ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川不在BVB!ライプツィヒに敗れる!ドイツ紙「なぜライプツィヒに負けたのか?」+選手採点《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ新聞





分析

BVBはライプツィヒを相手に多くのミスを犯した。




entry_img_1213.jpeg
引用元:西ドイツアルゲマイネ新聞


ドルトムント

ボルシア・ドルトムントはライプツィヒを相手に集中力を欠いたパフォーマンスを見せた。その結果BVBは終了間際にケイタのゴールで0:1で敗れることになった。


スポンサーリンク



トーマス・トゥヘルの不機嫌さは容易に見て取ることができた。非常に険しい目つき、きゅっと絞められた口元。そのようにボルシア・ドルトムントの監督はライプツィヒの会見席に座り、ライプツィヒを相手に犯してしまった不要なミスについて語った。そしてそのミスが結果として、42558人という満員の観衆の前で、敗れることにつながってしまったようだ。


トゥヘルの発言は、その前の試合後の選手たちのコメントと似たようなものだった。基本的には良く、正しかったが、それは十分ではなかったという事だ。




ライプツィヒは典型的な昇格チームで、90分にわたってドルトムントを相手に、統率がとれ闘志あふれるプレーを見せた。相手陣内深くまで相手を追いかけ、BVBのミスを引き出したがった。そして時間が経つに従ってドルトムントのミスは増えていった。ボールのトラップでのミスが増え、パスも届かなくなった。“僕たちには集中力が欠けていました。”とゴールキーパーのビュルキは語る。そしてキャプテンのシュメルツァーも“僕たちは、試合前に決めていたようにスペースを使う事がほとんでできませんでした。ライプツィヒがそのスペースを与えてくれたにもかかわらずです。”と欠点を指摘している。



前半はデビューとなったマリオ・ゲッツェがそのスペースを活用し、監督も前半が良いものであったことを認めた。後半になって疲れるまでは、相手のプレスを素早くかわし、チームメートへパスを送ることができたのだ。

しかしドルトムントの攻撃は、アンドレ・シュルレがもたらした3度のシュートだけであった。7分に放ったシュートは相手にあたってそれ、30分にはわずかにゴールをそれ、83分にはバーに当たってしまった。



ライプツィヒの選手の中ではティーモ・ヴェルナーが最も目立つ選手だった。




RBライプツィヒはBVBに対して良い選手を途中から出場させる。


ライプツィヒはレッド・ブルの資金力を生かして、昇格チームでありながら非常に良いメンバーを揃えている。そしてハーゼンヒュットル監督が“ベンチからクオリティーを追加することができる”と語るように、非常に才能のあるオリバー・ブルケ、ナビー・ケイタを投入してきた。そして89分にその時が訪れた。ブルケがドリブルで突破しクロスを上げると、ケイタがボールをラインの向こうへと押し込んだのだ。ハーゼンヒュットルは選手たちと共に喜び、トーマス・トゥヘルは口を堅く結ぶことになった。



201609111812550cb.jpeg


西ドイツアルゲマイネ新聞


ビュルキ 2.5

ピスチェク 5

ソクラティス 2.5

バルトラ 3.5

シュメルツァー 3.5

ローデ 4.5

ヴァイグル 5

カストロ 4.5

ゲッツェ 2.5

シュルレ 3

オバメヤン 4







ルーアナッハリヒテン 


ビュルキ 2

ピスチェク 5

ソクラティス 2.5

バルトラ 3.5

シュメルツァー 3.5

ヴァイグル 5

ローデ 4.5

カストロ 4

ゲッツェ 2.5

シュルレ 3

オバメヤン 4






ビルト


ビュルキ 3

バルトラ 4

ピスチェク 4

シュメルツァー 5

ソクラティス 3

ヴァイグル 3

ローデ 5

ゲッツェ 2

シュルレ 3

カストロ 5

オバメヤン 5

ゲレイロ 3

デンベレ― 3








以上です。

記事が長かったので一部簡略化して訳してあります。

管理人は試合を観ることができませんでしたので、まあどうだったのか残念ながらわかりませんが、今シーズンはいろいろと難しそうですね。

西ドイツアルゲマイネ新聞ではライプツィヒの選手層の厚さに関して資金力に触れていますが、ドルトムントはそれとは比べ物にならないぐらいのお金を選手に使っているので、こういう比較は見苦しいですね。

