ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、次節対戦相手ライプツィヒの要望を一蹴!!ファン・マフラーをめぐって一悶着!《ドイツの反応》



ビルト




BVBがライプツィヒの要求を相手にせず!!


ファン・マフラーをめぐってひと悶着!!



entry_img_1200.jpeg
引用元:Bild



ライプツィヒは、次の土曜日にホームでのブンデスリーガ・デビュー戦を飾るが、ボルシア・ドルトムントを対戦相手に迎える。ライプツィヒは非常に燃えており、試合チケットは数週間前から、売り切れとなっている。しかし試合を前にして両クラブはすでに火花を散らしている。


スポンサーリンク




その原因は、ファン・マフラーだ!



ライプツィヒはこの試合を記念として祝うべく、この試合限定のマフラーを販売したかった。





2016090417103821a.jpeg



そして金曜日以来、そのマフラーは販売されている。しかしそのマフラーにはBVBのロゴとクラブの名前は入っていない。



ライプツィヒとドルトムントの間で、ファンマフラーをめぐって一悶着!



その背景:ドルトムント側がロゴの使用を禁止したためだ。ちなみにドルトムントの南ブロックのファンは、金満クラブであるライプツィヒの試合をボイコットしている。



BVBはビルトの質問に対して、“ライプツィヒの方から、いわゆる対戦記念マフラーの販売について打診されたが、ボルシア・ドルトムントにとっては関係ない事なので、ロゴとクラブの名前なしで販売されることになった。”と回答している。


20160904171036e0d.jpeg




そして、“BVBはこのようなマフラーにはまったく興味がない。なのでこのような製品の販売に対する許可を出さなかった。”と続けた。



BVBは試合でもライプツィヒをこのように撥ね付ける事ができるかどうか見てみよう・・・。








以上です。

これはあまり気にしていませんでしたが、リーガ内での対戦記念マフラーというのはどうなんでしょうね?まあライプツィヒ側からしてみれば、最初のホームでの試合ですから、記念として販売したい気持ちはわかりますが、初戦の相手がインゴルシュタットだったとして、このような話になっていたかは微妙な所です。

まあなんと訳したらよいかわかりませんが、いわゆる対戦記念マフラーとして、記憶に新しいのはドルトムント対リヴァプールの試合の時に販売されたものではないでしょうか。ポカール決勝用のドルトムント対バイエルンとかもあるようです。それから、今ドルトムントのショップで調べてみたら、チャンピオンズリーグの試合は全ての対戦相手とのマフラーが販売されているようですね。


それにしても相手のチームのロゴもクラブ名も入っていないマフラーはちょっと微妙です・・・。

[ 2016/09/04 17:10 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(11)
BVBはなんて了見の狭いクラブなんだ。
相手は1部リーグに上がって対戦を喜んでいるのにな。
しかし対戦記念マフラーよく見かけるようになったと思ったらそういうことなんだ。
ま、少し前は対戦相手の名前をいれるなんてと反発してたんで、自分のクラブマフラーに工夫して記念マフラーにするのもいいのではないかと思う。
これで負けたらBVBは一生バカにされるんで頑張らないとね。
[ 2016/09/04 17:47 ] [ 編集 ]
やはりライプツィヒは嫌われてますね。
でも、ドルサポーターも試合をボイコットってドルトムントの選手にしてみたら応援して欲しいと思うけど…
[ 2016/09/04 18:45 ] [ 編集 ]
ライプツィヒが金満だからボイコットというのはどういうこと?
何かやらかしたの?
[ 2016/09/04 18:54 ] [ 編集 ]
ライプツィヒ嫌われてるなwレッドブルがブンデスのルール抜けて来たからでしたっけ?

ドルも中東マネーが買取申し出とかあったみたのを過去断ったとか聞いた事あるから
拒否るでしょうね。
[ 2016/09/04 19:24 ] [ 編集 ]
こんな金満クラブこてんぱんにやっつけて
マフラーを見るたびに敗戦の時の気持ちを思い出すようにしてやればいい

[ 2016/09/04 19:29 ] [ 編集 ]
赤に白ってまるでバイエルンのようですねw
[ 2016/09/04 19:51 ] [ 編集 ]
名前勝手に使われるのにこっちに収益の1%も寄越さないから跳ね除けたみたいな話じゃなくて?
[ 2016/09/05 07:50 ] [ 編集 ]
 BVBのロゴを入れたいなら、黄色と黒でマフラーを作らないとね!
[ 2016/09/05 11:08 ] [ 編集 ]
スポーツにおいてレッドブルって有能過ぎるんですよね。育成も、商業的な展開もアピールも。旧体制的な派閥との駆け引きも強引であくまで自分中心に進める抜かりなさ。F1なんかでもそうですが、不器用な旧い人間からするとカチンと来るのはわかるなぁ。
[ 2016/09/06 00:37 ] [ 編集 ]
連投ですが、そう言えば同じレッドブル傘下のザルツブルクがライプツィヒの育成クラブ化していて、そのやり方に批判が出ているんですよね。これってF1でもNo.1ドライバーを決めてNo.2はチームの為に徹底して飼い殺しというレッドブルのお家芸…レッドブルのプロジェクトは合理主義だけど、熱狂的なファン層が産まれないやり方の様にも思う。
[ 2016/09/06 03:47 ] [ 編集 ]
レッドブルはザルツブルクを買収する時も
チームのエンブレムやユニフォームなど伝統を守ると約束して、購入後は即行でエンブレムもユニフォームもチームカラーも全部とっかえたらしいからな
法的に問題なければなんでもやってくる企業
レッドブルに関わらないほうがいいのは間違いないよ
こういうの許してたら、それをどういう使い方をしてくるか予想出来ない
[ 2016/09/08 12:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。