ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB!ワルシャワに6:0で快勝!!ゲレイロがMOM!!BVB全選手採点と寸評!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞


entry_img_1220.jpeg



ビュルキ 3
彼は非常に落ち着いた夕方を過ごした。枠内に飛んだシュートはランギルが57分に放ったたった1本だったが、確実にキャッチした。



ピスチェク 3
このポーランド人は故郷での試合で右サイドバックで出場し落ち着いた動きを見せた。大きな見どころはチームメートに任せた。今回は彼には不用意なパスミスは見られなかった。


スポンサーリンク




ソクラティス 2.5
守備においてはまったく仕事がなかった。セットプレーでヘディングゴールを決めて2:0とする。




バルトラ 2.5

彼も楽に守備をすることが許された。ソクラティスと同様に。それに加えて得点。18分に3:0となるゴールを決めたが、これが彼のBVBでの最初のゴールとなった。




シュメルツァー 3

チャンピオンズリーグの試合でこんなに試されることがなかったのは珍しい。彼は3:0となるゴールを決めなければならなかった。バルトラの足に阻まれてしまった。




ヴァイグル 2.5

この代表選手はドルトムントの中央で前半だけでボールタッチ数72を記録した。ほとんどの攻撃がカラカラのもので、パスミスも少なかった。




ゲレイロ 1
彼は非常に力強いスタメンデビューを飾った。彼は非常に賢い動きを見せ、相手にとって脅威となるスペースを見つけた。そして素早くボールも良くキープしていた。彼は自身のパフォーマンスを2つのスコアポイントで飾った。2点目を完璧なフリーキックでソクラティスをアシストし、4点目は自ら決めた。



プリシッチ 2
体調が悪いシュルレに代わってスタメン出場した。彼は右サイドで出場し、序盤はボールを要求しゴールシーンにも絡んでいる。アバメヤンは彼からの11分の素晴らしいパスをものにしなければならなかった。後半戦も勢いは衰えることなく、カストロの5:0となるゴールをアシストしている。




ゲッツェ 2.5
自信になる試合!ライプツィヒではスタメンデビューを飾ったが、ワルシャワでは自ら先制点をあげた。彼はデンベレーの完璧なクロスをヘディングで決めた。ヘディングが決まることは珍しい。




デンベレ― 1.5
左サイドで彼を止めることができなかった。彼はチームメートに完璧なパスやクロスを何度もだした。そしてそのうちの2本が得点に結びついた。ゲッツェとゲレイロが彼のアシストをものにしたのだ。




オバメヤン 3
BVBはゴール祭りだったが、この点取り屋はその最後にそれにかかわることができた。その前には2度ほどフリーで外している。11分にはキーパーに弾かれ、前半終了間際にはゴールを外れてしまった。後半は4:0となるゴールの起点となり、86分に6:0となるゴールを決めた。



カストロ
ゲッツェと交代で出場し、最初のボールタッチが5:0となるゴールに。


20160915065800d2b.jpeg



ルーア・ナッハリヒテン

ビュルキ 3

ピスチェク 3

ソクラティス 2.5

バルトラ 2.5

シュメルツァー 3

ヴァイグル 3

ゲレイロ 1.5

プリシチ 2.5

ゲッツェ 2.5

デンベレ― 2.5

オバメヤン 3.5




20160915070108473.jpeg







以上になります。

いやー、久しぶりの快勝ですね。たまにはこういうのも良いものです。管理人は15分から試合を観ましたが、ゲレイロが素晴らしかったですね。本当にこれからが楽しみです。

しかし今日のような試合を観ると、いかにブンデスリーガのチームがドルトムント対策として守備を徹底しているのかが良く分かりますね。

スペースがいっぱいあったので、選手はプレーしやすかったと思います。案外チャンピオンズリーグのほうが可能性があるかもしれない、と思ってしまいました。

やはり今シーズンの課題は引いて守って来る相手に対して、カウンターを食らわずにいかに点をとるかですね。

香川選手は今日の出場はありませんでしたが、次のリーガでの出場に期待したいですね。


心配は杞憂に終わった(笑)
相手の守備やプレスの緩さはあれど、全員素晴らしかった。
特に感銘を受けたのはやっぱりゲレイロ。
彼があらゆるスペースに絶妙のタイミングで動く事で周りを動かしていた。
攻撃のすべてを牽引していたと思う。
物凄い頭脳の持ち主!
ゲッツェもプリシッチもデンベレも、みんな同じイメージ&同じ感性でプレーできていて、スムーズかつ楽しそうだった。
攻撃はどのポジションも効いていた。
[ 2016/09/15 08:08 ] [ 編集 ]
見ていてとても楽しい試合でした!
すぐに第3節を迎えるよりCLを挟んで良かったと思います。
確か泥沼の2014-15シーズンも国内リーグとチャンピオンズリーグでは、かなり乖離した試合だったのですよね。
あの時「ウチはチャンピオンズリーグで優勝して、2部に降格するわ」という声に笑ったものです。
次のダルムシュタット戦は、確か昨シーズンは6バックで守られドローに終わったと思います。
ドイツ内でのあの固い守備やプレスはどうにかならないものか…と思いますが、さまざまな戦術を柔軟に使い分けて勝っていきたいですね。
[ 2016/09/15 08:20 ] [ 編集 ]
相手はかなり弱かったですね。プレスをかけず運動量もなくCLに出れるレベルのチームではなかったように感じました。とりあえず大量得点で勝てたのは良かったです。ゲレイロが素晴らしかったです。彼は経験を積んでいけばトップ下も出来そうですね。実は練習試合から香川の手強いライバルになるんじゃないかと思ってましたので香川にはこれから競争で勝ち抜いて行って貰いたいです。カストロも正直ゲッツェより良かったです。
フットボールチャンネルの記事によると香川は足の状態が完全に治っていなくてトゥヘルとも話をしていたのでこの試合は出ないかなと思っていたそうです。次の試合についてはまずコンディションに不安がない状態にして練習して試合に臨めるようにすると言っていましたので今週末の試合も出るとしたら途中交代からのような気がしますね。
[ 2016/09/15 08:53 ] [ 編集 ]
前のゲームから中盤入れ替えたおかげで本来のゲーム運びができるようになった。プレスが連動して相手をゴール前に押し込んでプレーし続けられた。まともに前向かさなかったもんね。おかげで中盤とバックで5得点。

