ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川、ゲッツェにポジションを奪われる!」BVB中間査定!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ

中間査定

ラファエル・ゲレイロが一番の驚き!


entry_img_1267.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ


ラファエル・ゲレイロがBVBの新加入としてすぐに説得力のあるパフォーマンスをみせた。
しかしそれと同時にBVBには明らかな敗者も存在する。


スポンサーリンク


彼は正しい距離の取り方を学ばなければならない。ラファエル・ゲレイロが試合の後でジャーナリストの前に姿を現す時、彼は仕切りから1メートルも離れて立っている。目線は下向きで声は小さく、これでは2列目のジャーナリストには何を言っているのかわからない。



しかしフィールド上では、こうしたシャイな一面は全く見られることはない。この夏約1200万ユーロでやってきた左サイドバックは、何度も素晴らしいパフォーマンスを発揮している。それも中央で。



彼のテクニック、落ち着き、そして戦術理解度は非常に素晴らしいもので、左足から放たれるセットプレーは大きな武器だ。“彼は一つのポジションに固定するには良すぎるよ。”とトーマス・トゥヘルは語る。





カストロとビュルキが勝者


ゲレイロはこの夏に起きたドルトムントの変革の大きな一部であった。5人の選手が去り、新たに8人が加入した。BVBは1億ユーロを受け取り、1億2000万ユーロを支払った。これまで公式戦約10試合を終えたが、中間査定の時期がやってきた。それにおいては、ゲレイロに次いで2人の勝者の名前を上げることができるだろう。しかしもちろん敗者も存在する。

ゴンザロ・カストロはBVB移籍直後は補強失敗と言われていた。しかし2シーズン目において、この評判を完全に拭い去った。この中盤の選手は攻撃陣の要となっており、10試合で7ゴールに直接絡んでいる。これは非常に力強い成績だ。最近ではレーヴ代表監督が彼を代表に召集しなかったことで批判されていた。


さらにロマン・ビュルキが2年目のシーズンで大きな成長を見せている。このスイス人は、ここ最近では非常に自信に満ちたパフォーマンスを見せており、何度も素晴らしいクリアを見せ、さらに足元も上手だ。“もうフライブルクのゴールキーパーだとは感じていないように見えるね。今では彼はドルトムントのナンバー1だと感じているように見えるよ。”とトゥヘルは語る。




ゲッツェに見られる上向きの兆候

現在19歳で、非常に素早く、トリックプレーも豊富なウスマン・デンベレーのような選手は、ドルトムントでは見たことがない。彼は狭く守っている相手守備陣を切り裂くことができる。しかし戦術と守備においてはまだ学ぶ必要があるだろう。

アンドレ・シュルレは力強いパフォーマンスをシーズン序盤に見せ、なぜ彼を獲得することになったのかを証明してみせた。しかしその後負傷してしまっている。マリオ・ゲッツェはそれとは逆で、当所フィジカルに問題を抱えていたが、常に良くなってきている。マルク・バルトラは、彼はディフェンダーを牽引する存在になれる可能性を示して見せた。しかし内転筋の負傷で離脱している。そして18歳のクリスティアン・プリシッチは、ブンデスリーガとチャンピオンズリーグにおいて素晴らしいパフォーマンスを見せた。




シャヒンの嘆かわしい状況

シャヒンのおかれた状況は非常に嘆かわしいものだ。このドルトムント育ちの選手はたった一度しかベンチ入りをしていない。そして1分もプレーしていないのだ。この状況が、良くなる可能性はほとんどなさそうに見える。このドルトムント育ちの選手は、ここを居心地よく感じているようであるが、冬には移籍となるだろう。

ゼバスティアン・ローデはFCバイエルンでは定期的に出場することができず、リズムに欠けていた。トゥヘル監督は彼には向上の余地があるとみているようであるが、今のところ彼は単なるチームの一員に過ぎない。


