ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント‼ヴォルフスブルクに5:1勝利で首位に!香川は出番なし!選手採点と寸評!《ドイツ紙》



ルーア・ナッハリヒテン




ビュルキが輝く!カストロは途中交代で力強さを発揮!




entry_img_1231.jpeg
引用元:BVB公式ツイッター



ビュルキ 1.5
ついにやる事ができて彼が喜んだかどうかは定かではない。7分にはエンリケに対して力強いセーブを見せると、36分にはゴメスとの一対一で素晴らしい反応を見せた。さらに37分のロドリゲスのフリーキックをセーブし、44分のアーノルドのシュートを防いだ。前半だけでワルシャワ戦とダルムシュタット戦よりもやることが多かった。さらに50分のディダヴィとゴメスにタウする反応も素晴らしかった。



シュメルツァー 3.5

スポンサーリンク




ピスチェク 3.5
素早いエンリケに対して良いポジショニングで良く対処した。しかしボールを奪っても組み立てが上手く行かず無駄にしてしまった。一度オフサイドを無効にしてしまい、そのせいでゴメスがフリーになった。5:1の得点を挙げてた事で彼のパフォーマンスが一段高く評価されることに。




ソクラティス 3
開始10分で新たなパートナーを得ることに。それによって連携にいくらか問題が見られた。彼はボスとしてゴメスに対処していた。それにおいて、ポジショニングで問題が見られた。彼の一対一の勝率は88パーセントと素晴らしい数字。




ギンター 3
ベンチからいきなりプレーだったので、温まるまでに時間がかかった。左側のセンターバックとしてサイドも助けなければならなかった。シュメルツァーが一人にさらされることが多かったからだ。




ヴァイグル 3
唯一の6番として彼はやることがたくさんあった。前半は33本のパスのうち30本が成功している。19分のデンベレーへのパスは素晴らしかった。失点の場面では彼はセグインを止めることができなかった。




プリシチ 3
力強い出だしで、ロドリゲスからファールを誘った。それによって彼はイエローを見ることになった。彼のドリブルは常に危険であったが、25分過ぎからはそれもあまり見られなくなった。後半はカストロにポジションを譲った。それは戦術的な理由だけではないだろう。




ゲッツェ 3
前半はたった15回ボールに触っただけ。守備でも良く働いていたが、攻撃におけるアクセントは前半ではほとんど見せることができなかった。





ゲレイロ 2
バルトラが送った縦パスのスペースは一メートルぐらいの幅しかなかったが、それが通った。そしてゲレイロはそれを左足で冷静に決めた。その後はいくらか消えた。しかしカストロに送ったパスが試合を決めるゴールへとつながった。セットプレーも力強い。




デンベレ― 2.5
彼の守備がBVBを危険にさらしたが、攻撃では輝いていた。シュメルツァーを一人にすることが多かた。しかし19分のシュメルツァーへのパスは素晴らしく。51分にはカストロのパスを難なく決めて3:1とした。彼のブンデスリーガ初ゴールだ。





オバメヤン 2
ダルムシュタットでは温存されたが、彼のゴール前での脅威は衰えることがなかった。ゲレイロのヘディングでのアシストを冷静にゴールに沈め(17)、62分にはカストロのアシストを難なく決めた。




カストロ 2
ベンチスタートは驚きだったが、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。3:1の場面ではチームプレーでデンベレーをアシストし、4:1の場面では相手守備のミスを利用した。短いプレー時間で正確なプレー。15分間で2アシスト。



201609210529564dd.jpeg





西ドイツアルゲマイネ

ビュルキ 1.5

ピスチェク 3.5

ソクラティス 3

シュメルツァー 3.5

ヴァイグル 3.5

ゲッツェ 2.5


ダルムシュタット戦では温存され、再びスタメン出場。彼は今日は守備でその力強さを発揮し、アーノルドを抑えることでヴォルフスブルクの組み立てを効果的に封じていた。攻撃においてはそれほど効果がなく、前半にはなったたった1本のシュートは相手にぶつかってしまい、キーパーの腕の中へ。BVBがうまくいっていなかった時間帯に力を見せ、3:1のデンベレーのゴールへのイニシアチブをとった。

