ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「これがトゥヘルが抱えるドルトムントの問題点だ!」ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



これがトゥヘルが抱える問題点だ!




entry_img_1217.jpeg
引用元:Bild



ブンデスリーガでは、ドルトムントがライプツィヒに敗れたことが話題となっている。2試合を終えた時点で一つの事が明らかになった。モンスター・バイエルンを倒して、タイトルを獲得するというのは単なる幻想だったのだ。それだけに、明日のCLワルシャワ戦で素晴らしいスタートを切ることはより重要になる。しかし、これが唯一の心配事ではない。


スポンサーリンク




これがトゥヘルが抱える問題だ。


創造性における問題


ヘンリク・ミキタリアン、マッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドガンの三人が移籍したことによってトーマス・トゥヘルの創造性の柱が崩壊してしまった。何よりも影のプレーメーカーであるフンメルスを補う事はまだできていない。




後継者のマルク・バルトラはパスミスを繰り返し、自陣ディフェンダーを炎上させた。6番のセバスティアン・ローデも素晴らしい技術をもっているというよりは、“潰し屋”タイプだ。ライプツィヒ戦では彼はほとんどパスを送ることができなかった。


201609131747342a0.jpeg


素早い攻守の切り替え。これはドルトムントの長所であったが、突如として弱点になってしまった。




新加入問題

トゥヘルは新加入のデンベレー、モア、メリーノ、ゲレイロにとっては単なる監督というだけではなく、それと同時にチームにうまく融合させる手助となる。トゥヘルはリーガが始まる前に、“彼らをチームに溶け込ませるためのプロセスは他の場合とは違った速度で行われる。時々彼らがもうチームに溶け込んだ、と思えるようなときもあるけれど、‘いったいこれはどうしたんだ?’と思うような瞬間もある。”と語っている。これはヴァツケ会長によると、“長くかかるかもしれない。”という事で、クラブとしてはそのような見方のようだ。


20160913174735f34.jpeg





ロイス問題


ロイスは6月の上旬から恥骨の負傷などに苦しんでいる。回復はまだはっきりとは見られない状態だ。これまでにロイスのカムバックは3度も延期されている。彼が11月よりも早く戻って来ることは今のところ考えられない。



20160913174736c6b.jpeg




ボス問題

マルセル・シュメルツァーがフンメルスからキャプテンマークを受け継いだ。事実:この左サイドバックはリーダー的な選手であり、チームメートを良く考えられる存在だ。しかし彼は、フィールド上で大きく声を上げるタイプではない。トゥヘルにとっての問題:真のリーダーがチームには存在しないことだ。



BVBの巨大な変革はもっと長くかかるかもしれない・・・・









以上です。

個人的にはロイスの負傷が気になりますね。本当に復帰が11月になるとしたら、結構厳しいですね。試合に少しずつ出るようになって、これまでの力を発揮するのが後半戦になってからでしょうか。連携の問題もありますし、時間がかかりそうですね・・・。

ローデに関してはギュンドガンの代わりではなく、もともと潰し屋として獲得したと認識していました。しかし潰し屋と言えば、ベンダーがいるわけで、彼がそのポジションで特別劣っているとは思わないのですが・・・まあトゥヘルはそのポジションでベンダーを使うつもりはないのでしょうね。

個人的にはもっとギンターを使ってほしいです。オリンピックでも見せましたが、あれだけの才能を使わないのはもったいないですね。同じセンターバックのズィーレも驚きでしたが。






[ 2016/09/13 17:50 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(36)
ぶっちゃけ昨シーズンはクロップが監督の時に怪我をしていた故障者が復帰してきて選手のタレント力で勝ててただけでしょ。
[ 2016/09/13 18:09 ] [ 編集 ]
モウリーニョの構想外になったらムヒタリアンを買い戻そうか
[ 2016/09/13 18:24 ] [ 編集 ]
上手く嵌るベストな布陣は見つかると思います。
昨シーズンだってあれだけ上手くいくとは想像していなかった。

