ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!インゴルシュタットでの引き分けでチームに怒り!!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



BVB監督トーマス・トゥヘル、激しく怒る!

こんなプレーをしていちゃダメだ!!


entry_img_1292.jpg
引用元:Bild


昨シーズンは78ポイントでリーガ史上最高の2位だった。彼らは何度もファンを魅了したのだ。

スポンサーリンク



では今は?インゴルシュタットでドルトムントは開始24分で0:2と相手にリードを許し、なんとか3:3にして1ポイントを守っただけだった。バイエルンを追いかける存在どころか、BVBはヨーロッパリーグ圏を争っている!!トーマス・トゥヘルは非常に厳しく、“このようなフィジカルと鋭さに欠ける状態では、ブンデスリーガではプレーできない。”と言い放った。



ワールドカップ優勝者のマティアス・ギンターも同じ見方だ。“僕たちはプレーに入ることができませんでした。それに基本的にブンデスリーガで勝つために必要な一対一における緊張感もありませんでした。”とギンターは語る。



20161023175902f22.jpg



レヴァークーゼンで0:2、ヘルタに1:1、そしてインゴルシュタットを相手に3:3だ。これが意味することは3試合未勝利という事。少なくともリーガでは。チャンピオンズリーグではリスボンを2:1で下し、現在レアル・マドリッドを差し置いてグループ1位に着けている。



こうなった原因は?ドルトムントには怪我人が8人いる。その中にはシュルレやロイスもいるのだ。だからトゥヘルはヴァイグルやギンター、またデンベレーなどを起用せざるを得ない。風邪で欠場したビュルキに代わって出場したヴァイデンフェラーは現在36歳だが、チーム平均年齢を一気に引き上げている。





BVB監督トゥヘル。“我々はAユース世代でプレーしている!ギンターやヴァイグルもチャンピオンズリーグとリーガの両方でプレーする事に慣れていないんだ。”




そしてこう続けた。“(こうしたことを)非難しようとは全く思ってはいない。これからもっと良くなるだろう。でも我々が要求している事が何なのかは理解しているつもりだ。”


20161023033029e0d.jpg


それに対してインゴルシュタットは喜んだ。このクラブは6連敗の後で1ポイントを勝ち取り、最下位を脱出したのだ。カウチンスキー監督はこれで一息つくことができる。フランクフルト戦とマインツ戦ではベンチに腰を下ろすこともできるだろう。



2得点を挙げたダリオ・レスカノ:“2ゴールしましたが、まだ改善の余地はあります。我々にとっては1ポイントでも重要です。”



多すぎるファール、多すぎる怪我人、多すぎる若い選手。BVBに言い訳が許される時間はもう過ぎ去った。



BVBに欠けているのは真のリーダーだ。



ドルトムントはこの夏多くの才能を獲得した。しかしその誰も勝者の遺伝子を持ってはいない。バイエルンのお知りに火をつけるどころか、BVBは3戦未勝利で自らプレッシャーをかける羽目になっている。







記事の最後の部分には完全に同意ですね。もう言い訳する時間は過ぎ去りました。

チームに真のリーダーがいない理由の一つは、トゥヘルがそれを望んだからではないかと思います。個人的にはトゥヘルは試合中でも自分の影響力を保ちたい、自分が一番のリーダーでありたいと思っているのではないかと感じています。だったらトゥヘルにリーダーシップを見せてもらいたい所ですね。

これまでの試合で勝っている時に、若い選手を途中交代で起用したい気持ちはもちろん理解できます。しかしそこではやはり香川選手やシャヒンを優先的にプレーさせるべきでした。試合から遠ざかれば、ますます使いづらくなってしまいます。