ゲレイロ 2

デンベレ― 3

オバメヤン 2.5

ギンター 3

カストロ 2



2016092105295544a.jpeg


ビルト

ビュルキ 1

ピスチェク 2

シュメルツァー 3

ソクラティス 3

ヴァイグル 2

ゲレイロ 1

プリシチ 3

デンベレ― 2

ゲッツェ 3

オバメヤン 1

カストロ 2

ギンター 3

ローデ 3




20160921052957ee3.jpeg






以上です。

まさかの大勝でした!!前半チャンスをものにしたのが大きかったですね。内容的にはヴォルフスブルクのほうがチャンスが多く、2:1に追いつかれたあたりには、少し嫌な雰囲気もあったのですが、その後デンベレーが3:1となるゴールを決めたことで、試合が決まりましたね。あのゴールはオフサイドでしたが、今回はドルトムントにとってはラッキーとなりました。

しかしゲレイロは1ゴール2アシストと、しかし結果も残し、何か持っていますね。個人的には左サイドでのシュメルツァーとの連携が気に入りました、シュメルツァーが上がったら彼がしっかり守備に入っており、本職のサイドバックが活かせますね。

プリシチは今までの勢いをもっと試合に入ったかのように見えましたが、やはりロドリゲスのレベルが相手だと、まだきついですね。駆け上がって相手の足に向かってクロスを出す、みたいなパターンになりそうでしたね。


しかし今日の試合の一番の衝撃は、クバが緑のユニフォームをきてキャプテンマークを巻いていたことでしょうか・・・。彼がプレーするのは嬉しいですが、あの気迫は今のドルトムントにはぜひ欲しかったです。ドルトムントでもフィールド上のキャプテンにはふさわしい選手だと思いました。

さて、今日の勝利で今の段階で首位になりました。明日はバイエルンとヘルタが直接対決しますから、どちらかがポイントを落とすことになりますね。次のフライブルク戦もこの調子で勝利し、勢いをつけてほしいところです。




【おまけ今日のドイツ】


2016092105481116b.jpeg


管理人がよく行くスーパーのチラシ
ジャガイモ一袋7.5キログラムで2.22ユーロ今週のお買い得品です。

ビュルキは確実に去年から進歩してますね。彼は時々超人的な反射神経を活かして、ビッグセーブする事がありますね。彼がチームに勝ち点3をもたらしたと言っても過言では無いでしょう。個人的にCBの層が不安ですね……。 一刻も早くベンダーに戻ってきて欲しいです!! 緊急時にはメリーノのCB起用もあるかもですね。そこでキミッヒみたいにブレイクすれば良いのですが、まあこのプランはあくまでも緊急時のみでしょうね。とりあえずチームには満足しています!! ドルトムント最高🐝
[ 2016/09/21 06:15 ] [ 編集 ]
またも大勝で素晴らしいですね。バルトラのケガが気になりますが。
シーズン序盤に若い選手が出場時間を得て勝てているのは、すごくいいことだと思います。
攻守におけるチームの完成度はまだまだですので、香川選手にも十分チャンスはあるのではないでしょうか。コンディションを上げていって欲しいですね。
[ 2016/09/21 07:36 ] [ 編集 ]
チームに勢いが出て来ましたね・・・ロイスすらヤバイ。
トゥヘルの脱クロップの思惑が、実を結びつつあるような気がします。コレだけの過密日程で、出番が与えられない香川は辛いですね。
[ 2016/09/21 08:00 ] [ 編集 ]
狼はグスタポがいなかったから真ん中でボール持てるやつがいなかったな。ドルからすればサイド閉めて楽勝のゲームになった。サイドの守備は常に2人か3人でやれる体制を崩さなかった。

