ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 ドルトムント快勝! 香川ビルトは高評価 採点まとめ第一弾 


ようやくドルトムントが快勝するところが見れました。香川選手の怪我の様子が心配ですが、早速管理人の地元紙の記事と、今朝発売のキッカー紙などの採点をまとめて紹介したいと思います。




【モルゲンポスト】 ドレスデンのスポーツ新聞
20141023160812d6c.jpg

オバメヤンドッペルパック! ロイスそしてラモスがアウェーでの試合を決める!

BVBガラ!ベスト16はもう間近!(訳注:ガラはお祭りのような意味、日本でもガラ・コンサートなどで定着しつつあるのでそのまま使用)

ブンデスリーガでは不可解な問題を抱えているがチャンピオンズリーグではノーミスの出来。ボルシア・ドルトムントがグループリーグ第3戦においてトルコの優勝記録保持者であるガラタサライに4:0で勝利した。

BVBが文句のつけようのない試合で9ポイントとし、ベスト16への道が近づいた。早ければ11月4日の試合でベスト16への参加が完璧なものとなるだろう。(訳注:ドイツではベスト16を8分の1決勝、またチャンピオンズリーグでのベスト16を王様クラスと呼ぶ。)

ピエール・エメリック・オバメヤンがドッペルパックを決め、ドイツ代表のマルコ・ロイスが、前半で試合を決めるゴールをあげた。アドリアン・ラモスが83分に追加点で相手を突き放した。

後略





【キッカー】

ヴァイデンフェーラー 3
ソクラティス 2.5
フンメルス 3
スボディッチ 3
ピスチェック 3
ケール 2.5
ベンダー 2.5
ミキタリアン 2
香川 3
ロイス 2
オバメヤン 1.5 マンオブ・ザ・マッチ
ギンター 3




【ビルト】

ヴァイデンフェーラー 3
ソクラティス 3
フンメルス 3
スボディッチ 3
ピスチェック 2
ケール 3
ベンダー 3
ミキタリアン 2
香川 2
ロイス 2
オバメヤン 1

ギンター 3
ギュンドガン 2


スポンサーリンク



【ルーア・ナッハリヒテン】

ヴァイデンフェラー 2.5

前半ではコーナーとクロスの場面において出番があった。それに対してミスもなかった。チャンピオンズリーグで3試合無失点。彼は白のユニフォームを気に入っているだろう。

ピスチェク  2.5

ミキタリアンとのパスから彼は右サイドで急にフリーになった。そしてオバメヤンのゴールをアシストした。一対一に強く、良いポジショニングで右サイドを閉めた。それに加えて前への圧力を高めた。

ズボティッチ 3.5

スタメンに復帰。13分のボールロストなどまだ馬を操れていない印象(訳注:馬を操るは精通しているという意味の表現)
イルマツが彼を抜き去った後はシュートを防ぐために危険を犯さなければならなかった。試合を通して手堅い出来。

フンメルス 3

彼はケルン戦後多くの批判を受けた。彼はより確実性を考え、試合に安定をもたらした。彼は68分の交代とそれによる休憩を稼いだ。(訳注:稼ぐ、それに見合った働きをするの意味)

ソクラティス 3

急に左サイドバック。一番最初に前へ上がった場面において、彼はボールを失ってしまったが、それをあまり気にさせなかった。緊急策として以上の働きをした。ブレーメンでは良く右サイドでもプレーしていた。

ベンダー 2.5

彼の力強いボール奪取が2点目の素早い攻撃につながった。彼は全ての一対一に勝ったわけではなかったが、それでもトルコの攻撃マシーンであるウェズリー・スナイダーを試合から締め出した。激しい一対一で2回ほど倒れたが、55分には腕を負傷して病院に運び込まれた。また負傷で離脱することは、彼にとってだけではなく、痛手となる。

ケール 2.5

この安定性をもたらすプレーヤーは34歳で、BVBの試合において変わらず大きな役割となっている。ボールに対して落ち着いて、さらに試合を実行していた。イスタンブールの攻撃はほとんど意味をなさないものとなった。

