ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!ドルトムントチーム内序列を発表②!「香川は人気者だが一匹狼!」各選手に対するコメント《ドイツ紙》



前回の記事の続きになります。今回は各選手に対するコメントを紹介します。

entry_img_1289.jpg
引用元:sportbild



ボス:不在



リーダー的存在

カストロ
本来であれば声を大きく上げて発言する選手ではないが、彼のクオリティーと経験が信じられないほど、監督と選手に受け入れられている。

スポンサーリンク





ソクラティス 
フンメルスの移籍の後で新たなディフェンスのボスに。彼はただフィールド上でその役割を演じるだけではなく、チームメートに自分の意見をずけずけと言っている。



ヴァイグル
まだ21歳だが、中央での役割のため非常に重要な存在だ。賢く、その存在を受け入れられている。徐々に成熟しており、指示も出すようになった。




20161021064150f7d.jpg




重要な選手


シュメルツァー
ロイスが負傷したからという理由だけでキャプテンマークを付けている。責任を担っているが、静かなキャラクターのままだ。


オバメヤン
冗談好きで、声もでかく、点取り屋。しかしドイツ語はほどんど話すことができず、常に節度をもって行動しているわけではない。


ロイス
長い負傷の間に彼の序列は下がった。しかしカムバック後はキャプテンになれるかもしれない。


ベンダー
彼はチーム内での序列の高さを喜んで受け入れており、意見を言う事もできる。しかしレギュラーではなく、負傷も多い。

ゲッツェ
徐々にチームに溶け込むことに上手く行っており、責任を担いたがっている。しかしまだ時間が必要だ。


シュルレ
スポーツ面に関しては良いスタートを切った。ワールドカップ優勝者であり、さらにロイスとゲッツェの親友という事で良い立ち位置。


ピスチェク
彼の経験だけでも非常に重要だ。さらにトゥヘルは彼のキャラクターを評価している。




一目置かれる存在


ローデ

バイエルンからやってきて、トレーニングや試合でもやる気を見せている。しかしレギュラーのポジションを失い新たな役割を見つけなければならないところだ。


ビュルキ
ヴァイデンフェラーを抜かし、現在では彼がナンバー1であることは疑いがない。内部でもその存在感を勝ち取った。


ヴァイデンフェラー
なによりも昔からいる選手たちとは良く理解しあっている。トゥヘルは彼が控えを受け入れたことを褒めている。一歩引いた存在。


シャヒン
スポーツ面ではまったく役に立っていない。しかし新加入をチームに溶け込ませる点においては非常に重要な存在だ。若い選手を良く面倒見ている。


ゲレイロ
ユーロ優勝者というだけでも評価されている。スポーツ面でも最高であり、残りはこれからついてくるだろう。


20161021054158064.jpg



チームメート


香川

この日本人は人気が高いが、一匹狼だ。スポーツ面においては下り坂となっていた。


ラモス
常にジョーカーで控えめな性格であるにも関わらず、チーム内での評価は高い。


ズボティチ
評価は高いが、長い間負傷で離脱している。いまでは彼の財団の事ぐらいしかしていない。


ドゥルム
この人気者のワールドカップ優勝者は負傷し、フラストレーションがたまっている。現在は一歩引いている。


デンベレ―
言葉に問題を抱えながらも、良いスタートから利益を得ている。


モア
この生意気なトルコ人は、チームに馴染むのになんの問題もなかったが、時々ブレーキが必要だ。


ギンター
落ち着いており、思慮深く控えめだ。スポーツ面においては軌道に乗っている。


パスラク
ピッチ内外で無頓着。最近ではけっこう自信に満ちている。





見習い


プリシチ

フィールド上での序列はこれよりははるかに上だが、それ以外においてこのアメリカ人は18歳ということもあり、まだ脇役だ。


パク
この韓国人はドイツ語を全くしゃべらず、スポーツ面においてもまったく役に立っていない。冬には移籍できるだろう。


