ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シュトゥットガルト監督「拓磨が一番先を行っている!」浅野を大絶賛!ドイツ紙特集《ドイツの反応》




エヒョー24】




タクマが一番先を行っている

シュトゥットガルト新加入浅野を大絶賛!



entry_img_1233.jpeg
引用元:エヒョー24


この日本人は、彼に何ができるか示している!そしてまさにそれがシュトゥットガルトを救う事になるだろう。

スポンサーリンク



土曜日のカイザースラウテルン戦で彼は、何ができるのかを示すことを許された。そして彼はかなりの量を示すことになった。浅野 拓磨はハイデンハイム選で10分間出場した後で、カイザースラウテルン戦に先発したのだ。この日本人は最下位の相手に対してすぐに彼に何ができるのかを示した。シュトゥットガルトは、彼と共に大きな喜びを共有するだろう。



非常に素早い動きだし、そして素晴らしいテクニック、ものすごい走力。浅野はシュトゥットガルトが必要としていた、まさにそれをもたらしてくれた。この21歳はカイザースラウテルン戦ではツートップの一角としてシモン・テロッデの隣でプレーし、彼のパートナーの周りで旋風を巻き起こしたのだ。



はっきりしていることは:シュトゥットガルトのこの新たな希望にとっては、まだすべてが上手く行っているわけではない。いくつかのアクションは徹底しきれていなかったし、走り出しのタイミングなどもまだあっていない。しかし:これらすべては残り数試合ですべて改善されるだろう。アーセナルが、この夏にこの日本人を獲得したのには理由があるのだ。



だからこのアーセナルからローン移籍してきた浅野は、移籍市場が閉まるぎりぎりにやってきたパヴァ―ドやマネーなどの新加入とは異なり、暫定監督のオラフ・ヤンセンの最初の選択肢以上のものになっている。この監督は、“すでに6週間から8週間の時間が経っているが、タクマが最も先に行っているね(注:仕上がり、成長具合が)。”とそれを認めている。


この日本人は監督から特別な賛辞をもらった。ヤンセン“この若い選手がチームにもたらす様子は本当に信じられないよ。言葉もまだわからないのにね。”


まだ相互理解はたどたどしいもののようだが、浅野は以前のパッとしない攻撃陣にようやく勢いをもたらしてくれた。それはシュトゥットガルトにとってはシーズン序盤最も必要とするものだ。







以上です。

実際に監督が大絶賛という見出しで書かれて負いましたので、そのまま見出しにしました。この間の試合ではグロースクロイツのゴールをアシストしましたね。

シュトゥットガルトは2部とは言え、やはり大きなクラブですから注目度も高いですね。一年でブンデスリーガに戻ってこれるか注目しています。


ちなみにこのエヒョー24というのはシュトゥットガルト近くのハイルブロンという街を中心とした新聞になります。


【おまけ今日のお買い得品】

20160922034516479.jpeg

ミュンヘンではオクトーバーフェストが開催中です。そのお祭りに出店しているパウラーナビールが20本で13ユーロとお買い得になっています。

浅野の活躍は嬉しい!
でもFWなんだからゴールがほしいね
次はゴールだよ!

管理人さん、お時間あればシャルケ戦でゴール決めた大迫の記事も訳していただけませんか?お願いします!
[ 2016/09/22 08:21 ] [ 編集 ]
浅野順調な滑り出しで良かったですね。1部昇格の立役者になって欲しいです。
[ 2016/09/22 08:23 ] [ 編集 ]
ドルの若手育成監督が行っちゃいますが、レンタルながら鍛えて欲しいですね。
[ 2016/09/22 08:41 ] [ 編集 ]
シュトゥットガルトの新監督はドルトムントU19の元監督らしいですね。
[ 2016/09/22 11:53 ] [ 編集 ]
パウラーナのテントのビール今年は10.3Euroでした。年々高くなってるような。
[ 2016/09/23 19:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。