トゥヘルが目指すチームというのは、結局は自分が扱いやすいチームなのではないか、と感じますね。勝つためのチーム作りとは違うように感じます。




[ 2016/10/23 18:15 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(50)
まあーなんというか
選手にも成長見せてほしいですけど監督にも成長を見せてほしいです
[ 2016/10/23 18:22 ] [ 編集 ]
管理人さん。同感です。ありがとう。
[ 2016/10/23 18:26 ] [ 編集 ]
チームに怒りじゃなくてトゥヘルに対して怒りなんですけどね。
毎回負けると自分の采配や戦術の問題は棚上げにして選手を批判する態度も信頼を置けません。
クロップもドルでの最後の年、怪我人続出で満足にチームつくりできなかったけど、選手に頑張ってくれと激励的な言葉は投げかけても責任を転嫁することはほとんどなかったと思います。
[ 2016/10/23 18:27 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。
トゥヘル監督はオーバとラモスの2トップを時々使いますけど観てて噛み合ってないと感じないんですかね…
前へ前へとガツガツ行きたがる若手の選手達のフォローはベテラン層の役割になってる気がするし最近の試合は本当に観ててつまらないですね。個人的にドリブルで突進するより細かいパスを繋いでいく方が好きなので、今のドルは負け続けてる時のユナイテッドみたいで観てて退屈してしまいます。
[ 2016/10/23 18:34 ] [ 編集 ]
管理人様の斬れ味鋭いコメントが男前すぎて震えるほど感動しました!
完全同意で何も添える言葉がないくらいスパッとサクッとズバリな指摘。
[ 2016/10/23 18:35 ] [ 編集 ]
言い訳はもう沢山だしトゥヘルに選手を叱る資格なんてないでしょうに
素晴らしい監督は古い井戸をわざわざ捨てて新しい井戸を使ったりはしません
シーズン前から嫌な予感はありましたが、組織を作れないのに壊してしまってどうするんでしょうか?
トゥヘルの思い通りにする=中堅のありふれたチームだと思っています

それにしてもラモスとオーバメヤンの併用は機能しないのにやりますね
トゥヘルはフォーメーションを動かすのは好きですけど、選手の特性や相手チームのことを抽象的かつ主観的にとらえて選手を置いてるだけですね
そのフォーメーションから組織が選手同士が機能する術は持っていないのだと思います
すぐいじりたがるのは修正したり、何が機能して何が上手くいっていないのかをチーム全体から把握できないことを誤魔化すための苦肉の策なのではと邪推したくなります
加えてトゥヘルは前半45分の交代が多過ぎます
フォーメーションをいじって相手が手を打ってくる前に選手をなるべく動かさず点を取りたいんでしょうけど、それは虫が良すぎるというものです
セットプレーの守備、ピッチ上の守備の決まり事、攻撃の連携等どれをとっても改善の傾向がないどころかチーム自体ができてこない
裏抜けもサイドの連携も(これは昨シーズンから減少気味ですが)もなく、個人の突撃単調サッカーでは勝てないですよ
何故前後分断したがるのか?

リーグ戦勝ててなくてカップ戦CLもあり連戦
怪我人は多いしチームもちぐはぐなのにトゥヘルがフォーメーションまで動かすから疲労が心配です
内容が酷くなり結果も出なくなっていくと選手のモチベーションも気掛かりです

怪我人が戻って来てもトゥヘルのままでは良くなるイメージが湧かないのです
果たして今の状態で連携が戻ってくるのか
でもとりあえず若い選手はベンチから学んでほしいです
今のままならCL圏内でシーズンを終える可能性は低いのではないのでしょうか?
トゥヘルの発言を聞いてると何が問題かも分かってないみたいなので悪化していっているのは道理ではないですかね?
[ 2016/10/23 18:45 ] [ 編集 ]
昨年2位って・・・・。クロップの集めたメンバーの御蔭でしょうよ!!!声を大にして言いたい。

そのすばらしいメンバーを一年で解体させたのはトゥヘルさんですよね。若手を派手に集めたから、この批判はかわされましたが、それで成績不振になってくれば、この批判はトゥヘルに向くのは当たり前。

まあ、この人の采配は偏りすぎてる。もし彼が一流の監督だったなら、ムヒ、ギュン、フンメルス、彼らは残っていたでしょう。そしたらこんな順位には今シーズンもいません。香川に関しても、彼の責任も大きいが戦術的に干したのが始まりでしょうしね。
[ 2016/10/23 18:54 ] [ 編集 ]
去年は結果を出してたから行き過ぎた批判はしないようにしてた
でも今季はだめでしょ全く形ができてない
[ 2016/10/23 19:24 ] [ 編集 ]
管理人さんにまったく同意です
落ち着かない試合ばかりで、、個人技頼りです

レバークーゼン戦、代表戦後は何か変えてくるかと思いましたが
怪我人だけが増えて、何も対策が無いように見えます
[ 2016/10/23 19:29 ] [ 編集 ]
個人的には誰であろうと個人的に気に入らないと判断したらパフォーマンス関係なく冷遇したり、或いは贔屓したりのイメージもありますね。
戦術家のつもりでいるようですがその癖選手の本来の特性を把握する事も疎かどころか放棄してそうな印象さえありますし。TOも下手ですしね。
もう少し自省的になってもらいたいです。
[ 2016/10/23 19:32 ] [ 編集 ]
 選手のフィジカルと鋭さとCL慣れですか。良いプレーは全員が迷わずプレーできる良い戦術から生まれます。そして、リーグとCLの両立に慣れていない影響が最も大きくチームに作用するのは監督です。