ゲームの入りは4141で入って点取られてからはゲレイロをウィングバック気味で使ってたな。見方によっては5バック気味に見えたかも。マドリー戦が頭にあったのかもな。

オバメヤンが戻ってきたな。この前まではなんかチンタラやってたんだけど前のゲームでラモスが活躍したから人が変わっちゃった(笑)ちゃんと組み立てからフィニッシュまでかかわった。責任感持ってプレーしてた。
[ 2016/09/21 08:06 ] [ 編集 ]
今季のトゥヘルは今の所サプライズ無しのスタメンをチョイスしてますね。 週末はレアル戦に備え主力を休ませるはずなので香川にもチャンスがあるでしょう。 しかし今の香川の状況はシーズン前の予想より悪い、私の予想では『代表疲れでベンチの間にコンディション回復したゲッツェかゲレイロにポジションを奪われるであろう』でしたがここまで差が付き4番手になるとは思いませんでした。 ただ香川にとっては試練ですがドルトムントにとって世代交代の成功は素晴らしい出来事。 ゲレイロが左ならどこでも出来るポテンシャルがあるのはユーロやプレシーズンを観て予想してましたが想定以上に速く仕上げてきました。 トゥヘルはゲレイロのマルチ起用が楽しくて仕方ないでしょうね。 シャヒンや香川のように原則1つのポジションでしか考えていない選手はトゥヘルの16人に入るのが困難になりそうです、そしてヴァイグルとゲレイロは必ずスタメンに入れたいリストに入ってるでしょう。
[ 2016/09/21 09:13 ] [ 編集 ]
香川は冬にでも移籍なんですかねえ。カストロの調子が崩れでもしない限りは出番が無さそうですな。ゲレイロが万能すぎるので…
[ 2016/09/21 09:44 ] [ 編集 ]
大勝でうれしいです。
ゲレイロはいいのですが、一緒に出るとシュメルツァーが休めないので、そこがちょっと心配ですね。
対策立てられるまでは、この調子で勝ち点重ねていけるのではないでしょうか。
[ 2016/09/21 09:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェ高すぎ。
[ 2016/09/21 10:41 ] [ 編集 ]
じゃがいも安過ぎでしょ!(笑)
[ 2016/09/21 10:49 ] [ 編集 ]
同じポジションでも戦術によって役割が違うとかどうでもいいです。ポジション関係なく選手それぞれに与えられたタスクは確かに違うのでしょう。
だけど与えられたタスクをこなしながらみんな自分の色を出しているんですよね。
香川はこの自分の色を出すということにおいてはまだまだ足りていない。
しばらくは途中出場が多くなるかもしれませんが、どんなに短いプレー時間であっても1回は輝ける瞬間(違いを生み出せる瞬間)があるはずなので
少ないチャンスを自分で掴み取ってほしいです。決して運任せにするのではなく。
[ 2016/09/21 16:44 ] [ 編集 ]
香川の事は心配していません。調子さえ取り戻せれば活躍してくれます。
ましてや試合数が多いのでチャンスは沢山あります。
[ 2016/09/21 17:21 ] [ 編集 ]
ゲロイロには自由を与えてるんだから、生き生きとしてるのは当たり前でしょう。
香川には監督の意思で降りてくるなと指示してるんだから。
冬に移籍とかコメントしてる人は煽りですか?
確かに代表でケガをして出遅れたのは香川自身の問題なので、それに関してはいい加減にしてと思いましたが(笑)
香川もベテランになってきたので、彼にしか出来ないことがきっとあるはずですし彼自身もそれが分かってると思いますよ。
監督は昨シーズンよりも信頼してると思うので、それに応えていって欲しいと思います(´・ω・`)
[ 2016/09/21 18:21 ] [ 編集 ]
個人的にはなんとなくうまく行ったっていう風に見えたなあ
レアル戦大丈夫かよと。

