは今から一年前、バイエルンでスタンドとベンチを行き来していた。元監督のペップ・グアルディオラはこの守備的中盤のスペシャリストをプレーさせることは少なく。昨シーズンは合計で493分しかプレーしなかった。その結果:ローデはBVBへと逃亡し、そこで彼は中盤のボスを役割を引き受けることになった・・・。


20160903185414080.jpeg


バイエルンのベンチからドルトムントの汚れ役へ!!ローデがトゥヘルの下で守備的中盤のボスに!



注目すべき点は:この非常に激しいプレースタイルである。なによりも相手の素早い攻守の切り替えにおいて、ローデはスライディングでその間に割って入る。そして危険なカウンターを防ぐことができるのだ。そしてトーマス・トゥヘルはこのギャングスタイルを非常に評価しているのだ。なので彼はこれまでの公式戦3試合すべてでスタメン出場しているのだ。


しかしローデは単なる潰し屋というだけではない。彼は攻撃にも参加するつもりのようだ。ポカールのトリーア戦の後で彼は、“何度か直接ゴールに絡むことには特に反対しないよ。”と答えている。今のところまだこれは成功していない。



しかしゴールとアシストを抜きにしても、ローデはすでにドルトムントに到着したとみることができるだろう。フィールド内外で。彼は7月下旬の中国ツアーの前に、新加入の選手としては一番目にドルトムントに加わった。代表戦が行われている現在、彼はようやくゆっくり街を見学することができる。



ドルトムントと一心同体!このようにしてトゥヘルの新しい潰し屋はファンのお気に入りになることがきるだろう・・・。








以上です。

ローデの活躍には期待していますが、まだ3試合連続スタメン出場しただけで、バイエルンの時とは全然違うと評価するのは早すぎますね。ヴァイグルやベンダーもいますからね。

もしかしたら相手が攻めてくるようなチームのほうが活躍しそうな感じでしょうか。うまくチャンピオンズリーグで活躍してくると良いですね。

しかしリーガは本当に相手は引いて守って来るばかりなので、それをどう崩すのか・・・今シーズンもこれが課題ですね。



【おまけ今日のドイツ】

20160903185414e1f.jpeg


とら食堂堂のラーメンを頂きました。ドイツでも自宅でラーメンが食べられるのは有り難いです。

[ 2016/09/03 18:55 ] ローデ | TB(-) | CM(8)
私はヴァイグルがドンピシャで大好きですが、ローデは対極にある感じで見ていて気持ちが良いです。
強豪相手に力を発揮するような気がするので、相手によって使い分けできるんじゃないですかね。
[ 2016/09/03 19:39 ] [ 編集 ]
今のままならベンダーの方が高さもあるしいいかなと思ってます
カストロともあまり相性良くない印象で
守備も対人のプレスはいいかもしれないですけどね
相手が引いてる時出し手になって欲しいのに前で受けようとしてスペースがなくなったりするのも改善して欲しいですし視野の狭さと前を向いてパスを出せないのも厳しい
ドルトムントのスタメンとしてはまだ物足りないです
パス繋げるのが大好きなトゥヘルがどのあたりをかっているのかよく分かりませんが半年位たったら見えてくるのでしょうか?
[ 2016/09/03 21:05 ] [ 編集 ]
守備はいいかもしれんけどカストロがやりにくそうになってるような
カウンター能力や視野を持てばバイエルンでもっと試合出れただろう選手
ドルは加入後ワールドクラスに化けたりするので今後に期待かな
[ 2016/09/03 21:54 ] [ 編集 ]
オバメヤン以外誰もレギュラーを保障されていない状況ですね。
[ 2016/09/03 22:53 ] [ 編集 ]
スーパーカップでローデの株上がりましたものね。
私もPSMでは期待できないと思っておりましたが、カップ戦で頼もしいと見直しました。
あとは、パス技術を向上すれば不動のスタメンですね、頑張って欲しいですね。
[ 2016/09/03 22:57 ] [ 編集 ]
ローデ中心にして攻撃許可するとCB問題がより深刻化してしまいそうだけど対バイエルンやCLは大丈夫なんだろうか
[ 2016/09/04 10:04 ] [ 編集 ]
ローデはフランクフルト時代からボックストゥボックスの走り回るボランチなので
あんまりアンカーポジションでは輝かないと思っています
マインツ戦も短い時間でしたがヴァイグルが入ってきて少し前にポジションとってからの方が良かったですし
[ 2016/09/04 19:50 ] [ 編集 ]
いや、別にローデが中心という事ではないと思いますよ。
まだこれからいくらでも最適なメンバーが誰かは変わっていくと思います。
マインツ戦も結局はヴァイグルを投入して、明らかに攻撃の流れが良くなりましたから。
(ローデと一緒に出てましたよね。)

ヴァイグルのプレー集を見ていると、たまらないですね…
本当に前線の選手の動き出しを見逃さず良く見ているし、針の穴のように狭いスペースに、瞬時に絶妙なパスを通してしまうあの才能はズバ抜けていると思います。
美しいし、怖ろしいです…
[ 2016/09/04 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。