 リーダーですけど、昨シーズンのフンメルスの苦悩を見た選手達は、やりたくないでしょう。自分なら嫌ですね。
[ 2016/10/23 19:32 ] [ 編集 ]
管理人さんの仰る通り。この状況を招いたのは監督自身ですね、言い訳にしか聞こえません。
ユースチームとかわざとらしいですね、自分で若手を選んでいるじゃないですか。
クバはどうしましたか?サイドで使われたゲツッェをなんで人多すぎの中盤で使うのでしょうか?
SBで獲ったはずのゲレイロまで中盤で使って、自分で怪我人を増やしておきながらその言い訳は通じないのでは?
シャヒン、香川なんという冷遇。ベテラン使ってゲームしてないのに、若いチームとか見苦しいですね。
[ 2016/10/23 19:32 ] [ 編集 ]
優勝を狙う常勝クラブを作る気がフロントにないからな
そうじゃなきゃトゥヘルを雇わない
フロントに与えられた有望な若手を使って育てて将来出荷するタスクをトゥヘルはこなしてるだけ

トゥヘルのゲーム感覚のような采配はパニックを起こしてるみたい
残念ながら香川がいるうちはトゥヘルが代わりそうないね
ここから10戦勝ちなし半分以上負けでもしない限り
[ 2016/10/23 20:05 ] [ 編集 ]
モチベーターでない理屈優先のトゥヘルみたいなタイプはチームが勝てなくなると一気に求心力が落ちますからね
今後数試合の結果次第では暗黒期を迎えかねないと思ってます
[ 2016/10/23 20:12 ] [ 編集 ]
前節、トゥヘル采配を誉めてた奴らの意見が聞きたいな。特にクロップを批判してた奴らは、今のドルムントとリパプールの状況をどう説明するのかね。
[ 2016/10/23 20:31 ] [ 編集 ]
モイーズユナイテッドとおんなじ流れ笑
ヤヌザイ起用し過ぎてして勝ち点なくしたあの時と全く同じだわ。
途中で香川とマタの同時起用に切り替えたけど時すでに遅し。
多分今年の冬に一人目玉選手を獲得してお茶を濁そうとするよ。マタを獲ったみたいにね。
香川を今季のチーム成績の原因と認定するかのように、同じポジションの選手を獲るだろうよ。
モイーズとトゥヘルはコメントが似ているからきっと同じ行動とると思うよ。
[ 2016/10/23 20:39 ] [ 編集 ]
管理人様、スカッとするコメントを有難うごさいます‼

日本の解説者の方→サッカーライターさんはマッツはトゥヘルとケンカしてでも言いたい事は言っていたが今シーズンのメンバーではトゥヘルの扱いやすい大人しい選手ばかりなのでやりやすいのではと話していました。昨日は前半がまたお試しでケガ人だらけな上に若手に控えにゴンソ、ピシュチェクも完治してるのかわからないし、噛み合っていなくてホントにもったいなかった。ヘルタ、ライプツィヒは侮ってはいけないと思います…
[ 2016/10/23 20:42 ] [ 編集 ]
正直トゥヘルは嫌いではなかったけどスポルティングとインゴル戦見てもう解任してほしいと思った
こんなのドルトムントじゃないと思ってしまった
[ 2016/10/23 20:43 ] [ 編集 ]
確かに、フィールド上でリーダーシップを発揮できる選手が今はいませんね。
昨年もほとんどでてないシャヒンにそれを求めるのは難しいし、
香川もトゥヘルから絶対的な信頼は得れてませんですから。。
今季のプレーも良くないですし。
でも誰かしらに任せなければいけませんし、
上手に選手に委ねることができないのは管理人さんもおっしゃる通り
トゥヘルの問題点なのかもしれませんね。
試合を見ていると、とにかくチームがバラバラでひとつになれていないと感じます。


[ 2016/10/23 20:51 ] [ 編集 ]
この状況は、監督にもあるけれど、フロントにも大きな責任があると思う。

リーガ、CL、カップを戦うのは、トゥヘルは、はじめて。ターンオーバーの失敗で怪我人続出、若手をコントロールしないチーム采配など、みなが疑問に思っていることは、すでに経験値がある周りが、もう少しコントロールできたはず。