時間が必要です。
[ 2016/09/13 18:26 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンが創造性の柱?一体今まで何を見てきたのでしょう。
それに、そこまでバルトラが悪いとは思わないですね。攻撃に関しては連携の問題かと。
表面的にしか見れなくて、ミスした~だからこの選手が悪い~みたいな論調なんとかならないんでしょうか。
[ 2016/09/13 18:27 ] [ 編集 ]
なんだか若手や新参を使い回すことに必死ですなぁ・・・ 相変わらず育成に重きを置いて勝つことが二の次になってる気がしますがねぇ。 ギンターもシャヒンももったいないっすなぁ
[ 2016/09/13 18:35 ] [ 編集 ]
全部違う
シーズンはじまる前から優勝諦めてる監督の下では誰もやる気がなくなるだけ
[ 2016/09/13 18:36 ] [ 編集 ]
リーダーの不在はずっと気になっていました。
シュメルツァーは選手代表にふさわしい人物だと思いますが、戦術面で味方を引っ張るリーダーはありません。
監督の考えを誰よりも理解し、戦術通りに味方を動かしてゲームをコントロールできる選手が必要です。
個人的には、年齢的にも実力的にも香川にそういう役割をやって欲しいのですが…。
本人がその気になればやれると思うので期待してます。
[ 2016/09/13 19:05 ] [ 編集 ]
ビルトらしい煽り記事ですね(笑)
まあ、こんなにメンバー変わってしまったら、時間かかることは仕方がないです。今さっきドルトムントが去年川崎に来た時に撮った写真を見てましたが、あの時はカンプル、ホフマン、丸岡も居て、たった一年で別チームになった事をしみじみ思ってました。
[ 2016/09/13 19:13 ] [ 編集 ]
まぁ最終的には総合で上回るように毎試合頑張るしかない。きっとできる!
[ 2016/09/13 19:44 ] [ 編集 ]
どんな素晴らしい選手でも、いきなりガチッと嵌る事は難しいですからね。
レヴァンドフスキやギュンドアン、ムヒタリアン、オバメヤンだって時間が掛かった。
ロイスだってそうですよ。
いきなりブレイクした香川やヴァイグルが特異なだけです。
それにこれだけメンバーが変われば、どんなチームだって機能させるのは難しい。
お互いがまだまだ知らない状態でプレーしているので、頭が相当に疲弊してるでしょうね。
皆、昨シーズンがあまりに上手く行ったので、どうしても楽観視というか、夢を見過ぎてしまいますが。。
[ 2016/09/13 19:52 ] [ 編集 ]
バルトラに関しては元バルサということやこれまでの試合を見ればパスを出す能力は十分あると思います。前回の試合は受け手である攻撃陣の問題だと思いますね
[ 2016/09/13 20:11 ] [ 編集 ]
ぶくぶく太ったフンとギュン。精神が不安定なミッキー。キレが戻らない香川。
彼らを復活させたのは間違いなくトゥヘルの手腕でしょうに。たとえヒステリックやモチベーターとしては落第だとしても、そこは認めないと。
ミッキーには創造性があったと思うんですが。ゲームメイクとは違う部分、得点機の創造部においては圧倒的だったかと。
ギンターは枠がないのが惜しい。シャヒンはクオリティ自体を向上させないと厳しいですね。あの頃と比べると悲しく…。
[ 2016/09/13 20:14 ] [ 編集 ]
 選手の問題のように語られていますがどうなんでしょうね。
 ビルドアップから狭いところを無理にパスを通そうとしているのは指示だと思うのですけど、あればかりを繰り返すのは厳しい。守備的な選手と攻撃的な選手の距離感が悪く連動性がないのも戦術によるものですよね。
 WG、CF、AMFをずっと前に張らせるのはフンメルスが去った今ではヴァイグルの負担が重過ぎます。基幹となる選手が入れ替わったらそれに合わせて戦術も入れ替えるべきでしょう。次の試合で今の選手達の特性に合った戦術を披露してくれることを期待してます。
[ 2016/09/13 20:32 ] [ 編集 ]
ホントになんでシャヒンもギンターも使わないんでしょうか。ワルシャワにはシャヒン連れていかないようですし…再生させる気ないんてすかね。ゲレイロでいくにしてもまだまだ時間かかるでしょ。冬にまたギンターが出て行きたがるような予感がします。
[ 2016/09/13 20:43 ] [ 編集 ]
マインツ戦しか見ていないけど、最終ラインから前線へのボール運びのぎこちなさが酷かった。
[ 2016/09/13 21:04 ] [ 編集 ]
香川は、もう少し休んでもらいたい。チームでベストな評価を与えられたゲッツェを外す理由は、無いでしょう。
ベンチに座るくらいならCL初戦は無理をせずに、万全の体調にして貰いたい。