メリーノ
このスペイン人は、チャンピオンズリーグのメンバーに登録されていない。非常に内向的だ。アウトサイダー。


ボンマン
第3のキーパーは彼の役割を受け入れ、それ以上を要求する事もなく、今のところ上品に後ろに控えている。







以上です。

スポーツ面以外の部分も含めた上での序列となっています。ボス不在という点においては管理人も同意します。ケ―ルのようなキャプテンが誕生してほしいところですが、トゥヘルは発言力のあるキャプテンの存在を好んでいないように見えますから、そうはならないかもしれないですね。試合中においても自分がサイドから指示をだすから、キャプテンは必要ないと思っていそうです・・・。


香川選手は試合に出ていないという事もあり、序列が単なるチームメートまで下がったと受け取られているようですが、今後の活躍次第ではまだ変わる可能性がありますね。


いくつかの選手のコメントにも見られましたが、やはりドイツ語は大事ですね。日本人選手には、是非とも頑張ってもらいたい部分の一つです。できれば不当な批判から身を守ることもできますし、とくに人気が出れば出るほど大事だと思います。





[ 2016/10/21 17:32 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(42)
香川選手の一匹狼という部分は、やはりギュンドアン選手やグロスクロイツ選手といった特に仲の良かったであろう人物たちが不在となったからでしょうか?なかなか興味深いです。
[ 2016/10/21 17:56 ] [ 編集 ]
全く…と言った記事ですね。個人の記者さんが書いたのでしょうか?またこの記事をおもしろおかしく日本で香川が叩かれるのかと思うと…悲しいです。
記事のようなゲッツェの活躍を早く見たいです。
[ 2016/10/21 17:57 ] [ 編集 ]
リーダーが必要ならグロイスクロイツ戻せば済む話なのに
本人の性格、経歴、積極的な発言力、チームメート・ファン・フロントがらの人気
これまで新加入選手への教育係と古参との橋渡し役の実績
すべてのポジションこなせる器用さと文句言わないチーム愛
今必要な全て兼ね備えてるというのに
[ 2016/10/21 18:10 ] [ 編集 ]
 一匹狼いいっすね、代表でも基本中立みたいなので、BVBでもそうなんでしょうね。
[ 2016/10/21 18:24 ] [ 編集 ]
ただのゴシップではなく、結構、外から想像している様子と合致しているなあと思いました。

香川選手の「人気もの」というのは、ファンが多いという意味でしょうか?!チーム内の序列の話ですから、チーム内で、ということですね。

ロイスの有無が、勢力図をかえていそうですよね。

[ 2016/10/21 18:27 ] [ 編集 ]
Jから海外に移籍した選手の多くが現地の言葉(or英語)が身につかないままですよね。
欧州から遠い位置にあるせいかJリーグのチーム自体が他言語を重要視していない感じがします。

Jのチームであっても国際試合の時は英語が使われるので、トップにあるクラブは英語のトレーニングもして欲しいですねえ。
[ 2016/10/21 18:44 ] [ 編集 ]
香川選手はおそらく真剣にドイツ語を習得する気はなさそうですね。イングランドでのブランクがあることを考えても、なんかの番組で見たコーヒーを買うシーンは残念でした。番組スタッフは完璧じゃないですかーみたいなこと言っていたけど。通訳がいないとインタビューできないからドイツメディアに好き勝手書かれる一因にはなってる気がします。香川選手だけでなく、オバメヤンも話せないってことはBVBはステップアップの土台という認識もあるのでしょうね。十分ビッグクラブだと思うんですけどね。
[ 2016/10/21 18:58 ] [ 編集 ]
まあドイツ人記者からすれば本音を聞けない日本人は一匹狼のように見えるんだろうね。ドイツ語を話さないとリーダーにもなれないし。
[ 2016/10/21 19:08 ] [ 編集 ]
またのんきな記事だねw現実はメンバー半分になっちゃって序列も何もないんだけどw

