ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「原口出場の日本代表、オーストラリア相手に単なる引き分け!」《ドイツの反応》




ハンデルスブラット



ワールドカップ予選

原口出場の日本代表、オーストラリア相手に単なる引き分け



entry_img_1270.jpg
引用元:モルゲンポスト


日本代表は、4人のブンデスリーガでプレーする選手が先発で出場したが、2018年のワールドカップに出場するための重要な試合でポイントを取りこぼした・・。


スポンサーリンク



4人のブンデスリーガの選手がスタメンに名を連ねた日本代表だったが、2018年のワールドカップに出場するための重要な試合でポイントを取りこぼした。本日メルボルンで行われた試合で、ハリルホジッチ監督のチームはオーストラリアを相手に1:1と引き分けた。



開始五分に、ヘルタに所属する原口元気が日本に先制ゴールをもたらすも、アジア王者であるオーストラリアが52分に同点に追いついた。日本は4試合を終えた時点で7ポイントで、現在2位につけており、オーストラリアが8ポイントで首位に立っている。両グループの上位2チームが、2018年にロシアで開催されるワールドカップに直接参加する資格を得る。



原口元気の他には、フランクフルトの長谷部誠、ドルトムントの香川真司、ハンブルクの酒井高徳らが先発に名を連ねた。シュトゥットガルトに所属する浅野拓磨が途中交代で出場している。







以上です。

引き分けでしたか。なかなかすんなり勝てませんね。このブログを始めたばかりの時は、ブンデスリーガに所属する選手も13人ぐらいで、毎週10人ぐらいの選手が先発で出場していましたが、最近では2,3人になってしまっていますね。傾向として海外組の活躍が少なくなっているようにも見えますが、そうしたことの影響もあるのでしょうか・・・それとも監督?

いずれにせよ、ブンデスリーガでプレーする日本人選手がまた増えてくる事を期待しています。

[ 2016/10/12 06:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(23)
宇佐美選手、武藤選手は怪我で離脱しちゃったのもありますが、ブンデスリーガにいた選手も今はあちこちに散ってしまいましたからね…。今回招集組もドイツ勢以外ではセビージャ、ミラン、インテル、マルセイユ、フィテッセ、レスター、サウサンプトンとリーグも様々でしたし。(川島選手も今はフランスでしたか)
シュトゥットガルト辺りがまた上がってきてくれると、浅野選手や細貝選手が居るので少し賑やかになるのですが。

2部の試合も結構面白いので、ドイツ2部に挑戦する若い選手もっと増えないかな。
[ 2016/10/12 09:44 ] [ 編集 ]
皮肉にもハリルホジッチと同じこと言ってますね。
取りこぼした、という表現。

きちんとゲーゲンプレスがはまれば効果的にショートカウンターに持ち込めた印象ですがいつまでこんなことやるんでしょうか。

香川は調子はよかったですね。
プレスもよかったですが、違うのはプレスの位置取りがいつもとは違う。押し出された位置からのプレスで
4231のポジショニングからのプレスをやらせたらもっと無駄がなく効率的だった。
日本でサッカーの試合を見ていてプレスの解説とか聞ける日は一生なく、このままサッカー後進国のままなんだろうな、
と代表戦を見ているとため息しかつけません。
[ 2016/10/12 11:36 ] [ 編集 ]
守備だけがよかった攻撃が評価されないのは悲しい、とか言うけど、
あれは香川だけのせいじゃありませんよ。

いろいろ一人だけの問題にされてますが、テレビや日本でそういうから、とかで流される気はしませんね。
まともなポジショニングできなかったので、あのおかしな状況を与えられてよくやりました。
[ 2016/10/12 11:43 ] [ 編集 ]
勝つに越したことはないですが、相手はオーストラリアでしたし、アウェイで勝ち点1は良かったと
思いました。もう、負けることはできないし、SBの長友、酒井選手いない中で引き分けたんですから
原口選手もリーグでの好調さが納得の働きでした。次戦のドルトムント戦でも出るでしょうか?

