ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アウグスブルク・宇佐美!!チームメート負傷で先発のチャンス!ドイツ紙《ドイツの反応》



リーガインサイダー


宇佐美貴史、カイユビの代わりの第1候補?



entry_img_1222.jpeg



アウグスブルクの左サイドのポジションが、前半戦空くことになった。攻撃選手のカイユビはブレーメン戦で膝を負傷していたが、彼がプレー可能になるのは来年になってからという事だ。シュースター監督の下での彼は、昨シーズンのヴァインツィール監督の下と同様にレギュラーだった。


スポンサーリンク



この左サイドのポジションは、誰がものにするだろうか?その候補としては、ホッフェンハイムから500万ユーロでやってきたヨナタン・シュミットの名が挙げられる。さらに、これまで最初の交代カードとなっていたドンウォン・ジや宇佐美貴史の名前が挙げられる。

宇佐美に関しては、ヴォルフスブルク戦で10分出場しただけだ。しかしビルトの情報によるとカイユビの代わりとしてはこの24歳の日本人が有力とみられている。



ビルト


ビルトの情報によるとACアウグスブルクはスター、カイユビを数か月諦めなければならない。膝の軟骨を負傷したためである。


このブラジル人は、すでに昨日アウグスブルクのクリニックで手術を受けている。アウグスブルク補広報担当は質問に対して、軟骨の負傷であることを認めている。


左利きのカイユビは、昨シーズンもすでに膝に問題を抱えていた。シュースター監督は昨日の午前トレーニングの後で、“彼は膝に問題を抱えている。詳しい診断は待たなければならない。”と述べていた。


そしてこの診断だ。カイユビは最高で6か月離脱するとみられている。このブラジル人にとって前半戦が終了したのは確実だ。ヘディングが強いカイユビはシュースターのシステムの中で重要な選手だった。


カイユビの代わりは宇佐美貴史が有力だとみられている。しかしドンウォン・ジやヨナタン・シュミットも候補である。







以上です。

レギュラーの長期離脱という事で宇佐美選手にもチャンスが回ってきそうですね。選手が負傷するニュースには心が痛みますが、このチャンスをものにして活躍してほしいです。



[ 2016/09/16 06:05 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(6)
開幕スタメンじゃなかった時点でもうすでに欧州再挑戦は半分失敗している。
バイタルに到着した時にはもうあっぷあっぷしているような体力レベルで継続してプレーできるわけはない。
[ 2016/09/16 10:36 ] [ 編集 ]
やっとベンチに入れるのか
[ 2016/09/16 11:10 ] [ 編集 ]
宇佐美って、そんな立場だったんだ
なんだかなぁ~
[ 2016/09/16 12:16 ] [ 編集 ]
チャンスをいかしてほしいですね
ボール持った時はすごいので
[ 2016/09/16 16:27 ] [ 編集 ]
ほんと早く活躍して、あり溢れる才能がこのまま終わってしまう・・・
[ 2016/09/16 17:33 ] [ 編集 ]
みんな悲観的だなぁこれからでしょ!
このチャンスを掴み取ってほしいわ
今季は宇佐美武藤原口の飛躍が楽しみだ


[ 2016/09/16 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。