ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!ドイツ代表監督にはすごくがっかり!!カストロ、ドイツ代表に選ばれず!ドイツ紙《ドイツの反応》


ビルト



entry_img_1250.jpeg
引用元:Bild



金曜の昼、ヨギ・レーヴがワールドカップ予選のチェコ戦と北アイルランド戦のメンバーを発表した。しかし予想に反して、BVBスターのゴンザロ・カストロが選ばれる事はなかった。


ドルトムントの監督にとっては、理解できない事のようだ。“僕は、カストロがノミネートされると100%信じていたんだ。彼は、長い間にわたって高いレベルで良いプレーをしていたからね。”


スポンサーリンク




BVBコーチは土曜日のレヴァークーゼン戦の前の記者会見でカストロの代表落ちについて語っている。“このニュースには本当にすごくがっかりしている。”



カストロが代表戦に出場したのは、2007年11月21日にフランクフルトで行われたウェールズ戦が最後だ。それ以来彼は代表に選ばれることを待っている。カストロは代表に選ばれなかったことに対して、“もちろんもう一度呼ばれたら素晴らしかったんですが・・。すごく大きな事ですから。”



さらにBVBのアンドレ・シュルレもひざの負傷のために選ばれなかった。彼はレアル・マドリッド戦では2:2の決定的となるゴールを決めている。しかしその後右ひざが再び痛み出したのだ。彼は膝の負傷によりレヴァークーゼン戦も欠場する。


20161001054052932.jpeg



またバルトロとラモスもCL出場をかけた相手との対決に欠場するみこみだ。トゥヘルはこれに関してはあくまでも予防の措置であることを強調している。“我々は注意深くなければならないね。そうしないとより悪化する恐れがあるから。”


トゥヘルによるとロイスに改善の兆しが見られるようだ。“今のところまだボールなしだが、まだギプスをしているズヴェン・ベンダーよりは明らかに良いね。”



ロイスは夏のユーロの前に内転筋を負傷している。それ以降彼はドルトムントのフィールドに姿を現していない。



でもドルトムントの監督は彼のチームがレヴァークーゼン戦で輝くと確信している。“我々は非常にハングリーでやる気に満ちているよ。”




ドイツ代表



ゴール

マニュエル・ノイアー
ベルント・レーノ
マーク・アンドレ・テア・ステーガン



守備

ムスタフィ
ヨナス・ヘクトーア
ベネディクト・へヴェデス
マッツ・フンメルス
ゼバスティアン・ルーディ
ヨシュア・キミッヒ
ジェロム・ボアテン



中盤/フォワード

サミ・ケディーラ
ユリアン・ドラクスラー
トニ・クロース
メスート・エジル
トーマス・ミュラー
ユリアン・ヴァイグル
ユリアン・ブラント
マックス・マイヤー
マリオ・ゲッツェ
ケヴィン・フォラント
イルカイ・ギュンドガン
マリオ・ゴメス







以上です。

カストロはまたしても代表に選ばれなかったようですね。
まあ似たようなポジションにはクロース、ケディーラ、ヴァイグル、ギュンドガンがいますから、ここに割って入るのは難しいですね。レ―ヴ監督はレアル戦ではカストロ、ヴァイグル、ゲッツェの中盤をかなり褒めていましたので、もしかしたらとも思いましたが・・・。ドイツ代表になるのは大変ですね。








