ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ライプツィヒ会長!「ボルシア・ドルトムントには嫉妬しているが、争いはない!」!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト


entry_img_1203.jpeg
引用元:Bild



ライプツィヒで今年最高の試合を迎えるまであと5日となった。土曜日にボルシア・ドルトムントがライプツィヒにやって来る。そしてすでにその決戦の火種はまかれている。



ボルシア・ドルトムントは、試合前にファンの対戦記念マフラーにおいて、クラブ・ロゴの使用を拒否している。そしてこれに対してライプツィヒの会長、オリヴァー・ミンツラフが言葉を発した。

スポンサーリンク


201609060432294cd.jpeg



“まず最初の言っておきたいが、別に騒動が起こったわけではないよ。”とビルトの質問に対して答えている。そしてウインクしながら、“いずれにせよBVBのロゴが入っていないほうがファンがマフラーを買ってくれるんじゃないか、って気がしてるんだ。”と語った。



すでに数千のマフラーは売れ、ドルトムント席も受付開始20分で売り切れている。ドルトムントのウルトラスが試合をボイコットしたにもかかわらずだ。



こうしたことにも関わらずミンツラフはドルトムントに敬意を示している。“僕はBVBに嫉妬しているんだ。BVBの株式市場におけるあらたな目標数値を見るとね・・。彼らの目標収益は4億ユーロだ。この数字が僕らのクラブのものだったらと思うよ。”ライプツィヒはこの4分の1以下となっている・・。



201609060432306df.jpeg


しかしミンツラフはこうも語る。“BVBとは関係ないけれど、最近のビジネスバトルは真面目に受け取るのも難しいような状況だね。僕はロマンチストではないけれど、最近のサッカー市場ではテレビの放映権とスポンサー収益がなければやりくりできないからね。”



それに加えて。BVBはファン向けの移動車でやってき、ゲスト用の入り口でファングッズを販売するようだ。ライプツィヒはそれを許可している。







以上です。

ライプツィヒの会長がクラブの争いを否定しました。


BVBのウルトラスは、ライプツィヒのビジネスモデルに関して抗議するために次の試合のボイコットを表明しました。しかしそれでもゲストブロックの4300席はすぐに完売してしまうという皮肉な結果になったようです。

金満クラブとして批判もされるライプツィヒの会長が、ドルトムントに嫉妬しているというのは、まあすでにビジネス化しているドルトムントに向けたある意味皮肉でしょうか・・・。




【おまけ今日のドイツ】

201609060432318d3.jpeg


赤ビーツのチップス
最近のお気に入りです。ほのかに甘いです。

[ 2016/09/06 06:00 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(4)
ライプツィヒが嫌われている理由は金満が表向きの理由だけど、たぶん歴史が決定的に無い事に対する老舗チームファンからの嫉妬かもね。
100年以上の歴史を持つチームが多いドイツらしい、新興チームいびりみたいな気がする。
[ 2016/09/06 07:41 ] [ 編集 ]
どうしてライプツィヒの会長がこんな事を言ってるのか背景がわからない
クラブ間でなにかあったんですか?
[ 2016/09/06 10:55 ] [ 編集 ]
金満?ドルトムントには負けるよ笑

って言ってるようにしか見えないな。まあそれはともかく、ブンデスのプライドのためにも、バイエルンとドルトムントは力の差を見せつけないといけないね。
[ 2016/09/06 12:17 ] [ 編集 ]
これはレッドブル関連のヤツだろ。
ザルツブルクを二軍化してたり、お金に物を言わせたやり方が気にくわないって事なんだろうな。
[ 2016/09/06 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。