ドイツ紙ではゲッツェのカムバックは成功した、という報道ばかりです。記事を読んだ感じでは前半は非常に良かったようですが、実際はどうだったのでしょうか?それ以外の印象としてはカストロが機能しなかった、ローデとヴァイグルのコンビも機能しなかったような感じですね。これだけの選手をそろえて昇格チームに勝てないのでは、少々不安になります・・。



【おまけ今日のドイツ】

20160911181613597.jpeg

珍しく夏日が続いている9月です。暑い日は冷えたビールが良いですね。
[ 2016/09/11 18:05 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(45)
ゲッツェはこれが香川だったら4どころか5以下だった気がします。
ちょっと異常です。
ローデが良くないし全体的にどう戦うか分かりませんでした。
抜けた選手の穴が大きすぎて今のところ先が見えません。
[ 2016/09/11 18:15 ] [ 編集 ]
僕はなんとなくこの事が良いカンフル剤になるような気がしてます。 ローデ・カストロの中盤の凡庸さはPSMからずっと散見できたことでしたし、若手の荒い雑なプレーも不安材料でした。 どんどんとBVBのBVBたるプレーの質を知る古参を切り落とす一方で、その危機感よりもデンベレだのパスラックだのゲッツェだの期待をヤンヤヤンヤと煽る記事が多くて正直醒めてた具合です。 もぅ修整せざるおえないでしょう。 
[ 2016/09/11 18:32 ] [ 編集 ]
マークが厳しくない分最初は光るプレーもありましたよ。でも動かないんですよ。動きがもっさりしてスペースを作ったり囮になったりもしない。バルトラがパス出そうとしても歩いてるだけ。シュルレが代わりに動いてました。あれじゃあトップ下はダメです。中盤の組み立てが良くなかったので消えてしまったこともありますがあれが香川だったら最低点が付いてます。後半はバテバテでしたしね。
[ 2016/09/11 18:36 ] [ 編集 ]
チームが負けてゲッツェの採点は2ですか・・・
彼はこの試合ゴールかアシストでも決めたのかな?
[ 2016/09/11 18:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェのカムバックは成功したんですか…そうですか。考えすぎでしょうがそんなに香川いらん事にしたいのかなぁって思いたくなってしまいます。まぁゲッツェ1人だけでなく全体的にまだまだ噛み合うまで時間がかかるのでしょうが、とりあえずトゥヘルは早くも正念場っぽいですね。迷走しない事を祈ります。
CLも心配ですが、それよりリーガの順位がもう心配になってきますね。
[ 2016/09/11 19:00 ] [ 編集 ]
ドル事体が始め15分はまあまあ良かったけど、そこから残念な感じだったのでゲッツェの採点はご祝儀でしょうね。じゃなかったらドイツ代表優遇され過ぎ。
[ 2016/09/11 19:10 ] [ 編集 ]
ゲッツェ選手は、前半は良かったとは思いますが、この採点はどうなのでしょうか。