ミキタリアン 2

彼がロイスに出したパスはタイミングも視野の広さも素晴らしかった。またピスチェクに送ったパスや、オバメヤンがポストに当てたシュートへのパスも素晴らしかった。彼はケルンでの弱々しい出来から、今日はプレーメーカーとしての力を発揮し、常に危険をもたらした。彼にとってはシュートだけが決まらなかった。

香川 3

彼の周りの選手と比べると、いくらか目立たなかった。しかし特に価値のあるディフェンスを行った。彼が65分にシュートを打った場面ではフリーのチームメートを見逃した。82分に負傷して交代。


ロイス 2

正確なオバメヤンへのアシスト、彼がゴール25メートル前から打ったシュートは魔法のようであり、まさに夢のゴールだった。

オバメヤン 1.5

彼のチャンピオンズリーグで自身2点目となる先制点は彼にとっては簡単なものであった。自身3点目も同様であった。彼が5メートルからシュートをポストに当てなければほとんどハットトリックだった。このガボン人は13試合で9得点を決めている。


ギンター 3

ベンダーのために守備的ミッドフィルダーで出場した後、センターバックにポジションを変更した。よく合っていた。




以上です。今回の前の4人の攻撃には可能性を感じさせるものがありましたね。前回とは違って、サイドの奥のスペースを使っていた事が良かったと、スカイ解説者やZDF解説者のオリバー・カーンが言っていました。

またオリバー・カーンは試合後の解説で、後半、香川選手がカウンターとなりそうなチャンスであえて後ろの選手にパスを出した場面を取り上げて、“以前のドルトムントだったら、勝っていてもテンポを変えることなく前へと進む事しかしなかったが、今回は3:0となった後はこの場面のように時間を使って落ち着いてボールを回している。これはほとんどポゼッションサッカーのようでもあるが、こうしたプレーは力を節約できるし、シーズンの日程を考慮すればこのようにプレーできる事はものすごく重要だ。”と解説していました。

IMG_4973_convert_20141023063457.jpg

何はともあれ、勝って良かったです。このまま次のハノーファー戦でも勝利して欲しいですね。他の採点と寸評なども後ほど取り上げます。

【おまけ 今日のドイツ】

IMG_1032.jpg

管理人の住んでいるザクセン州の山の方では昨日雪が振りました。この写真は冬に撮影したものですが、自宅近くを流れるエルベ川です。この川を上るとチェコに、下るとハンブルクまで行きます。川の周りは自然保護区になっているので、緑が多くて良い散歩コースです。
[ 2014/10/23 18:15 ] 香川 | TB(-) | CM(40)
翻訳お疲れ様です。
CLで快勝しても次に期待できないのが困りものですよねぇ。リーグ戦も調子上げて欲しい。

香川に関しては
「彼の周りの選手と比べると、いくらか目立たなかった。」
この評価が妥当な気がします。これと言って悪いプレーもなく良いプレーもなくと言った感じ。
[ 2014/10/23 18:48 ] [ 編集 ]
No title
翻訳感謝です!
オリバー・カーンほどの人が解説してくれるというのは日本からするととても羨ましいですね!
しかも、ちゃんとどういうチームかを理解していての発言ですから説得力も充分。
こういうところは外国のサッカー文化の歴史の深さを感じますね。
[ 2014/10/23 18:51 ] [ 編集 ]
No title
カーン解説者やってたのか
[ 2014/10/23 18:56 ] [ 編集 ]
香川は、最近のドルは守備が不安だからあえて自分の得点を犠牲にして守備に力を入れてるのか?
悪くはないんだけどもう少し攻撃的でもいいと思う
[ 2014/10/23 19:04 ] [ 編集 ]
いつも楽しみにしています
とても落ち着いた読み易い文章で、詳しくて長さも丁度良いのでいつも読ませて頂いています。ところで、本当に素敵なところに住んでいらっしゃるのですね。
[ 2014/10/23 19:09 ] [ 編集 ]
解説者も豪華ですね。
さすがドイツ。
見ていて、ファーストタッチが乱れたりその後の動きも鈍く、体が重そうなのが伝わってきました。もう少しコンディションが良かったら、得点できたかと思います。
守備は良かった。
あとはコンディションを戻して得点ですな。肉離れじゃなくて良かったよ。
[ 2014/10/23 19:11 ] [ 編集 ]
No title
いつもお疲れ様です!
香川は自分でも言っていましたが、見ていても体が重そうでしたね。ファーストタッチもあまり良くなくてリズムも悪く、いつものキレはありませんでした。それでも守備は本当によく効いていたと思いす。やっぱりコンディションが全てなんだなと、改めて思いました。連戦の疲れもあるんでしょうかね?週末のブンデスもあるので、できれば後半頭から交代してほしかった。痙るまでプレイする必要があったのでしょうか?そこだけが納得のいかない采配です。代表での脳震盪やももの痙攣もあるので、ターンオーバーで上手く使ってほしいです。もちろん他のメンバーもこれ以上怪我してほしくないので。皆で何とか乗り切ってほしいですね。頑張れBVB!
[ 2014/10/23 19:31 ] [ 編集 ]
わお!日本人の解説者は、あの香川の動きを積極性がないなどと評してましたが、カーン氏にポゼッションサッカーとしての省エネ利点を指摘されたら、なんかそんな気がしてきた(^_-)テヘ
[ 2014/10/23 19:34 ] [ 編集 ]
No title
日本のネット上を見ると
「香川エゴを出せ」
「シュート決めれなければ空気」
といった声もよく聞きますが、オリバー・カーンのこの解説をその人らにも見せてあげたいぐらいです。
香川選手がチームとしての戦術に沿った動きができて、そして守備面でも大いに貢献できたのならそれでイイと思います。
その先にゴールもあったら…という淡い期待はありますが、チームが無失点で勝てて本当に良かったなぁと個人的にはホっとしました。

