ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】ドルトムント対リスボン戦、香川の評価は?キッカー採点と試合分析!!《ドイツの反応》



entry_img_1286.jpg
本日発売のキッカー表紙


【キッカー】



・スポルティング採点


パトリツィオ 2.5

スケロット 3、コアテス4、セメデ 4、ゼーゲラー 4.5

カルヴァロ 2

マルティンス 1.5、 エリアス 3.5、ルイス 4

マルコヴィッチ 5

ドスト 4

スポンサーリンク






・ドルトムント採点


ビュルキ 2

ギンター 2、ソクラティス 3、バルトラ 3.5、パスラク 3

ヴァイグル 2

プリシチ 3、香川 4、ゲッツェ 3.5、デンベレー 3.5

オバメヤン 2.5





審判 スコムニア 5
線引きが不明。あくせくする終盤はいっぱいいっぱいだった。39分のコアテスのゴールを無効にしたのは間違いだった。



試合採点 2
素早く、変化に富んでおり、何より前半は高いレベルでの試合だった。終盤はドラマチックでエモーショナルだった。




試合分析
ドルトムントはまったく新しい4バックで試合に臨み、完璧なパスを出すカルヴァロとマルティンスの前進に対処するまでに時間を要した。稀に見るぐらい自由にプレーするヴァイグルがドルトムントの要となり、勇敢なアイデアと理想的なラインでプレーし、批判するとしたら、オバメヤンがチャンスを決めれたなかったことぐらいだ。ドルトムントが圧倒的な力でプレーし、スポルティングにはなす術がなかったが、バルトラのバックパスからの失点により、同点への勢いを取り戻した。スポルティングは激しいプレスを展開し、ドルトムントに息をつく暇を与えなかった。そしてそれと同じように早く、ドルトムントが一度出したボールも再びピッチに戻ってきた。ドルトムントは非常に目を見張るほどのエネルギーで、この戦いにこらえた。




まとめ
この試合のように、より熱心なチームが、幸運を手に入れるという事がこのスタジアムで見られたのは稀なことである。ドルトムントは苦しまなければならなかったが、重要な試合の勝者に相応しかった。





マン・オブ・ザ・マッチ
彼のようなスピードだったら、すぐに風邪をひいてしまうぐらいだろう。ジェルソン・マルティンスが彼の素晴らしいレベルを披露した。爆発力、ドリブル、そしてシュート。




以上です。

キッカーを買いましたので、ドルトムントの試合評を紹介しました。

審判が5というのは納得ですね。選手の採点に関してはドルトムントの守備の選手が思いのほか、みな評価が高かったですね。香川選手は、チームでは最低点となっていますが、リスボンの選手も合わせれば、一人だけ悪かったという感じでもなさそう、と言った所でしょうか。個人的にはファイナルサードで出したパスが相手に渡ってしまったのが気になりました。

とにかく怪我人が戻って来るまでには何度か出番があると思いますので、そこでしっかりしたプレーをしてチャンスを掴んでほしいですね。

とりあえず、この試合は勝ったので良かったです。





実際のプレーはどうだったか置いておいて、香川に対して監督の指示するプレー、タスクとファン、マスコミが望むプレー、タスクに大分距離があると感じています。
そのせいで必要以上に評価が悪い、批判されるのかなと。
(今回の評価のことではないし、低評価、批判に文句を言っているわけではない)

この試合も攻撃的MFというより、守備的MFの役割を担ってたと思うんだけど、その目線で評価している人はどのくらいいるんでしょうか。

ま、ミスはそれなりにあったし、コンディションも上がりきってないので、ダメな所を修正するしかないので頑張ってほしい。
[ 2016/10/20 22:33 ] [ 編集 ]
?なバックパスでpk与えたバルトラより悪かったですかねー

最近のキッカーは香川選手に厳しいですね
[ 2016/10/20 23:04 ] [ 編集 ]
うーん、香川はこのままでは厳しいなぁ。メンバーが揃わない間に結果を残して欲しいんだが。
[ 2016/10/20 23:14 ] [ 編集 ]
 審判が最低というのは当然ですね。サッカー分かる人がこの試合を見て最も印象に残るのは、どの選手がどうこうではなく、審判の不思議なジャッジ、だったでしょう。

