ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン、今シーズン終了後の移籍を決意!!すでにクラブに伝える!ドイツ紙《ドイツの反応》




スポーツビルト



entry_img_1247.jpeg
引用元:Sport Bild

パリ・サンジェルマンから電話がかかってきたのはつい最近の事だ。このパリの新しいスポーツ・ディレクターは移籍市場が閉まる8月31日の二日前にドルトムントの同僚ミヒャエル・ツォルクに電話をし、ギンターを獲得できるか質問したのだ。ダヴィト・ルイスがチェルシーへと移籍した後でパリは、フレキシブルなディフェンダーを探していたのだ。しかしツォルクはそれをその場で断っている。

スポンサーリンク



BVBのマネージャーは、他のクラブがピエール・エメリック・オバメヤンについて質問してきても、ギンターの場合と同じように徹底して断ってきた。このガボン人の契約はまだ2020年まで残されている。“だからこのテーマに関しては非常にリラックスしていられる。”とツォルクはスポーツビルトに対して答えている。


いずれにせよ、契約がまだ有効であるにも関わらず、クラブが選手を留めておくことができないという例は多くみられる。キャプテンのマッツ・フンメルスは故郷ミュンヘンへと移籍したし、イルカイ・ギュンドガンはペップ・グアルディオラを追ってマンチェスター・シティーへと移籍した。さらにヘンリク・ミキタリアンだ。BVBには4200万ユーロのオファーを断ることができなかったのだ。


そして次に移籍してしまいそうなスターが、オバメヤンだ。

スポーツ・ビルトがきいたところによると、オバメヤンはこの夏、すでに移籍を考えていることをクラブに伝えていたそうである。しかしクラブボスたちは、有名選手を新たに獲得することを約束し、この話は終わったことになった。少なくともその時点では・・。




彼はその話し合いにおいて、今シーズンがドルトムント最後のシーズンになることを何度も話したようだ。いずれにせよ彼がレアル・マドリッド移籍を夢見ていることは、秘密ではない。“もしその時がやってくれば、僕は幸せだね。もしそうならなかったとしても特に問題ないよ。それでも人生は先に進むからね。”とオバメヤンは先週フランス放送局のインタビューで答えている。


パリ・サンジェルマンからオファーが来ることはかなりの確率だとみられている。この金持ちなクラブは昨シーズン何度もオバメヤンの獲得を試みている。そして新監督ウナイ・エメリも彼に恋しているようだ。彼はカヴァー二、ディ・マリア、そしてオバメヤンのトリオを夢見ている。そうしてこのクラブは、チャンピオンズリーグ優勝という夢をかなえたがっているのだ。


ツォルクは“我々はこうした状況を何年も経験している。もし誰かが移籍したら、それを可能な限り補わなければならない。でも今のところそれについては全く考えていないよ。”と語っている。




オバメヤンは休日の大部分をパリで過ごしている。そこには美容師を含め友人がたくさんいるのだ。またオバメヤンは8月に契約を残しながらも移籍するプロ選手について言及している。“サッカーは残念ながら結婚みたいなものだ。そこでみんな人生における契約を結ぶわけだけれど、それでも離婚はあるね。”


このフォワードなしでどうなるか、BVBは今シーズン後半戦からテストすることができるだろう。1月下旬にはオバメヤンの故郷ガボンでアフリカカップが開催される。もちろんオバメヤンもそれに参加するだろう。もしガボンが決勝まで残ったとすれば、彼はBVBの4試合に欠場することになる。彼はブンデスリーガ100試合目となったフライブルク戦でゴールを挙げ、59ゴール目を記録したが、彼があと100試合プレーする事はなさそうだ・・・。








以上です。

まあ本当かどうかは分かりませんが、これはありそうですね。ガールフレンドと子供(最近2人めが誕生)がパリに住んでいたと思いますし、意外とサンジェルマンもありそうですね。

しかしシーズンが始まったばかりでこの話ですか・・・オバメヤンがこの話に対して何かコメントするかどうか注目したいと思います。

ドルトムントはとにかくフォワードがあまりいませんので、いずれにせよ補強は最大のテーマですね。

[ 2016/09/29 17:45 ] オバメヤン | TB(-) | CM(18)
”サッカーは残念ながら結婚みたいなものだ。”

 残念ながらってところが良いですね。
 おそらくこれは事実でしょう。オーバメヤンがビッククラブへステップアップしようと考えているのは明白です。彼はワールドクラスですからね。
 トゥヘル監督が今のチームの好調を維持してクラブの価値と将来性を証明すれば、彼に代わる優れたストライカーを確保できると思いますので、心配は無用と思います。
[ 2016/09/29 18:15 ] [ 編集 ]
ドルトムントは活躍した選手がステップアップを望むといった流れがいつ終わるんですかね…似たクラブでより欧州でのポジションを固めてるぽいアトレチコもまだ売り手側ですし、結局オイルマネーで資金力でメガクラブに並ぶ以外直近では解決策が無いんでしょうか?

