ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントで好調のカストロ!ドイツ代表になれるか?ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



entry_img_1228.jpeg
引用元:Bild



彼が攻撃力あふれるドルトムントでのリーダーとなっている・・。BVBスターのゴンザロ・カストロは6:0で勝利したダルムシュタット戦では、非常に素晴らしいヒールキックからのゴールを見せ、ワイルドな若者あふれるチームの中での中盤の司令塔だった。(22歳以下が6人)


スポンサーリンク




彼は現在人生で最高潮に達している。そしてこのパフォーマンスはドイツ代表への願書となるだろうか?トゥヘルのチームでは彼はボスだ!このようであれば彼はヨギの下に行くことができるだろう!!




もとレヴァークーゼンのカストロはビルトに対して控えめにこう語る。“僕は常に自分のベストを出そうとしているだけです。これでも足りなければ足りないという事でしょう。もちろんもう一度代表に呼ばれれば素晴らしいですけどね。”




カストロはこれまで代表5試合に出場している。最後に出場したのは2008年のオーストリア戦だ。それ以来彼は代表監督からの電話をまっているが、それもむなしく終わっている。


20160919173738141.jpeg


BVBマネージャーのミヒャエル・ツォルクは彼が代表に呼ばれないことを不思議がっている。“ゴンザロは信じられないくらい賢い選手だよ。彼は以前代表に呼ばれたこともあるし、彼のパフォーマンスからすれば代表に相応しいね。”




カストロはヨギの順番待ちリストに入っている。BVBにとっては、これまでにないほどの価値だ。しかしこのパフォーマンスの爆発はどのようにしておこったのだろうか?


カストロ:“結構長い間上手く行っていますね。でも今はチームでも理想的なぐらい上手く行っています。監督は最後まで全力を出すことを要求します。3:0の後でも手を抜かないように。それは僕のプレーに合っているんです。”


201609191737364ae.jpeg


明日はヴォルフスブルクと対戦する。カストロ:“非常に難しい試合になるでしょうね。でもやる気にあふれていますし、勝つつもりです。”


新たなボスにとって次なるミッションだ。








以上です。


確かに好調のカストロはドイツ代表には相応しいように見えますね。シュヴァインシュタイガーも引退して席が一つ空いていますから、チャンスはありそうに思えますが、現時点ではトニー・クロースは絶対ですし、その隣もケディラ、そして調子が戻ればギュンドガンになるように思います。控えにはすでにヴァイグルがいますし、チャンも頻繁に呼ばれています。その次に呼ぶとしたら、調子にもよるでしょうが、ベンダー兄弟あたりではないかと思いますが・・


代表ウィークもしっかりクラブでトレーニングすることで、試合に出続けるという面もあるでしょうし、クラブと代表の兼ね合いというのは難しい問題ですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0370_convert_20160919061644.jpg


週末の雨でぐっと気温が下がりました。
もうビアガーデンでのんびり過ごす事も無いでしょうね。
[ 2016/09/19 17:42 ] カストロ | TB(-) | CM(11)
ドルトムンド
ドイツ人のドルトムンドファンです!今でも嬉しくてたまらない!このチームは多分来年か再来年さらに強くなります。
[ 2016/09/19 18:37 ] [ 編集 ]
カストロもう8年も代表から遠ざかっているのですか。ちょっと難しそうですね。コンスタントに呼ばれていたら29歳はまだ若いですが…今からと思うと、やはりもっと若い選手がファーストチョイスになりそうです。

層が厚いドイツ代表が羨ましいです。
[ 2016/09/19 19:59 ] [ 編集 ]
カストロは相応しいと思うのですがドイツ代表は争いが熾烈ですからねー
それはそうと今の状態ならアンカーのヴァイグルは固定でインサイドはゲレイロとカストロになるのでしょうか、香川はいいときに乗り遅れてしまった感じがありますね。日本代表に呼ばれるのはクラブの選手としてはメンタル的にはともかくフィジカル的にはやはり大きなマイナスだなとしみじみ思いました
頑張ってもらいたいところ
[ 2016/09/19 20:19 ] [ 編集 ]
カストロは普通のナショナルチームなら間違いなく中心戦力になれる実力の持ち主だと思います。
ただ今のドイツの中盤の戦力は本当に厚すぎますね。ケディラ、クロース、ギュンドアン、エジルなどなど。
この他にもブラントやマイヤー、バイグルやキミッヒも育ってきていますし絶え間なく逸材を輩出し続けるドイツの育成システムは本当に素晴らしいと思います。
[ 2016/09/19 20:38 ] [ 編集 ]
カストロがドルトムントに移籍したのはバイエルンかドルトムントに所属してないと代表に招集されないからとかって記事をドルトムントに移籍して間もない頃に目にした記憶があります
代表から離れている期間が長いのと年齢を考えると難しいかな、まぁ香川みたいに代表で怪我なんてことを考えるとクラブにとっては何の特にもなりませんよねw
[ 2016/09/19 23:22 ] [ 編集 ]
 調子がよいのは今回で、前回は酷評だった気がしますが
[ 2016/09/20 00:35 ] [ 編集 ]
ドイツ人のかたがコメント!
本当ならとても嬉しいですね。世界中のクラブの中で一番好きなのがドルトムント。
[ 2016/09/20 01:32 ] [ 編集 ]
カストロは攻守のバランス感覚が鈍いのでドイツ代表でのあのポジションは無理でしょうね。
ドルトムントはIHが上がった裏が実は狙い所なんですよね。
敵のFWがそこでボールを受けて起点にできればチャンスが出来る。
上がって来た味方に落として逆サイドのSBの裏かCBとSBの間を割るボールを出せば一気にゴール前の攻防になりますね。
[ 2016/09/20 01:45 ] [ 編集 ]
カストロは素晴らしい。
むしろ日本代表に来て欲しい(笑)
アジアならゴール決めまくり、ドリブルしまくりでしょう。

ドイツ代表はまあイケるとは思いますが、若干スタイルが違うような…
まあ層が厚いのと、攻守のバランスを考えると、たとえ呼ばれても最終的には無いかなと思います。
やはりドイツ代表はフィジカルの高さもかなり重要なポイントだと思うので。
[ 2016/09/20 07:46 ] [ 編集 ]
ドイツ代表の中盤のレベルが凄すぎてカストロの入る余地は少ないですよね。主力らが怪我で離脱でもしない限り。それでも若手を選んで経験を積ませるかもしれない。日本なら即スタメンなのになあ。
[ 2016/09/20 09:08 ] [ 編集 ]
毎回フロントはBVBの選手を推薦しますね。ドイツ代表の試合をみてると傾向がわかるのですけど、まず現スタメンメンバの次点はリバポのジャンでしょうね。今はW杯にむけて選手選考していて、若手への入れ替わりを考えているものと思います。レーブ監督のチョイスは若い事、背が高く体格が良い事、を見ていますね。最近は積極的に五輪代表を試してます。カストロは残念ながら年齢、体格の面から選考されにくいのかなと思います。
ギンターは五輪代表でて技術的にも成長しましたね。SBで守備を改善すれば代表に選ばれると思うのですがどうして継続させなかったのでしょうか。
ドイツ代表に選ばれたいのであれば、もっとドイツ人を採って育てればいいのにとフロントのズレた考えに疑問です。
[ 2016/09/20 11:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。