何やらトゥヘルは、クロップ色の払拭に必死な感がします。先ずは、シャヒンなりギンターなり昨シーズンのドルトムントを経験している選手を先発させて、徐々に新加入を入れて馴染ませるのがセオリーだと思います。
CL初戦を負けたり、リーガー三節で連敗したり、マドリーに大差をつけられたりしたら‥。首脳陣の許容範囲は、どの辺なのかな〜。
[ 2016/09/13 21:08 ] [ 編集 ]
チームリーダーと新加入選手の補助が欲しけりゃグロイスクロイツ復帰させれば済むだけのこと
チームのスポーツディレクターがちゃんとしたビジョン持ててないんだな
[ 2016/09/13 21:15 ] [ 編集 ]
シャヒンは無理でしょう。
プレシーズンマッチを見ましたが、特にラストの2試合はパスミスだらけでカウンター受けまくっていてボロボロでした。
とてもじゃないけど怖くて使えないです。
メリーノの方が遥かに上の選手です。メリーノはゴール前まで上がれるしセンスありますよ。若いから運動量も多いですし。
[ 2016/09/13 22:37 ] [ 編集 ]
>21:15
グロスクロイツは言動がいわゆる問題児だったじゃないか。日本では香川の親友だという一面しか報じられないけどね…
ホフマン、ライトナー…言動が問題児の噂ある選手はみんな売られてっているよ。フロントが性格が一番大切だ、と明言してるしね。
香川はずっとピッチ上では指揮者だよ、前からね。ただ、キャプテンはチームで唯一直接審判と話し合える権利が有るというルールが有るから、ドイツ語が堪能なドイツ人の方が交渉は有利だよね。シュメルツアーは冷静だからキャプテンにふさわしいし、香川はピッチ上の指揮者、影のリーダーで、怒る人はソクラティスあたりが得意かな?みんなでチームを支えれば良いじゃないか。
[ 2016/09/13 23:03 ] [ 編集 ]
シャヒンは本当に残念だよね。素晴らしい選手だったんだけど、なんせレアルに移籍してすぐ怪我したのが痛かった。そこからずっと下降気味。クロップ最後の年後半戦持ち直したかと思ったらまた怪我。
怪我が多くて思い切ったプレーができてない。時折いいときもあるけど、スピードも落ちたし、試合勘の欠如からか判断力も鈍ってる。全盛期のときとは程遠い。こんだけ選手がいればトゥヘルの中ではシャヒンの立ち位置は相当厳しいと思う。この所ずっとベンチ外。過去のスター選手でも干される厳しい世界だわ。それからすると、香川は全盛期とまではいってないけど、マンUでのあの状態からよく復活したよね。
[ 2016/09/14 00:26 ] [ 編集 ]
香川はまだ個別のランニングのみで、チーム練習は一度も参加せず移動してるんだよね?
完治してるのか分からないけど、まだ試合はちょっと厳しいかもしれないね。
てか、飛行機ばかりでしんどそうだね。
[ 2016/09/14 01:49 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは縦パス出来ないし長めのパスの精度もあまり無いんで、動き回って近くでパス貰って散らしてくれる人が側にに居ないと活きない
[ 2016/09/14 02:11 ] [ 編集 ]
>>香川は、もう少し休んでもらいたい。チームでベストな評価を与えられたゲッツェを外す理由は、無いでしょう。