レバもそうですがオバメのようなCFWって一番市場で獲得するの難しいですから心配です。もちろん事実かは本人のコメ待ちなんでしょうが。
[ 2016/09/29 18:19 ] [ 編集 ]
1億ユーロをどう使うかですね! ほぼ全額使ってオバの代わりを獲得するのか、それとも有能な若手を取り残りをその他のポジションの補強に当てるのか……。個人的には前者を期待しています。
[ 2016/09/29 18:23 ] [ 編集 ]
パリってステップアップと言えるのかな?
チーム的には上かもしれんがリーグ的には下だろ
[ 2016/09/29 18:57 ] [ 編集 ]
放出は既定路線だろうね。1億近く入るからね。オバメだって給料上がってタイトル取れるチームの方がいいでしょ。
代わりはラモスがいるしデンベレでも前にすればいい。プリシッチでもいい。
[ 2016/09/29 19:27 ] [ 編集 ]
来季だとレアルは移籍禁止の処分受けてるはずだから
もうプレミアかPSGくらいしか買えるところないんじゃないかな
[ 2016/09/29 20:03 ] [ 編集 ]
ブンデス、そしてドルトムントって立ち位置はほんと微妙なんだよな。監督が好きかどうかというのもあるだろうし。都市としてもそれほど魅力ないし。気候、メシ、サブカルチャー、言語、宗教などで判断してもおかしくないし。
[ 2016/09/29 20:22 ] [ 編集 ]
 
管理人さんから見て記事文面のトーンはガチっぽい感じだったんですかね
契約が3年残ってる、今年契約更新したばかりだ等の話は嘘ではないけど
本人が0円移籍希望しない限りは残留する保証にならないのに…そう言わざるを得ないのは仕方ないね
[ 2016/09/29 21:00 ] [ 編集 ]
やっぱりね、勝ちにいかない若すぎるチームにいても、オバメヤンは満足できないでしょう。夢を追い続けてほしいですね。
[ 2016/09/29 21:02 ] [ 編集 ]
ドルは若手を連れてきて新しいチーム作りをしようとしている。オバの後任も連れて来ると思うよ。来年は香川もいなくなるだろうし一つの時代が終わろうとしているんだろうね。
[ 2016/09/29 21:36 ] [ 編集 ]
 香川が干されたときやミキタリアンの移籍の噂が出てたときも必ずといっていいほどオバメの移籍の話が出てたけど。またですかって感じと、しかも大型補強がオバメ移籍阻止だとしたら、大型補強したのはオバメの責任だから残って責任果たさなければダメだろう。それとも大型補強させたらオバメは逆に移籍できると考えたのかな?どう考えてもこの状態なら最初に移籍するのは香川でしょ。オバメが先に移籍するようなことになれば、香川の移籍が阻止されかねない。

ー20ー
[ 2016/09/29 21:45 ] [ 編集 ]
オーバメヤンは憧れのレアルは難しいと思いますが来年の夏移籍でしょう
香川もドルトムントの性質上、今期活躍しようがしまいがシュメルツァーのようにドイツ人じゃないから来年の夏は移籍確定だと思います
どちらにしろドルトムントの選手はホフマンがボルシアMGとかライトナーがラツィオとかですから
ドルトムント・ブランド凄いなとは思います 笑
[ 2016/09/30 04:07 ] [ 編集 ]
ファンタスティック4の誰も居ないもんな。クロップドルは2年で見事に空中分解。けど今の香川の移籍がオバに影響うけるほどもう評価は高くないと思うけど。
[ 2016/09/30 04:47 ] [ 編集 ]
オーバメヤンに責任義務だの香川の移籍の邪魔だの
こういう事言ってる奴がいるから余計コメントでも小馬鹿にされるんだろうな
[ 2016/09/30 08:47 ] [ 編集 ]
レアルは登録できないし、移籍先がPSGとかもったいない、
と思ったけど、ドルにいても給料上がらないし、
ディマリアとかヴェラッティとかトップクラス抱えてるから
プレミア行くより落ち着いた環境を提供してくれるクラブだろうね
[ 2016/09/30 08:57 ] [ 編集 ]
香川は間違いなくドルトムント最後のシーズンでしょう
彼自身は今シーズン大活躍してより上のクラブ移籍をする決意でいたのは間違いないと思う

しかし甘かったですね
恐らくこれからもファーストチョイスにはならない可能性大
なぜかって、レアル戦で10代の新加入選手ですら使われて自分はベンチ外
勝てなかったけどドラマチックに追いついてドロー。つまりこの布陣がトゥヘルの方針でしょう
これを変えるのは負けが込んだ時だけ
TO要員として出場機会があるとは思いますが、もう見切られていますね
ゲッツェはメディアの後押しもあるし、シュールレロイスと共に自国の仲間だからそもそもの扱いが違う

そして香川は契約期間的に来夏に売却がタイミング
残念ながらそうなると思う

オバメヤンも今シーズンは苦しむと思う。少なくとも昨シーズンよりは数字は落ちるはず
トゥヘルの戦術的にもね
だけど彼には昨シーズンの確固たる実績と数字があるから移籍も良いクラブからオファーがあるだろうね

それが物足りないのが香川
だからドルトムントより上のクラブはもうない
ブンデスかプレミアの中下位クラブかな
スペインは無い

全ては実績と数字と強いインパクトが選手の評価
連携だとかバランスだとかだけでは前線の選手は評価されない
[ 2016/09/30 14:15 ] [ 編集 ]
ここオバメの記事なのに、なんで香川がメインなの?
もっとふさわしい別記事があるでしょ。
そこまでして香川に否定的なことを言いたいのか。。
[ 2016/10/01 22:42 ] [ 編集 ]
大評論家先生みたいなのがいてびっくり
ドルトムントやオバや香川の内部事情まで全て分かってるんですかね?
エア記事が得意な某日本メディアの記者かな?w
[ 2016/10/03 12:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。