クオリティーは見せましたが、まだ90分は持たないのかなと。それでもポジティブな要素だと思います。
[ 2016/09/11 19:22 ] [ 編集 ]
ゲッツェ良かったでしょうか?見てましたが前半もよくなかったというか確かにバイタルでボール受けるのは見受けられましたが逆にそこからなにも生み出せなかったのが目だったとおもいましたが。
かなり前からプレスかかってたのに加えてサイドに追い込んで複数で奪うというのが相手のやり方だったのでゲッツェのところから生み出せないと厳しいのにあれではかなり辛い。バイタルでフリーで前向いて残りはDFライン裏に走り込んでる3人にパスかミドルという局面で決定的となる中二人にパスするの諦めてサイドに出したもののそれすらカットされたプレーとかがこの日のゲッツェの象徴だったように見えました
後半は基本消えててボール持ってもロストが目立ちましたし良かったかと言われたら疑問です。特にゲッツェの絡んだ決定機もなく敗戦したことを考えると贔屓目でも3.5かなとおもいましたが。
こうも現実とずれているとドイツだけあってかなり守られているのかなと思わざるを得ない。他の国なら悪かったという評価になったと思います
[ 2016/09/11 19:26 ] [ 編集 ]
ゲッツェに関してですがまさに創られた虚像という感じがします
仮にゲッツェが香川という名札をつけてプレーしていたなら間違いなく単独最低点という内容でした
今回の件で採点とは参考にすらならない物という事にやっと気づけた気がします
ドイツの闇も深いですね
[ 2016/09/11 19:37 ] [ 編集 ]
連投で申し訳ないけどこき下ろしてばかりではフェアでないのでポジティブな点も挙げればゲッツェはボールタッチで非凡なところもあったと思う。さっき言ったプレーにしてもパスこそカットされたけど縦パスを受けてそのまま前向いたタッチは素早く非凡だなと思いました。ただその後がダメだったし他の消えてたりロストしたりというところも見れば2や2.5つけるのは考えられないと思います。
この前のバイエルン戦の香川のような感じでタッチはいいけど次に繋がないという感じでした。ただ相手やネガティブな点の多さを考慮すると、あの時の香川は4とかそんなんでこのゲッツェに2や2.5はフェアじゃないなと。
自分は香川に対して贔屓目入ってるかもしれないが、今言ってる事に客観性を欠いてるとは思いませんね。フェアじゃない。キッカーでどう出るかですね
[ 2016/09/11 19:40 ] [ 編集 ]
昇格組に負けてるようじゃ優勝はおろかバイエルンに勝つのも無理
[ 2016/09/11 19:55 ] [ 編集 ]
前半が良かったらゴールが決まっているでしょう。
ビルドアップも、決定的なチャンスすら全く作れていなかったのが事実です。
いったい負け試合で何を言っているんでしょうかね。
こんな酷い試合は初めて見ましたよ。
[ 2016/09/11 20:08 ] [ 編集 ]
そらあんだけスペースあればドリブルし放題だったから印象良く見えるけどパス成功率が67%ぐらいだったし後半は完全に消えてたのに単独最高点とか