この前の試合を観てたら、こんなこと言えませんよ…
圧倒的にオフザボールの動きが少なく時間が経つにつれてまったく動けなくなってるゲッツェは、輝いてる時のゲッツェを知ってる分、見たくないです。
ゲッツェにこそ、試合にでる前にもっと身体を試合用に準備してもらい、万全なコンディションで試合に出てもらいたいですね。


管理人さんへ
ちなみに、ゲッツェに関する今回の件は日本でも多く報道されています。
そのおかげか、ドイツ紙の評価は当てにならないと、ほとんどの日本人が気づいたり、気づきはじめています。

このことは、管理人さんにとっては残念というかあまり面白くはないと思います。
しかし、評価ばかりを気にしがちな日本人にとっては、今回くらいドイツ紙が理解しにくい明らかなドイツ人贔屓をしてくれると、ドイツ紙の評価もそこまで当てにならないからあまり気にしなくてよいんだと思わせてくれたので、正直有り難いと思っています。

日本では、日本のメディアはそもそもあまり信用されていない一方で、海外サッカーでは、現地の方がサッカー先進国ということもあり、海外の評価や寸評は日本のメディアが独自に出す評価や寸評よりも明らかに信用されています。

しかし、今回のゲッツェの件で、今までドイツ紙の報道に若干疑問を持ったことがありつつも現地の声でありサッカー先進国の声であるから信用してたという人は、まずはっきりと気づかされました。

そして、今回のゲッツェのドイツ紙の評価を日本のメディアもそのまま持ってきて大きく報道したことにより、疑問に思っていなかったわりと純粋な(悪くいえば、そこまで情報リテラシーがない)人達にとっても、ドイツ紙はドイツ人贔屓をするフェアじゃない媒体なのだと気づきはじめています。

この前の試合の評価の記事のコメントを読まれているかと思いますが、ここのサイトを利用してる人のほとんどは、今まで何回か疑問に思ってきていて、今回の件ではっきりと気づかされた人達です。
若干名、香川を好まない方や、ゲッツェ贔屓な(上に引用させて頂いたような)方もここにはいますが、ここを利用しているほとんど全ての人ははっきりとわかってしまいました。

他にも翻訳サイトはたくさんありますが、そういったところの人達も同じ反応であり、海外サッカーが好きで情報を集めている人は今回の件で疑問が確信に変わってしまいました。

そして、この件は、日本のメディアによって、大きくネットで何度も報道され、明らかに気づいている人は呆れ、そういったわかってる方達の反応を見て、わりと純粋に海外の評価を信じていた人達まで波及し、ドイツ紙に対する彼らの信用も失われてきています。

今までが偏重気味であったため、今回の件で、多くの人が冷静になるきっかけになったという点で良かったと私は思います。
ただ、日本人は、冷めると本当に冷たく、自国のメディアに対しての冷めっぷりと言いますか、それは非常にひどいものがありますよね。
そういった日本人の冷ややかな目が本格的にドイツへ向かうことだけはなければよいなと若干心配もしています。

日本から多くのサッカー選手がドイツのブンデスリーガでプレイしていることもあり、サッカーが好きな日本人はドイツに対して非常に好意的です。
だからこそ、今回の件は、差別的なものだと感じ非常にショックを多くの日本人が受けています。
ドイツへの好意的な気持ちがあったからこそ、今までは疑問に思ったりするときがあっても向き合わず曖昧にしてきた日本人にとって、はっきりと自国の選手への贔屓が目に見えて確信せざるを得ず、そのショックは実はドイツに好意的な人ほど大きいです。