まあ実験的なメンバーでは行かないでしょうけど
[ 2016/09/21 18:25 ] [ 編集 ]
チームの雰囲気がよさそうですよね。香川選手も話していますが、いい競争があるんじゃないでしょうか。調子のよい選手ばかりですから、我慢ですよね。でも、香川選手も含め皆が調子をあげたら、どうなるんでしょう…楽しみしかないです。
[ 2016/09/21 18:32 ] [ 編集 ]
確かに見通しは明るくないし、楽観的にはなれない。
でもまだ始まったばかりでなぜにそんなに絶望的な雰囲気なのかわからない。
心配だけでなく、選手を信じるのも大事です。
毎回毎回正念場~、厳しい~、さすがに飽きてきちゃいます。
本人がいうように今は我慢のとき。
誰が何を言おうと応援していきます。
[ 2016/09/21 18:57 ] [ 編集 ]
香川出番なしでも仕方ないチーム状況ですからね。コンディションもまだそれほど上がってるようにも見えないし。しばらくは我慢の時が続くような気がする。下手したら前半戦はこの調子かもしれないです。代表戦に行ってコンディション落とせばそうなりますよ。ハリルはしばらく香川を呼ばないで欲しいです。
[ 2016/09/21 19:03 ] [ 編集 ]
ロイスとシュールレが帰ってきたらベンチの枠も厳しい大混戦
誰だお前てぐらいよっぽど酷くない限りロイスが蚊帳の外になることはないだろうしね
週末の試合にはTOでも試合に出れるから岡崎みたくそこで結果出すしかない
ジャガイモ安すすぎw
[ 2016/09/21 19:46 ] [ 編集 ]
カストロいいですね!見てて楽しいです。香川は、スーパーサブ、ジョーカーとして活躍して欲しいです。
[ 2016/09/21 19:46 ] [ 編集 ]
前節2ゴールのカストロですらベンチなのだからすごい競争ですね
香川は本人も言ってるように今は我慢ですね
絶好調でも使われないという時期を昨季は経験していますから、それに比べればまだまだこれから期待しています
チームが若返るのは良いことなので、この調子を維持してほしいです
[ 2016/09/21 21:06 ] [ 編集 ]
早起きして見た甲斐がありました(*´ω`*)
新加入の選手、若手の選手達がそれぞれに活躍してくれて嬉しいです。これからさらに成長してくいでしょうし、これからのドルトムントがどうなるのかとても楽しみ。
なんだか香川選手が入った頃のドルトムントを見ているような気分です。あの頃もみんな若かったので。

試合前にキャプテンマークを付けたシュメルツァーとクバがハグしてるのを見てちょっとだけ不思議な気分になりました。
彼がドルトムントにいないのは寂しいですが、あの光景は良いものだなと思いました。
[ 2016/09/21 21:45 ] [ 編集 ]
私もコンディションさえ戻れば大丈夫だと思っているので、あまり心配していません。
早くコンディション上げてほしいとは思いますが。

どの選手もスタメンをつかむために頑張っているので、スーパーサブやジョーカーなんて言わないでほしい。
選手に失礼です。
[ 2016/09/21 22:36 ] [ 編集 ]
ドルトムンド
とてもいい試合でした!しかし守備はまだちょっと不安です。特に対マドリッドの試合に向けて・・・
[ 2016/09/21 22:37 ] [ 編集 ]
香川は今のままだと厳しいね…
まさかゲレイロがここまで凄いとは思っていなかったし、こなせるタスクが広すぎて香川のやってる事もとうに食ってしまっている。
何といっても存在感が凄いし周りを生かす影響力がとてつもない選手だと思う。
カストロもデンベレもプリシッチらも速いし、香川も昔みたいなスピードが戻ってこないと海外ではきつくなりそう。
[ 2016/09/21 22:58 ] [ 編集 ]
MOMビュルキでしょ?!
香川が入るとしたらゲッツェのところかなと思ってます
[ 2016/09/21 23:17 ] [ 編集 ]
昨シーズンこんなに上手くいってるのに何でいじるかトゥヘル‼ってことありましたよね。いずれ対策もされるでしょうし、トゥヘルがどういじってくるかっていうのも頭においておこうと思っています。香川ファンとしてはまさしく我慢我慢ですが、ユナイテッドでも昨シーズンも我慢でしたからね。選手層が厚いというのはこういうことなのかなと思います。これを勝ち抜けなければその時は選手自身が決断することですし。誰だってスタメンでレギュラーはり続けたいでしょ。でもシュメレのバックアップどうするんやろ〜。ゲレイロは一列前で楽しそうだけど。
[ 2016/09/21 23:28 ] [ 編集 ]
ゲレイロ獲得は大当たりでしたね。このレベルの選手でもレギュラーになれないとかバルサはやはり修羅の国ですね(笑)
最初は新加入組はアピールの為の個人プレーが多くて不安でしたが段々と連携が取れてきて今後が楽しみです