香川真司はプレーメーカーとしてのポジションをゲッツェに奪われてしまった。そしてレアル・マドリッド戦ではスタンド観戦となっている。彼はもっと頑張らなければならないだろう。

新加入のミケル・メリーノはまだチームに溶け込めていないという問題を抱えており、最初の出場を待っている。この才能が冬にローンで移籍する可能性は0ではない。





以上です。

地元紙の中間査定の記事がありましたので紹介しました。

今のところビュルキのパフォーマンスは昨シーズンよりも明らかに向上したと感じています。この調子でいってくれると良いですね。ただ失点が大きく減ったわけではないので、判断の難しいところでもあります。

しかしずいぶんと負傷者が増えてしまいましたね。ゲレイロの怪我は大したことはなかった、という続報が出ましたが、これからが心配になります・・・

[ 2016/10/10 17:55 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(20)
別に香川を必要としないならそれでもいいんじゃないかと最近思いますよ。
今のBVBの試合はU23のような未熟なサッカーで見てても面白くないし、トゥヘルは選手の使い方が分かってないとしかいいようがないですね。選手を物のように使い倒して怪我させる。若い選手自慢をしたいがために、ベテラン選手のシャヒンや香川やローデの評価を下げるような使い方をする。最近オバメヤンが多数の有名クラブから移籍の話があったという記事を見かけますが、暗に移籍したい事を外部にアピールしてるのでは?と感じます。
こんなクラブベテランは逃げ出したいでしょうし、若手だけになったクラブなんてポルトになりますよ。
ポルトは良い選手を売りまくった結果、経験浅い若手だらけになり、リーグの順位を落とし監督解任で交代しても素材が未熟なので優勝できないCLに出れるけど勝てずに参加するだけのクラブになってます。CL権とれればとか言ってるんで、フロントはそれでいいのでしょうけど、ライプツィヒが台頭している中では、その内BVBは選ばれなくなるんじゃないですか??
[ 2016/10/10 18:49 ] [ 編集 ]
こんばんは

ドルトムントクラスになると
ほとんどの選手が代表なので
コンディション調整やケガで
マネジメントも苦労しますよね

香川選手は出れば活躍しそうですけどね
先日の試合では
トラップも流れず
ターンもスピーディーに見えたので

明日の代表戦で、
代表で出なければクラブで
やってくれそうなので
楽しみです

ドイツ代表のゲッツェみたいに
トップで(ゼロトップ?)
香川-清武で縦のラインとか

まぁ、この大一番にやらなそうですが〜笑
[ 2016/10/10 19:15 ] [ 編集 ]
まだ始まったばかりとはいえ
ビュルキがハイパフォーマンスを見せるとは思わなかった
GKも補強ポイントだと口にしてきた考えを破壊してくれてありがとう
元々主力の離脱が多い中始まり、更に主力のゲレイロとカストロの負傷は痛い
ロイスが練習復帰したとはいえまだ掛かるだろうし
動けるメンバーでどこまで繋げるか
シャヒンがどうなのか試合で見たい
[ 2016/10/10 19:30 ] [ 編集 ]
シャヒンの状態は本当に気になります。まだ良くないのでしょうか?
なんだかこんなふうに書かれるなんて、、香川選手もですが、、早く活躍する姿が見たいです

ロイスはそろそろ戻れるのでしょうか?
シュールレの状態も気になります。
[ 2016/10/10 19:31 ] [ 編集 ]
 現在の戦術で堅調な選手が、僅かに戦術を弄るだけで、そうではなくなるのがサッカーです。例えば、現状の左IHは左WGとの連携が重視されて左利きが有利ですが、中央の方を意識してプレーするような戦術変更がされたり、サイドチェンジする頻度が高まれば右足が重要になります。ちょっと戦術変更するだけで特定ポジションの効き足の価値が反転するのです。
 チャンスを得られていない選手達も、腐らずに準備をしていれば、チャンスが来るかもしれません。トゥヘル監督はそう遠からず、戦術に手を入れる気がしますね。
[ 2016/10/10 19:43 ] [ 編集 ]
査定というかこれまでの状況をまとめた感じでしょうか
ピシュもケガという情報がありますね。中盤から後ろの選手ばかりなので、守備負担の大きさが影響したように思えます
記事にもありますが、香川は頑張り時です。ケガ人の状況によっては期待がかかりますから、いい準備をしてチームの力になって欲しいです
[ 2016/10/10 20:00 ] [ 編集 ]
シュールレ・ゲレイロはチームに早くもフィットしていたし、カストロも調子が良かったのに残念です。
これで香川にある程度出番があると良いのですが、実際はゲッツェ・ヴァイグル・ローデでしょうね・・・

