ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ヴァイグルに巨額の契約延長オファー!!!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト

レアル?パリ?それともバルセロナ?いいや、ドルトムントだ!




entry_img_1264.jpg
引用元:Bild



ユリアン・ヴァイグルはトーマス・トゥヘルにとっては代えのきかない選手だが、すでにヨーロッパのビッククラブが彼の獲得に動いている。そのためBVBの首脳陣は、この中盤の至宝と契約延長を試みている。

スポンサーリンク


そしてそれにともないヴァイグルの給与もかなりアップするようだ・・・


話し合いは代表試合が終わってから行われるようであるが、ドルトムントはヴァイグルに巨額の契約オファーをするようだ。


ボルシア・ドルトムントのマネージャー、ミヒャエル・ツォルクはビルトに対して、“我々はユリアン・ヴァイグルの素晴らしい成長を引き続きサポートしたいし、彼には長期にわたってクラブに居てもらいたい。だからといって、時間的にプレッシャーを感じているわけではないけどね。彼もここを非常に居心地よく感じているし。”



201610080541181c5.jpg




ビルトは知っている:ヴァイグルが代表から帰ってきてから、この話し合いは本格化する。



この若きミッドフィルダーの契約は2019年まで有効で、年俸150万ユーロを稼いでいる。しかし次の契約延長では400万ユーロ+ボーナスとなるようである。これは物凄いステップアップだが、彼の活躍はこれに相応しい。


ブンデスリーガ6試合での彼のパス成功率は91.6%であるが、これはリーガトップだ。非常に賢いプレーで、BVBの中心として非常に重要な役割を果たしている。そしてそのクオリティーを他のビッククラブから隠すことはできない。


この夏にはすでにレアル・マドリッドとパリ・サン・ジェルマンが興味を示していた。しかしドルトムントは、これを断っている。この契約延長が実現すれば、これから数年、こうしたやり取りをしなくて済むことになるだろう・・・。






以上です。


ドルトムントは、良い選手とは一年前と言わずにどんどん早く契約延長するべきですね。ヴァイグルは素晴らしい選手なのでぜひともドルトムントで長くプレーしてもらいたいですね。

昨シーズンの後半戦あたりから対策されてきていますが、それでもパス成功率はやはり高く、今後の成長が楽しみな選手です。ドイツ代表でも中心的な選手になるのではないかと思います。シュヴァインシュタイガーの引退試合での交代は印象的でした。



[ 2016/10/08 06:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(15)
若さに似合わぬクレバーさに戦術眼、最近ではドリブルやスルーパスもチャレンジしており順調に成長すれば次世代のドイツ代表の中核を担うワールドクラスの選手になり得ると思います。
それにしてもドイツ代表は優秀な若手のバーゲンセールですね。戦力を落とすこと無く世代交代を進めることのできる素晴らしい育成システムは日本も見習うべきところがあると思います。
[ 2016/10/08 07:10 ] [ 編集 ]
まだ21歳という若さでドイツ人、巨額延長オファーは当然ですね!
一方、外国籍の選手は若くて活躍したら移籍させて資金を得る
ドルトムントの経営方針はブレませんねw
[ 2016/10/08 08:54 ] [ 編集 ]
BVB愛を語り、大型契約延長してもバイエルンに逃亡した奴がいますし、契約更新がチームに残ってくれる確約じゃないってのが悲しいですね
[ 2016/10/08 10:21 ] [ 編集 ]
どうしたらこんな凄い若者が出てくるんだろう…
デンベレとか、ああいう化け物タイプの凄い若手はたくさん見るけど、こういう聡明で知的な若手はひときわ尊敬してしまう…
[ 2016/10/08 11:53 ] [ 編集 ]
バイグルオファーの動きは解る一方で、オバメが来年は
ドルから移籍するの記事がインターナショナルブレーク中に
出てますよね。自分から売り込んでてビッド受付中の
宣伝をしてる印象を受けました