でもやはり守備は不安ですね。攻撃が好きなDFが多いのでバイエルンみたいな百戦錬磨の相手にはそこを狙われそうで心配です
[ 2016/09/21 23:29 ] [ 編集 ]
香川は調子悪いのではなく、代表前のプレシーズン中もマインツ戦もこんな感じでしたよ。
昨シーズンの終盤のフランクフルト戦やケルン戦も同じような感じでした。
私はあれを見てゲッツェ加入へと踏み切らせてしまったのかな?と思いました。
波があるし、活躍できる場が限定されているような感じがしますね。
ゲレイロやカストロの柔軟さを見るに、トゥヘルもかなり信頼を置いているだろうと思います。
ゲッツェも消えがちで良くはないですが、香川の不安定さよりは序列が上になっているのかなと思います。
[ 2016/09/21 23:32 ] [ 編集 ]
スーパーサブやジョーカーで活躍するのも悪くないと思うけどな
試合を変えられる選手って大切でしょ
去年のヴォルフスブルク戦で香川が決めた逆転ゴールは嬉しすぎて何回も見てる
[ 2016/09/22 00:25 ] [ 編集 ]
選手じゃない人たちからすれば、活躍すればスタメンでもスーパーサブでもと思うでしょう。
でも選手の気持ちは?
もちろん、試合を変えられる選手は大事です。
しかしスーパーサブやジョーカーでいいと思っている選手はいないし、スタメンで出たいと思っているはずです。
少なくとも、香川はそうです。
そういう選手の気持ちや努力を無視してスタメンじゃなくても~と言うのはどうかと思います
[ 2016/09/22 01:03 ] [ 編集 ]
元バルセロナはCBのバルトラですよ。
ゲレイロのやってる事は、やはりマンU行く前の香川ですよね。
あの頃の香川ならゲレイロにも負けるとは思わないし、もっとドリブルのキレやテクニックで魅せていただろうに…
[ 2016/09/22 01:07 ] [ 編集 ]
よく、こちらのコメントは冷静だから、他のとこよりいいと言われる方が多いけれど、こんな時だから、冷静に、香川はずっとこんなだったし、あんに今後もこんなだから期待はもう出来ない的なのを読む方が、終わったとか要らないとか極論を言われるより辛いもんですね(^_^;)

でもどう考えるかはその人の自由だから、それが間違ってるとか、酷いとかは思いませんけどね。

ちょっと今、生活する気力も萎えてる感じの日々です。香川の活躍が基盤だから。
[ 2016/09/22 08:03 ] [ 編集 ]
あの頃、昔なら、もうウンザリですね。
代表も行く前から怪我してましたしね
移籍するもしないも、シーズン前に香川選手本人が、競争も全て理解した上でこのチームに残る事を決めていました。と言ってましたけどね。今の香川選手を信じて応援するだけです。怪我だけはきちんと治して欲しい
[ 2016/09/22 08:49 ] [ 編集 ]
>昨シーズンの終盤のフランクフルト戦やケルン戦も同じような感じでした。

香川はフランクフルト戦で太ももを負傷してますよ。
ケルン戦は大事を取って交代でした。
ポカール決勝でも腰を痛めたということで先発を試合直前に外れました。
6月のブルガリア戦では調子が良かったですが脇腹肉離れで交代。
肉離れが完治するまで何もできなかったと言ってましたから今季はオフシーズンのトレーニングから遅れてます。
そこへ代表戦での負傷なのでまあ10月ごろコンディションが上がる感じでしょう。
[ 2016/09/22 10:14 ] [ 編集 ]
試合をするたびに自信をつけて、強くなっていくと思います。多くの20才前後の新加入選手をとり、どうやりくりするのかと思ってましたが、相乗効果と競争でお互いに刺激しあって、この勢いはしばらく止まらなそう。試合が立て込んでいるし、代表ウィークもあるから、全体練習よりも試合で連携を深めていくという感じでしょうか。香川選手は出遅れてしまいました。スタメンが固まる前に、なんとか食い込んでほしいけど、今は我慢ですね。

[ 2016/09/22 10:50 ] [ 編集 ]
ゲレイロは好調ですね。オーバメヤンの調子も良くてなによりです。
香川選手はまずは怪我を治すことです。そして監督と少し話しをして、ピッチ上での少々の自由を交渉するべきかもしれませんね。