しかし、今後もその贔屓は、間違いなく続くでしょう。
その報道を見る度に、ドイツのサッカーを信じていた日本人は心を削られていくでしょう。
日本人がドイツを嫌いにならないよう、ドイツにはできる限りフェアでいてもらいたいと願います。
[ 2016/09/14 03:50 ] [ 編集 ]
自国選手に甘いのは日本もイタリアもそうだと思うが。

メディアの採点より監督の信頼とかが大切なんじゃないかと思う。
[ 2016/09/14 04:31 ] [ 編集 ]
上の方、ナイーブすぎるよ。どこの国も助っ人には厳しいし、自国選手には期待故に贔屓目に見るなんてよくあるよ。
このサイトは、ドイツのスポーツ新聞だって同じように色々考えることはあるって教えてくれる良いサイトだと思う。このままスタンスを変えずにやって頂けたらと。
[ 2016/09/14 06:55 ] [ 編集 ]
管理人
同じドイツ人でもヴァイグルやカストロは5という低評価がついていますね。


それはさておき、大事なのは自分がどう感じたかという事で他人がどう感じたかという事ではないと思います。まして我々の大部分は趣味でサッカーを見ているわけですから、自分の感想を大切にされれば良いと思います。


これはあくまで管理人の個人的な見方ですが、


日本人は議論をあまりしない割には、一度議論をしだすと、どちらが正しいかを決めたがるような傾向にあるように感じます。自分と違う意見に出会ったときに相手を敵と認識してしまう事が多いように感じることもあります。



個人主義の発達したドイツでは議論は良く行われますが、それはあくまで自分の意見を主張する場、そして相手の意見を聴く場であって、結論を導き出すようなものではありません。
みんな考え方が違って当たり前、というのが前提にあるからです。


みんな自分の意見は積極的に言いますが、自分と違った意見に対しても一定の尊重があります。そのようにして個人主義のドイツはうまくバランスがとられています。


うまく言えませんが、ドイツ人は本当に言いたいことを好きに言いますよ。そういう社会なんです。そしてその分相手にも好きに意見を言わせておくんです。


正しいとか正しくないとかは割とどうでも良いんですね。





ドイツの寸評や採点もそういう感じで受け入れられているんだと思います。








[ 2016/09/14 07:49 ] [ 編集 ]
(香川は、もう少し休んでもらいたい・・)を投稿した者です。
若干の皮肉を交えて、ドイツ誌目線で見た感想です。私も採点には、違和感を感じました(勿論、録画ですが試合は見ましたよ)。
一誌では無くて、横並びで評価されている事から‥そうなんでしょう。香川も異国の地に渡り、言葉も分からない(初年度に代表選で足の指を骨折した時に、クラブピッチの片隅でドイツ語を勉強していたのを思い出しました)クラブを選び、偏見や若干の差別を経て現在の地位がある訳で、いちいち採点如きで一喜一憂するはずが無いと考えます。
今後のドイツ代表を担う一番手ゲッツェの再生と期待、購買層も含まれての、採点でしょう。
代表選フルニ試合からの怪我ベンチ外からのCL初戦に先発は、怪我の再発や悪化が一番の懸念材料です‥ここは、評価の高かったゲッツェに、一踏ん張りして貰うべきでは無いでしょうか?

