ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ヘルタ原口!独誌インタビュー!「6ゴール決めれなかったら、ブンデスリーガに相応しくない!」《ドイツの反応》



ベルリン新聞】9月15日




ヘルタのサイドアタッカー


原口:もし僕が6ゴール決めれなかったら、僕はブンデスリーガに相応しくない!


entry_img_1240.jpeg
引用元:ベルリン新聞



原口はヘルタで最多のアシストを決めている。彼は私生活ではベルリンに慣れてきたが、今スポーツ面で自分に新たなプレッシャーをかけている。

スポンサーリンク




ダルダイ監督は、フライブルク戦後にあなたをベストプレーヤーとしてました。インゴルシュタット戦後も同様でしたね。ではシャルケ戦では・・?

またフィールド上で最高の選手となれると良いですね。でもシャルケという大きな対戦相手が待っていることを忘れてはいけません。彼らはまだ0ポイントですし、ものすごいプレッシャーの下に立たされています。






あなたのヘルタでの最初の2年はあまり上手く行きませんでしたね。なぜ急にパフォーマンスが爆発したのでしょうか?

ようやく攻撃だけでなく、今はよりたくさん守備面についても考えてプレーできるようになりました。日本ではそれはまったく要求されていませんでした。それに加えてフィジカルトレーニングにハードに取り組んだんです。







具体的にいうと?


この夏、日本の茨城にある筑波大学でフィットネスクラスに通ったんです。日本人は小さくて痩せていますから、体の大きさなどに取り組んだりしないんです。大きな人が多いブンデスリーガではノーチャンスとなります。






ダルダイは6ゴール、6アシストとはっきりとした要求を掲げましたね。可能ですか?

そうですね。この数字は僕が願う数字ではなく、やり遂げなければならない数字です。そうでなければブンデスリーガではもうチャンスはないでしょう。ここ最近の試合ではゴール前でのクオリティーを示したと思います。これを続けるのが僕の課題ですね。



2016092518110108b.jpeg



あなたはどうしてこんなに速いのですか?

子供の時は遅かったんです。だからスプリントに取り組むことを自分に課してきました。サロモン・カルーはトレーニングでいつもこう質問するんですよ。僕が陸上選手ではなくて、本当にサッカー選手かって。







あなたはルリコ夫人と一緒にジョギングに行ったりするのですか?

一度試しました。でもルリコはゆっくり過ぎるので、全然楽しくありませんでした。だから彼女に自転車を買ったんです。これで彼女は僕よりも少し遅いだけになりましたよ。ラブラドールのエマのほうが僕についてこれますね。



20160925181102865.jpeg



どうして日本の選手はいつもお手本のようで、スキャンダルとは無縁なのでしょうか?

なぜなら日本人は、生まれながらにして、非常に落ち着いており、野心的で、礼儀正しいからです。それに僕たちはサッカーのために生きています。だからスキャンダルはないんです。例えば、ブラジル人とは違いますね。






あなたは、良くブラジル人のロニーと一緒にいたようですね。今彼は去ってしまいましたが・・・

今はぺカリク、ダリダ、ヤールシュタインがいます。彼らは僕の友人です。妻たちとそれにドゥダを加えて食事に行ったばかりですよ。



201609251811030aa.jpeg



最近のあなたのドイツ語はどうですか?

僕がチームメート達と外出した時、妻は僕がいくつかドイツ語で話して驚いていました。ここ半年はドイツ語をサボっていたのです。でもそれも変わらなければならないですね。もっとも重要な言葉はチームメートが教えてくれました・・。






そうですねトレーニングでも我々はあなたがシャイ〇と叫んでいるのを良く耳にします・・・。(注:シャイセ、日本語でいうところのくそ。年配のドイツ人にとっては今でも放送禁止用語。若者が良く使うようになったため、その言葉の威力は低下している。)

それもそうした言葉の一つですね。他の言葉はここでは言わないことにしておきます。今シーズンは上手く行って、こうした言葉をあまり使わなくて良くなると良いですね・・。









以上です。

1週間前の記事になりますが、インタビューがありましたので紹介しました。ヘルタはバイエルン戦で負けてから、昨日も引き分けと、ここ2試合勝てていませんが、10ポイントで上位にいますね。原口選手、ぜひとも6ゴール、6アシストを達成してもらいたいです!




[ 2016/09/25 18:15 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(8)
スキャンダルとは無縁・・・
[ 2016/09/25 20:38 ] [ 編集 ]
前にも書いたけど、原口ならいい意味で守備サボること覚えたら数字は出てくると思うよ。
別の言い方すると、ウィングなんだから下がるときは斜めに下がっていくことを覚えるといいと思う。自分の後ろにあるボールは追っかけない。これやれるようになると、ボールもらうとき自然にゴールに顔向けることができる。点に絡めるウィングはみんなこれやるよ。
ウソだと思った人は動画でご確認を(笑)
[ 2016/09/25 20:45 ] [ 編集 ]
日本人は生まれながらにしてスキャンダルと無縁となる要素があるという下りに苦笑いしてしまいました。
私はそれよりもちょっとした事で苛烈ないじめの対象となる社会によって後天的に身についてる感覚だと思います…ベッキーとか陣内とか矢口とか。大学入試でカンニングするとNHKで速報テロップが流れますから。
[ 2016/09/25 21:42 ] [ 編集 ]
>なぜなら日本人は、生まれながらにして、非常に落ち着いており、野心的で、礼儀正しいからです。
お前が言うかという感じだけどw
最近は地に足がついた感じになってきたが
[ 2016/09/25 23:00 ] [ 編集 ]
選手が話したことがそのまま記事になるわけではなく、記者が書きたいように脚色したり付け足されたりするものだからね。
[ 2016/09/26 07:40 ] [ 編集 ]
活躍するとこういうインタビューや特集記事が増えて嬉しいです
原口は本当に成長しましたね選手としても人間としても
かなりの問題児だったくせに笑
更なる活躍を期待します。もっとゴールを!
[ 2016/09/26 08:04 ] [ 編集 ]
スキャンダルの下りに満点苦笑い(笑)
[ 2016/09/26 10:20 ] [ 編集 ]
生まれながらではない笑
成長したようでよかったが
[ 2016/09/28 14:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。