選手の気持ちは選手にしかわかりません。それをこうだと断定するのは危険な思考だと思います。
[ 2016/09/22 11:03 ] [ 編集 ]
本当にいい競争があってチームがすごくいい状態にあるようですね。
そんな中香川は心配ないと思います。最近のコメントやこれまでの起用法などみても、トゥヘルからの期待や信頼があるのがわかりますし、本人も自信を持っている。ただ、今は本人も言っていますが"我慢"のときでしょうね。好調な選手が多いですから。
すぐにネガティブに捉える人がいますが、別の選手に置き換えてみるとまた違った見方ができると思いますよ。例えば、ゲレイロが香川だったら…香川がカストロだったら…と。ケガ明けで調子が戻ってない選手と絶好調の選手、それだけだと思います。
[ 2016/09/22 17:45 ] [ 編集 ]
私はブルガリア戦も良いとは思わなかったかな…
ヘディングゴールするまでは、ずっと消えていたから。
それまで青ざめてたんだけどゴールで救われた感じです。
まあ親善試合ですが…
[ 2016/09/22 17:48 ] [ 編集 ]
本当に以前の~、昔は~と過去を出してくることに辟易します。

香川選手は昔から、常に試合に、フルで出たいと言ってるのでスタメンを目指して頑張っているでしょう。
本人の言うように我慢のときですね、今は。
ファンができるのは信じて応援するのみ!
[ 2016/09/22 17:54 ] [ 編集 ]
カストロはボランチより、さらに前で攻撃できるIHの方が良さが最大に出ますね。
香川はドリブルなども入れて、もっと積極的に仕掛けないといけない。
昔はゲレイロやカストロのように、香川にも推進力があったから効いていたんだよ。
それからトラップミスが多くなっているのは非常にまずい。
他の攻撃陣が点を取っている中で、最低限のボール扱いすら不安定だと監督もベンチに入れるのを躊躇うようになってしまう。
攻撃陣の途中投入=得点を取れる選手だから、点を取って乗っている選手からチョイスされていくのは当然。
これから怪我人が戻ってくればさらに枠は狭まるから、中央を4人もベンチ入りさせる事はなくなっていく。
次の試合でスタメンで使われるなら、しっかり内容と結果を出してレアル戦ではベンチ入りしてもらいたい。
[ 2016/09/22 18:53 ] [ 編集 ]
ブルガリア戦で消えてんのは点取り屋のシャドー起用だからでしょ
昔の香川だってよく消えてて突然ゴールしてたやん
シーズン終了して疲れ切って怪我が癒えてない中2ゴールしてんだから十分
親善試合なのに真面目にやることなかったよ
[ 2016/09/22 18:55 ] [ 編集 ]
去年ならあまり心配はしませんでしたが、今出てる選手はスピードがある。パススピードもある。デンベレも当分通用しそう。香川でスピードが落ちる(パスも遅い)のを嫌うだろうからトゥヘルの構想から外れていくかもね
でも対策されてくるだろうからそれからだね
[ 2016/09/22 20:39 ] [ 編集 ]
ブルガリア戦は香川は少し体が重かった。リーグ終盤に痛めた足と腰が治ってなさそうだったね。でも清武とよくポジションチェンジしながらやりやすそうだった。役割としてはシャドーストライカーだったから2点取ればいい。1点目のヘディングは体幹がしっかりしていてバネがあり2点目はターンとボールタッチが上手かった。香川が離脱した後清武は下り目のトップ下をやっていた。清武交代後に原口がトップ下に入った時、ハリルに清武とは違う感じでボランチの少し前で左右に行くな、真ん中にいろと言われたらしい。ハリルも色々役割を変えて指示を出していそうだね。狼戦でゲッツェが消えがちだったのはトゥヘルから黒子役の指示が出ていたのかな。攻撃がゲレイロのいた左サイドに偏っていたからね。

香川はまだ下半身が出来ていない、というかスーパーカップの頃は結構出来ていたがその後何らかの理由で落ちてしまった。更に代表戦で怪我をしたのが響いてるね。でもダルムシュタット戦はボールを触っていくうちにトラップが良くなってパスが落ち着いて捌けるようにはなった。次の試合で今の調子がわかりそうかな。
[ 2016/09/22 22:08 ] [ 編集 ]
消えててOKというなら、今後は厳しくなるでしょうね…香川のシャドーのためにチームがあるわけではないですから。
それならゲッツェやゲレイロをトップ下に、となりますよ。得点できるなら良いけど、得点以外のプレーも大事ですから。
それにW杯最終予選で2試合得点無しだったのは事実ですし内容も良くなかったです。だからほぼ全メディアや評論家、解説者から批判が出ていて、清武をトップ下にという声もたくさん出ているわけですから。
反省すべきところは反省しないと、このままでは香川自身が駄目になってしまいますよ。

