ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、BVBスカウト部長と対立!しかしクラブ側はスカウト部長をさらに昇進させる予定!!ドイツ紙《ドイツの反応》





ビルト



シェフ・トレーナー対シェフ・スカウト



トゥヘルとミスリンタートの氷河期



entry_img_1260.jpeg
引用元:Bild



この男たちの関係を修復させることは難しい・・・。ドルトムントのシェフ(ボス)・トレーナーとシェフ・スカウトの二人が争っているようだ・・・。


スポンサーリンク




トゥヘルとミスリンタートの氷河期!!ここ9か月にわたって、ボルシア・ドルトムントの“ダイヤモンドの目”と呼ばれるスヴェン・ミスリンタート(43歳、香川、デンベレー、ゲレイロを発掘。)はブラケル地区にあるトレーニング場に足を踏み入れられないでいる。




またハーフタイム中のビデオ分析においても、トーマス・トゥヘルは彼が同席することを好んでいないようだ。




その原因となったのは、アトレティコ・マドリッドのオリヴェル・トレスのようである。




この移籍は今年初め、すでに成立しかけたかに見られていた。しかしトゥヘルが、最後の最後でそれに反対したようだ。そしてそれが両者の関係を悪化させ、現在まで続いているようだ。そして彼らの関係が修復される望みは今のところ薄い。



しかし別に急いで修復しなければならないという事もないようである!なぜならミスリンタートはミヒャエル・ツォルクの被雇用者という扱いだからだ。この夏、ミスリンタートにはフォルトゥーナ・デュッセルドルフからも声がかかっていたが、さらにハンブルガーSVもスポーツディレクターとして彼を獲得しようとした。しかしミヒャエル・ツォルクは彼を離さなかったのだ。




ツォルクとBVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはこの“ダイヤモンドの目”に対して、別な計画を立てているようである。ミスリンタートは今後もBVBで力を発揮する事が可能となり、どうやらスポーツ部門のリーダーへと昇格する予定のようだ。トゥヘルがどうかはどうでも良いようだ。





以上です。

ドルトムントではヴァツケとツォルク、そして監督のトゥヘルが表向きは対等の関係であるかのように見えますが、実際の所、トゥヘルは雇われ監督の身ですね。

スカウト部門やユース育成などを含んだスポーツ部門でのボスがツォルク、そしてヴァツケはバスの運転手や事務員までを含めたボルシア・ドルトムントという会社の社長になります。

この辺の事情はクラブによってもいくらか違いますね。

だからスカウト部長とトゥヘルが相性が悪くても特に仕事には支障がない、という事のようですが、トゥヘルにはこのような噂が多いですね。

ズボティッチが同じホテルに宿泊することを拒んだり、ミスリンタートのトレーニング場への入場を禁止したりと・・・。

彼の監督としての手腕はさておき、中々気難しい監督であることは間違いなさそうですね。


【おまけ今日のドイツ】

201610060416144f9.jpeg


新装開店した近所のレストラン バー
[ 2016/10/06 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(21)
ふ~ん、トゥヘルは、要するにチーママなんだ(笑)

会社でいえば、課長さんだな(笑)実際、課長待遇でしょうけど。
大物になれば、役員待遇でしょうけどね。クロップはそうでしたね。チームの決め事は、ヴァッケ゚とツォルク、クロップの三人の合議制だったと聞いてますけど。

まーチーママでも課長でも何でもいいけど、とにかく何度も言いますが、休みのうちに、あのゆる~いバックは何とかしてもらいたい。見方によっては、監督の言うこと聞いてないようにも見えるんでね。薬屋戦では、代わった香川がやたら指示出してたんけど、付き合い程度にしか修正しなかったしな。