素晴らしい翻訳記事ありがとうございました。
[ 2014/10/23 19:40 ] [ 編集 ]
カーン様のご指摘通りです。
何であそこでバックパスなんだよと叫んだ自分が恥ずかしい
[ 2014/10/23 19:51 ] [ 編集 ]
香川はトップスピードでは周りが見えておらず、スピードダウンしてルックアップする時がけっこうある
ロイスやミキタリアンのテンポと合わなそう
今日の出来なら、もし攻撃陣から一人外すとしたら香川になってしまうなぁ
[ 2014/10/23 20:02 ] [ 編集 ]
No title
自称サッカー玄人とは
やっぱり見る目が違うということでしたね。

ネット上みると酷いコメントばっかりでした・・・・
[ 2014/10/23 20:17 ] [ 編集 ]
No title
ロイスやムヒタリアンと持ちつ持たれつの関係を構築するには、もう少し時間がかかるでしょうね
その時が楽しみでなりません
[ 2014/10/23 20:22 ] [ 編集 ]
最近、おまけの今日のドイツが楽しみ。
あ、もちろん本文も楽しませてもらってます(笑)
[ 2014/10/23 20:32 ] [ 編集 ]
No title
カーン氏の解説は深いですね。
無知な私は香川さん疲れが溜まってるのかなって思ってましたが、体力の節約でもあったんですね。
それでもやっぱり見るからに疲れはあったと思いますが、クロップ監督が交代させようとしなかったのも彼もその辺を良く理解していたからなんでしょうね。
[ 2014/10/23 20:32 ] [ 編集 ]
No title
香川のコンディションがずっと今一つなのが気になります
11月のバイヤン戦迄にはもうちょっと復調して、チームとしても仕上がってくると良いのですが、
このままだと歴史的大敗なんてショックなことになるんじゃないかと気が気じゃないです
あちらは絶好調だから

ロイスの移籍問題もあるから、本当に気が重くなってしまうことがある
今度こそリーグで勝利して、美味いビールが飲みたいなぁ
香川が得点すれば最高だけど、誰が入れたっていいんだよ!と思う
[ 2014/10/23 20:35 ] [ 編集 ]
No title
いつも香川が主役である必要はないわけで
黒子に徹する日があっても良い。