[ 2016/09/14 08:41 ] [ 編集 ]
最近日本のコメントを読んで思うのは心に余裕のない人が多いなあと言う事です。もちろん人間だから一喜一憂するし反論のコメントを自分も書いたりしますがそういう意見もあるんだと違う意見を受け入れる度量も必要かなとは思いますね。
[ 2016/09/14 08:45 ] [ 編集 ]
日本人は議論に向かないところがあると前から思っていたので、管理人さんのコメントを読んで、なるほどなと思いました。
議論すると対立してしまうから、実生活では皆無意識に避けてるんでしょうね。よく野球と宗教の話はするな、なんて言いますが。
ネットだと思う存分自己主張できるので、特に相手を「論破」して自分の意見を通そうとする人が多いように思います。

メディアの採点は別にドイツ人の統一見解ではないし、そもそも各紙で評価がまったく違う場合もありますからね。
あまり神経質にならず、「そういう見方もある」程度に思っておけばいいんじゃないでしょうか。
少なくともここのコメント欄ではそれくらいのスタンスであって欲しいです。
[ 2016/09/14 10:15 ] [ 編集 ]
上のコメントの方はブンデス好きなようですが、

いや別に、日本人でドイツ中心のファンなんて多くないでしょ。大抵のサッカー好きは各国に対してフラットな目線では?
ドイツ紙が何と書こうが、「ドイツでの論評はこうなのね」ぐらいの感覚ですよ。

>日本人がドイツを嫌いにならないよう、ドイツにはできる限りフェアでいてもらいたいと願います。
ドイツ国内のコンテンツなのにドイツ人が日本人に嫌われないよう、なぜ気を使わなければならないのか? かなり傲慢で危険な意見。
[ 2016/09/14 11:37 ] [ 編集 ]
日本人も日本人びいきになればいい
日本人は日本人に過剰に厳しすぎる ダメなところばっかり見ている
日本は自己批判と自虐が美徳とされてる希少な国だ
[ 2016/09/14 14:40 ] [ 編集 ]
ヴァイグルやカストロは良くはなかったですけど彼らが最低点ならゲッツェはそのくらいか0.5上だろうというパフォーマンスでしたよ。カストロはこのところ使われていない右サイドでしたからサイドとしての勘が鈍ってそうでした。ゲッツェがもっと動いて周りをいかす動きをしていたら違ったでしょう。スペースを作らないし攻守に走らないしではどうしようもないです。カストロとゲッツェを下げてデンベレとゲレイロが入って攻撃が良くなりましたしね。香川がゲッツェと同じパフォーマンスなら最低点だったでしょう。なにせポカール初戦で得点しても採点が2ですから。結局ドイツの至宝たるゲッツェに下駄を履かせた採点をして他の選手にしわ寄せが行ってしまった感じでは。
[ 2016/09/14 16:39 ] [ 編集 ]
管理人さんの意見、参考になりました。
議論を好まない日本人、議論に慣れていない日本人でしょうか?
後、最近の若い方は白黒つけたがる、正か悪かの二元論的発言、発想が有るように感じています。
少し活躍すれば上げまくり、ちょっとの失敗を許さない、という事も感じています。
[ 2016/09/14 17:18 ] [ 編集 ]
日本人が求めているのは、正しさではなく質だと思います。
自分と違う意見でも、一理あると思えればその意見は尊重されますよ。

これに関しては、先進国の中だとドイツの方が少数派でしょう。
サッカーの試合でも有名な出来事がありましたが、ドイツ人は空気が読めないと言われるのは、この辺に原因があるんでしょうね。
[ 2016/09/14 17:20 ] [ 編集 ]
>グロスクロイツは言動がいわゆる問題児だったじゃないか。日本では香川の親友だという一面しか報じられないけどね…

それはないよ。
ケヴィンがやらかす度にビルトの記事を英語メディアが引用して報道して、
更にそれを日本のメディアが引用して報道するなんてよくあることじゃん。
[ 2016/09/14 17:29 ] [ 編集 ]
日本人は空気を読もうとし過ぎるし、他人にもそれを求める人が大多数ですよね。ドイツに移住して10年弱ですが、ドイツ人も空気読みますよ。空気を読んで言葉を控えるのが日本人。空気を読んで敢えて意見を言うのがドイツ人という印象ですね。
[ 2016/09/15 04:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。