433は7mか8mの間を保ってプレーするのが原則なはずなのに、あれほど間開けてんのはなんかあったのか?って勘ぐってしまう。

フンメルスやスポティッチ、クバとの関係は?だったし、たぶんシュメレともなんかあったはず。フンメルスの後任のキャップはどう見てもシュメレなのに、どうでもいいみたいな発言してたからな。こんだけやらかせば言うこと聞かれなくなっても不思議じゃない。

どうかゲスの勘繰りであってほしいですね。
[ 2016/10/06 07:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルの監督としての手腕はともかく愛されて惜しまれる事はないかもしれませんね。
[ 2016/10/06 08:10 ] [ 編集 ]
優秀なSDと挿げ替えられる監督。
どっちを重宝するかは明白。
[ 2016/10/06 08:32 ] [ 編集 ]
確か、彼はムヒタリアンも連れてきたんですよね。
クラブに対する、多大(安く仕入れて高く売る)な貢献度はトゥヘルの比じゃ無い。今季次第では、トゥヘルの方が序列が下になりかねない。

それにしても、前スレの会見の不貞腐れ加減を見ても、トゥヘルは人間的に問題がある気がしますね〜。
偉大なカリスマ監督は、良くも悪くもワンマンで難しい人物が多い様ですが、長年結果を出しているから表に話が出て来ないし、出て来ても許される‥トゥヘルは、まだ何も成し遂げてはいない。態度や対応、言動などが散漫さが先行している様な気がしますね。

偉大なペップを信奉するのならば、先ずはスタッフや選手を(嘘でも)大切にし、労い、リスペクトしリスペクトされて一丸となり結果を出してから文句や好き嫌い、責任逃れを主張しましょうね‥ペップのそんなところは、あまり見た事無いですけどね。
[ 2016/10/06 10:29 ] [ 編集 ]
たかが学生のクラブでも、エースは高慢でワガママな奴が多い‥これがプロ、ましてや欧州のトップクラブに所属する選手ならば、幼いうちからもてはやされてプライドが高く、勝気でワガママでしょう。そんな奴らや若手の不満不平を抑え、束ねて結果を出すのが監督の一番の仕事。
その監督自らが好き嫌いが多く、拗ねて文句ばかり垂れるのは、どうなんでしょうね〜。まぁ珍しいから話題にもなるのだとは思いますが、この手の話題が表に出る事自体が中堅クラブ臭が漂いますね。
[ 2016/10/06 10:41 ] [ 編集 ]
神経質って印象だわ
まあ見た目のまんまかな
[ 2016/10/06 11:52 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございました。フットボールチャンネルにもビルト等複数のメディアがこの件を報道しており…との記事がありました。そちらの印象では、彼はオーバメアンも連れてきた剛腕スカウターだが、オリベルの話を直前で断ったトゥヘルに対して口もきかず練習場にも行かないなど険悪な状態。…と有り、ドイツのメディアによっては、ミスリンタートが怒っている、との見方をしているところも有るのでしょうか?素人目にはその方がスッキリしますが、ビルトだと、やはりトゥヘルの人間性を強調した文で煽っているというのは穿った見方ですかね。
いずれにせよ、トゥヘルの性格は親しみが無い事は当初から言われていた事。クロップも「比べてはいけない。」」と言いながら、トゥヘルを後任にしたのですし、フロントもそれはある程度承知で対応してますね。
ファンとしては、選手のメンタルへの影響も考慮して、あまり騒がず静観したいです。
[ 2016/10/06 12:13 ] [ 編集 ]
マインツの選手にも皮肉られてるし人間的に好かれるタイプではないのは外野からでも感じる
というかドルトムントは何を求めてトゥヘルを雇ったんだろう
[ 2016/10/06 12:35 ] [ 編集 ]
気難しいというか…
先日のファールに関する発言や、特定の選手を故意に試合から遠ざけたりとか
好き嫌いがはっきりしている辺りも、癇癪もちの子供のように思えることが多いかなー
まぁ、我が強くなければやっていけない仕事ではあるのでしょうけど…
[ 2016/10/06 12:50 ] [ 編集 ]
管理人さん、ありがとうございます。