 香川についてですが、攻撃面でインパクトに欠けたので妥当な評価。しかしながら、マッチアップした相手を見れば、エリアス3.5とルイス4、逆側のカルヴァロ2マルティンス1.5と比べると、相手にとっては面倒な存在だったことがわかりますね。
[ 2016/10/21 00:04 ] [ 編集 ]
ギュンドアンとフンメルスが去った今のドルトムントでは、トップ下でのプレーは損な役回りに見えます
ヴァイグルはリスクを冒してまで縦方向のパスは出しませんし
ただ、咋シーズンの序盤に比べて積極性を見せてくれるシーンも増えているので、今シーズン更なる成長を見せてくれるのではと期待しています。
早い縦パスを受けつつ素早いターンでDFをかわす香川やゲッツェが見たいものです。
[ 2016/10/21 00:46 ] [ 編集 ]
妥当な評価
戦術だろうが香川が、香川のポジションが求められている役割は何かを考えれば当然
監督からのタスクはこなしているだろうけどやはりあの位置でプレーするなら攻撃において存在感がないのは問題
ドルレベルのチームで守備専門の二列目というのはどうも引っかかる
チーム落ち着かせていたのは香川ゲッツェよりヴァイグルだししっかりしてほしい
試合出ていないのもあるけどそれほど香川は劣化している
厳しいだろうけど何かしらの結果を残すしかない
主力が戻るまでの仕事はやらないとね

お願いだから日本人だからだとか差別されているだとか
ほかの選手が高すぎるとかいいだすのはやめてほしい
たまに例に挙げたようなこと言う人達もいるがそれこそ香川を貶めていることに気づいてほしい
本当のファンなら駄目なものはダメと言わなきゃ
こんなこと書いているけど自分だって香川がまだまだやれると思っているし
[ 2016/10/21 00:56 ] [ 編集 ]
採点にマジレスするのもなんだけど、ゲーム見てんのかね?といいたくなるw

このゲームは香川とゲッツェいなけりゃ後と前の間に広大なスペース開いてたよ。実際、前のヘルタ戦まで、香川が出てない試合は真ん中開きまくり、閉まったかなと思ったら今度はバックラインが開きすぎwそんでユリアン孤立して何も出来ん状態が続いてたんだけど、香川とゲッツェが横並びで、さりげなくスクリーンやってたからユリアンが動けるようになって、そこそこ点取れた。ケガ人のセンターバックとパートタイマーのサイドバックで間開きそうになったところを二人がしっかりケアできてたから1点で抑えられた。

要するに、ゲームコントロールしてたのはこの二人なんだけど、なんなんだこの採点はw
まー、中盤を制すものがゲームを制すみたいなことよく言いますけど、このゲームは典型的にそうだったんだけどね、、、

[ 2016/10/21 01:23 ] [ 編集 ]
ここでよく言われてるトゥヘルが求めるプレーが香川とマッチしてないのではないかという話は一理あるとは思う
ただ監督がトゥヘルではないクロップ最終年から以降の代表での動きなんかを見てると本人自身の問題は度外視出来ないと思う

2連覇の時は監督も周りの選手も香川を活かすスタイルを理解して尊重してくれてたが大きかったのではないでしょうか
あの頃の香川はボールを持ちたがり自分で仕掛けて強気なスルーを入れたりロッベンは大した事ないとか言っちゃう程今とは本人の意識が違ってましたし
今は本人のメンタルや選手や監督など環境が変わってるので、見る側が昔と同じプレーを求めるのは難しいのではないかな
本人も昔のようなプレーは出来ないみたいな事言ってませんでしたっけ

試合の方は38分頃のカウンターの1対1で仕掛けてシュート打てなかったのが今の香川を表してたと思います
後半は守備的な役割で試合を落ち着かせる役割をこなしてたと思います、トゥヘルが評価してたのはそこでしょう
[ 2016/10/21 01:43 ] [ 編集 ]
 重要なところで香川がパスミスしたのは認める。
 でも香川のパス成功率は88%でしょ。攻撃陣の中でTOPの成績。それなのに最低点はないな。しかもディフェンスでもがんばってたんだし。
 ヴァイグルのゴールも香川のお膳立てがあればこそ。
 しかもトゥヘルが香川のプレーに満足してるといってるから、またもや途中から下がるなといわれてる可能性が高い。それでチームの流れが悪くなった。ホント香川がトゥヘルからやらされてることと、いろんな人が香川に期待していることとは違う気がする。それにより香川のバランスが悪くなり評価は低くなる。ヴァイグルのゴールにつながるお膳立てもスコア上何の評価にもならないからね。でもあのミスを誘いヴァイグルにボールが渡ったのは紛れもなく香川のおかげ。もちろんヴァイグルが中央右から上がりDFを盾にしてキーパーの反応を遅らせて左ゴールポストに当てるようにゴールを決めたのはすばらしいけどね。

0:04さんのコメントでちょっと調べてみた。
ポジションを並べて、真ん中から真っ二つにすると分かりやすい。
4141の場合の香川側のスポルティングの守備陣は4.5、4、4だから、香川が4でつじつま合わせてるのかも。
一方でパスラック側が簡単に攻められて、マルチネスとカルバーリョの評価が1.5と2、さらにディフェンダーのスケロットが3と評価が片側だけに偏ってる。一方スポルティングの反対側(香川側)は4~5と点数が低く、ドルトは逆に香川以外は2~3。こうなってくると個人の評価関係ないんじゃないかといわざる得ないし、右側の評価が高いのは香川がディフェンスもかねてたからだろうとなる。こういうのは個人の評価とはいえないな。

