ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!すでに優勝をあきらめる!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



ドルトムント、すでに最初のタイトルがなくなった!




entry_img_1215.jpeg
引用元:Bild



ブンデスリーガ第2試合が終わった時点で明らかになった。BVBがバイエルンを追いかけることはないだろう・・・。そしてBVBのボスたちはそれと同様の味方をしているようだ・・・・


ドルトムント、最初のタイトルをあきらめる!

スポンサーリンク



ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはビルトに対して、“何も今週だけに限ったことではなくて、このひと月の事だよ!みんな我々が8人の選手をチームにうまく取り入れなければならないことを忘れてはいけないね。我々が時間を必要とすることは当然だよ。自動的に連携がとれて、パスや走るタイミングが合うまでね。”



タイトルを狙った発言はこうは響かない・・・。



RBライプツィヒ戦で特にひどかったのは:フンメルスの後継者であるマーク・バルトラは組み立てにおいて何度もひどいミスを犯した。ギュンドガンの代わりのセバスティアン・ローデは11ものパスミスをし、決勝点を放ったマルセル・ハルステンベルクとの決定的な一対一に敗れている。



さらにゴンザロ・カストロ、マルセル・シュメルツァー、ルーカス・ピスチェクらは普段の状態にも届いていなかった。ピエール・エメリック・オバメヤンはまったくもって空気だった。


20160912151420fb8.jpeg



ボルシアはパフォーマンスを向上させない限り、次のCLワルシャワ戦でまたしても敗れることになるだろう。


マネージャーのミヒャエル・ツォルクは、“ライプツィヒではミスが多すぎたし、たった15メートルのパスを成功させることもできなかった。多くの選手が彼らのクオリティーを発揮することができなかったね。”と語っている。


20160912151421b21.jpeg




ツォルクはビルトに対して以下のように語っている。



“マリオは別に心配していないよ。彼が昔の姿を取り戻すのも時間の問題だね。”

201609121514239cd.jpeg








以上です。
優勝をあきらめる、と訳したところですが、直訳すると、(目標リスト)のチェックを外す。といった感じになります。自らチェックを外したともとれますが、単に優勝の可能性が無くなった、ととることもできます。

まあヴァツケはいつだって弱気の発言ですからね。しかし昇格チームに敗れたのは痛かったですね。こういう相手を楽に倒せないようではタイトルが難しいとみられてもしょうがないと思います。

しかし選手に使ったお金は相当なものです。こうした選手はある程度、すぐに適応することを求められてもしょうがないと思います。プリシッチやパスラクとは違うわけですから。


[ 2016/09/12 18:07 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(20)
とりあえずこの後の10月のインターナショナルウィークまでの過密日程を見ると恐ろしくなりますね…
CLを挟みながら、いくつか中2日が続くし対戦相手も強豪が多いです。
ターンオーバーするのにもどうやるのか?という感じだし、第2節にして負けてしまった事でメンタル的な影響や、これ以上の勝ち点は落とせないという余裕の部分もなくなってきますからね…
何より内容の酷さがかなり心配です。
そして序盤は内容が悪くてもしっかり勝ち点を取っていく事が重要ですが、それが今後できるのか。
トゥヘルの手腕とチームのメンタリティを信じたいです。
[ 2016/09/12 18:29 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます

10代の選手が適応に時間かかるのは長い目で見れますが、23,4から上の選手達は短い期間で適応して欲しいですよね
代表ウィーク明けは、代表選手を抱えていれば抱えている程厳しいかとは思いますが昇格組に負けるとなると…(たとえ相手が所謂金満クラブと言われる存在であっても)。

個人的には今季からトゥヘル監督の手腕が見れると思っています。
事あるごとに一部のファンから批判はありますが、結果をもって批判の声を黙らせてくれる事を願ってます。
監督と選手達はしっかり戦って、一年後に「楽しいシーズンだったな」と思わせて欲しいですね
[ 2016/09/12 18:30 ] [ 編集 ]
かなり悔しいですね。
何人も名指しされてるのも、また悔しい。
ビルトの煽り記事、と思っても、やはり悔しいです。
[ 2016/09/12 18:47 ] [ 編集 ]
今のチーム状態は、前シーズンの半ばくらいから言ってきたとおりに苦労してる。

ライプチヒには自分たちのコピーみたいなことやられて負けた(笑)呆れるほどインターセプトガンガンやられていたな。

今はポゼッション放棄して基礎的にやらないとね。新入り多いし主力もケガしてんだし、いきなりゲーゲンやりながらポゼッションはきついでしょ。

プレスが売りのチームなんだから、まずはしっかりプレスがかかるようにしないとな。前線はプレスに行ってんのに後ろはボーッとかやってますから(笑)新入りはまだ連動できてないからやはりシャヒンやギンター使わないとダメだと思うよ。
[ 2016/09/12 19:22 ] [ 編集 ]
ドルが弱いのではなくバイエルンが強すぎるだけ
[ 2016/09/12 19:37 ] [ 編集 ]
今後のスケジュール

■9/14 CL レギア・ワルシャワ (A)
↓中2日 移動あり
■9/17 第3節 ダルムシュタット (H)
↓中2日 移動あり
■9/20 第4節 ヴォルフスブルク (A)
↓中2日 移動あり
■9/23 第5節 フライブルク (H)
↓中3日
■9/27 CL レアル・マドリード (H)
↓中3日 移動あり
■10/1 第6節レバークーゼン (A)