香川は、前にも書いたけど、このチームのキーマン。だから一匹狼だとか好き嫌いは関係ない。彼がコケたらチームごとこける。現にそうなってるし。チームで一番ボール持てるプレーヤーを抜かしてゲーム勝っていけるなんてことはないからな。

トゥヘルはそろそろ腰据えなきゃダメだよ。いつまでもプレーヤー取っ替え引っ替えしてんじゃなくてね。香川と心中するくらいの覚悟でやれば国内のタイトルなんとかなるかもな。

リーグはバイエルンが予想以上にもたついてっから混戦になってる。こういうときは、腹くくったもん勝ちですよ。
[ 2016/10/21 19:41 ] [ 編集 ]
>モア
この生意気なトルコ人は、



で、笑ってしまったw
[ 2016/10/21 19:51 ] [ 編集 ]
トゥヘルがシャヒンの態度を誉めてたけど、納得ですね。チームに慣れさせる役、グロクロと違い品行方正だし(笑)
オバは節度が無い、って評価がなんかドイツ人評っぽくて納得。パスラックも同じ匂いがするらしい。

香川は個人トレーナやシェフを雇って、ストイックなサッカー生活を送っているから一匹狼になっているのかな?まあ、性格的に誰にでも愛されて敵を作らないし、派閥を作らないからいいんじゃないかな。スポーツ面で下り坂は、これを取材中の話。これからに期待。
[ 2016/10/21 19:54 ] [ 編集 ]
アンチがわざとしてるんじゃないかっていうくらい思ったコメントがありますね...
まあさておき序列がどうであれ香川には早くゴールアシストという目に見える結果を残してほしいです でなければカストロゲレイロの好調組を跳ね返せませんので
[ 2016/10/21 20:07 ] [ 編集 ]
言葉は活躍しているうちは問題にならないけど、一度落ちたら問題視されて戻りにくくなるからな
香川もピークを過ぎて日本に経験を伝える時期に来てる
あと2年弱でシャヒンのようなスキルを身につけてほしい
[ 2016/10/21 20:30 ] [ 編集 ]
中田なんかはすぐ外国語ペラペラになっててあれぐらいやれとは言わないけど喋れる方が有利なのは間違いない
序列というか香川なんかはチームメイト(特に若手)からこの人はやばいなって思わせれれば充分だしそれが出来ないと危うい
昔とは別人だしこれはこれでいいと思うけどな
[ 2016/10/21 20:30 ] [ 編集 ]
香川の一匹狼はおそらくギュンドアンがいなくなったってことだと思いますw
[ 2016/10/21 20:38 ] [ 編集 ]
バルトラはどこですか???


パクはマインツに数年いたし、ドイツ語多少はできると思いますけど‥‥全く出来ないって言いきっちゃっつてますね。何で?

ドイツ語が出来るというのは、プレカンなどで喋れる事が出来るレベルの事でしょうか?
ドイツ語は、なかなか外国人にはハードルが高そうです。
[ 2016/10/21 20:38 ] [ 編集 ]
これ序列ってか相関関係でしょ?
実力の序列ならところどころにほとんど試合に出てない選手や結果出してない選手が上の方にいるし
ムチャクチャですねw
[ 2016/10/21 20:45 ] [ 編集 ]
記事のソースを今回公表しないということは何か管理人さんに思うところあるソース元なんでしょうね。

この皮肉めいた香川へのコメントが気にかかります。
人気もの、一匹狼に裏を感じてしまうのは私だけでしょうか。
日本人や日本メディアからの同選手への応援の声が大きいのでちゃかされたりしますし、
仲の良かったギュンドアンという橋渡しがいなくなり、ドイツ語も達者でなく、先発でもないとなると、一匹狼という言葉が孤立を連想させます。
香川選手を応援しているので、人気はあるがドイツ語ができない程の意味合いであってほしいし、私の深読みは杞憂であってほしい。
例えこの記事を書いた人に悪い印象を今もたれていても、復活して先発を手に入れて欲しいです。
なかなかトゥヘルからの安定した評価をもらえていない状態ですが、信じて応援するしかないですね。
[ 2016/10/21 20:48 ] [ 編集 ]
パクがドイツ語ダメって、子供の母親であるパートナーのスイス人の女性(奥さんか彼女か不明)の方と何語で話してるのか気になる。
[ 2016/10/21 20:55 ] [ 編集 ]
バルトラは? 彼は位置づけが難しいから忘れたふりしてあえていれなかったのかも。

