ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対ヴォルフスブルク!香川出場なるか?試合直前トゥヘル記者会見より!《ドイツの反応》



ルーア・ナッハリヒテン】


entry_img_1229.jpeg
引用元:BVB公式ツイッター



メンバーについて・・

まずは、トレーニングを待たなければならない。でもアンドレ・シュルレに関しては厳しいと思う。彼は膝を温存するためにトレーニングしなかった。それとは別に僕たちは、今日はほんの少ししかトレーニングしていないし、状況はこれまでと変わっていない。それ以外は土曜日の試合で怪我した選手はいないね。



スポンサーリンク




ズヴェン・ベンダーについて

彼はオリンピック準決勝での負傷の回復に励んでいる。彼は負傷を抱えたまま決勝でプレーしたんだ。それに関しては我々とも話をしていたのでOKだ。マラカナでの決勝は、可能ならば出場するべきものであるからね。足首の痛みに関しては、安静にしているにも関わらず、まだ引いていない状況だ。彼は非常に重要な選手なので、このように長引くことは非常に残念だね。




ヴォルフスブルクについて・・

彼らが非常に攻撃的であると予想しているし、そこでプレーするのは難しいことだ。ヴォルフスブルクは、優れた攻撃力を有しており、非常に輝いている。彼らは多くのクロスを上げてくるだろうから、それを守らなければならないね。我々はまったく別なレベルで試されることになるだろう。



新たな選手層について・・・

我々は、それによってより多くのクオリティーを有することになったのだろうか?まだ比較するには早すぎると思う。僕たちが昨年一年間で成し遂げた事を考えれば、公平ではないと思う。まあもう少し時間を見てほしい。ライプツィヒでは負けたし、そこではベンチのクオリティーが上がったかという質問をする人はいなかったよ。




ゲレイロを左サイドバックで起用しないアイデアについて・・

ラファエルを一つのポジションに固定するには、彼は良すぎる。僕たちはトレーニングで早い段階から知ってけど、今ではみんなの知るところとなっている。彼の正確さ、アシスト、シュートを見たね。彼はなんでもできるよ。





ヤコブ・ブラシコフスキーについて・・

彼はそこの右サイドで上手くやっている。BVBでも右サイドのポジションでプレーする事は想像できた。しかし彼はこの道を選んだし、ユーロのパフォーマンスを継続することができている。今のヴォルフスブルクは彼にも良く合っていると思う。彼はすごい存在感だね。




3試合を終えての総括は?

まだ最初の総括をするには早すぎると思う。でもシャルケとレヴァークーゼンはこれからポイントを獲得してCL争いに加わって来ると思っている。




2試合連続での6:0について・・

選手は、それが何を意味するのか良く分かっている。でもそれで何か環境が大きく変わることはないよ。僕たちは勝利の後でも、批判できるところはするし、それをここで繰り返すことはしない。この2試合は全体的にうまくいったパフォーマンスだった。ヴォルフスブルクで挑戦するためには必要だったと思う。







以上です。

メンバーについては最終トレーニングを見てから決定するとのことで、香川選手に関する新たな情報は特にありませんでした。怪我の状態次第だとおもいますが、できれば先発してほしいですね。ゲレイロは2試合続けて先発していますから、今回は外れるかもしれないですね。

ヴォルフスブルクからは選手が出ていきましたが、前線はゴメスとクバが加わり、さらにドラクスラーもいますから、攻撃力がすごく劣ったという印象はあまりありません。まだうまく機能はしていないようですが、5ポイントと負けていないので、決して悪いわけでもないですね。