ゴールを!ゴールを!と求めるけど
FWではないのでゴールを決める以上の動きを
しているならそれは価値のあること。

インパクトはなくてもクリーンシートなんだからOK。
[ 2014/10/23 20:37 ] [ 編集 ]
No title
選手個人の評価を客観的に判断するのに一番良いのが怪我以外での交代なしで監督が使ってくれること。これは見てても見てなくても誰の評価も関係なく監督にとって必要と判断したってこと。攻撃だけでしか貢献できないとか安定してなければ基本的に最初に交代させられるのが普通。自分はどの選手もフルや理由が明確な交代であれば絶対叩かないよ
[ 2014/10/23 20:50 ] [ 編集 ]
No title
いつも更新ありがとうございます。ドイツはもう冬なのですね。
管理人さんが醸し出すゆったりとした空気感が好きです。
カーンのような意見はとても貴重で、じんわりと心が温かくなりました。
[ 2014/10/23 20:50 ] [ 編集 ]
No title
カーンのコメントをもっとみんなに知って欲しいね。
昔は攻め続けて試合終了間際に立て続けに点取られたこともあったし。
それでも最近の試合に比べて動きが悪かったってのは事実だから、早くコンディション良くなるといいな。
[ 2014/10/23 20:52 ] [ 編集 ]
No title
日本人は香川が毎試合MVP級の働きをしないと評価しないからね
元々「2ヶ月は様子を見て起用したい」って言ってたのがチーム事情から出場しっぱなしになってるから、怪我人も戻ってきた今だからこそ11月は2試合くらいに出して少し落ち着かせても良い気もする

あと、エルベ川の写真が冬の空気の張り詰めた感じが出てて好き
[ 2014/10/23 21:17 ] [ 編集 ]
クロップやカーンやサポが香川に期待してる部分は、チームのコンダクターなんだと思います。遠藤や、アジア杯まで2.5列目のトップ下だった本田のようにチーム全体をコントロールすること。
遠藤が得点しなくても批判されませんよね?なのに、何故か香川は批判される。
自分にはそれが理解できません。
前半で3点とってるチームに何より大切なのは、クリーンシートで終わらせることだったんじゃないでしょうか。
カーンはGKという視点で、香川を評価してくれてるんだろうと嬉しくなりました。
[ 2014/10/23 21:32 ] [ 編集 ]
カーン氏の解説まで訳していただき、本当にありがとうございます。香川選手もこのサイトを見てくれたらいいな、などと。
エルベ川は氷が張るのでしょうか、大きな木と山のあいだを悠々と流れていますね。
[ 2014/10/23 21:33 ] [ 編集 ]
No title
カーンの解説した2点目のシーン、ピッチに大きく"δ"の字を描いてスペースを作りながらゴールまで持って行きましたね。レヴァンドフスキが抜けた後こうやって少しずつ形を作っていくんでしょうね。
試合後の解説は本当に勉強になります。クロップとカーンが試合後すぐに解説してくれるんですから贅沢ですよね。

守備もリーグ戦なら失点するようなミスもまだあるしスペースも貰えないでしょうが、こうやって少しずつ朧げにチームが出来ていくのが見えてくるだけでも楽しいです。
[ 2014/10/23 22:20 ] [ 編集 ]
No title
カーンの発言は結構効いただろうな
[ 2014/10/23 22:23 ] [ 編集 ]
No title
暴動がサイトのコメントなどでは
なぜ香川はそこでパス出したカウンターのチャンスじゃないか仕掛けろよ!と動画だけを見て語っているのでした
[ 2014/10/23 22:40 ] [ 編集 ]
No title
ハイプレス→高速カウンターのチームだからこそどこでどう走るか走らせるかは重要で、この見極めがいいのも香川が今のドルトムントに必要な理由ですよね。

