ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 CL試合目前 BVBファン イスタンブールで襲われる!!ファンの反応


いよいよ試合が近づいてきましたね。今日はなんとしてもBVBに勝って欲しいです。

さて、タイトルにもありますが、イスタンブールでBVBのファンがガラタサライのファンに襲われたということが今ドイツで話題になっています。

短いですがその記事とそれに対するドルトムントファンのコメントをまとめました。記事はシュテルンというドイツの一般雑誌のものです。



20141022234824d11.jpg

イスタンブールで行われるCLアウェー戦、ガラタサライ戦を前にして、ボルシア・ドルトムントのファンが暴行の犠牲者となった。

試合の前日夜、BVBファンがイスタンブール・タクシム広場近くの飲食街で楽しんでいたところ、ガラフールスというグループの(訳注:ガラタサライのフーリガン)メンバーが彼らを襲撃した。

ソーシャルネットワークなどでは、彼らが棒や椅子などでドルトムントからの飲食店の客を襲撃している様子が伝えられている。

2人のBVBのファンが救急病院にて手当を受けなければならなかった。そしてクラブ側もこの出来事を公に認めた。多くの人びとが逮捕され、ナイフや鉄の棒、棒などが押収された。ルーア・ナッハリヒテンが伝えた所によると、彼らは試合の前に自分達のエリアでドルトムントファンがユニフォームを着ることに対して我慢をしないだろうと、説明していたそうである。

BVBファンフォーラム、シュヴァッツゲルプにおいては、トルコのフーリガンがナイフを持って、いくつかの飲食店を渡り歩き、ドルトムントファンに向かっていく様子が映し出されている。

警察はそのタクシム広場の飲食街周辺を一掃したが、ドイツファンの安全を保証することはできないと伝えている。

現時点で2400人のBVBファンがトルコの中心にいる。

2月には2人のチェルシーファンがガラタサライのファンにナイフで刺されるという事件がおきていた。


スポンサーリンク


記事が短いので少しだけドルトムントファンのフォーラムの反応を載せます。


・ルーアナッハリヒテンによると、ガラタサライのファンは僕達が彼らの街でBVBのユニフォームを着ることを容認しないらしい。これは僕も知らなかったが、僕たちは知らない街にいるんだから、彼らにリスペクトを示さなければならないと思う。僕は普段の格好をしている。

もちろんこれにはいろんな意見があるだろうけど。月曜以来ここタクシム広場にいるけれど、とても良い時期を過ごしているよ。このままであることを望むよ。


・↑ちょっと大げさだね。リスペクトというのは、相手のファンを親切に迎える事を言うんだ。どのユニフォームを着ているかは関係ないよ。これはサッカーであって、戦争じゃないんだ。


僕たちは知らない街にいるんだから、彼らにリスペクトを示さなければならないと思う

↑君はこの意見がくだらないとは思わないのかい?僕もチームのマフラーを巻いて街を歩いてるわけじゃないよ。だけどマフラーを持たないで出歩くこともないよ。もちろんマフラーを巻いていくんなら、こうした馬鹿げた騒動に巻き込まれる可能性を考えるさ。だけど僕は青いマフラーや帽子を見たからって、それでいらいらすることは無いし、それで叩いたりはしないよ。(訳注:青はシャルケ)


・(注:記事にありました暴力シーンですので、暴力シーンが好きでない方はご注意ください)



・1.普通の人間がナイフや鉄の棒を持って、
 2.三人で非常に平和的な人に近づいき
 3.さらに人が来たら逃げること。

これをやれば襲われることは無いよ。でもこうした人は病気だよ。


・僕がイスタンブールは安全かってここで聞いたら笑われたんだけど。(訳注:安全だという意味で)


・↑何が原因だったか様子を見てみよう。もしトルコのファンが我々を襲う可能性があることが事前に分かっていたら、君のことを笑ったりしなかっただろう。


・↑でもこんなことをいちいち事前に言わなければいけないことかな?相手のファンを襲うなんてどこの国でもありそうだよ。


・↑そうだね。イスタンブールやローマ、ペテルブルグでは、マドリッドやバルセロナよりも可能性があるね。


・↑確かにマドリッドやバルセロナは警察が良く働いている。ロンドンは大分安全だ。でもヨーロッパは危険が無いわけではない。それでもロンドンは例外的に良い。



・マドリッドでは全然問題なかったな。



・僕もペテルブルグの事はわからないけど、マドリッドのことはよく知っている。30年も通っているけど、一度もそんな事はなかったよ。

・だけどマドリッドの警察は不快だよ。だからサッカーのためにマドリッドに行くのは嫌だね。



【フォーラム以外のコメント】


・今まで死者が出なかったことが不思議だ。トルコのフーリガンよ君たちの誇りはどこへ行った?


・このようにファンを守ることができない都市はチャンピオンズリーグのような国際大会に出るべきじゃないよ。


・現地警察が安全性を認められないなんて信じられない。こういった状況は受け入れられない。そうしないといつか死者が出るよ。


・これでドルトムントファンがホームで復習したら大変だね。


・ドルトムントファンに勝利を望むよ!


