ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新加入のエムレ・モア!2試合の出場停止に!ダービーも欠場!《ドイツの反応》



【キッカー】10月17日




ヘルタ戦でのレッド・カードで

2試合の出場停止に!モア、ダービー出場を逃す!



entry_img_1282.jpg
引用元:キッカー




金曜日に行われた、ボルシア・ドルトムント対ヘルタBSCの試合は非常に熱いものだった。35のファール、6枚のイエローカード、そして退場者が二人と、この数字がハッキリとその試合の性格を表している。その試合ではドルトムントのヤングスターエムレ・モアも試合が終わる前にピッチを去らなければならなかった。このトルコ代表の選手は、その行いのために、2試合の出場停止となった。

スポンサーリンク



パル・ダルダイ監督はドルトムントのスタジアムで男のサッカーを見ることができただろう。このハンガリー人は両チームの戦い方が非常に気に入ったようだ。しかし一つの場面は、このハンガリー人の監督のお気に召さないようだ。84分にディフェンダーのラングカンプがエムレ・モアに押されてわざとらしく倒れたのだ。モアはそのためにレッド・カードを見ることになった。



試合後このヘルタにセンターバックは、“あの僕の反応は少しやり過ぎでしたし、あれはレッド・カードではないですね。申し訳ないです。”とこの28歳は述べている。しかし退場させるかどうかはあくまで審判パトリック・リッティヒの判断だ。たしかにその前の場面ではラングカンプがモアを掴んではいたが、それでもモアは自分をコントロールしなければならなかった。


entry_img_1276.jpg



エムレ・モアはスポーツマンシップに反するという理由から、2試合の出場停止の措置を受けることになった。しかしこれはエムレ・モアにとっては非常に痛手となってしまった。なぜなら彼は今度の土曜日のインゴルシュタット戦に続き、10月29日のシャルケとのレヴィーア・ダービーにも欠場することになったからだ。



しかしスポーツ裁判所が、それ以上に悪質な行いを認めなかったため、モアは他の大会には参加することが可能となっている。このため火曜日のCLリスボン戦や来週水曜日のポカール、ユニオン・ベルリン戦にではプレーする事が可能だ。



モアは、出場停止処分だけではなく、チームメートからも明らかにお叱りを受ける事となったようだ。“彼はチームメートからも、いろいろと言われることになったよ。”とユリアン・ヴァイグルは語っている。






以上です。


1試合の出場停止かと思っていたら2試合になってしまいましたね。まああからさまなジェスチャーではあったので、しょうがないといったところでしょうか。しかし若者ものびのびを通り越してしまっているようでは、これから先が心配です。トゥヘルがモアのこのプレーに対してどんな対処をするか非常に興味があるところです。

若手を起用することでベテランが舐められないかも心配ですね。



【おまけ今日のドイツ】

201610180411486c6.jpg


お隣の国チェコのボヘミアスイス国立公園にハイキングに行きました。
[ 2016/10/18 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(10)
管理人様、翻訳ありがとうございます。

モルの二試合の出場停止はしょうがないかなと。問題は今のドルトムントが野戦病院状態なんですよね・・・ 次誰を出すんだろうと
まあ、こうなった原因は、TOもろくにしないまま試合を続けたトゥヘル監督の責任だとは思います。

気になるのは、明日のCLですね。 ローデの発言をそのまま鵜呑みにしてまたゲッツェ ローデのコンビで出してきそうで怖い……いい加減トゥヘルも考えてほしいですが、どうでしょうかね?

あと、これは質問ですが、最近のトゥヘル監督の采配について、現地ではどのように受け止められているのでしょうか? 
[ 2016/10/18 06:15 ] [ 編集 ]
香川らが優勝した時はクロップが若い選手を辛抱強く使いながら育てていった印象がある。それがハマって爆発的な力になった。だからトゥヘルが若手を使うのも分かる。何しろロイスやシュールレが怪我がちで若手を使うしかない事情もあった。それでしばらく上手くいってたしね。ただこれほど野戦病院化するとは想定外だったんだろう。今はとにかく戦える選手を上手くやりくりして乗り越えて行くしかないと思う。それも監督の腕の見せどころ。
[ 2016/10/18 09:23 ] [ 編集 ]
何故これほどまでに選手にケガが多いのか、トゥヘルは一度検証する必要があるでしょうね。

そこで出て来た結論が前の相手チームのファールが多いという結論ならトゥヘルには強豪チームの監督は荷が重いということになりますね。
[ 2016/10/18 09:30 ] [ 編集 ]
 そりゃモルのアレはチームに怒られるでしょうね。怪我が多いのを承知で全く無意味なことをしてますから。CLはああした行為を特に厳しくとりますから、より気をつけなければなりません。
 後ろから掴まれるような事をされたら、あえて倒されてみるとか、駆け引きをする必要があるでしょうね。怒るのではなく、利用する方向で考えていかないと体の小さい選手は辛いと思います。
[ 2016/10/18 10:35 ] [ 編集 ]
ダービーは只でさえ熱いですからね
良かった様な悪かった様な

若い選手特にはメディアの注目を浴びると色々大変ですよね
それで伸び悩んだり勘違いしたり周りを下に見たり自棄になったりして結果的に凡庸な選手に落ち着く選手も多い印象です

モル君はこれをきっかけに精神面だけでなくプレーに於いても周りを見られる様になるといいんですけど
[ 2016/10/18 12:08 ] [ 編集 ]
モルはもっと大人にならないと…
[ 2016/10/18 14:57 ] [ 編集 ]
こういう時こそヌリを使って欲しい!
[ 2016/10/18 16:43 ] [ 編集 ]
ドルトムントって平均身長が
段々小さくなってませんか?
[ 2016/10/18 19:23 ] [ 編集 ]
入らないプレースキックをデンベレとモルが繰り返してる時点でもう完全に天狗になってる。ヘルタ戦退場するまでのモルの劇場とか見ていてげんなりする。2シーズン前に自陣で無意味なドリブルしてロストしたミキにフンメルスが激昂したのが懐かしい。早くロイス戻ってこないかなぁ、ロイスしか言わない気がする
[ 2016/10/19 00:10 ] [ 編集 ]
報復行為をしたモルにレッドはしょうがないとしても相手DFにもイエロー出しても良かったんじゃないかなぁと思います
ちょっと抑えるどころか完全に両腕で抱え込んでましたし、子供の体育の授業のサッカーかと
[ 2016/10/19 13:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。