自分の非を認めないから敵を作りやすいと思います。マインツも居場所がなくなって辞めたって聞きましたが、ドルトムントでもそうならなければいいですが。
[ 2016/10/06 13:56 ] [ 編集 ]
日本でのはトゥヘルがオリヴェル・トレス獲得を熱望してたがミスリンタートが反対したようなニュアンスで報道されてましたよ
全く逆だったんですねw
[ 2016/10/06 14:46 ] [ 編集 ]
海外ファンフォーラムではトゥヘルはオリベルを所望してたけど破談して関係が悪くなったと書いてあったかな。フロントはゲッツェを取ることを決めていたからオリベルには本気じゃなかったみたいなニュアンスでもあった。
[ 2016/10/06 15:24 ] [ 編集 ]
トゥヘルがドルトムントの監督に就任する時にも気難しいタイプって言われてましたね
選手にも何も告げず突然戦術変更して選手が混乱するっていう前評判も聞いてましたしまぁそうなんだろなとは思ってました 
前監督が正反対のタイプの監督なんでよけいにそう思うのかも
前監督はコメントもハグもチームも絶好調 笑
[ 2016/10/06 15:35 ] [ 編集 ]
敢えて一言に纏めますが、対人能力に難ありなのは明らかなようですね…
[ 2016/10/06 16:03 ] [ 編集 ]
対立がある中、クラブが片方を昇進させるというのが事実なら、明確なメッセージですよね。トゥヘルは余計に拗ねてしまいそうなイメージですが。
[ 2016/10/06 16:34 ] [ 編集 ]
なんだか出てくる話がファウル数はじめ、小さな話が多くて、、、
本当に気難しいタイプっぽくて

シュールレが来てくれることになったから直前に断ったのではないんですかね
[ 2016/10/06 17:41 ] [ 編集 ]
マインツにも居場所がなくなって…は聞いた事が有りませんでしたが、本当でしょうか?

私の聞いた話は、マンUがファーガソンの後釜としてクロップを引き抜こうと打診してきた、凄い金額で。で、クロップが行きたがって後任にトゥヘルを押して、トゥヘルは喜んでそれを受けるべく突然マインツを辞めるも、クロップをフロントが強硬に引き留めてドルに残留。
行場がなくなったトゥヘルは暫らく失業。が、のちにシュツットガルトの監督要請を受け、ほぼ合意。が、クロップ辞任で再びトゥヘルに白羽の矢が。で、シュッツガルトの件をドタキャンしてドルトムントの監督就任。
性格云々は有るけど、クロップが連れて来たがった監督で有る事は間違いないと思っていましたが…
[ 2016/10/06 17:47 ] [ 編集 ]
この夏の補強はトゥヘルの希望する選手は取れなかったのでしょうか?

[ 2016/10/06 18:01 ] [ 編集 ]
トップの人間関係がいまいちでも機能する組織つくってるのはさすがというべきなんでしょうね。
[ 2016/10/06 22:50 ] [ 編集 ]
この記事、気になっていました。翻訳ありがとうございます。トゥヘルが尊敬するペップも選手を無視したり、長年クラブに貢献していた医療チームに失礼をやり、出て行かれましたねー…
才能があれば人格が壊れていてもOKみたいなことを先人から学んでいなければ良いですが…
うーん、同じ職場で働きたくないタイプです 笑
[ 2016/10/07 05:05 ] [ 編集 ]
実績よりも人間関係のほころびが、たびたび取り上げられるなんて、監督業も大変ですね。優秀なスカウトマンだから、選手を見る目は確かだろうし、トゥヘルにとっては、煙たい存在なのかな?プライド高そうだし。ゲレイロのIH適正もトゥヘルより前に気付いていた可能性もありそう。
[ 2016/10/07 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。