[ 2016/09/22 22:10 ] [ 編集 ]
香川が自身のプレイの反省をしていないわけでもなく、消えててもOKと言ってるわけではないのに、そこにダメだしするのはおかしいのでは。
ここのコメントと選手は分けて考えないと。

しかし、得点できなくて他のプレイが良いときは得点できないことを批判され、得点できたときは他のプレイが良くないと批判される。
常に完璧でないといけない選手は大変ですね。
尊敬します。
[ 2016/09/23 01:07 ] [ 編集 ]
香川のシャドーのためにチームがあるわけではないですから。

どこをどうしたらこう取れるのかがわからないね。これは監督の戦術上の指示。香川の要求でこうなっているわけではないね。22:08にも書いたけれどブルガリア戦は自分は消えていたとは思わなかったしね。ブルガリア戦はハリルは香川を所謂シャドーストライカーとして起用した。シャドーやトップ下はポジショニングや役割が戦術によって違うけれど、基本はボールが供給さればチャンスメイクをする、アシスト、ゴールをする。その他にプレス、オフザボールの動きで味方をフリーにする、スペースを作る、シャドーは他に裏抜けなど黒子的な役割が沢山ある。ブルガリア戦は香川は清武とポジションチェンジを繰り返しながらチャンスを作っていた。岡崎と同じくボールが供給されなければ一見消えるように見えるポジションだけれど、必要な黒子的なプレーをしていた。それが役割だからね。そして期待通り2得点したから上出来。22:08にも書いたけれど清武と原口には違う役割をハリルは求めていた。

ブルガリア戦と先のW杯最終予選で2試合を比べるのも違う。香川の役割はシャドーだったけれど、ブルガリア戦はシステムが流動性有りだったのに対してUAE戦は流動性無しに変わりサイドが中に入りすぎて中央が混雑した。これは明らかにハリルの判断ミスで流動性無しにするならサイドにはサイドに張っていられるサイドアタッカーを置かないといけなかった。ボランチも初出場の大島を起用してボールの供給ができず守備の穴になってしまった。香川は前半のスライディング後一気にパフォーマンスが落ちていたからおそらくあれで怪我をしたね。調子が悪いのに交代させなかったのはそれでも戦術上香川が必要だとハリルが判断したからにすぎない。清武は前半途中からミスが続いて疲れているのは明らかで交代は必須だったしね。タイ戦で香川が怪我をしていても清武が起用されなかったのは、戦術上ハリルがシャドーを使いたかったからだろうね。得点を取れなかったのは批判されても仕方がないけれど、香川が怪我をして調子が悪いなら戦術を変えることもできた。そうしなかったのは無理にUAE戦に使ったせいで清武のコンディションが予想外に悪かった可能性もあるね。それと1敗して失点しないことも重要で4231でプレスに不安がある清武を使えなかったかな。