香川選手の前半の守備はとても効いていて良かったと思いました。本当はこういう時に点を取ったりしてスーパーな活躍を
して周りの雑音も止めてほしかったところですが、この1ヶ月ほとんど試合に出ていなかったですし、、
ハリルホジッチ監督は選手個々に課題を出しているっと言っていました。ドルトムントでも常に守備力がないと
言われてますし、、まずはそこの部分でかなりの向上が見れたので自分的には良かったです
まだ、時間がかかるかもしれないけど進化の途中だと思ってます

[ 2016/10/12 11:57 ] [ 編集 ]
香川は前半のプレッシングはかなり効いてたけど
相手がガタガタだった前半に攻撃で見せ場を作れなかった
物足りないけど戦う姿勢は見れた
香川が代表でバイタルまで戻って守備する事は珍しい

原口はタックル雑だったけど
あそこまで戻って守備する意識は偉いよ
今まで代表の左サイドにあれをペナルティエリアまで戻って
守備してた選手はいなかった
[ 2016/10/12 11:58 ] [ 編集 ]
日本はカウンター狙いのかなり守備的な戦術でした。
が、非常に組織化されて守備はかなり上手くいってたように思います。
組織的な動き やればできるじゃん、と驚きでしたw

反面、守備から攻撃の切り替えがかなりモタついてて経験と練習不足な感じです。
各選手が常時試合に出る必要があるよなあ...

あと、選手の交代が遅いのはハリル監督ビビりすぎ。
[ 2016/10/12 12:12 ] [ 編集 ]
ハリルホジチの言う「縦に速いサッカー」と日本人が思ってる「自分たちのサッカー」に開きがあることに気付いていない選手やサポーターが多いんじゃないか
それ以外にも「結果にこだわる」と言われていた試合に勝って「結果はよかったが内容が…」なんて強欲
アウェーでオーストラリアに引き分けて初戦の負けにもかかわらず3位に着けてるんだから監督交代なんて愚策は工作活動にしか見えない
そもそもまだ半分も消化してないんだぜ?
[ 2016/10/12 13:15 ] [ 編集 ]
FWと横並びでプレスする香川の絵って初めて見たがする。
攻撃するにもトップ下のスペースはふさがってるし、
あの状況の中で本当によく耐えたな、という感想しかでなかった

浅野をなんでもっと早く使えなかったのでしょうか?
[ 2016/10/12 13:29 ] [ 編集 ]
浅野ってなんで最初から出しちゃいけなかったんだろうか?
[ 2016/10/12 14:14 ] [ 編集 ]
勝てた試合落としたね

香川はモイテッドの時のウィルシャーと遊んでたホームのアーセナル戦を思い出した
プレス切りもうまかったけど、プレミア行って対人うまくなったな
ショートカウンターが発動できるような攻撃的なプレスがかけられなかったのがチームとしてもったいなかった
[ 2016/10/12 14:39 ] [ 編集 ]
槙野が話してるの読んだら香川の守備重視はチーム戦術だったのが解りますよ
代表って目の前の試合を見て自分の目で判断することより用意されたシナリオ通りに乗っかってもらう
事が大事になってるから、自分で勉強しないと世界の戦術が解らなくなってしまう恐怖を毎回感じますね
[ 2016/10/12 15:44 ] [ 編集 ]
 オーストラリアは良いチームを組みました。戦術が浸透してますし、世代交代もうまくいって平均年齢はスタメンで26歳以下かな?平均身長は180を軽く超えてそう。GKはベルギーで最優秀GKになったことがあるマシューライアンで、彼は素晴らしいセーブをしました。オーストラリア代表はロシア大会で結構やるかもしれません。

 対する日本は監督交代の影響もあって、まだ戦術が固まらず、チームを作ることが出来てないので苦戦するのは当然です。ありあわせの戦力でその場そのぎの戦術でドローですから上出来って感じです。

 日本代表は実績が少なくても若手を多く入れて、さっさと主力選手の平均年齢を引き下げたほうがいいでしょうね。代表戦は実力も大事ですが、それ以上に疲労の回復量がとても大事。移動距離が長く気候変化も激しいアジア地域の日本代表は、肉体的な負担が極めて重いですから、疲労回復が早い若い選手を出来るだけ多く起用したほうが良い。特に地球を半周してくる欧州所属選手にはシビアな判断を下したほうがいいと思います。
[ 2016/10/12 16:51 ] [ 編集 ]
代表戦は逆に面白い見方ができるようになってきましたね
フットボールファンとしては改めて香川の能力の高さを見れて何より
[ 2016/10/12 17:38 ] [ 編集 ]
守備的な戦術?どんな形であれ毎回失点してたら意味ないと思います。DF力が無さすぎる。攻撃選手減らしてDFの選手1人増やす(3バック)かアンカー置くともう少し安定すると思うんやけどなぁ。