選手の中では、特にヴァイグルがよかった。パスを成功させてただけじゃなく相手のパスコースを切る動きもよかった。おかげで前のゲームと比べてボール奪取が簡単になって逆にロストは減ったな。

とはいえ今日は相手のゆる~いプレーの助けられてたとこも多かった。
ゲレイロ褒められてるみたいだけど良かったとこは点に絡んでたとこだけだよ。本職はサイドバックだからしょうがないけどやはり左のハーフなんだからもっとグラウンダーで崩してゲーム作るのに絡まないと。あとバルトラはまだぜんぜん合ってない。シュメレの足の上のっかちゃうはいつやらかすかと思ってみてたよ(笑)
[ 2016/09/15 08:55 ] [ 編集 ]
中盤のプレスが緩い相手だとやっぱドルは無双できるな
貴重な勝利だしリーグもこの勢いで勝ちきっていい状態でレアルと対戦を迎えて欲しい
日程は厳しいけどローテできるだけのメンバーは揃っているから期待してる
[ 2016/09/15 09:16 ] [ 編集 ]
久々の大勝でしたね。先ずは一勝、嫌な雰囲気が消し飛びました。
ゲレイロ‥良いですね〜悪童的な面構えも、優等生風が揃うドルトムントのなかでは異質で好みです。

ワルシャワ‥驚きました。CLに出て来られるレベルじゃあ無いですね。二点目のパパのゴール‥どフリーで狙い澄ましてクロスを上げられて、ゴール前で裏に抜けた三人がコレ又どフリー。エ⁈マークは?ホームでコレだからF組終了時には記録的な失点になっている可能性大だと思います。

第三節のダルムシュタット戦‥大量得点で軽い試合の後は、得てして調子が狂う事がままありますから、気を引き締めて連勝して欲しいですね。
[ 2016/09/15 09:40 ] [ 編集 ]
ゲレイロとプリシッチごキレキレでしたね。ゲッツェもかなりよかったと思います。二点先制したとこで「今日は香川出ないなー」と残念でした。移動連戦続くので休みながら頑張ってほしいです。個人的にデンベレの1.5は高すぎかなぁと思います。
[ 2016/09/15 10:02 ] [ 編集 ]
ライプツィヒに負けた嫌な空気を振り払ってくれるような快勝でしたね
香川を見たかったですが、無理して欲しくないので。
[ 2016/09/15 10:57 ] [ 編集 ]
新加入で一番良いのがゲレイロだってのはわかってたこと
[ 2016/09/15 11:17 ] [ 編集 ]
EURO2016の大会ベスト11に選ばれたゲレイロが素晴らしくないわけがないんですよ!
本来のポジションであるSBで出てほしかったですけどね

今回は相手との力量差を考えるとドルトムントの本当の力がみれたかどうかは微妙な気がしますが、まぁそれはレアルなどの強豪と対戦するときにわかると思いますね
[ 2016/09/15 11:58 ] [ 編集 ]
昨日のシステムは4231じゃなく433か4141のように見えました。

昨シーズンの前半もヴァイグルアンカーで香川ギュンドアンがIHの形がすごく良かったが、昨日もヴァイグルアンカーでその前がゲレイロ、ゲッツェで凄く機能していたと思う。
とにかく前節の絶望感は何だったんだろうというくらいゲレイロが良かった。
きっと香川もこの形でプレーしたいと思ったんじゃないかな。

トゥヘルにはなるべくこの形を変えないでほしいです。
[ 2016/09/15 12:04 ] [ 編集 ]
快勝でしたね!ゲレイロよかったです。
スペースがあったり潰しに来なかったり、相手の守備には驚きました。
[ 2016/09/15 12:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントがワルシャワ到着時のルーナハの映像で、一人だけ大勢の記者に囲まれてインタビュー受けている選手が映っていて、後ろ向きで遠かったので誰だろう?って思っていましたが、ポーランドだからピスチェクだったのだろう(確かに背格好、髪の色はピスチェク)と気が付きました。
ポーランドではやはり英雄なのでしょうね。インタビュアーの女性達の目はハートマークでした。
[ 2016/09/15 17:05 ] [ 編集 ]
スペースさえあればドルの攻撃陣はやれるよね。問題はガンガン潰しにきて守ってカウンターのチーム。課題はまだそのまま。それでもここでチームとして一息出来た事は良かった。香川はやっぱりまだ怪我は完治してなかったんだね。無理する必要はない。ユナイテッドに移籍したミキみたいに代表で負った怪我が治らないまま出場して精彩を欠きしかも悪化させたケースのようにはなって欲しくないから。

[ 2016/09/15 17:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。