香川が同じ出来だったら確実に最低点もらってたよ
[ 2016/09/11 20:09 ] [ 編集 ]
ゲッツェの出来が悪かったとは言わないにしてもトップ下として得点に絡まず途中で交代したのに高評価というのがね。機能していなかったから交代させられたんじゃないのかな。香川なら低評価を付けられてるよ。なんか先が思いやられる。
[ 2016/09/11 20:14 ] [ 編集 ]
■昨シーズンのドルトムント第2節 アウェー・インゴルシュタット戦(昇格組)

※ちなみに監督は、現ライプツィヒ監督のハーゼンヒュットル

4-0でドルトムントの勝ち

得点者:
ギンター
ロイス(PK)
香川
オバメヤン




う〜〜〜〜〜〜ん……
[ 2016/09/11 20:17 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。

香川さんがゲッツェと同じパフォーマンスなら最低点でしょうね。
[ 2016/09/11 20:27 ] [ 編集 ]
ドイツではゲッツェの復帰は成功だったという評価なんですね。
なるほど(笑)
しかしトップ下の選手が良かったのに昇格チームに負けるようでは、
チーム自体が弱いということにならないでしょうか。
そのほうが問題が深刻だと思います。
本来なら勝てる戦力だったと思うので、トゥヘルの修正力を期待します。
[ 2016/09/11 20:33 ] [ 編集 ]
ゲッツェ含め誰も良くなかったよ、採点酷すぎる
[ 2016/09/11 20:38 ] [ 編集 ]
バイエルンは、取りこぼしても一試合。引き分け一試合くらいじゃあ無いかな?
リーガー二試合目で、昇格クラブ相手に負けたドルトムント‥早々と、今シーズン終了になってしまうのか?
香川は勝ち試合でも4.5で、ゲッツェ途中交代で2.5って‥無茶苦茶だな〜。
そんなに良かったのならば、マドリー戦は、香川は休みで、ぜひゲッツェ先発でお願いします。
[ 2016/09/11 20:42 ] [ 編集 ]
試合見ました。ピスチェク5は、ちょっと厳しすぎるかな…最後の失点時のポジショニングの事だとは思うけど、それ以外は良かったし、その失点だって、ローデが交されたことからだしね。
逆にゲッツエが2~2・5はご祝儀にしても高過ぎでしょ。デンベレに代わって明らかにドルトムントが息を吹き返した気がする。
ゲレイロは素晴らしいよね。その前のシュートも見事なポジショニングでクリアしてた。いなければもう1失点してたよ。攻守で効いてた。
シュメルツアーがキャプテンで聖域なら、しばらくはボランチでローデの代わりに出て欲しいね。
次戦CLのスタメンは香川どうなるかな…今日見た限りでは足が治ればゲッツエより香川がファーストチョイスだろう。
[ 2016/09/11 21:01 ] [ 編集 ]
むしろゲッツェは前半で交代だと思ったわ。
カストロを中にいれて、デンベレ右だろうなあと。
前半も消えてて動けないし、カストロより上の点数なんてありえない。
ヴァイグルのボールの出しどころの無さを見てたら、まずローデとゲッツェをベンチに下げて、カストロを中に入れるべきだった。
[ 2016/09/11 21:15 ] [ 編集 ]
ゲッツェとカストロ(SHでは発揮できず孤立。ボランチに移すべき)を下げた後の、デンベレとゲレイロによる打開を見るに、元凶は後ろではなく前。
特にゲッツェ、カストロ、シュールレの2列目の問題でしょう。
だって、この3人に攻撃の形あります?頭に描けますか?
自分がボランチの立場だと考えたら、めちゃくちゃボール入れづらいですよ、こんなの。
このような試合は、フンメルスやギュンドアンがいた昨シーズンでも起こっていて一概に後ろの責任とは言えない。
問題はたいてい2列目の選手同士の関係。2人以上、控えの選手が入った時に起こっていた。
メンバーや配置を試合ごとにあまりイジるべきではない。
[ 2016/09/11 21:31 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。
ゲッツェは復帰戦という事と期待の自国選手という事でかなり下駄を履かせてますね。
正直この採点を見た時はかなり衝撃を受けました(笑)。
まあ前半に限って言えばそれなりに上手さはみせてましたし、もう少し動けるようになってからでしょうね。
今日のゲッツェのプレーを香川がしていたらどんな点数付けられてたことやら・・・もう採点はあまり気にしない方がよさそうですね。
[ 2016/09/11 21:45 ] [ 編集 ]
香川が欠場したのを機に、昨季の前半と比べてみた。

・移籍&今節欠場
【攻撃陣】ロイス、ムヒタリアン、香川
【中盤守備陣】ギュンドアン、フンメルス、ギンター

・今節
【攻撃陣】シュールレ、カストロ、ゲッツェ
【中盤守備陣】ローデ、バルトラ、ピシュチェク

昨年のF4と比べるのは酷だが、これで負傷が香川とロイスだけ?
大丈夫か今期…。CLどころか2位も危ないよね。
[ 2016/09/11 22:10 ] [ 編集 ]
ゲッツェはまずフィットネスを整えて攻守に動いてくれないと
あと今のドルトムントだったらサイドの方がいいかもしれないです
とにかく王様みたいなプレーは勘弁です
メディアが初孫採点をしようが今のドルトムントは余裕がないので、チームの歯車になれるようなプレーをお願いします

