ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「原口!ブンデスリーガのスターへ向けてスプリント!!」監督も絶賛!特集記事!《ドイツの反応》



【ベルリナー・クリエール】



ヘルタ・スプリント


速い、より速い、原口(注:最も速い=原口)




entry_img_1207.jpeg
引用元: Berliner Kurier



ベルリン

ヘルタの原口元気は、ブンデスリーガのスターへ向けてスプリント?この日本からのサイドアタッカーはようやく花開いた。フライブルクを相手の開幕戦での勝利の後で、パル・ダルダイ監督も彼を称賛する!“僕の意見では、彼がフィールド上最も良かった選手だね。”と監督は語る。原口元気の3年目となる今シーズン、彼はついにブレイクするか?

スポンサーリンク



原口元気は2014年以降ヘルタでプレーしている。彼は日本の浦和レッズから直接やってきたのだ。最初は彼も生活に慣れる必要があった。それでも彼は最初のシーズン、ブンデスリーガで21試合に出場している。彼の残した数字はそれほどみずみずしいものではなかった。1ゴール1アシストだ。2シーズン目、この日本の稲妻(時速34.5キロ)はレギュラーに定着した。32試合に出場して2ゴール4アシストの成績。成長の跡が見られる。しかしまだ足りない。



ダルダイはことあるごとに、注意していた。“元気はもっとゴール前で脅威となるように取り組まなければならないよ。”



熱心で真面目な日本人である原口は、この監督の意見が正しいと語る。“そうですね。もっとゴールしなければなりません。”


そしてフライブルク戦ではまだこれは達成されていない。しかし1部昇格を果たした対戦相手に対して、彼は素晴らしい走りとパスでもって2ゴールをアシストしたのだ。原口、イビゼヴィッチ、そしてダリダの先制点だ。その次は原口、ヘーゲラー、シーバーのゴールで2:1!!


それも40度という猛暑の中で。しかし68キロと軽量の彼にとってはさほどきつくもなかったようだ。ダルダイ:“試合前は助監督とゲンキをスタメンで出場させるか、途中から出場させるか議論していたんだ。試合終盤でスピードが必要だったからね。これが僕たちの考えだったんだ。彼のパフォーマンスには敬意を払いたいね。元気は最初から最後までスピードあるプレーをみせてくれたよ。”


そして今日再び猛暑の中での試合が原口を待っている。彼は日本代表としてワールドカップ予選でタイと戦うのだ。そしてその4日後、ブンデスリーガのインゴルシュタット戦で全力でプレーしなければならない。そしてできればゴールを決めてほしい。昨シーズンもこの相手にゴールを決めている。







以上です。

代表戦の前にこのような記事が出ましたが、代表選ではゴールを決めてくれましたね。昨シーズンは終盤勢いが衰えましたが、ヘルタの主力として定着し、途中まではCL参加をかけて戦っていましたね。

今シーズンこそはこの記事の期待通りスター選手になってほしいです。



[ 2016/09/07 18:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(4)
日本じゃ珍しいピッチの幅最大に使ってプレーできるウィングらしいウィングだよね。
ライン際からドリブルで切れ込んで相手を慌てさすことが出来るから、数字にかかわるプレーが出だすと大きなクラブもほっとかないと思う。今はまじめすぎるくらいディフェンスやってるけど、そんなもん少しはサボっていいから(笑)ラインの裏抜けてって折り返しのクロス狙うとか相手につっかかっていっていいと思う。数字出せるウィングはみんなサボるのうまいからな(笑)メッシやネイマールは典型的にうまい(笑)そうすれば目立った数字も出てくんじゃないかな?
[ 2016/09/07 18:41 ] [ 編集 ]
原口は1年1年積み重ねてますよね。去年は結果がついてきてませんが守備向上してました。
今年は得点にこだわる、と監督が時間をくれるタイプの人でよかったですね。
[ 2016/09/07 19:01 ] [ 編集 ]
原口選手のプレー、精神面(闘争心はそのままにムラっ気は無くなった)、肉体面においての成長は目を見張るものごありますね。
筑波大かどちらかのトレーナーの指導のもとトレーニングを続け、ドイツに渡ってからは足系の怪我は一度もないそうです。
これからも順調な選手生活が送れるよう願ってます。
[ 2016/09/07 20:13 ] [ 編集 ]
今一番得点アシストで結果を出してほしい選手
いい選手に仕上がってきてるので もうあとは得点アシストするだけなんでがんばってほしいですね
[ 2016/09/08 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。