こうしてみると、あえて、ボスになりそうな連覇時代の選手を早めに移籍させたような気がします。

ケヴィンやクバ。不満があれば、反旗も翻しそうな強さがあるので、ターンオーバーの妨げにならないようにあえて。シャヒンも、スポーツ面の不調だけでこういう状態になっているのか怪しいし。

ピシュや、ベンダー、香川などは、自分で不満を率先して意見するタイプに見えないから、ボス的存在さえいなければという感じでしょうか。

でもロイスがいたら、ヴァイグルやカストロが単独リーダーになるとは思えないし、この図もころころ変わりそう。ヴァイグル=若者リーダー、カストロ=スペイン語やポルトガル語選手ともコミュニケーションできる中盤のリーダーという感じ?こうしてみると、プレーはもとより、ドイツ人のカストロは年齢的にも上だし、たくさんのメンツとコミュニケーションできるという点でリーダーになりえる。

でもドイツ語できないオーバは、ロイスとどうやってコミュニケーションとっているのだろうか?ロイス、あんまり英語上手じゃなかったような?
[ 2016/10/21 21:09 ] [ 編集 ]
パクの解説ひどいな(*_*)
香川は一匹狼かぁ、狼…緑色のユニ着てプレーしてもエエんやで。
[ 2016/10/21 22:24 ] [ 編集 ]
✳21:09 さんの見解に同意します。
クバなんかとってもキャプテンの素質があるのに、現にWBでは早々にキャプテンやってましたしね。
香川もクラブで中心になりたいと作シーズンあたりから試合中は積極的にリーダーシップとってましたが徐々にやらなくなりました。
あれはやめろと言われたんじゃないかな、シャヒンも結構リーダーシップ取る性格ですがやらなくなりましたね。若手を好きなようにさせてるところからして他クラブとなんだか違います。他クラブではベテランが諫める光景をみますが、BVBはよくてシュメルツァーがやるくらい。
ここまで一歩引いたようになるのはクラブ内で禁止されてるのでは?
[ 2016/10/21 22:37 ] [ 編集 ]
ローデはバイエルンから来たから序列が上なのかな。ドイツ人はバイエルンをリスペクトし過ぎだと思う。最初から勝てない、勝てると思っちゃいけないみたいな感じで。ヴァッケの発言やトゥヘルの采配にも出てると思う
[ 2016/10/21 22:54 ] [ 編集 ]
シュメはSNSで度々ちょっとお茶目な画像あげてるしにこやかで普通に話してる様に見えるけど、それでも静かと言われる系なんだね。
香川は最近の移動の時、チームスタッフか地元記者にか忘れましたが、後ろから俯いたまま肩をぶつかっていったのに何も反応せず一人歩き続けたのを思い出しました。そういうのを見て一匹狼だとざっくり言われたのかもしれないですね。
[ 2016/10/21 23:29 ] [ 編集 ]
香川選手が ドイツ語でインタビューに答えないのは 正しいドイツ語でなければ、自分の想いと違うように取られるのが嫌だからじゃないでしょうか。
以前 宇佐美選手が「真司君はメールうつ時も口に出しながら うっている。想いと違って取られるのが嫌なんでしょうね」と言ってましたから。
でも 実際は 残念なことに自分からしゃべらないことで下手に通訳されしまっている時もありますね。

