ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルン会長「みんな大迫の力を誤解していた!」ドイツ紙《ドイツの反応》




キッカー




ケルン:日本人が開花!

シュマトケ:みんな大迫の力を誤解していたんだ。





entry_img_1242.jpeg
引用元:kicker



大迫勇也は2014年からFCケルンに在籍している。しかし今になって、この日本人は本当にスタートしだした。なによりペーター・シュテーガー監督と会長のイェルク・シュマトケは、この26歳の選手を我慢強くまったことを喜んでいる。

スポンサーリンク



大迫勇也が基本的にドイツ語を理解していることは、彼の表情を見ればわかる。“素晴らしいゴール”とか“自信”などというキーワードを耳にすると、彼は行儀よくお礼し、それを認めるようにうなずいた。この日本人は、2試合連続ゴールの後でまるで別の人間になったようだ。彼が自分のスタイルでプレーするようになってから、突然ケルンが彼に要求する点において、すべてが上手く行っている。彼のライプツィヒ戦後のコメントもそれに相応しいもので、“今のところすごく上手く行っていますね。フォワードとしてプレーさせてもらっているからです。今は非常に状態も良いですし、これからももっと多くゴールを決めたいです。チームにポイントをもたらせるように。”と語っている。




彼はゴールで彼の言葉を証明してみせた。コンスタンティン・ラウシュからのパス。そして素早いステップからゴールの上に突き刺さるような激しいシュート。これは衝撃的、そしてすごく美しい。新たな自信を体現している。数か月前だったら、このシュートは北ブロックのファンの所に届いていたことだろう。今は彼が、“あのゴールでは、まさにそこにシュートを打とうと思っていたんです。そしてその通りになりました。”と語っても、その通りだろうと信じる事ができる。


現在の大迫を認めたくない人はいないだろうが、特にペーター・シュテーガーやイェルク・シュマトケは大きな喜びでもって、彼を新たに認識したところだ。この会長は日本人を忍耐強く待ったことを喜んでいる。“彼はすばらしいストライカーだよ。みんな彼を誤解していたんだ。ペーター・シュテーガー、トレーナー・チーム、そして僕は前からそう言っていたんだ。今シーズンの彼はとても心地よくプレーしているし。前よりもチームにはっきりと溶け込んでいるよ。”



良くあることだが、彼が望むポジションでプレーするようになったのは、チームメートの不運によるものだった(ルドネフの負傷)。シュマトケ、“彼が中央でプレーできる事は我々にとっては利益となっているね。彼はより自信に満ちているし、多くの動きでそれが見て取れるよ。”






以上です。

まあ監督も、会長も2年間、大迫選手を信じて待っていたというのが伝わってきました。今シーズンの活躍は本当にすごいですね。ケルン自体もまだ負けていませんし、今シーズンどうなるか楽しみです。

それにしても日本人は礼儀正しいというイメージがついてしまったようですが、個人的には型破りな日本人選手の登場にも期待したい所です。ドイツには若き才能が、多少生意気なプレーをしても許される、というところが大いにありますから、日本人選手にはそいういう部分はどんどん利用してほしいですね。







[ 2016/09/27 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(7)
日本人にとってみれば今の大迫のプレーは驚きではない。今までずっと誤った役を与えていた事が驚き。
[ 2016/09/27 09:08 ] [ 編集 ]
大迫選手が高校サッカー部で活躍、高卒ルーキーながら鹿島アントラーズでも主力だった時、
残念ながら認知していなかったのですが(ケルンに所属していることは知っていました)、
現鹿島サポーターに聞くと「ポテンシャルは十分あったよ」との事ですので、
今後は注目してブンデスを観ようと思っています。
上半身は華奢にみえますが太ももはもの凄く太いですね。さすがFWです!
[ 2016/09/27 10:29 ] [ 編集 ]
才能ある人が生意気で居られるのは日本も一緒。若い頃の柿谷や鹿島の金崎、サッカー以外でも才能があり成績を残せるなら生意気でいても許される。今回の場合の大迫の方が型破りなのかもしれない。つまりは求められるのは結果のみで、多少技術があるくらいでは価値がなくなるのでは。その点大迫には多大な技術があったのからこその周りからの信頼があったのかもしれないですね。
[ 2016/09/27 11:04 ] [ 編集 ]
活躍しだしたのはいいけどさ
「我慢強く使った」という美談より
「取説読まず、二年間使い方間違ってた」という事実のほうが重要だよなあ。
[ 2016/09/27 11:21 ] [ 編集 ]
11:21さんの言う通りだと思います!

これまで日本代表の主力だった選手達は現在軒並み出場機会を得られてない状態ですね
10月の予選はどうなるんだろうと心配してます
今こそ大迫や原口を使ってほしいし、彼らはこのチャンスをものにしてスタメンを掴みとらないといけない
ただハリルが原口をボランチ起用していたように、大迫をサイドで使ったりするんじゃないかという不安もあります
適正ポジションで使うのは本当に大事
[ 2016/09/27 17:55 ] [ 編集 ]
やっとFWでチャンスもらえたね。
長かった。宇佐美にも期待。
[ 2016/09/27 20:16 ] [ 編集 ]
外人は本来の力を出させないように違うプレーを要求しがちの様だね。

間違われてるのは大迫だけじゃないよ。

ライバルに負けてベンチならまだしも、使いもしないで違うポジにコンバートするんだからさ。
日本人を便利屋か何かと勘違いしてないかい?
[ 2016/09/27 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。