[ 2016/10/08 13:35 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは最重要選手ですから、手放してはなりません
でも近い将来移籍を希望しそうな気がします
今のドルトムントでは経験は積めても、更なるレベルアップができるとは思えない
とにかく選手を引き留めるためには、タイトル獲得の可能性を感じさせるチーム作りが必要だと思います
[ 2016/10/08 14:01 ] [ 編集 ]
 レアルやパリの興味ならまだいい。バイエルンにだけは彼を移籍させてはいけない。バイエルンからのオファーを予防できるならば600万€+αにしてもいい。
[ 2016/10/08 17:15 ] [ 編集 ]
400万程度じゃ繋ぎとめるのは無理でしょう。むしろ評価が低すぎる。
プレミアなら倍以上は確実ですし本当に延長したいならせめて600~700は積まないと。
[ 2016/10/08 18:41 ] [ 編集 ]
ヴァイグル、ゲレイロ、モル、デンベレ、プリシッチ、ギンター、ベンダーは残念ながらビッグクラブに行くでしょうね。
でもまた新しいのが入るから問題ないですが。
本当にそろそろドルトムントは育成クラブ、ブリーダーと同じだと割りきらないとダメだと思いました。
でもそれは正しいビジネスモデルだと思います。
クロップの頃が異質であって今が普通。
経営って観点から見ると倒産からここまで建て直したのは凄い。
今ではサッカーで大好きなドルトムントっていうよりもピジネスのお手本として見ています。
[ 2016/10/08 19:47 ] [ 編集 ]
哀しいかな、ドルトムントでは契約延長や年俸アップは移籍防止の担保にはなりませんね。
若くして大金持ちになれば、次に求めるものは名誉。リーグや杯獲得と世界的名声を得る為には、それなりのビッグクラブに在籍しなければなりません。その様なクラブに移籍すれば、自ずと金銭も付いて来る‥。

クラブの方針(哲学)が、若手を育て高く売る。引き留めるための高額契約はしない。バイエルンを抑えて優勝は目指さない‥‥高みを目指す選手にとっては、踏み台には適してますが、夢が無いクラブ方針だと思います。
オバが、冬の移籍期間にどの様に動くかな?
[ 2016/10/08 19:51 ] [ 編集 ]
ドルは若手主体のチームを作ろうとしてるから、オバメヤンも移籍考えてるんだろうね。香川も移籍考えたほうがいいな。肝心なときにチキン采配するトゥヘルの元から脱出したほうがいい。オファーがあればだけど。
[ 2016/10/08 22:28 ] [ 編集 ]
ん~ どうなんですかね。
奪われないための厚遇はドルの未来を建設的なものにするんでしょうか。
本当にヴァイグルの為になるんでしょうか。
選手あってのドルなのか、ドルあっての選手なのか、はたまたファンあってのドルなのか、考えちゃいますよね。

たしかに、ヴァイグルは中々いい選手だと思います。
思いますが、まだまだスタイルが確立されてない選手の一人だと思いますよ。
本当はどんなタイプなのか。
そのようなヴァイグルの未来に投資するにはドルというチームはまだまだま備不足だと思います。

選手の成長過程に於いてはいいチームなんでしょうが、獲得選手や監督選考からしてUEFAのトップを本気で狙おうとはしていないのが選考基準から伺えますね。
そのようなチームにビッグクラブから引く手数多の選手が長期間留まると思いますか。
無理でしょうね。
選手はスキルが上がればそのスキルを上のステージで試したいと思うのが普通だからです。
CL常連のレアルやバルサ・バイエルンなどから誘われればチャレンジしてみたいと思うのは自然な心境だと思いますよ。

チーム首脳陣が本気でチャンピオンを目指していないようなチームに自分の将来を任せようとは思わないでしょうね。
そんなチームに長期間留まるのは逆に不幸なことだと思います。

試合経験を積むには最適なチームですが自分のキャリアを本気で考える程には魅力のないチームだと言えるのが今のドルトムントです。
[ 2016/10/08 23:23 ] [ 編集 ]
ヴァイグルはドイツ人だしゲッツェらと同じ扱いをされる。そしていつかはバイエルンかな。
しかし今はドルにいる事が最適だと本人も十分分かってるはず。
[ 2016/10/09 16:15 ] [ 編集 ]
正直にいっちゃいますけど、ヴァイグルは過大評価と思います。
騒いでるのはドルトムントだけなんじゃ?
とにかく守備をなおさないと代表でもベンチのままのような。
アンカーとしてならジャンの方がいいかな。
フォーメーションも4231を使ってきたし、クロース、ケディラ、ギュンドアン、ジャン、キミッヒこれだけの人材のなか果して。
[ 2016/10/10 00:30 ] [ 編集 ]
ドルトムントが優勝するためには優秀なトップ下が必要。
デブルイネが来ていたら間違いなかったのになあ。
[ 2016/10/10 03:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。