・このようにおかしい人はどこにでもいるんだ。


・なんてひどい出来事だ。



・怪我した人、早く良くなりますように!そしてチームが勝ちますように!そしてファンが無事に帰ってこれますように。





フォーラムの常連はすでにイスタンブールに行っているようですね。そんな理由からかフォーラムではあんまり議論にはなっていませんでした。今は試合の事で頭がいっぱいなんだと思います。一般のコメントのほうが現実的な意見が多く見られました。

いずれにせよ、今日の試合が荒れてしまうのではないかと心配しています。昨日のローマ対バイエルンでは選手が大分レーザーで攻撃されていましたから、選手に被害が及ばないでほしいです。

全然良いニュースではありませんが、ドルトムントファンとしてはなんだか負けられない思いが強くなりました。


【おまけ 今日のドイツ】

クールダウンに
IMG_1374.jpg

IMG_1362.jpg

近所を走る機関車。ドレスデンの隣町ラーデボイルからモーリッツブルクの先までを結ぶ路線で未だに現役。
[ 2014/10/23 00:53 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(19)
No title
さすがの民度だなトルコ
これもアッラーの教えかな???
[ 2014/10/23 01:41 ] [ 編集 ]
No title
怪我を負ったドルトムントサポが無事にドルトムントの町に帰れますように!
他のサポも無事でありますように!
[ 2014/10/23 02:09 ] [ 編集 ]
No title
>さすがの民度だなトルコ

覚えたての民度という言葉を使いたくてしょうがないんだなぁ。
[ 2014/10/23 02:21 ] [ 編集 ]
No title
フーリガンは試合どころかサッカー自体興味ない連中だからな
こいつらは日頃溜まった鬱憤がはらせればそれでいい
CLやチームへの敬意のカケラもないサッカーというスポーツを冒涜するどうしようもない存在
[ 2014/10/23 02:24 ] [ 編集 ]
動画見たけど、怖すぎだわ!
ほんと、よく死者が出なかったな。
[ 2014/10/23 02:31 ] [ 編集 ]
No title
一体何がそんなに気に食わないんだろうなまだ試合前だぜ?いや試合後でも同じだけどな
昨日のCLでのローマ7-1の敗戦後でもサポーターの声援は熱かったぜ?楽しむ為にスポーツ観戦すしてるんだろ?国の威信をかけて戦争するわけじゃない
こんなものドイツ人じゃなくてもうんざりだわ
[ 2014/10/23 02:31 ] [ 編集 ]
No title
警察も無理ってダメだろ
こういう暴力沙汰で勝ち点はく奪とか最悪CLから追放とかされたらどうすんのよ
て言ってもこういう奴らはサッカーに興味がなくただ暴れたいだけでチームがどうなろうがお構いなしだから本当のサポもほんと迷惑だろうね
とにかく怪我したサポの早期回復と今後こんなことが起こらないよう、そしてドルトムントの勝利を願ってます
[ 2014/10/23 02:41 ] [ 編集 ]
No title
以前、昔のガラタサライのホームスタジアムの近くに数年住んでたけど試合前後の数時間は外出を控えてました。ベランダにも出れない情況でした、流れ玉が顔に当たって亡くなった人もいました。勝った後なんて車から身を乗り出して実弾発射するんですよ。
どうかドルトムントサポが無事でありますように。
[ 2014/10/23 02:42 ] [ 編集 ]
No title
またガラタサライかよw
この前エミレーツスタジアムで大暴れしたばっかだろ
[ 2014/10/23 02:59 ] [ 編集 ]
No title
フーリガンもそうだがトルコの隣りにはイスラム国の連中がうじゃうじゃ居るのが嫌だな
[ 2014/10/23 03:31 ] [ 編集 ]
勝ちましたね。
この勝利がリーグにも追い風となれば。
アイアンマンの怪我は心配ですが。

[ 2014/10/23 06:10 ] [ 編集 ]
毎回の思うがトルコを親日国と勘違いしてる無知なヤツってまだいるんだな。
[ 2014/10/23 06:36 ] [ 編集 ]
No title
要約:白人様のルールに従えオスマン人ども
[ 2014/10/23 07:29 ] [ 編集 ]
No title
トルコは親日の側面もありすが、拾うと怖い話もちらほらでてきますし、周辺国からは問題児扱い。
ユーロにまだ入りたいならば、媚びろとはいいませんが、こういった西側諸国との接触の際に一般市民に好印象を持ってもらうためにも治安には力をいれて欲しいものです。
BVBは傷害事件をスポーツで消化できて良かったですね。被害にあわれた方のお怪我がたいしたことがなく、トラウマになりませんように。
[ 2014/10/23 08:19 ] [ 編集 ]
No title
いつもお写真美しいですね
行った事がないので憧れもあるのでしょうが、
規律や純度の高いものの中に現れる静謐と硬質な力強さを感じます
素敵なお写真にドイツへの旅情をかきたてられつつ、癒されています
負担にならないならば是非続けていただきたいです
[ 2014/10/23 09:32 ] [ 編集 ]
No title
敵地(アウェー)ではサポーターがユニフォームやマフラーを
身に付けてはいけないなんて!それも試合前なのに…
襲われたサポーターが、重傷でないことを祈ります
スポーツに関連した暴力や嫌がらせは本当に残念だし、腹立たしいです
[ 2014/10/23 14:19 ] [ 編集 ]
トルコが親日国(笑)
[ 2014/10/23 14:29 ] [ 編集 ]
No title
城も良いけど機関車も良いねえ
[ 2014/10/24 02:20 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ人が本気出したら止められないだろうな組織的に攻撃しそうだし、ってかドルトムントのホームで試合するときヤバすぎるんじゃね?
[ 2014/10/31 14:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。