記事とは全然ありませんが、代表戦でインモービレが2ゴールしていましたね。
去り方が良くなかったので印象が悪いですが、イタリアで再び活躍しているようで何よりだと思います。
[ 2016/10/10 20:04 ] [ 編集 ]
私も0トップ見たいです。
せっかく清武選手が居るのに。何故やらぬ。
ワントップなど要らぬと思います。
まあ無理ですね。ははは
[ 2016/10/10 21:15 ] [ 編集 ]
なんとかチャンスをモノにしてほしいです。
[ 2016/10/10 21:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェと香川はほぼ同レベル。ならばドイツ人であるゲッツェを優先して使うのは当たり前。カストロとゲレイロが代表で怪我したから、必ず出番はあるけどね。
[ 2016/10/10 21:49 ] [ 編集 ]
香川は仕方ないね…クラブでも代表でももっと頑張らないといけないわ。
昔、スーパースターだった時の積極性がちっとも足りなくて見ててもつまらない。
ゲレイロってシャイなんだね。
ピッチ上とのギャップ、あの頃の天才香川とカブるわ(涙)
[ 2016/10/10 22:22 ] [ 編集 ]
ゲッツェにポジション奪われるも何も、香川が怪我する前から元々その話で盛り上げてたから決まってた路線じゃあないんですかね
トゥヘルになってから選手は怪我をしにくくなったという説も今では何処にいったやら・・・次戦、香川はこれだけ干された後に代表からの大移動だから焦らずコンディション回復に努めて、ここはひとつ絶賛上昇中のゲッツェに任せればいいんじゃないでしょうか
シャヒンと香川は良い移籍先を掴むためにもベストなタイミングで使ってもらえるよう期待したいです
[ 2016/10/10 22:25 ] [ 編集 ]
ゲッツェは派手な活躍しないとブーイングや批判の嵐になると思ってましたが
そこそこ普通でも認めてしまうんですね、やはり地元だし歓迎してるファンが多いんでしょうか?マスコミとファンの意見は違うのかな
香川は頑張りどきっていいますが、去年のあの活躍をしても、すぐ不調烙印を押されるわけですから、これ以上活躍しろと言ってもどこまでやればいいんでしょうかね?
代表でもそうですが一度不調烙印を押されるとファンは酷いもんです。
現状ではげけが人が多くても出場は限られてるんじゃないでしょうか?とにかく今後のためにも腐らずやってほしいです。
[ 2016/10/11 00:26 ] [ 編集 ]
 ほんと、始まる前から散々香川はずしをドイツのマスコミはしてたわけだからね。
 まあ、ゲッツェが香川のポジションを奪ったというなら、4141のサポート付ではなく、4231のTOP下でやらないと奪ったことにはならない。昨シーズンも結局香川だけしかまともにこなせなかった。4141ではヴァイグルが押さえ込まれるとボールを前に運べないからね。ぜひヘルタ戦で4231のゲッツェを見てみたいものだ。
 が、たぶん昨シーズンを考えるとヘルタ戦は433なんだろうな。
 そういえば香川が出てた昨シーズン前半は3-1で勝ってるが、香川が不調で出てない後半の試合は0-0なんだよね。おかしなことに香川が不調で出られないと、チームも不調になるみたいだ。あ、そういえばポカールの準決勝は香川が出て3-0で勝ってるんだよね。