1試合も落とせないという気迫や緊張感がないのは、まあ今年は様子見というフロントのぬるさが監督にあぐらをかかせているにちがいない。

ここまでおかしくなっているのになぜ放置?
フロントの意向も折り込み済みなのかと疑ってしまう。

相当、用意周到な輩だからこの状況はおかしい。
[ 2016/10/23 20:56 ] [ 編集 ]
>トゥヘルが目指すチームというのは、結局は自分が扱いやすいチームなのではないか

あれだけ思いつきで戦術を変えていれば選手からも反論が出るでしょうが、キャプテンがいると、それが選手一丸の主張となってしまい、無視できなくなるのでそれが嫌なのでしょうね。

まあ、この現状はその代償を支払っているようなものでしょう。キャプテンがしっかりとチームを纏めていてくれれば、もっと統率も連携も取れていたはずですし、好調不調、戦術の合う合わない、体調などチーム状況も把握できていたはずです。

とはいえ、選手起用の下手さは昨季からのもの。昨季の前半戦はほとんどTOできず、昨季の後半戦はコロコロと戦術を変えすぎるために選手の適応に時間がかかり、控え組が漸く慣れるか慣れる前にまた変わる……という始末でした。

このままの調子で行けば今季限り……という可能性はありますが、香川はメディアを含めてあの扱いを見ていると、フンメルスのようにさっさと見切りをつけて新天地を探したほうが良さそうです。
[ 2016/10/23 21:05 ] [ 編集 ]
昨シーズンはクロップの遺産だったからね
それを放出しまくって自分の理論を証明するためのチームにしている
で、勝ったら自分の理論は正しくて負けたら選手が思うように動かなかった
稀に見るク○監督だと思うよトゥヘルは、少なくとも人間的に尊敬できない
[ 2016/10/23 21:09 ] [ 編集 ]
勢いのある連動性が魅力だったドルトムントは完全にトゥヘルにぶっ壊されたと感じました。

始まりは昨年のバイエルン戦だったと思います。
それまで上手くいっていたものを自ら捨て、奇策に走って敗北。選手のモチベーションを下げ、フラストレーションを高め、主力選手を繋ぎ止められず、かき集めた有望な若手をいきなり馴染ませる間もないまま実戦登用。
自分の手腕が未熟なだけなくせに、上手くいかなければ全て選手のせいにする。

昨年のトゥヘルは成功した、という声が多かったかと思いますが、私はドルトムントをつまらないチームに仕立て上げたペップオタクの自己満監督だと思っています。
無能な采配ゆえに怪我人は増えまくり、新参の選手はアピールばかりで個人技に走り、古参の選手はバランスを取ることに腐心して自分の良さを見失ってしまっている。

トゥヘルにはペップ程の才覚はないと思うので今期中に修正出来る気がしないし、また沢山の移籍志願者が現れる気がしています。
[ 2016/10/23 21:24 ] [ 編集 ]
前も書いたけど、キャップはそれほど重要じゃないって言ってたのトゥヘルだよw

今のチーム状態は前のシーズンから予測できたことだけど、それにしても、ゆる~くなっちゃったなw
チームの鋭さが完璧に消えた。負けた相手のほうが全然鋭かったし。

まー、ペップだかバルサだかのモノマネすればこうなるのは当たり前なんだけどね。
超即効型チームに、1列づつボール上げてく遅行型のスタイルを入れちゃったら、そらメンタル含めていくらでもゆる~くなる。別な言い方すると、基本的な堅守速攻ができなくなる。

とりあえず、11月のバイエルン戦まではちょこっと時間あるのでチームをシメ直してもらいです。若手や新入りなんか前でドリブルさせないで後ろで汗かかせればいいんだよ。なんかいろんな意味で勘違いしちゃってるからな。
[ 2016/10/23 21:41 ] [ 編集 ]
今のドルトムントの選手、みんな大人しそうですよね。いい子の集団という感じ。
確かにトゥヘルは「シュールレみたいないい子が好き」って言ってたなあ。
以前マインツで失敗したこと、今ドルトムントで失敗していることを真摯に受け止めて欲しい。

