ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙がドルトムント内の新たな序列を公開!!香川のチーム内での序列は?①《ドイツの反応》




sportbild



ドルトムントにはボスがいない!!


entry_img_1288.jpg
引用元:BVB公式サイト



この夏の大変革によって、チーム内の序列はまったく新しいものとなった!



問題:一番上の席は空いたままだ。



先週金曜日のヘルタ戦(1:1)においても何人かの選手が負傷で欠場したが、一つの問題が浮き彫りとなったのは、これが初めてではない。ドルトムントには真のボスが欠けているのだ。


スポンサーリンク



実際はマルセル・シュメルツァーがキャプテンマークを付けているが、彼がこのマークを受け取ったのはマルコ・ロイスが負傷していたからであり、さらには、オバメヤンがまだ完全に信頼されるに至っておらず、ドイツ語にも問題を抱えているからでもある。



実際には3人の選手がキャプテンよりも、より重要な存在となっている。ゴンザロ・カストロとソクラティス、そしてユリアン・ヴァイグルの3人だ(この3人の選手は皆それほど声を大きくするタイプではないが・・)。



昨シーズンはマッツ・フンメルスという真のボスが存在し、彼は自ら駆け回り、トーマス・トゥヘルともやり合っていた。今回の移籍が監督の思い通りになっていたら、BVBはマリオ・ゲッツェやアンドレ・シュルレと並んで、ユーヴェのサミ・ケディラとレヴァークーゼンのトプラク(次の夏にはドルトムントへ移籍するとみられている。)という二人のリーダー的存在を獲得していただろう。



今回の記事では、当紙が各選手を監督からの評価、クラブ内、控え室内、またその周辺での行いなどを踏まえた上でピラミッド状に選手の立ち位置を表してみた。また昨シーズンと比べてどのように変わったかについても言及したいところだ。



一番は契約延長が待たれるユリアン・ヴァイグルの評価で、彼は次期キャプテンとみられている。彼はすでに中盤の指揮者であり、トレーニングや試合中に指示を出すなど、中心的な役割を担っている。トゥヘルも彼には熱中しており、“彼は非常に賢く、思慮深い若者だね。彼は重要な役割を引き受け、さらにここで信じられないぐらいの成長を見せてくれた。スポーツ面においても人間性においてもね。”と述べている。

entry_img_1284.jpg



ドルトムント内序列2016


ボス   不在

リーダー的存在: カストロ(↑)、ソクラティス(↑)、ヴァイグル(↑)

重要な選手: シュメルツァー、オバメヤン、ロイス(↓)、ベンダー、ゲッツェ、シュルレ、ピスチェク(↑)

一目置かれる存在: ローデ、ビュルキ、ヴァイデンフェラー(↓)、シャヒン(↓)、ゲレイロ

チームメート:香川(↓)、ラモス、ズボティチ(↓)、ドゥルム(↓)、デンベレー、モア、ギンター、パスラク(↑)

見習い:プリシチ、パク(↓)、メリーノ、ボンマン




2016102105312235b.jpg
引用元:sportbild 今週木曜日に発売されたBVB特集記事より



チーム内序列 2015】

ボス: フンメルス

リーダー的存在:ロイス、ミキタリアン、ギュンドガン

重要な選手:オバメヤン、ベンダー、シュメルツァー、ソクラティス、カストロ、ヴァイデンフェラー、シャヒン、ヴァイグル、香川

一目置かれる存在: ビュルキ、ズボティチ、ピスチェク、ドゥルム

チームメート: ラモス、ギンター、ホーフマン、カンプル、パク

見習い: ライトナー、パスラク、プリシチ、ヤヌザイ









以上です。

このメディアによると(ソースは少し後で公開します。) 現時点でのチーム内序列は以上のようになっているようですね。記事の中ではどうしてそのような序列になっているのか、各選手に対してコメントも掲載されていましたので、次回の記事で取り上げたいと思います。全然プレーしていないシャヒンが一目置かれる存在だったり、オバメヤンが重要な選手止まり、だったりとその辺の理由付けも興味深いです。