■代表ウィーク

[ 2016/09/12 20:06 ] [ 編集 ]
やっぱバルトラとローデとシュールレじゃ、フンメルス、ギュンドアン、ムヒタリアンの代役は全く務まらないな。ギュンドアンの場合パスミスなんて考えられなかったしな。
[ 2016/09/12 20:23 ] [ 編集 ]
別にライプチヒに敗れたからってことでもないですよね
CEOも元々CL圏獲得狙いですし、主力3人が出て行って多くの若手を獲得したチームをコントロールするなんてどんな監督でも難しいことだと思います
[ 2016/09/12 20:27 ] [ 編集 ]
トゥヘル就任から3年ぐらいは最初から優勝する気ないのは知ってたけど
ギュンドアンの代わりとしてローデを使ってるなら大問題
[ 2016/09/12 20:28 ] [ 編集 ]
いつも読んでます。
翻訳の解釈の仕方を複数のせてもらえるって嬉しいです。日本語同士でもうまく伝わらないことってあるし、まして外国語の記事ですからね。
[ 2016/09/12 22:05 ] [ 編集 ]
これだけメンバーが入れ替われば時間はかかる。
それは各リーグのビッグクラブとは違うよ。
[ 2016/09/12 23:49 ] [ 編集 ]
バイヤンとは金の使い方が違う
まずターゲット選手選びからして違うからね
安く買って育てて高く売る
二連覇したあの時はほんとに神がかっていただけかもな
[ 2016/09/13 01:57 ] [ 編集 ]
ブンデス一補強に資金を費やしたクラブがタイトル争いからの脱落とこき下ろされ、
その一方、もっともチームにフィットしていない選手への批判は控えると・・・。
 
日本でも政治経済でドイツが絡むとこんないびつさを隠そうともしない幇間記事をよく見ますが、はてさて(^^;
[ 2016/09/13 03:22 ] [ 編集 ]
ヴァツケ「みんな我々が8人の選手をチームにうまく取り入れなければならないことを忘れてはいけないね」

 え~と、得点率の低い攻撃陣や、ダイヤの原石(若い選手)ばかりをつれてきたのは、他でもない首脳陣。本末転倒になるのに連れて来た側の言い訳が通用するわけがない。さらに一人ずつ取り入れるならまだしも、先発バルトラ、ローデ、ゲッツェ、シュールレ、新加入を4人も使っている。一人でもおかしなのが入ると75%位にまで戦力が落ちるのに、4人も入れてる。これというのもゲッツェ批判をかわすため。香川は次の日別メニューを普通にこなしてたらしい。

「ギュンドガンの代わりのセバスティアン・ローデは11ものパスミスをし、決勝点を放ったマルセル・ハルステンベルクとの決定的な一対一に敗れている」

 おやまあ、ローデが対人に弱いのは昨シーズンのデータを見れば明らかで、織り込み済みのはずでは?この首脳陣らは何のデータを見て契約したのだろう。


「マリオは別に心配していないよ。彼が昔の姿を取り戻すのも時間の問題だね。」

 ゲッツェ擁護というより、やはり保身だね。取り戻すのも時間の問題ではなく、取り戻していない選手を出したことが問題なんだが。

 まず、元いるドルトムントの選手でやることだね。そのほうが連携などもうまくいく。それで使えない選手のところをひとりずつ変える。

ー13ー
[ 2016/09/13 07:06 ] [ 編集 ]
結局、トゥヘルの手腕の底を見た気がしたね。
連携が取れないのは解るとしてもチームの形が全く見えなかった事が残念でならない。
クロップの遺産達が抜けてったいまがトゥヘルの真骨頂なのに何も期待できない内容では落第を突き付けられても仕方ないですね。
いなくなる事は昨年から薄々解ってたコトだから殆どの責任はフロントと監督なんだよね。
[ 2016/09/13 08:19 ] [ 編集 ]
確かにね、補強したどの選手も前クラブで微妙な活躍しか出来ていない
真のビッグクラブは主力または準主力で実力と結果が伴う選手を獲得する

全く次元の違うものだよ
ドルトムントは微妙な選手をたくさん集めただけです

クロップがなぜ成功したかといえば間違いなくそれはゲーゲンプレスと超高速カウンターを先鋭化させた戦術だったからだと思う
あのやり方は荒っぽさはあったけど向上心と若さに溢れる選手に凄く合っていた
特殊な事例

しかし今のトゥヘルは全世界どこにでも見られる普通のサッカーの延長
つまり平凡な選手が平凡に連携とかパス回しをするんだから、新しい地平は拓かれないんだよね
もちろん連携が噛み合ってきたらそれなりに強いでしょうが、それは「中堅クラブが強くなった」というレベルでしかないんじゃないかと
[ 2016/09/13 10:33 ] [ 編集 ]
今シーズンまだ始まったばかりですが、やはりライプツィヒにあんなふうに負けたせいか、
ロイスが怪我でいつ復帰できるかわからないせいか、、、
クロップ最後のシーズンと似ている気がします。
怪我人ばかりで、ミキもオーバもだめでひきずられるように、香川選手もどんどん悪くなっていってた

シュールレも怪我しそうなタイプに見えました。ロイスが戻るまでなんとかがんばってほしいです。

優勝よりCL圏内に残れるのか心配になります。トゥへル監督の手腕に期待してます。
[ 2016/09/13 14:30 ] [ 編集 ]
9/13 7:06

全てごもっともです!はい!
[ 2016/09/13 16:43 ] [ 編集 ]
ギュンドアンもカストロも最初の半年間は、めちゃくちゃ批判されていましたね。

随分と早とちりな人が多いこと。
[ 2016/09/13 19:55 ] [ 編集 ]
ムヒは二年くらいフィットにかかったし、オバメもサイドからコンバートして大分かかったし。
センターの背骨となるフンメルスとギュンドアンの位置を甘くみすぎ。
ライプツィヒを甘く見たよね。
[ 2016/09/13 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。