トゥヘルは香川のことを嫌ってはいないと思いますが、
専属トレーナーいわく「香川選手は準備の人」なので、
今の戦術・布陣コロコロ状況にはツライでしょう。
新加入と若手が多いですし。自分のやりたいようにだってなかなかできない。
サッカーはメンタルや自信で相当に左右されてしまうスポーツだということが、
香川を観ていてよくわかるシーズンです。

なにか良いきっかけさえあれば。
どうかどうか、真司に光が差してきますように。

クロップ時代の2010-2011は、新加入選手(ピシュ・香川・レヴァ)ほか、みんな若かった。
でも優勝できた。モチベーターとしての監督の不在も大きいですね。

トゥヘルと似ているグアルディオラでドイツ国内無敵だったバイエルンも、
人格者として選手に人気のあるアンチェロッティになったら、以前ほど勝てていない。

難しいものです。
[ 2016/10/23 21:53 ] [ 編集 ]
全体的にビルトっぽい感情的煽り記事だなあ…と思いましたが、管理人さんの意見どうりリーダー不在はトゥヘルの望みも有る様に感じています。日本代表監督だったトルシエと似ていると前から感じていました。トルシエは俊介を嫌って外しましたが、香川は俊介よりは我が強くないので気に入られてると思いますよ。

トゥヘル自身がCL初挑戦ですから、ベテラン有名監督並みを求めるのは酷でしょう。一流監督だって誰しも初めては有る。
私は、ドルトムントもトゥヘルも好きだから応援してます。トゥヘルは、トルシエと比べて戦術オタクでは有りますが、そういう変態戦術も見ていて楽しい。時にはイラつきますが…
ちなみに…実は私トルシエは大っ嫌いでした。戦術はお決まりだし見ていてつまらなかった。(大好きだった俊介を冷遇したしね…)
[ 2016/10/23 21:59 ] [ 編集 ]
>チームに真のリーダーがいない理由の一つは、トゥヘルがそれを望んだからではないかと思います。

管理人さんの言う通りだと思うなぁ。
トゥヘルは、自分も有能な監督だ!!ってアピールしたくて仕方がないんだ。
ペップを越せると思っているかどうかは分からないけど、同じくらいにはなれるはずだって思っているに違いない。
それを自分に対しても証明したいんだと思う。
昨シーズンはまだクロップ色が残っていたけど、メンバーが相当変わったし、完全にトゥヘルのサッカー(ペップのコピーもどきサッカー)に変わった。
何がなんでも無理矢理ポゼッション。

クロップのドルトムント最後のシーズンは、相手がドン引きしてボールを持たされた。(ゲーゲンプレッシング対策)
今は持たされているわけじゃなくて、必死こいてポゼッションしようとしている。
どこかの代表チームみたいだが、ポゼッションするためのポゼッション。
どうしてそんなにポゼッションに拘るのか。→ペップがポゼッションに拘っていたから。

ペップのサッカーを真似しているのにどうして結果が出ないのか?→選手が悪い!!ってわけだ。
[ 2016/10/23 22:04 ] [ 編集 ]
前期昨年12月までは圧倒的なチームで面白い試合ばかりだった。失点もするがそれ以上に点を取るチームで香川は躍動していた。1月になったらトゥヘルは突然本性を現して、王様になった。絶好調だった香川を切ってベンチ外に。

後ろでボールを回して、前線に固定させた味方に放り込ませる。それならうまくいけばゴールチャンスになるし失敗してボールが渡ってもディフェンスは揃ってる。香川がボールを貰いに下がってくると試合中にもかかわらず激怒し怒鳴りつける。その懲罰でベンチ外にした。

敵引き連れて来てロストしたらカウンターを食らうということなんだろう。試合の半分は自陣でボールを回しているつまらない試合になった。バイエルンとの直接対決で勝負に行かず2位で満足し、3位との差が開いていることをいいことに戦術いじくりまわして前期は終わった。優勝する気の無い二流監督チームから多くの選手が去るだろうと言われた通りになっての今季だ。香川も去るべきだった。なぜ残ったのか。

今期ははなから香川を干してるから見てないけど、香川がフィットするチームではない。モイーズの次の監督が来ても変わらなかった。トゥヘルが解任されるのを待っても同じ事の繰り返し。もう若くないんだから香川は自分から動け。躍動する岡崎慎司を見れば、そのチームにフィットする替えの効かない存在になるとはどういうことかが分かる。

