ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ミラン本田!ファンのブーイングを批判!SVホルンのオーストリアでも取りあげられる!《ドイツの反応》




Lola1

SVホルンの所有者、本田がミランのファンを批判!



本田圭佑がACミランのファンを批判した。



entry_img_1263.png



“日本にはブーイングはありません。しかしこれは僕の意見ですが、ミランではブーイングが多すぎますね。”と30歳の攻撃的選手は語った。本田は彼の事務所“Honda ESTILO”を通してオーストリアの2部リーガSVホルンの株の49%を保持している。

スポンサーリンク



“試合で相手にリードを許すと、すぐにブーイングが起きますが、これは本当に間違った方向に行ってしまっていますね。”



本田は今シーズンこの伝統的なクラブでは、まだ2試合にしか出場していない。



現在ミランはセリエAの6位に位置している。“しかし相手に勝ちそうになると、彼らは僕たちを家族の一員のように扱います。”と本田は続ける。“彼らにとっては数字だけが大事なのでしょうか?勝ちか負けかだけなのでしょうか?”


彼によると、こうしたファンの態度がここ数年のミランの不調の原因の一つでもあるようだ。


ホルンは現在エアステリーガ(プロリーガ2部)でプレーしており、8ポイントで下から2番目に位置している。






以上になります。



しかしこうした批判をする前に、イタリア人の気質について考える必要があるように思います。イタリア人というのは我々日本人と比べるとはるかに大きな感情の起伏の中で生活していますね。嬉しい時は何倍も喜びを表現しますし、悲しい時は何倍も悲しみを表現します。

ブーイングもそうしたイタリア人の感情表現の一部なのかもしれませんが、特にミラノ人は強烈なのかもしれません。

ブーイングと言えば、ミラノではスカラ座のファンのブーイングが有名ですね。どんなに有名な歌手でも一度はブーイングされるというものです。

今から10年ぐらい前ですが、世界最高のテノール歌手の一人であるロベルト・アラーニャがアイーダというオペラで冒頭のアリアを歌ったら、観客にものすごいブーイングを浴びるという出来事がありました(歌は実際には素晴らしいかったが、配役として聴衆の好むタイプではなかった)。それを不当に感じたアラーニャはその場で観客に拳をつきあげ、舞台から去ってしまったので、かなりのスキャンダルになりました(同業者の多くはアラーニャの行動に賛同)。


あくまでこれと比べてという事ですが、ACミランでは勝ってるときにブーイングされないだけまだましですね・・・・・。














[ 2016/10/07 17:55 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(24)
基本的にはファンに対して意見するなんてプロ失格だと思っているのですが(女子テニスの伊達公子さんの時も思いました)
イタリア人の気質と言ってしまえばそれまでなんですが、やはり斜陽国家なだけあって一応先進国なのに中南米や中東並みに原始的なアクションが目に付きます。
本田選手の本心はもちろん分かりませんが国民を観て国家の行く末が分かってしまい憂いて発言しているのかもしれません。

と思いました。
[ 2016/10/07 18:19 ] [ 編集 ]
チームで結果を出せていない状況でこういった話題が先行するのは非常に恥ずかしい事ですね
本田選手の場合こういった話題が多すぎますね
まずはピッチ上のプレーで話題になってもらいたいものです
[ 2016/10/07 18:38 ] [ 編集 ]
単純にストレスの発散の場にしかなってないからでしょ
強(かった)いチームが下位チームを蹂躙して強豪とはトロフィー賭けて戦ってきたのしか見てなかったわけだから。
しかもリーグがマフィア絡みのスキャンダルいっぱい
そりゃ腐敗すると思う。セリエアーダイジェストの世界なんて幻だったんや
[ 2016/10/07 19:38 ] [ 編集 ]
国民性だろうなー
日本はなんだかんだ相手をリスペクトして礼儀を大切にするからね
自分はスタジアムにブーイングや野次はいらない派だわ
[ 2016/10/07 20:05 ] [ 編集 ]
やはりドイツが一番日本人にとってはやりやすいですね。
スペインやイタリアは大変だと思います。
[ 2016/10/07 20:07 ] [ 編集 ]
これはまったく理解できないというか、発言の意味が解らない
ハーフタイムに上位チームがホームで負けてたら
ブーイングとかブンデスでもよく見るので何とも思いません。
プレミアでも試合中は煽りチャントがありますから

