ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBカストロ「トゥヘルはハインケスを思い出させるね。」インタビュー《ドイツの反応》



ビルト




カストロ:トゥヘルはハインケスを思い出させるね。




entry_img_1214.jpeg
引用元:BILD



ビルト:いったいトーマス・トゥヘルはどのようにして、一年間であなたのパフォーマンスを爆発させることに成功したのでしょうか?

カストロ:最初のころは、もしかしたら自分でもプレッシャーをかけすぎていたのかもしれません。彼は、それを取り除こうとしました。彼は僕とたくさん話をしましたし、僕のプレーをたくさん見て、より向上させようとしました。ほんの小さな事でもです。良いパフォーマンスが出せるようになったら、後は自然とつながりました。
スポンサーリンク




ビルト:フンメルス、ミキタリアン、ギュンドガンと三本の柱がいなくなりました。あなたはチームリーダーとしての役割を担う事ができますか?


カストロ:リーダー的な役割とは大げさですね。でも中盤では、リーダー的な役割を果たしたいと思っています。でもチームを引っ張るのは、いつも複数の選手達です。






ビルト:トゥヘルは、独自のトレーニング方法を採用しているようですね。最近では、瞑想のコーチを呼んだようですが。

カストロ:僕は、まったくやったことなかったんですが、やってみたいと思っていたんです。そしてこれは、僕に非常にあっていると認めなければならないですね。長い試合の後でリラックスし、頭を切り替えるのに非常に役に立っています。その後、すぐにリラックスできますからね。体が完全にリラックスする事は、非常に重要なんです。携帯電話やソーシャルメディアの雑音なしでね。






ビルト:あなたは、トゥヘルの様な厳密な監督を他にも知っていますか?


カストロ:ユップ・ハインケスが少し似ていますね。彼はいつも細部にわたるまで見ていました。そして、こうした細部がリーガやCLで違いを生み出す事が出来るんです。もしかしたら僕たちはこれらを通して、昨シーズン取れなかったポイントを獲得できるかもしれません。






ビルト:今シーズンは再びタイトルがとれそうですか?

カストロ:タイトルは絶対に取りたいですね。だからレヴァークーゼンからドルトムントに移籍したので。だけど僕だけではなくチームメートもそれを望んでいますよ。ドルトムントがタイトルを獲得してから数年が経っていますからね。








以上です。

カストロのインタビューになります。

そういえば、ハインケスはバイエルンの前はレヴァークーゼンでしたね。細部まで細かく指示をするのは似ているようですね。これはあくまで戦術的な面での話だと思います。

カストロ、今シーズンの活躍には大いに期待しています。個人的には移籍する前にレヴァークーゼンで見せていたような深い位置からの鋭い縦パスを見せてほしいのですが、システムが全然違いますから、それは何とも言えませんね。

[ 2016/09/12 06:25 ] カストロ | TB(-) | CM(4)
ライプツィヒ戦でカストロをSHで使ったのは勿体無かったと思います。
ギュンドアン役をやれるのはカストロしかいないので、ボランチもしくは433のIHで出るべきだったと思います。
[ 2016/09/12 06:51 ] [ 編集 ]
議長さんの主なポジションがよく分からない...
あとハインケスみたいにトゥヘルも三冠してくれたらいいですね
[ 2016/09/12 16:32 ] [ 編集 ]
今からでもいいから元やってたサイドバックやらないかな?
ラームみたいにポジションチェンジしながらプレーさせると相手からするとキレがあるからいや~なタイプだと思うよ。
[ 2016/09/12 16:48 ] [ 編集 ]
西武ライオンズにこの手の監督がいたなぁ
最後は追い出されたけど、TTも前チーム追い出された感じだよね
[ 2016/09/13 01:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。