[ 2016/10/01 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(17)
カストロはプレシーズンマッチから素晴らしいプレーでチームを引っ張っていますね。
今シーズンは凄みを感じます。
この活躍が続いて、もう少し時間が経ちさえすれば呼ばれるんじゃないですかね。
それにしても、中盤は人材が最も豊富だしタレントばかりで凄いですね。
[ 2016/10/01 07:10 ] [ 編集 ]
やはりレアル戦での香川ベンチ外はレーヴ達が来てたから、という私の憶測はあながち的外れでは無かったですね。ミウラさんのツイでもロッカールームに香川のユニが用意されていたと有り、直前にシュールレが入ることになって香川が外されたと言う事でした。
でも、シュールレにとっては結果残したのに反って残念なことになってしまいましたね。ゲッツエの起用もレーヴへのアッピールも大きいと思いますし、カストロも調子が良かったからもしやとも思って、トゥヘルも出し続けた事が香川に少なからぬ影響が有ったと思っています。
前のバイエルン戦で香川がベンチ外になった時も、やはりユニがロッカールームに用意されていたのに直前で変わった、とミウラさんがツイってましたが、この時もレーヴたちが来ていて、私のノートには「使う気無いくせに、カストロ、ライトナー、ギンターがベンチ入り。代表アッピールかね。」と書いてありました。(実際出番無し)
いずれにせよ、ワールドカップが近づけばこのような事は増えるのでしょうね。だからゲッツエが帰還は危険だと思ったのに。
[ 2016/10/01 07:20 ] [ 編集 ]
休ませることができて内心では喜んでると思う
[ 2016/10/01 09:27 ] [ 編集 ]
すみません。ハリルの会見全部見ましたさんです。ここで書く内容では無いと思ったので掲載は管理人さんにお任せですが。
日本ではUAE戦、本田清武が中に入りすぎての大渋滞で香川が消えていた…ってことがかなり話題になっていましたが、会見で気づいたのは、45分で9つの戦術説明をしなければならないほど時間がタイトだった。しっかりと消化されることが難しかったのはある意味仕方がない…と言っていた事です。
他の戦術ブログさんにも有りましたが確かにあれはハリルの戦術で有った事は間違いないでしょう。でなければ、試合中に注意します。たぶんレバークーゼンのシュミット監督式に、高さ強さで負ける日本は数で勝負。ロングボールからの競り合いに負けてロストしても他がカバーする。という戦術だったと思います。
香川も試合後、一つ上手くいかなかったら次にどうするかのアイデアを共有できなかった。とコメントしていました。
結構香川を評価しない人は香川のプレーに派手さが無い、というよりも無くなった事を言いますが、あの試合2回見た私の感想は上手くいかない中いろいろなアイデアを出そうとしていた事、そしていくつかは成功していた事が凄いと思いましたよ。ただそれをプレー中に皆で共有出来なかった。タイ戦は、そういう意味で改善されていました。
[ 2016/10/01 09:50 ] [ 編集 ]
10年近く代表の選手としてプレイしていないしクロース、ケディーラ、ヴァイグル、ギュンドガンがいるのも勿論ですが29歳という年齢もありますし
レーブは元々好き嫌いがハッキリしている監督
ゲッツェのレアル戦よかったですかね・・
まぁゲッツェが大好きなんでしょう
[ 2016/10/01 10:22 ] [ 編集 ]
カストロだけではなく最近ではグラードバッハのシュティンドルも代表入り期待されていましたね。ライプツィヒのヴェルナーも良いですし、ドイツ代表の層は厚いですね! カストロ、シュメルツァーには代表期間中にゆっくり休んでもらって リーグ戦、CLに備えて欲しいですね。
[ 2016/10/01 11:20 ] [ 編集 ]
 守備的な用途としてはケディラやクロースを押しのけるのは難しいですし、ヴァイグルやギュンドアンのようなビルドアップが出来るわけでもない。サイドハーフに若い選手を招集していることも代表経験の少ないカストロには不利な材料でしょうね。
[ 2016/10/01 13:00 ] [ 編集 ]
ベンダーまだギプスしてるんだな。困ったな~、、、。ロイスや香川の復帰は後回しでいいからこの人だけは早いとこ何とかなりませんかね(笑)?