-28-
[ 2016/10/11 02:10 ] [ 編集 ]
最近急に香川とシャヒンがセットで扱いを言われてるけど
2人はドイツ人にとっては外国人傭兵であり
絶頂期に移籍させて貰うも苦労して出戻った立場
ドイツ人と他の扱いはレヴァンドフスキでうんざりしたはず
そもそもドルトムントの主力が怪我するのはクロップの頃もだよ
1番上の人とかここでは敬語使えば何を言ってもまかり通ると思うのやめようね

下部出身シャヒンはベンチにもめったに入らないから不憫
[ 2016/10/11 02:35 ] [ 編集 ]
ゲッツェはドイツ人で香川は外国人助っ人ですから。
香川の二連覇時の頃は〜とか、積極性が〜とかもう聞き飽きたし、見飽きたし!
代表でも9月の2試合怪我してたのにフルで出されて、使い倒すって事で言えば、ハリルもトゥヘルも変わらない。
今シーズンで言えばまだトゥヘルの方が大事にしてくれてるとさえ思える。
ドルも怪我人が増えてるけど、代表もドルをお手本にしてるだけあって怪我人が増えそうな戦術だなぁと、今の代表メンバーに合ってる戦術なのか?と素人目線ですが思ってます
[ 2016/10/11 06:43 ] [ 編集 ]
まあ怪我で出遅れたから仕方ない部分もある。
しかしゲッツェ再生プロジェクトで香川の出番が制限されるのは誰でも分かる。同じ活躍なら香川が不利なのは明らかだし。そういう意味でもより頑張らないとスタメンは厳しい。でも香川はそれを十分分かってるしこれから巻き返して行くと思う。代表でも苦しい立場に置かれている今こそ成長出来るチャンスだからね。
[ 2016/10/11 06:56 ] [ 編集 ]
シャヒンがドイツ人だったらこの扱いだったのかなぁ…とふと思いました。どなたかも仰っていましたがオーバは売り込みかけているような。オーバが移籍したらゲッツェが0トップやるんでしょうか。香川は腐らず何とかコンディションベストに整えてほしいです。状況等違うとは思いますが、ケルンサポにブーイングされてホームで出られなくなってしまった大迫も耐えぬきましたし!
ピスチェクはきちんと検査しなければケガの程度はまだ安心できないです。管理人様の仰る通り何の為の補強だったのでしょうか…ファーガソンまでは求めませんがトゥヘルは戦術だけじゃなくTOももう少しちゃんとやってほしいですね。
[ 2016/10/11 08:15 ] [ 編集 ]
香川の様な、周りに使われ使うタイプの選手は実戦に出ないと、連携が上手く取れないから厳しいですよね。
守り固めには使えないしな〜。個人的には、海外に出てから滅茶苦茶悪い時は無かったと思っています。
ユナイテッドの二年間もシッカリ見ましたが、点を取ろうが、アシストしようが次節はベンチが何度もありましたね。香川自身というより、国籍や投資額(高年俸や高移籍金)、監督交代による戦術変更やサッカースタイルの好き嫌い、選手層によるローテーション、マスメディアによる要求と期待とのギャップなどなど‥。試合勘の欠除に加えて長距離移動の代表戦による疲労と怪我。

香川の短所は、複数ポジションが出来ない事と(強くはなりましたが)フィジカル面、戦術変更の対応能力でしょうかね。

尻に火が付いて、移籍含めて前向きに動いて欲しいですよね。27歳で枯れるのは哀しい。ドイツ人と新戦力で、今年行く方針はマスメディア含めて、変わらないと思います。
[ 2016/10/11 15:54 ] [ 編集 ]
香川って助っ人外国人やねんからもっと頑張らないといけないと思います。ゲッツェの倍ぐらいは、活躍してもらわないと。
[ 2016/10/11 17:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。