昨シーズン半ば位に香川に下がって来るなとトゥヘルが言い始めてから前後分断気味でしたけど今シーズンは特にですね
ボールが前に行かない
ローデはいい加減ベンチからでもいいと思うんですけどバイエルンから来たから重宝してるんですかね?
あとずっと気になってるんですけどトゥヘルは実践形式の練習してるんでしょうか?
チームが形になっていくか不安です
[ 2016/09/11 22:11 ] [ 編集 ]
今回のことで、採点が意味をなさないことがはっきりわかりましたね。
キッカーですら、最近の報道の仕方をみると信用に足らない。
今後は、良かろうが悪かろうが、ふーんと思うことにします。
[ 2016/09/11 22:23 ] [ 編集 ]
管理人様には申し訳ないが大金星だ。でもさすがに勝てるとは思ってなかったから、ちょっとドルトムントが心配になる…
[ 2016/09/11 22:30 ] [ 編集 ]
香川かゲッツェかって話にはもううんざりだわ
負けた試合だと出てない選手の評価が上がることもあって、やっぱり香川じゃなきゃ!ってなりがち
しかし今無理して試合出て良いプレーできなかったら、今度は香川だめ!W杯優勝者のゲッツェを使え!ってなりそう
そんなのに振り回されたくない
だから香川はまずしっかり怪我を直しなさい
チャンスが来たときにちゃんと結果残せるように
[ 2016/09/11 22:55 ] [ 編集 ]
ゲッツェ「2」を見た瞬間、冗談抜きに目がおかしくなったかと思いました。
どう見ても「5」か良くて「4・5」でしょう。

ゲッツェまでボールが行かないし、彼自身下がって取りに来ない。ディフェンスは
良かった所もあるけど。。試合勘が恐ろしく鈍っているのでしょう。これがあのゲッツェかと愕然とした。