ただ、これだけ気をつけてもやはりけが人が出てしまうのは何故なのか…
とにかく怪我人出さずに勝ちましょう。がんばれドルトムント
[ 2014/10/23 23:01 ] [ 編集 ]
カーンの解説には目から鱗
管理人さんこれは大仕事ですよ
惜しむらくは、一次ソースを持ってくるのが困難なことだけど、それはしょうがないですね
[ 2014/10/23 23:05 ] [ 編集 ]
No title
淡々とした事実確認、分析及び批判ならともかく何故あんなに攻撃的になれるのかというコメントを見ると軽くショックを受けてしまう私でありますが、
色々な意見を聴いてみる目を養い、試合をもっと楽しみたいなと思います。
できたら口汚いコメントは見たくないですが、こちらは管理人さんのお人柄のせいか、良心的なコメントが多く安心して読めます
[ 2014/10/23 23:10 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、いつもありがとうございます。特にカーンさんのコメントの翻訳、本当にありがとうございました。日本のネット上では、健全な批判とは思えないものも多くて、香川選手が気の毒な位だったので・・・。得点は決められなかったけど、試合後のクロップ監督が、香川選手の守備を高く評価していたし、なによりチームがいい勝ち方をしたことが大きいですよね。また、コンディションを整えて、ゴールを決めてくれる事を楽しみに応援したいと思います^^。
[ 2014/10/23 23:58 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、いつも楽しみに見ています。
香川さんについての報道を見るたび、期待されるアスリートは大変だ…と思います。
アンチな人のコメントは本当にひどい。
ただ、香川さんは多彩なプレーができる人だから、アシストだけでは物足りなさを感じてしまうところはある…。
今はとにかくケガをしないで、チームの勝利に貢献してほしいです。
オリバーカーンとクロップが解説するなんて、豪華だなぁ、いいなぁ…
[ 2014/10/24 00:46 ] [ 編集 ]
No title
更新ありがとうございます
ルーア・ナッハリヒテンの評価をみて安心しました
自分の目を見つめ直す機会になりますね。

あと「おまけ」がつくようになったんですね!
ドイツ現地の天気や周辺の情報はなんだか嬉しいです。
[ 2014/10/24 01:03 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん
ほっこりした所住んでんだね~
日本は今、新米が美味い!
管理人さんも新米食ってくれよ~
[ 2014/10/24 01:25 ] [ 編集 ]
No title
昨日の試合は久しぶりに快勝。香川もゴールのチャンスがあっただけに残念です。次回のブンデスの試合に向けて、良い流れができたのでは?そして、早く上位争いに食い込み、バイエルンの独走を食い止めて欲しいですね。PS.今年のドイツは寒いのでしょうか?去年のような暖冬であると良いのですか?一昨年は確かに10月末には雪が降りましたね。
[ 2014/10/24 04:01 ] [ 編集 ]
No title
さすがカーンだ
国内で盲目的に叩いてる連中の見る目のなさよ
まったく情けない
[ 2014/10/24 04:27 ] [ 編集 ]
ゲーゲン
ゲーゲンプレスは、悪い見方をすればスロー、ファースト、スロー、ファーストの2値の動き。つまりデジタル。だから相手DF陣も採られた瞬間にあっ、ヤベ!下がれっと意思がリンクする。最初はいいけど、慣れてくれば冷静にゾーンの動きのトリガーもかけやすくなるんだよね。だから慣れた対策済みのチームにはリズムを変えてゆることも必要だと思っています。
冬の川辺の景色は、北海道とも似ていますね。
[ 2014/10/24 10:16 ] [ 編集 ]
No title
香川はマンUtdにいたとき、ゲームの展開とか落ち着かせ方がさすがだという発言をしていたので、そういうのも学んだんでしょう
これからもっと円熟した選手になると期待しています

翻訳ありがとうございます
ここをみるのが楽しみな時間です
[ 2014/10/24 10:21 ] [ 編集 ]
No title
カーンの解説紹介すごくありがたい。
いやーフットボールの本質を判っている解説は貴重。
日本にもこういう人増えないかなぁ…
[ 2014/10/24 11:50 ] [ 編集 ]
No title
本当、カーンありがとう、さすがです
勝ち続けるためには落ち着かせることもあるとか、素人には分からない
私もマンチェスターUtdで香川が学んだことって、こういう老獪な部分も
含めてなんだろうなと気づきました
常勝が当たり前の老舗には、それなりに蓄積されたパターンがあるのでしょうね
[ 2014/10/24 14:19 ] [ 編集 ]
No title
採点の翻訳ありがとうございます。
見方で違いが出るのがやっぱり面白いですね。

そしてカーン氏のインタビュー。
過密日程の中、勝ち続けていくためのリスクヘッジという視点は目から鱗でした。
日本の解説やネットのなんちゃってコメンテーターの話だけ聞いていたら分かりえなかったことでした。
本当にありがとうございます。

そしてドイツの素敵な景色にも心癒されております。
義務感に駆られることなく、今後もちょくちょくお写真載せて戴けたら幸いです。
[ 2014/10/24 15:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。