インテルの試合も時々見ますがイカルディとかブーイングを逆手に
取って楽しんでる選手とか見るのが私は好きですから
プレーでざまあ、と言い返せるのって選手の特権ですよ
[ 2016/10/07 20:19 ] [ 編集 ]
サポーターとファンは違うってことでしょう
サポーターは応援するのが第一だけどファンは自分を楽しませることを求めている
[ 2016/10/07 20:53 ] [ 編集 ]
確かにイタリア人は情熱的ですし、いつまでも昔の栄光の中で生きている様に感じます。
だからファンに関しては、あのガラガラなサンシーロでの試合観戦は罰ゲームの様に思えてしまって辛くなるときが有ります。負けてたら、自分もブーイイングして憂さ晴らして途中で帰りたくなってしまいそう。
本当にドルトムントでプレーできる選手は幸せだと思います。プロは見て貰ってこその価値ですから。
ファンも大勢で応援するのが楽しい。
[ 2016/10/07 21:12 ] [ 編集 ]
セリエは昔からブーイングがきついですからね
ティフォージの過激行動も目立ちますし
向かない人にはとことん向かないリーグでしょうね
[ 2016/10/07 23:00 ] [ 編集 ]
ドルトムントは幸せも言い過ぎじゃない?
フンメルスVSサポーターもあったし、ロシアアウェイで負けてたときに
サポーター詰め寄ってたよ
ムヒも最終年までは、キツイブーイング浴びてたし
ドルの選手はみんな真摯に対応してるからだよ
[ 2016/10/08 02:33 ] [ 編集 ]
そもそも日本にブーイングなんて文化は存在しないから理解出来なくて当然。国民性というより文化の話。
[ 2016/10/08 02:49 ] [ 編集 ]
本田ももちろんイタリア人の気質なんてのはわかってての発言でしょうよ。
わかってるから変えてほしいのであって。
もっともその発言ができる立場にいるかどうかは別だけど。
[ 2016/10/08 03:39 ] [ 編集 ]
結果を出してはじめて説得力を持つと思います。
まず、ACミランを勝利に導いてから、ですね。
[ 2016/10/08 07:28 ] [ 編集 ]
ドイツもケルンの大迫が問答無用でブーイングを受けてたよ
あまりにも理不尽なので監督とSDがホームでは大迫を起用しないように気を使ったぐらい
[ 2016/10/08 07:51 ] [ 編集 ]
ミランは勝ってるときにもブーイング起きますよ。
本田は1,2年前?もファンに対してコメントして話題になりましたが、その時は勝ってるときのミランのファンのブーイングについてでした。ホームで前にパスを運べない試合だったかと
[ 2016/10/08 08:58 ] [ 編集 ]
別に本田の存在はどうでもいいけど、実際にミランの試合見てると数年前からサポーターが全然サポートしてないのは丸わかりなので何とも言えない。強豪から陥落して負のサイクルに陥ってからずっとこんな感じ。気分屋がただの憂さ晴らししてるだけ。だが勝ち馬だけには乗る。それはサポーターのあるべき姿ではないね。特に反応が顕著なのは失点時。チームが負けるときや弱いときだってある。色んな意見はあってもいいと思うけど、クラブを第一に思うファミリーなら団結力を見せて「俺らが勝たせちゃる!」ぐらいの後押しせんとな。そしてそれに選手たちが応えてこそのカルチョ
[ 2016/10/08 09:28 ] [ 編集 ]
我々よりその環境にいる人間の意見と、日本に居てまずはピッチに出てから言えと批判する。どっちが正しいのか間違ってるとか関係ないと思う。
本当に本田の発言だとしたら、現場にいる人間として素直にそう思ったんでしょう。
日本の試合でブーイングしてるの見てると
なんか欧州の真似してんなーって思うぐらい文化が違う
酷いプレーなんて選手自身、他の選手やコーチがよく解ってんだろって思う
その目のほうが厳しいからね
[ 2016/10/08 09:41 ] [ 編集 ]
記事 管理人さんのナイス捕捉コメント 面白く読ませてもらいました
夏休み期間中心に毎日ヨーロピアンと接する仕事してますが 管理人さんの言う感情表現 チャーミングな南ユーロ人には格別の魅力を感じつつ めんどくさいですね
そしてそれは 本田選手もなーんか近いかなって思います
思ってることすぐ発信してしまう ちょと日本人ばなれした本田選手 好きです
[ 2016/10/08 10:24 ] [ 編集 ]
論点がズレてる人が多いね、本田はブーイング自体ではなく試合途中で何度もブーイングしておいてクラブや選手愛を語るから批判してるんだよ
他のスポーツはプロアマ問わず選手がミスした時には大半がドンマイと声援を送る、けれどサッカーはミランやイタリアに関わらず多くのクラブや代表でサポーターは選手個人のミスに対してブーイングという形で批評する、それだけなら厳しいで済まさせるだろうけどサポーターとチームや選手は家族だなど偽善ぶったことを言うからタチが悪い
ブンデスでいうならドルトムントやシャルケもそう、香川を干していたマンチェスターやモイーズに対してあれだけ真実の愛とフリーシンジを謳っておいて自国選手であるゲッツェ達が来て干され出したら波が激しいと二試合の途中出場だけで実力不足と見切りをつける
それがプロに対する対応だと言うのであれば結果を出し続ける時だけ都合よく家族ぶるのではなく、あくまでビジネスライクな関係を選手には目に見えるスタッツをチームには勝利だけを求めるべきでしょう
[ 2016/10/08 10:58 ] [ 編集 ]
そういや、大迫良く巻き返したよね


[ 2016/10/08 21:54 ] [ 編集 ]
ブーイングと言えば、フンメルスの移籍騒動のとき、ボールを持つ度にブーイングが起こっていたけど、いいプレー連発で声援にかき消されていったのを思い出しました
これらの国ではサポーターの意思表示の一部でもあるでしょうから難しいですよね
プレーで黙らせるのが一番ですが、苦言を呈すなら誰が言うかでやっぱり違うと思います
[ 2016/10/08 22:22 ] [ 編集 ]
イタリアやスペインって言葉が通じないと受け入れてもらえない感じがするね。
[ 2016/10/09 12:56 ] [ 編集 ]
内容の正誤に関係なく思っている事を言うのはいいと思いますけどね
その発言に対してファンが本田という選手をどう評価するかも人それぞれでしょうし

但し、何億もの年俸を受け取り、結果もまったく残してないのにこういった発言するのは普通なら恥ずかしくてできない気がしますけどね
[ 2016/10/09 13:59 ] [ 編集 ]
管理人さんの解説でチーロ・インモビレ選手思い出しました。
泣きごとを言ったり、プリマドンナ的にドラマチックな感情の起伏のある性格が男子校的なドルトムントで完全に浮いていてコメント欄でも大バッシングでしたが、イタリア人の性格を考慮しよう、というコメントに成る程なと思った記憶が。
[ 2016/10/10 14:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。