そえにしても 香川選手の記事にいつも”この日本人は” という言葉がついていることに違和感を覚えます。
日本では 外国人選手のことを”〇〇人は”なんて書きませんよね。
[ 2016/10/21 23:47 ] [ 編集 ]
一匹狼は確かにと思う。試合終わった後のスタンドに向かう時、誰が誰と話してるかいつも気になって見てるけど、香川はパスラクやギンターとちょいちょい話してるみたいだけど、一人でいる時間の方が多い。逆にオバ、ヴァイグルと話してるとこ見たこと無い(試合中、または終了後の事で練習とかは分かりませんが)。ピッチで必要な言葉位は覚えないととか思わないんですかね?ゲーム止まってるとき話してるところ見たこと無い。
[ 2016/10/22 00:34 ] [ 編集 ]
そりゃ、ドイツ語できるにこしたことはないけど英語より難しいですからね。
香川は英語でコミュニケーションとれるし、ドイツ語はヒアリングと日常会話はできるみたいだからそれで十分だと思います。
言語はセンスも必要ですから。
ドイツ語ペラペラでなくても、試合や練習動画見てれば香川はどの選手ともコミュニケーションとれてるし、グロクロやギュンドアンとの関係から言葉関係ないタイプですね。
[ 2016/10/22 00:43 ] [ 編集 ]
管理人
補足です。

バルトラは本当に忘れられてしまったようですね。

ソースの公開に関してですが、盗用防止のために時々公開を遅らせたりしています。
[ 2016/10/22 03:14 ] [ 編集 ]
ファンやサポが好き勝手言うようなことが記事になるなんて…
現地(ドイツ)の評価というだけで信用信頼しがちですけど、こういう記事を見るとすべてがそうではないということを改めて感じます
当たり前ですが、贔屓目ってあるんだなぁと実感しました
寸評を見る限り、ゲッツェベンダーローデの評価が???ですから
[ 2016/10/22 09:31 ] [ 編集 ]
上で書いてる人いるけど言語学習って本当にセンス、個人の差も大きい。
必須科目でドイツ語勉強してた(そして10年経って95パーセント忘れて後悔してる)身としては、
当然私も「香川はもっとドイツ語頑張れよ」と思う反面、
誰かと話してないのをよく見るからってそれぐらいも覚える気がないのかとか簡単に言うのも違うと思う。
[ 2016/10/22 09:50 ] [ 編集 ]
今シーズン加入の選手はドイツ人以外の外国人が多いので、チーム内では英語で話すことが多いのではないでしょうか

シュメルツアーのロイスが負傷したからという理由だけで、、、
っていうのもひどいなって思います





 


