ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB対インゴルシュタット!香川とソクラティスの出場は微妙!カストロとラモスは復帰か?ドイツ紙《ドイツの反応》



Wa.de




ソクラティスと香川の出場は微妙!


20161022061135cb7.png
引用元:Wa.de


ドルトムントーインゴルシュタットでのアウェーでの試合において、BVBではソクラティスと香川真司の出場が心配されている。


ボルシア・ドルトムントは、もっとも負傷者続出におけるもっとも苦しい時期にはなんとか耐えたようだ。しかし土曜日には新たに香川真司とソクラティスの出場が心配されている、香川は木曜日のトレーニングを早めに切り上げた。トーマス・トゥヘルによると“彼は気分がすぐれなかったから。”という事である。


スポンサーリンク




ギリシア人のセンターバックはまだ筋肉の問題を抱えている。“彼が出場できるかどうかはドクターが判断するだろう。”とトーマス・トゥヘルは述べた。



木曜日のトレーニングでは、これまでにないぐらい多くのメンバーであふれかえった。トゥヘルは金曜日の記者会見で“カストロとアドリアン・ラモスはベンチ入りするだろう。”と発言している。



また長期負傷していたマルコ・ロイスは、5月以来チームトレーニングに合流したが、トゥヘルによると“別に日付は重要じゃない”ようだ。この代表選手には今後も必要とされる時間が与えられるようである。



トゥヘル監督にとってはインゴルシュタットは、決して典型的な最後から2番目のチームではないようで、対戦相手に関して“彼らは相手陣内でどのチームよりもボールを奪取しており、非常にボールに対して徹底した働きをしている。またゴールチャンスも多くは与えない。”と語っている。







以上です。

少しずつけが人も戻ってきているようで良かったですね。ただ守備陣の状態が気になるところです。

香川選手に関する情報は、今のところはこれが最新です。もう少しで新たなニュースが出るかもしれませんね。出場に期待したい所です。

さて、時々ドイツのメディアで見られる○○人という表現に違和感を抱く人がいるようですが、この表現はドイツではいたって普通です。同じ主語を何度も使う事を避ける傾向にあるので、香川は→この日本人は→2年前にカムバックをはたしたこの選手は、などと変化が付いていきます。○○人はというのはとにかく良く使われます。




【おまけ今日のドイツ】

201610220611364f0.jpg

八百屋で栗を見つけました。栗ご飯にしようか栗きんとんにしようか迷い中です。
[ 2016/10/22 06:15 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(11)
香川はコンディション良くないしカストロも怪我明けで無理はさせたくないだろうし。もしかしてゲッツェローデヴァイグルのスタメンなのだろうか。香川は無理はしてほしくないが少しでも出番があるといいね。
[ 2016/10/22 08:56 ] [ 編集 ]
英語の記事でも同様ですね。「香川真司は」「日本代表は」「日本人ミッドフィールダーは」「27歳は」などと主語が変化しますね。昔は「日本のテクニシャンは」とか「小さな魔法使いは」というのがよく見られたのですが、最近は・・・。復活してもらいたいですね。
[ 2016/10/22 11:07 ] [ 編集 ]
あれ、インゴルシュタットっていまだ勝ち点「1」の最下位じゃないの?
これは怪我人続出中のドルトムントにはボーナス試合だと思っているので誰が出ても勝てるでしょ
今期の状況みてたら勝てないのは少し強いライプチヒとかレバークーゼン辺りなんで
[ 2016/10/22 11:12 ] [ 編集 ]
栗ご飯に1票。個人的にはマロングラッセをオススメしたい。

香川ですが、体調がよかろうか悪かろうが、最近のパフォーマンスを見ると出場できるかどうかは微妙と思わざるをえません。けが人の多いこの状況でさえ。
もし出場できたならば、せめてペナルティエリア内でボールを受けた時にはバックパスなんかせず、ロストでもいいので仕掛けてもらいたいです。

まあ香川のことはさておき、アウェイ戦ですがドルトムントの勝利を信じて観戦したいと思います。
[ 2016/10/22 11:52 ] [ 編集 ]
シュールレさえ戻って来れれば…
[ 2016/10/22 13:17 ] [ 編集 ]
この○○人はってドイツでは普通なんですね。
確かに違和感を抱いてました。上から目線で見られてる感じ。
[ 2016/10/22 13:42 ] [ 編集 ]
同じ主語を繰り返すのは稚拙な文章という認識なんでしたっけ
次々主語を変えたり、比喩表現が多用されていたり、ヨーロッパ圏の文章は読んでて楽しいです
香川コンディション上げてくれないかな
プレーしてるところが見たい

[ 2016/10/22 16:45 ] [ 編集 ]
最下位に沈んでいながらもプレスの厳しいチームということで、これ以上の怪我人を出さないためにも連携重視のチームを組む可能性もありますね。

少なくとも、ドリブル主体の戦術は昨季前半戦の433以上に急速に限界に達してしまったのは確かでしょう。怪我人が多く、新たな戦術に完全な移行ができないにしても、何らかの処置を施さないと、仮に試合には勝てたとしても新たな怪我人が出るような事態になりかねないかと思います。

そういう意味では先日の選手のピラミッドにも、早々に変化が出るのではないかと。数名の回復という明るいニュースが見られているので、バイエルンとの4点差を詰め、追い越せるようなチームを作ってもらいたいところです。
[ 2016/10/22 18:18 ] [ 編集 ]
マロングラッセに一票。でも時間かかりますよね。面倒なら甘露煮。

香川選手大丈夫ですかね。ドイツはもうだいぶ寒いですし、いろいろ心配です。
[ 2016/10/22 19:26 ] [ 編集 ]
負傷開けで速攻酷使するようであればトゥヘルは本物の無能でしょう。

ドイツの栗は和栗とは違う味わいになりそうですね。

[ 2016/10/22 21:33 ] [ 編集 ]
 では私は、マロン・セミフレッドに一票


 ○○人はーっての欧州メディアでよく見ますね。この人はどこの国の人だろうと調べる手間が省けますし、自分は結構好きですよ。
[ 2016/10/22 21:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。