クラブと代表を比べるのもまた違うね。ゲッツェもシャドーやトップ下の時は消えて見えることが多い。直近の狼戦では4141、442と戦術が試合中に変わりゲッツェは役割的にシャドーだった。でも黒子になっていたから消えて見えた。ゲレイロもマークを付けられると消えて見えるのはこの2試合でわかったね。ただトゥヘルは戦術を何度か試合中に変えてゲレイロのポジションを変えたから彼にはマークがつけづらい。シャドーやトップ下はマークをつけられて抑えられるとボールが供給されないから、他の前述した他の役割があるにもかかわらず消えて見えてしまうポジション。だから最近の戦術では2人シャドーやトップ下を入れている。
[ 2016/09/23 06:05 ] [ 編集 ]
香川とライバルとなる選手を比較するときに、香川についてはよくないときのプレーや不得意なプレーを基準にし、他の選手についてはいいときのプレーや得意とするプレーを基準にするのは意味ないんじゃないですかね。
現時点でトゥヘルのなかでゲッツェ>香川とは思えないですけど。ケガ前公式戦3試合スタメンフル出場でしたが、ゲッツェは全て途中交代。
トゥヘルはカストロと香川について、役割をこなしてると褒めてたときがありました。ベテラン選手として若手とは違う役割も求められてるのではないでしょうか。
とにかく調子をあげないことには競争にもなりませんから、頑張ってほしいです。
[ 2016/09/23 08:56 ] [ 編集 ]
ゲレイロは完全左利きで、右足上手くないから433のトップ下は難しいと思うよ。最近の試合は4141で、シュメがかなりボランチ位中&前来てゲレイロが左インサイドとセンターバックを兼ねている感じで、相手DFのマークが良くずれるから機能していて面白い。
433のトップ下が出来るのは香川、ゲッツエ、カストロだけど、ま、カストロはボランチかサイドの方が有ってるし、ゲッツエもまだ本調子では無い上、ウルトラスの人気は香川に軍配だからホームなら香川でしょ。この前は、アウェーで次ホーム、ホームと続くからゲッツエ先発だと思ったし、バルトラがケガで交代枠使って、大差で勝ってで香川の出る幕無かったと思ったよ。次ホームで出番無かったら本気で心配するけど。
にしても…バルトラいないと香川までパスが通らなくて…という嫌な流れも有りそうで怖い。
[ 2016/09/23 16:44 ] [ 編集 ]
ブルガリア戦で香川がシャドーとして起用されたというのは本当ですか?
私はみなさんほどの戦術眼がないため、試合を見ていてもシャドーなのかトップ下なのか、よくわらないのですが…
どのように見分けらたら良いんでしょうか?
ポイントなど教えていただけると大変ありがたいです。
[ 2016/09/23 17:45 ] [ 編集 ]
>トゥヘルはカストロと香川について、役割をこなしてると褒めてたときがありました。


それはポカール1回戦の時ですよ。
相手はアマチュアです。
ゲレイロがスタメンに入ってからの変わり様は誰が見ても明らかで、状況は刻一刻と変わるものです。
[ 2016/09/23 17:52 ] [ 編集 ]
連投ですみませんが、後半カストロIHで、デンベレRW、ゲレイロLWにしてからすごくよくなったと思った。ゲレイロはやはり本職LSBだけど、かなり攻撃力あるSBだから左ウィングでの仕事が素晴らしい。ロイスやシュールレ戻ったら熾烈なウィング争いになりそう。
[ 2016/09/23 18:37 ] [ 編集 ]
トゥヘルはゲレイロについてポジションを限定しないというようなことを話してましたが、シュメレを外しづらいというのもある気がします。キャプテンになったばかりですから。だけどゲレイロも使いたいから、別ポジションでの起用になっているんじゃないですかね。ただ、LSBを担う2人が常に同時起用されてる状態を続けるとは思えないんですよね。
香川やゲッツェが調子をあげてきたとき、もしくはロイスが復帰したときにゲレイロをLSB起用にするんですかねー。今のゲレイロはスタメンでしょうから、どう考えているんでしょう…

[ 2016/09/23 20:46 ] [ 編集 ]
別に褒めたときの相手がアマチュアだろうとプロだろうと、そんなにムキになって否定することかな。
褒めたのは事実だし。
ゲレイロ入って良いのも事実だけど、それとこれは別の話では。
時々彼の全てを否定するかのようなコメントがあるのはなんなんだろう。
誰もゲレイロ、ゴンゾのこと悪く言ってないのだから感情的にならないでほしい。
[ 2016/09/23 20:56 ] [ 編集 ]
もはや真ん中にゲレイロを置かないと、ドルトムントの攻撃はパワーダウンしてしまっているのは明らか。
ヴォルフスブルク戦の後半にゲレイロがSHに回った時にそうだった。
サイドに置くにはあまりにもったいない選手だし、現状、ドルトムントの戦力的に彼をサイドには置けない。
ゲッツェと香川じゃ推進力不足。
ゲレイロはインサイドハーフだけじゃなく、トップ下でも出来るから、これは香川にとってはとんでもないライバルが現れてしまった、キツイと解説者も言っていたよ。
[ 2016/09/23 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。