カストロが代表に呼ばれないのは不思議でも何でもない。ボール取れませんから。ハーフが先ずやんなきゃいけないことはこれ。相手をしっかり止める、インターセプトをガンガンやれる、ようになったらレーヴも考えるんじゃないかな?とはいえ、今のところドイツの中盤はこれの名人ばかりだし、他にも呼ばれてないので上手いのはいる。ベンダー兄弟とかね。なのでそう簡単には呼ばれないでしょうけどね。

クラブがホントにカストロ代表に送り込みたいなら、前にも書いたようにウィングバックとかサイドバックやらすのもいいと思う。ラームみたいに使うというね。点に絡むだけじゃなく相手のブラインドに入っていくのが上手だからマッチアップする相手からするとイヤーな相手だと思うよ。背中見せられないからな。それに代表はサイドバックいないしね。
[ 2016/10/01 13:18 ] [ 編集 ]
スコアだけを見ればカストロの最近の活躍は確かに代表に値するのでしょうね。
しかし、カストロのプレイ内容を吟味すれば明らかな違いがあります。
決定的な違いは低い位置でのボールの捌き方だと思います。
前線のタレントが揃っているドイツ代表にとってIHもしくはボランチが求められるのは安定した自陣でのボールの捌きと前線への繋ぎです。
その点に於いてカストロは現代表クラスの選手と比べると見劣りします。
ボールをロストしてもよい位置でのプレイには大きな問題はないのですが、ロストしてはいけない位置でのプレイに安定感がありません。ポジショニングや細かな技術が足りないのです。
言葉で表すと中途半端、エジルになれなく、ヴァイグルにもなれない。ましてや両方を持ち合わせるギュンドアンとは比べようもない。
レーブが選ばないのはドイツ代表選手のポテンシャルの高さ故なのでしょうか。
いや、それだけが理由ではないでしょうね。
カストロの替わりはいるけど、現代表の替わりはいないということなんだと思いますね。
[ 2016/10/01 15:17 ] [ 編集 ]
>ミウラさんのツイでもロッカールームに香川のユニが用意されていたと有り、

このミウラさんのツイ垢を教えてもらえませんか?^^
[ 2016/10/01 16:39 ] [ 編集 ]
カストロは平均的に優秀なんだけど飛び抜けた武器がないんだろうなと。しかしトゥヘルの戦術では使い勝手が良いと思う。ただ代表となると物足りないんじゃないですか。
[ 2016/10/01 16:48 ] [ 編集 ]
自分が注目してるのはグラードバッハのダフードです。一目見て惚れましたw イメージはギュンドアンみたいな感じですね。アジリティーがある、運動量が豊富、テクニックがあってボールキープ出来る、視野が広くDFを引きつけて空いた選手、スペースにパスが出せる、シュート精度が高い、飛び出すタイミングが良い、推進力がある…… いいとこ挙げたら限りがないw 他にもズーレ、ター、ヴァイザー、ゴレツカ、マイヤー、ブラント、サネ、ヴェルナー…… この辺りに期待しています。
[ 2016/10/01 19:19 ] [ 編集 ]
すみません。ミウラ➡ミムラでした。ミムラユウスケさん。
実はここのコメの9/30 16:11さんのコメを信じて確認しないで書いてしまいましたが、今確認したらミムラさんはぎりぎりに決まった。としかないですね。ごめんなさい。
でも、その可能性は大きいと思いますよ。
[ 2016/10/01 20:38 ] [ 編集 ]
まあトゥヘルがドイツ代表集めだした時から怪しい感じはしてた
「俺が育てた!」ってかwww
[ 2016/10/01 20:56 ] [ 編集 ]
トゥヘルみたいにオールラウンダーを求めるんじゃ代表選出は無理でしょうな。ドイツみたいに優勝狙えるチームはスペシャリストが必要だ。
[ 2016/10/01 23:45 ] [ 編集 ]
第3GKがテアシュテーゲンというのがレベル高すぎ
[ 2016/10/01 23:46 ] [ 編集 ]
カストロが一番生きるのは前線ですよね。上にもある様に、低い位置での安定感が全然ないので難しいですね。
エジルには勝てないし、ギュンドアンの様な安定感もない。

良い選手なんですけどね。

後。レーブが来てたから外されたなんてホントなら酷いですね。レーブが勝ち点3くれるわけじゃあるまいし。
もう香川移籍した方が良いです。トゥヘルの小心ぶりに情けなくなります。
[ 2016/10/02 14:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。