ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ゲレイロ!「夢がかなった!!」試合後ミニインタビュー!《ドイツの反応》




ルーア・ナッハリヒテン




ゲレイロ:夢がかなった



entry_img_1221.jpeg
引用元:ルーアナハリヒテン



ワルシャワ:ラファエロ・ゲレイロはこの夏左サイドバックとしてBVBにやってきた。彼のチャンピオンズリーグデビュー戦となる、ワルシャワ戦(6:0)ではいずれにせよ中央でプレーし、輝きを見せた。この22歳は試合後、ポーランドで2冠を達成した相手に対して見せた力強いパフォーマンスについて語っている。


スポンサーリンク




ゲレイロさん、チャンピオンズリーグデビューはどのようなものでしたか?

僕にとっては夢がかなった瞬間です。そしてアウェーで勝利しましたね。これ以上の結果は考えられません。





あなたはこれまで何試合も途中から出場していましたが、今日は初のスタメンでしたね。そしていきなりフィールド上でベストの選手となりました。今日のパフォーマンスには、どのぐらい満足していますか?

僕にとってはスタメンで出場しようが、途中から出場しようがどうでも良い事です。僕はチームのためにいつも全力をだしたいと思っています。あなたが今日の僕についてそのように思っていることは、もちろん僕を幸せな気持ちにしてくれます。これからの数試合も、こうしたパフォーマンスを続けて出せるようにトライしたいと思います。




あなたとマリオ・ゲッツェのコンビネーションが非常に目を引きました。BVBのミヒャエル・ツォルクが、良い選手は自動的にお互いを理解できる、と話していましたが、これは正しいですか?

僕たちが互いに良く理解しあっていたのは、その通りですね。マリオは素晴らしい選手で、素晴らしいクオリティーを持っています。僕は彼の隣で非常にプレーしやすかったです。お互いに相手を探し合っていましたし、たいていの場合見つけることができました。





あなたはドルトムントでは左サイドバックとして紹介されていますが、最近ではより中盤での起用が目立っています。あなたはどのポジションが一番やりやすいでしょうか?

僕はいつも左サイドバックでプレーしていました。だから、そこでプレーするつもりでドルトムントにやってきました。でもここで何かを学ぶためにBVBにいます。監督が中盤で起用するなら、そこでベストを尽くすのが僕の仕事です。


20160915171803f84.jpeg






以上です。

非常にチームに貢献しようとする姿勢が感じられるインタビューだったと思います。

彼のプレーは本当に良かったですね。相手をうまくかわして前に上がる姿を見て、案外4141だったら去年のギュンドガンのような役割ができるのではないかと思わせられました。

しかし中盤はもう人材がそろっていますから、サイドバックでその実力を発揮してほしいですね。彼ならより得点に結びつくようなプレーを見せてくれそうな気がします。






[ 2016/09/15 17:30 ] ゲレイロ | TB(-) | CM(6)
あの中盤でのプレーは、とてもSBの選手とは思えないですよね。
ユーロでのプレーとは全く違いますもん。
驚異的です。考えられない視野の広さですよ、あれは。
素晴らしいです。
[ 2016/09/15 17:46 ] [ 編集 ]
ゲレイロはサイドバックや真ん中やらすんじゃなくてウィングやらさないかな?
マジで左利きのフィーゴだよ
結構相手を慌てさせるドリブルができるし折り返しのいいクロス上げそうだけどな
相手にとっては一番厄介なタイプのウィングになれそうだけどな
今シーズンやたらとウィングばかりかき集めたけど、意外なことにこの選手が最もウィングらしいウィングになれると思うけどね
[ 2016/09/15 18:16 ] [ 編集 ]
プレーと一緒で、知性を感じさせるインタビューでさらに好感を持ちました。
これからがもっとたのしみです。
[ 2016/09/15 20:26 ] [ 編集 ]
凄く良かった
そしてゴンゾも同様に素晴らしいパフォーマンスだった
スタメンをうまく回しながら結果を求めたい
[ 2016/09/15 22:06 ] [ 編集 ]
軽快な動きの22歳ということで、21,2歳の頃(第1次ドル)の香川選手を観ているようでした!

[ 2016/09/16 09:35 ] [ 編集 ]
昔の香川を思い出す、、、

分かります。物凄く分かります。
泣けてきた。
[ 2016/09/16 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。