[ 2016/10/22 09:53 ] [ 編集 ]
くだけすぎだが、的はずれではない
英語ができればドイツ語は必要ではないと思ってる人もいるようだが、
人気もそうだけど同じレベルの選手がいて、
ドイツ語を話し指示を出しやすい選手と言葉に不安がある選手、どちらを選ぶかは明白。
監督達も英語には苦労している
[ 2016/10/22 09:56 ] [ 編集 ]
大丈夫です、オバともヴァイグルともハーフタイムでロッカーに戻る際や終わった後に話ししてるの見たことあります。
ヴァイグルとのものは写真でも残っています。
沢山選手はいますから、テレビにあまり映ってなくとも一瞬だったりで確認できています。
ピッチで使う言葉は問題ないですよ。
今まで写真や動画、試合の映像で色んな選手と普通に話ししている姿があるのに香川のコミュニケーションを疑問視している人がいるんですね、ちょっとびっくり。
[ 2016/10/22 10:29 ] [ 編集 ]
昨日あの店に買い物行ってさ~っていう日常会話でパス欲しいタイミングで出さない選手が出すようになりますか?パスをくれるとパスを欲しいタイミングでくれるは意味違いますよね?守備は指示受けとけば指示通りにやればいいし、受け渡しとかは指差しで出来ますが、ボールを持てるチームがゆえ、攻めるときはこうしたい、この時はこうしてみない?とかは練習でああでもないこうでもないというサッカーに関してのコミュニケーションが必要では?カウンターの時はオバや走り出してる選手にはバシッと出せてるのはそれしかここは無いでしょっていう選びようの無い状況ですし。管理人さんが、香川またはクラブにドイツ語の家庭教師しますよって手紙やメールしてみてはいかがですか?
[ 2016/10/22 11:38 ] [ 編集 ]
香川は普段は英語って言ってましたね。
監督の言う事は100%分かるって言ってました。みんなが想像以上にドイツ語は出来ると思いますよ。
[ 2016/10/22 12:09 ] [ 編集 ]
プリシッチよりパスラックの方が序列上なんだね。
それにしても、バイデンフェラーやシャヒンや香川などクロップ政権下でエース級だった選手が今や新人のお世話係とは…。なんとも。
[ 2016/10/22 12:21 ] [ 編集 ]
これって記者の勝手な妄想ですよね??
例えばパクに関してだけどパクは高校時代から将来はJリーグに入る事を目指して日本語の勉強を開始したって聞いた事があります。
そのお陰で日本に来た頃にはすでに日本語がぺらぺらだったと何かで読みました。
そういう人間がドイツに数年居てドイツ語を覚えないとは思えません。
多分内向的な性格で喋らないからそう思われたのでは?
あと記事ではなくコメントで香川のドイツ語について書いている人がいますけど
マンUに移籍する前に通訳の人が香川はもう1人でも大丈夫なくらいドイツ語が喋れるって言ってた記憶があります。
あとドルトムントに復帰してからもクロップが
前と一番違うのは通訳を介さなくても香川と喋れる事だ
前よりもかなり喋れるようになったね
とか言っていた記憶があります。
[ 2016/10/22 15:39 ] [ 編集 ]
こういう記事は肩の力を抜いて読むもの
サッカーの内容を詳しく検証する記事とは別のものとして楽しみましょうよ

[ 2016/10/22 16:40 ] [ 編集 ]
一匹狼=孤独
という意味ではないと思います。
何処のグループに属さず皆と上手く付き合える
感じなんじゃないでしょうか?
一匹狼なのに人気者なんてかっこいいです。
[ 2016/10/22 17:03 ] [ 編集 ]
こんな記事を正面から受け止めて批判してる人がいて驚いています。
パクの奥さんはスイス人ですから、当然ドイツ語を話すでしょう。
また、香川がオバメヤンやヴァイグルと話しているところは練習動画でも写真でもよく見ます。
オバメヤンとはよく戯れてますし、オバメヤンと同居している兄にもマイフレンドと言われてましたから、普通に仲良いと思いますよ。
ヴァイグルも以前「シンジとはしょっちゅう冗談を言い合ってる」と言っていましたし。
香川は最近特に人目につくような場所であまりチームメイトとつるんだりはしませんね。そういう所から誤解されるんでしょうか?
なんだか香川はドイツ語が話せない、と思いたがってる結論ありきな感じですね。
[ 2016/10/22 17:45 ] [ 編集 ]
>管理人さんが、香川またはクラブにドイツ語の家庭教師しますよって手紙やメールしてみてはいかがですか?

冗談でもこれはちょっとないでしょ。
[ 2016/10/23 08:24 ] [ 編集 ]
英語の勉強にすら苦労してる自分にしたら記者会見に外国語で受け答えできる選手は凄いと思う(川島とかヤバイと思う)そして、喋れない選手に対して簡単に言葉くらい学べって考えには同意できないな
日常でちょっとした会話位はやってるだろうし、普段練習こなしてさらに会話も会見できるレベルにするって並大抵の努力じゃないと思う
というかこのサイトに来てる人は管理人さんの翻訳記事読んでるわけでw片手間でできるなら皆自分で翻訳元読んでるでしょう 改めて翻訳サイトしてる方々に感謝
[ 2016/10/23 13:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。