ドルトムントにとっては最初の試練となりそうです。ここでしっかり勝ってまずは上位を確実にしたいところですね。


【おまけ今日のドイツ】

201609200632282c5.jpeg

ドイツで食べる日本のお菓子は格別に美味しく感じます。
[ 2016/09/20 06:14 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(11)
クバが敵として右サイドを突貫してくるのを考えると恐ろしいですわ・・ ゴメスとクバの強襲とか、こういう怖さは今までのヴォルフスブルグにはありませんでした。 狼は今までで一番強い気がしますねえ
[ 2016/09/20 07:15 ] [ 編集 ]
シュメルツァーはここまで全試合出ていますよね。ソクラテスもかな?
休ませないときついですよね。
2試合連続の選手は多いし、2試合くらいでベンチにはまだしない気がします。
ヴァイグルは確か3試合出場中でしたね。
CLでベンチスタートだった絶好調のカストロは外せないとして、ゲッツェなのか、香川なのか?
433なのか。4231なのか?
アウェーのヴォルフスブルクはかなり手強いので、固いメンバーで行くんじゃないでしょうか。
そしてホームのフライブルク戦は主にサブメンバーにして主力は休ませ、大一番のCLレアルマドリー戦ですかね。
[ 2016/09/20 07:38 ] [ 編集 ]
今までの対戦相手よりレベルが上がりますから、経験ある選手が多く起用されるのではないでしょうか。
香川はスタメンのような気がしますが、守備重視でヴァイグル、カストロ、ローデの3人ということも考えられますね。あまり機能しなかった組み合わせですが。
[ 2016/09/20 08:09 ] [ 編集 ]
若手主体のレギアワルシャワとダルムシュタットでの6-0はハッキリ言って今のドルトムントの強弱を示しているものではないと思います
マインツに2-1での勝利、ライプチヒに0-1での敗戦と今のところこの辺りがドルトムントの実力でしょう
ヴォルフスブルクもライプチヒと同様手ごわい相手ですね
特にクバは古巣相手の初の対戦でかなり気合が入っていると思うので怖いw
[ 2016/09/20 09:07 ] [ 編集 ]
チーム的には、今はケガ人どうのというより、出た選手がボール獲りまくることが先決。わざと相手にパス出してもかまわない。マドリー戦が控えてるんでとにかくプレスの練習。そのためには狼はいい相手。
[ 2016/09/20 09:16 ] [ 編集 ]
香川選手には、頑張って貰いたいですが‥下位クラブ相手といえ、これだけ中盤が機能すると序列が下がった感が有りますね〜。若い連中がガンガン駆け上り、ガンガン攻める中で香川は繋ぎ役なんでしょうが、印象が薄い。
確かに緩い相手では有りますが自信を付け、勢いを付け、連携が深まると形になる‥。
香川得意のスタイルで、はたいておいて、抜け出して狭いスペースで受けて勝負したいんだとは思いますが、いかんせんボールが戻って来ない。スピードやトラップも落ちた感があります。
経験があまり無い若手メンバーは、調子を落とす時が必ず来ると思いますが、その時に好不調の波がある香川が良い形で貢献出来るか不安もあります。
ロイスやシュルレは、怪我さえ治ればレギュラーは確定です。中盤の選手層の厚さを考えると(ギュンが抜けた穴をゲレイロが埋めれる嬉しい誤算含め)、今シーズンは香川にとって、これまでで一番の危機かもしれない。
[ 2016/09/20 09:29 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。

トゥヘルのコメント、とても冷静だと思いました。昨年より強いか、補強は適切だったか、真価が問われるのは、ここからの3試合だと思います。

フレッシュなヤングスターと、昨年の功績に貢献したベテランが上手く融合した最高のパフォーマンスを期待してます。もちろん、香川選手の活躍も見たいです。遅かれ早かれ、香川選手には厳しい競争が待っていたと思いますが、代表での怪我を押してのフル出場、コンディッション最悪でポジション奪われたら、泣くに泣けません。ベンダーはオリンピック決勝で怪我でも出場でしたが、メダルとアジア予選は同じ価値がありますか?
先日の試合後半で、復帰しましたが、焦らず、頑張って欲しいです。
[ 2016/09/20 11:30 ] [ 編集 ]
日本のメディアと比べて、トゥヘルが新加入の選手に対して冷静に判断している事に安心しました。本当に若い逸材揃いで、ファンたちの不安はひとまず収めましたが、まだまだ経験ある選手を越したとは言えません。
ドルトムント公式のスタメンでも、香川入ってましたね。シュメルツアーは前節少し痛めたようですし、ゲレイロの本職LSBもユーロで凄く良かったから是非試して欲しいです。
公式はいつも敢えてか少し外してきますから、私は4-1-4-1では無く、4-2-3-1で、メンバーは同じ、カストロとヴァイグルの2ボランチ、香川トップ下を予想しました。そうなって欲しいという希望的観観測ですが。
[ 2016/09/20 12:01 ] [ 編集 ]
ドルトムンド
ゲレイロは左バックのポジションを奪う予想したけど、やっぱりSchmelzerは何年間も高いレベルでプレイする経験があるので、簡単にチームから抜けることはしませんね。プレーは世界レベルではないかもしれませんが、このチームの柱である存在は確かです。
[ 2016/09/20 12:33 ] [ 編集 ]
オリンピックメダルとWカップ最終予選、どちらも価値はあると思いますよ。個人的にはWカップの方がオリンピックよりずっと価値があると思いますから、初戦負けた後のタイ戦は代表チームにとってはとても大切な試合だったと思ってます。
やべっちFC(サッカーのバラィティー番組)で、先日代表の酒井高徳と宏樹がお互いに質問しあうコーナーをやっていました。同じ名前のブンデスリーガーとしてよく間違われるエピソード等とても面白かったですが、特に印象的だったのはWカップ本番で、内田が膝悪くてグルグル巻きのテーピングしてもスタメンだったのに、W酒井はポジション同じなのに1試合も出れなかった事の悔しさを語っているところでした。あんなに怪我していても監督は内田を信用した、逆に言えば怪我の選手よりも信用を勝ち取れなかった悔しさで泣いた。そして負けた試合の翌日、休みだったけどボール蹴りに練習場へ行った…
内田は結局そのために膝を本格的に痛めてまだ復帰できていませんし、その判断にはいろいろ思うところは有りますが、国の代表して戦うというのは、文字どうり体を張ると言う事、その覚悟と誇りがクラブチームでの戦いとは違うモチベーションを与えているのだと思うし、体を張って戦ってくれている代表には感謝と応援が必要だと思いました。
[ 2016/09/20 17:56 ] [ 編集 ]
下位相手に中盤て機能してんのかねぇ・・・
なんか実力差で封殺しただけな気がするんだけど。

まぁ今日である程度ドルや香川の立ち位置わかるよな。
[ 2016/09/20 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。