-33-
[ 2016/10/21 01:49 ] [ 編集 ]
この試合の香川選手は、右IHですよね?
もういないけどギュンみたいなポジション、って考えると監督からするとOKなのかなと、監督からはボランチ付近でとポジ制限されてたと本人がコメントしてたようでしたし、昨シーズンからそうですがゲームを見てる方は香川選手を攻撃MF.トップ下やIHその時の実際のポジとは違ってたりしてる時があるのかな?
香川選手が監督のタスク達成すると評価は低い昨シーズン後半戦からそういうの多いなぁ!まぁ自分は気にならなくなったので、見る方の視点で随分と変わるんだなぁ!と
[ 2016/10/21 07:06 ] [ 編集 ]
採点やファンの評価も大切だけど、何より大切な事は勝った事。その内容戦術は監督が決め、そのオーダーどうりの動きで監督を満足させた事。
レバークーゼン戦、皆がヴァイグルが狙われて…と今の戦術を危ぶんだけど、今回香川がオーダーどうりボランチから離れずにポジショニングしろとヴァイグルをフォローしてヴァイグルがMOMの働き。
香川は黒子だったけど充分な働きをしたとトゥヘルが思っているから良い結果。
[ 2016/10/21 07:34 ] [ 編集 ]
まあキッカーの4は特に悪い評価ではないし、香川の仕事も分かる人は分かる。それでも香川に対して物足りなさを感じるのも事実。なんか妙に落ち着いてしまってる気がするね。
[ 2016/10/21 08:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルが求めてるものと、外が求めてるのが全く違うんだろうなぁ。
[ 2016/10/21 08:46 ] [ 編集 ]
香川のフースコレーティングを見ると、パス成功率は高いけど殆どがバックパスか横パスで前向きのパスは全部失敗でした。
成功したドリブルも0でタックルも1回だけでした。
この内容だとCLに出場するレベルのクラブでは次はベンチ行きですよね...

失敗してもいいので、もっと前に仕掛けることをした方が成長するのではないかなあ?
安全なプレーだけを選択していたら普通の選手で終わってしまうのではないだろうか。
頑張って昔の香川をも超える選手になって欲しい。
[ 2016/10/21 11:22 ] [ 編集 ]
香川の評価は妥当だと思います
最近の香川は、攻守における不安定な戦い方や若い選手を生かすことを気にしすぎているため、自らのプレーが二の次になっているように感じます
そのためリスクをかけないプレーを選択し、物足りなさがあるのではないでしょうか
香川やトゥヘルの発言からタスクはこなしてるようにも思いますが、やはり得点に絡むプレーは必要です
本人もそこを課題と話してますので、バランスを考えるだけでなく、時に大胆なプレーを期待したいです
ケガ人が戻ってくる前にアピールして欲しいですね
[ 2016/10/21 14:45 ] [ 編集 ]
生憎自分はこの試合見てないんだけどここのコメント見てると難しい試合やってたのかな
現代サッカーって攻守ともに個人技のウェイトが小さくなって、チーム全体でいかに戦術的に動けるかで勝敗が左右されますね 
点やアシストというわかりやすい結果があると評価されますが、レスターの岡崎しかり、代表の香川などもチームプレイでやってることが見てる側からは判り辛いというジレンマ・・・
[ 2016/10/21 15:52 ] [ 編集 ]
まあ現地も含め殆どの人は気づいてないんでしょうね。今の香川のポジションはトップ下でなて、インサイドハーフであり、状況によってはウイングバックのような位置でもあると思います。自ずと求められるタスクも変わってくるでしょう。今の位置でゴールは量産出来ないと思いますし、フル出場してチームの勝利に貢献したという結果が何よりです。そもそもトゥヘルが香川に求めてる事と外野が求めてる事に食い違いがありそうですね。守備組織も先鋭化してる中でいつまでも昔の香川と比較しても意味がありません。

怪我でポジション奪われたなら、逆に他が怪我で離脱してるうちに奪い返すチャンスでもありますので、勝ちに貢献してほしいです。勝ってるうちは面子は変えないでしょう。
[ 2016/10/21 16:14 ] [ 編集 ]
管理人さん勝ったのはよかったですとかさらっと言ってますけど
スポルティングにあのメンバーで勝てたのは凄いことなんですよ!
前CL王者レアルはカゼミーロがいるベスメンでそれもホームでスポルティングの選手に退場者が出て2-1だったんですよ
ここ2試合勝ちがなかっただけに嬉しかったです!
[ 2016/10/21 17:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。