次は勝って欲しい。サポーターの信頼を取り戻して欲しいです。
[ 2016/09/11 22:59 ] [ 編集 ]
ドイツ紙ってこれで金取るのっていうくらいアンフェアな採点じゃない?
もしかして日本人が試合観てないとでも思ってるのかな?
負け試合であのパフォーマンスであの採点は絶対に無い!
[ 2016/09/11 23:28 ] [ 編集 ]
決定機逃したシュルレと前半のボールタッチがよかっただけのゲッツェの評価が甘過ぎ
後半ゲッツェほとんど触ってないのに2とかありえない
ピスチェクは5で妥当
常に相手の崩しは右から行われてた
それに全く対応できず最後までピスチェクを狙われた結果失点に結びついた
トゥヘルの試合中の修正は昨シーズンからみてわかるがやっぱ下手だな
[ 2016/09/11 23:33 ] [ 編集 ]
ビルトの採点って確かゴール・アシストなければ極端に低くなりますよね
そのゴールもアシストもなく何で負け試合で『2』なんですか・・
確か香川がドルトムントに復帰した時の最初の試合で1ゴール・1起点で『1』でしたがそっちの方がまだマシ
初出場記念としては甘すぎる
[ 2016/09/12 00:36 ] [ 編集 ]
ライプツィヒが良かったから苦戦したと思う
ゲッツェは良くも悪くも。センス見せる瞬間もちょっとはあった
[ 2016/09/12 00:54 ] [ 編集 ]
いやドイツ紙だし日本人関係ないからアンフェアであっても仕方ない。
ドイツ紙なんだから最大購読者のドイツ人が喜ぶように書かないと儲からないし。
[ 2016/09/12 01:23 ] [ 編集 ]
まあ、ゲッツェうまいな!っていうシーンはいくつかありましたから、
久々のカムバックも踏まえての採点だと思いますよ。
[ 2016/09/12 01:23 ] [ 編集 ]
あらためて見ると、やっぱ香川と似てるよね、ゲッツェ。
足元の繊細なテクニックやセンス。
まだ動けてないけど、あの閃きは天才だと分かる。
ただね、昔の香川がなぜゲッツェより凄かったのか、怖かったのか。
それは香川がゲッツェよりももっとガンガン前へ仕掛けていたから。
美しさだけでなくキレ味抜群で、瞬間最大風速が物凄かったんだよ。
あの頃の香川はゲッツェよりはるかに貫禄があったね。
そこを取り戻してほしい、香川には。
[ 2016/09/12 03:28 ] [ 編集 ]
新加入選手(出戻りゲッツェ含む)が慣れるまで半年は見てあげないと。カストロでさえ昨シーズン前半は微妙でした。
チームの要のミキ、ギュン、フンがいなくなりました...どんなメガクラブでもエース格、中心選手が一度に3人抜けたら苦戦すると思います。
[ 2016/09/12 03:56 ] [ 編集 ]
パスミスなんかは香川が居た前の試合、特にヴァイグルが出て来るまでなんかも酷かったような
要するに戦術の問題なんじゃねーの
[ 2016/09/12 04:08 ] [ 編集 ]
戦力が大幅に変わった今期、特に前半戦は苦戦は免れないでしょうねぇ、CL圏内に入れば恩の字かなぁと思います
しかしゲッツェのこの採点・・・自国期待の星とはいえあまり甘やかすのもいかがかと
[ 2016/09/12 04:18 ] [ 編集 ]
ほかの方もおっしゃってますが、ゲッツェは香川なら落第点がつけられる出来でした。
それからカストロやヴァイグルが低いのもおかしいと感じます。
なんかもうほんとに表面的にしか見てないんだなぁと。
[ 2016/09/12 07:15 ] [ 編集 ]
パス成功率67%で、シュートもアシストもなくて2って恥ずかしくないのか?
香川は悪い時でも常に80%以上だ
走行距離も10キロいってなかったよ
皆書いてるけど、これが香川なら良くて4だね
ゲッツェ自身は自分のプレーに納得してないだろ、そうあって欲しいわ
そうじゃないと、本当に彼は終わるよ
フースコが一番妥当な点だすわ、あれはデータから出しているから


[ 2016/09/12 10:36 ] [ 編集 ]
代表ウィーク明けのドルトムントっていつも悪いですよね。
これから試合数もかなり増えていくのに大丈夫かと心配になります
セカンドボール全然ひろえていなかったので、、

皆さんの感想通り、ゲッツェの採点にはただただ驚きました
体がかなり重そうで、、シュールレより高い採点ですか?

ラモスは交代で出てきても本当にいつも残念です。点を入れたライプツィヒの交代選手とはかなりの差を感じました
[ 2016/09/12 13:47 ] [ 編集 ]
ゲッツェはサイドでも点とれるし、香川がドル入りたての一年目もアシスト数凄かったのでサイドで一回見てみたいですね!
[ 2016/09/12 14:27 ] [ 編集 ]
トゥヘルの腕のみせどころ来たーだな。なにが駄目なのかに関しては修正能力をもっているとおもいますので。
しかし、やっぱ昨シーズンののバイエルン戦で一発やるしかなかったんだよ。下手すりゃラストチャンスだった。後の祭りだな。
総合的に戦力ダウンかはまだ謎だがF4システムより複雑性が増しているじゃねぇか。より難しいパズルになっているな。
[ 2016/09/12 14:43 ] [ 編集 ]
ご祝儀採点でもせいぜい3.5位でしょ
香川はトリーアの勝ち試合で2得点しても2しかこないのにね
でもまあ管理人さんのおかげでドイツ紙の採点が自国選手びいきなのがわかってよかった
セリエもそんなかんじ
プレミアのほうが採点に関しては国籍関係なくフェアかな
[ 2016/09/12 17:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。