[ 2016/10/21 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(13)
面白い記事ですね。選手評気になります
次の更新楽しみにしてます!
[ 2016/10/21 07:48 ] [ 編集 ]
面白い記事、ありがとうございました。
まだシーズン序盤ですから、来年5月の序列がどうなっているのか楽しみです。

個人的な不思議は、ベンダーが重要な選手なのに、ギンターがまだチームメイトのままと言う事です。
[ 2016/10/21 07:55 ] [ 編集 ]
もしかしてドイツには女性週刊誌に該当するメディアがないのか?
こんな日本のスポーツ紙でもやらないような企画やってるなんて
[ 2016/10/21 08:18 ] [ 編集 ]
社長(ボス
部長(リーダー的存在
課長(重要な選手
係長(一目置かれる存在
平社員(チームメート
新人(見習い
ってことだな
[ 2016/10/21 11:23 ] [ 編集 ]
現在の実力は抜きにして仮にも優勝メンバーで元ユナイテッドなのに・・・せめて一目置かれる存在であって欲しかった。
[ 2016/10/21 12:13 ] [ 編集 ]
 シーズン中にこんな記事が書かれるんですね。日本だと考えられないけど、それだけBVBの人気が凄いということなのでしょう。
 どうせなら、人物相関図とかユーモア込みでやってくれないかな。グロクロとかクロップも入れて。
[ 2016/10/21 13:33 ] [ 編集 ]
序列の上に来るのはチーム勝たせたヒト。これがないと大きな顔はできないんだ。監督さんでもね。勝負の世界だからな。
ゲレーロが新入りなのにいきなり重用されたのもこれ。ユーロとったからな。
ユリアンに足りないのはまさにこれ。なのにチームは勝たなくてもいいみたいなこと言うのは残念だね。フンメルスみたいに出て行くモチベにならなきゃいいけど、、、
[ 2016/10/21 15:20 ] [ 編集 ]
選手に対してもの凄く失礼な記事。書いていて恥ずかしくならないのかな?完全に憶測だし。ギンターとパパス抜かせばドイツ語の上手なランキングって感じ
[ 2016/10/21 15:56 ] [ 編集 ]
まあ日本の記者もそうですが、書く人の好みが反映されますからね。少なくとも香川についてはクロップ連覇時代がもう五年も前ですので、当時の香川を知らない人も出てくるでしょう。関心の無い人にとっては普通の選手ですよ。

でも現地サポーターの間ではレジェンドとして記憶されてる人多いと思いますよ。クラブ公式のアーカイブ集や過去50年間の試合のベストマッチを収めた記念DVDの表紙、確か香川だったと思います。日本ではあまり知られてないようですが、ドイツ代表のロイスやフンメルスを差し置いて表紙に選ばれたわけですから、クラブ史のレジェンドになってるんですね。

今は監督も変わって色々問題もありますが、香川の優勝経験が必ず役立つ時が来るはずなので、期待に応えていってほしいですね!
[ 2016/10/21 16:25 ] [ 編集 ]
シャヒンが香川よりも上...?
[ 2016/10/21 16:50 ] [ 編集 ]
何かところどころアレッてのがあって面白いですね
ロデの所とかゲッツェの所とか
[ 2016/10/21 17:30 ] [ 編集 ]
これは単純に監督が重用してるヒエラルキーでしょ。
ただ私見で言わせてもらうと、ヴァイグル、カストロがリーダーとかあり得ないですね。面白くないのは古株でクラブの名声とタイトル獲得に貢献した選手でしょう。20をやっと超えた若造や加入2年目の新参ものにあれこれ言われたくないですねぇ。連携が見られないのは監督だけじゃなくてこれがあるからなのかも。天狗になってたんだなぁ、テレビ見てて纏まりがないと感じる理由がわかりました。
マネージメント能力に欠けてますね。
これだからブンデスから移籍したい選手が出てくるんでしょうね。言語なんて英語できりゃ十分では?ドイツ国内の移民はドイツ語できないやつだってたくさんいるだろうに。
[ 2016/10/21 22:21 ] [ 編集 ]
なんだ、このスマップ内序列表みたいな記事はw

周りの評価なんて意味ないだろ・・・監督の評価が全てだよ
[ 2016/10/22 17:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。