長友をアンカーにしたら面白いかも。ラームみたいに

やって欲しいなぁ
[ 2016/10/12 18:17 ] [ 編集 ]
オーストラリア戦、ライターさん達が思い思いの評価での記事をたくさん読みました。批判が多いのかな?と思いきや、賞賛の方が多かったですね。ハリルの戦術はどのチームでもやりますが、それを短期間で選手に落とし込めたのはさすがだと思いました。彼らは完璧にこなしていたと思います。だけれども…と言いたくなる事はありましたが、W杯予選でオーストラリアに勝った事はたしかなかったと思います。その中でも香川選手、上出来じゃないでしょうか。苦しい中で得点が欲しかったのはやまやまですが…
[ 2016/10/12 19:22 ] [ 編集 ]
11:36さん、BSの放送ではプレスについて触れられていたような気がします
解説は元日本代表の福西でした
民法の方は好きじゃないので見ないようにしてます
イラク戦の失点について「ベンチがバタバタしてるから選手が集中出来なかった」とベンチワークのせいにしてたのには私もため息をつきました
[ 2016/10/12 21:07 ] [ 編集 ]
なんかマスコミに流されて代表というかハリル批判してる人多いけどオーストラリア相手にほぼ完璧な守備だったよ?縦に早いサッカーてのがやっと効果的に出る相手だった。

西川PK以外でシュートセーブしたっけ
ただ中東相手に少ない手数でやろうとすると手こずるからポゼッションも予選は考えるべき
[ 2016/10/12 21:56 ] [ 編集 ]
もっと清武が見たかった。
そして武藤のケガ早く治ってくれ、大迫も見たいよ
[ 2016/10/12 22:48 ] [ 編集 ]
FWと横並びで守備する香川って初めて見た気がする…って、ドルトムントの試合見た事無い方ですね。ドルトムントでは攻撃時は4231のトップ下ですが、守備時は442のトップでファーストディフェンダーですよ。

サッカー解説者のレベルの低さにうんざりしていて、それはまだ日本人がヨーロッパで活躍した経験がある人が解説者に居ない事が大きな原因だと思っている。それと、現代サッカーについての勉強不足。日々戦術やトレンドは変わって進化しているのに、いまだにスペイン全盛期のチキタカこそが目標とするものだと思っている節が有る。

そんな中、中西さんと戸田さんのやっている深夜のサッカー解説は、しっかりとデータを集めて映像検証していて面白い。もっとこういう番組を増やしてサッカーの本当の面白さを普及して欲しい。サッカーがゴールシーンだけで語られる、30秒のダイジェストだけじゃない、90分の面白さを。
[ 2016/10/12 23:21 ] [ 編集 ]
福西は早野の誘導尋問に引っかかってませんでしたね。

イラク戦はBSもひどい解説してましたが、もうどう言うことを
言って演出したいのか、露骨になってます
こんなギリギリの状況になるまでポジショニングのミスとかプレスの甘さ、
何故ショートカウンターがかけられないのか、なぜ攻撃できなかったのか、
とかサッカーファンでさえ見てたら解ることが指摘できない

みてる方は応援しかできませんが、ハリルもこんな状況でよく頑張ってますよね
[ 2016/10/12 23:32 ] [ 編集 ]
23:21、32の意見同感です
澤登さんの原口に対するインタビューも酷かった
一番酷いのは藤田さんの記事かな。日本にはアジア王者らしい戦いをして欲しいと…ベスト8でしかもアジア6位の国なのに
この試合で感じたのは、やはり華麗な攻撃を好む人が多く、評価基準もそこなんだなということかな
[ 2016/10/13 07:56 ] [ 編集 ]
FWと横並びして守備する香川はドルトムントではあまりみたことないですよ。
プレスはFWと縦関係でやってますすから。FWが前にかけたら、その後ろで
連動して次にプレスといくのがドルトムント。前の2枚の動きが肝

実際に香川のインタビューでも攻撃にいくためのプレスがかけられなかったと
言ってるので、かけようと思っても独りでいくと逆に守備に穴が空くので
かけられなかったから攻撃にいけなかっただけにもみえました。

なんでこんな単純な事さえ指摘できないのか不思議でたまりません。
誰かがきちんと解説してあげればサッカー知らない人でもきちんと解る
ゲーゲンプレスだって解説してくれた人がいるから私でも理解している。
[ 2016/10/13 11:16 ] [ 編集 ]
相変わらず、日本ってメディアをはじめ攻撃しかみてないよね。
守備ってDFだけがするものじゃないんだけど。
守備の貢献と攻撃の貢献は別で考えるべき。
しかも守備だけじゃ~って言うけど、今まで散々香川の守備について文句言ってたのにね。
激しい当たりの守備以外は守備じゃないと思ってる人には香川の守備の良さは分からないでしょうね。
[ 2016/10/13 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。