ゴール正面でのヘナヘナドリブルとヘナヘナシュートは一体何なんだ、敵がプレスしてないのにまるで酔っ払いのようだった。自分がどうしたら良いのかも分からなくなっている香川は見たくない。
[ 2016/10/23 22:07 ] [ 編集 ]
トゥヘルはもう駄目だね
クロップのようにはこの人に固執する理由がない
[ 2016/10/23 22:55 ] [ 編集 ]
管理人様
いつも キチンとした翻訳と 落ち着いたコメント(今回は珍しく スパッと言われてますが)ありがとうございます。
ここでコメントされる方も比較的落ち着いた意見が多くて 安心して読まさせていただいいています。

ギンターとヴァイグル 慣れていないって 昨シーズンELとリーグ戦ってましたよね。本当に言い訳にしか聞こえません。
香川選手は ギュンドアン選手のような役割を求められているのでしょうか。実際 彼の抜けた穴は大きいですから。
どちらにせよ どこかケガが完治しないのか、コンディションが良くはなさそうですね。
[ 2016/10/23 23:03 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。長文ですが失礼します。

トゥヘル監督に対する所見はその通りですね。おかげでモヤモヤが少し晴れました。
私はシャヒンにチャンスすら回ってこないのが気になります。とても良い選手でしたし経験も豊か。ビルドアップのピースが欠けている今、彼を出場させないでどうすると思う。
怪我人が続出している上、怪我明けの選手もコンディションが整って無い現状では尚更彼の出番でしょう。
トゥヘル監督に関しては、グアルディオラに心酔しヒントを得るのは良いですが、それなら選手を上手く回さなければ戦術や起用を変幻自在に変えるサッカーは不可能だと思います。

インゴルシュタット戦では怪我人が多かったという前提を考慮してなお、選手が個人プレーに走っていたような気がします。そこには昨季の様なコンビネーションは無く、スコアポイントを稼ごうと選手一人一人がアピールする場として試合をしていたように見えました。

トゥヘル監督は前任監督のプレッシングを壊し、よりポゼッション寄りの戦い方を浸透させました。が、最早その影も見えず、今やポゼッションは捨て去ったように思います。
その結果何が残ったかと言うと…何も残らず、選手が個人のステップアップの為にアピールする場と化してしまったように感じました。ファギー退任後のマンUtdや黄金期が去ったミランの様に。

私のドルトムントの応援歴は短いです。お前にドルトムントの何が分かると言われても仕方ない位短いファン歴です。ですが最近、ドルトムント「らしさ」が無くなりつつあると思ってしまいます。
真実の愛?グロスクロイツは何処だ、クバを何処にやった、全盛期が過ぎた?今、彼らが居たら助かっただろう。ゲーゲンプレス?もう失った。
大好きなドルトムントの象徴が無くなりつつある現状が哀しい。時代と共にクラブは変化するものである事は承知していますが、変化するなら新しいビジョンを示して欲しい。今のドルトムントには変化のビジョンが見えないのが何より辛いです
[ 2016/10/23 23:56 ] [ 編集 ]
トゥヘル自身がリーダーでありたいと思っている、同感です。自信、経験のなさの裏返しかなぁ。若い選手がリーガとCLの両立に慣れてないとか言ってますが、慣れてないのは、監督本人ですよね。慣れてない選手をうまく束ねるのが監督の腕の見せ所なのに、経験のあるベテランをことごとく排除して、自分で自分のクビを締めているようなもの。トゥヘルにはCLとリーガの両立は無理なのでは?戦術家気取りで、若い才能を指導できることに浸っているナルシスト。毎回、言い訳を聞くたびにゲンナリ。いつまで言い訳を言い続けるつもりなんでしょうか?
[ 2016/10/24 00:06 ] [ 編集 ]
クロップでも主力の流失は止めれなかったし
トゥヘルだから今回抜けた訳ではないけどね
ドルトムントのブランド力がステップアップにされる位置付けなだけ

近年ではクロップの12-13のチームが1番好きだったよ
この年以降毎年バイエルンと勝ち点20〜30離され優勝望めなくてもかっこよかった
トゥヘルは早く変わり成長する必要がある
[ 2016/10/24 00:11 ] [ 編集 ]
香川はもっと練習から若手のデンベレやプリを叱り飛ばしてでもワンツーや連携させるべきだと思う。
受けに行って、貰えずに天を仰ぐだけじゃ。状況は変わらない。
マンUの時は選手の格や年齢層的に無理だったけど今のドルならそれも可能なはず。タイプじゃない
なんて言ってられる状況じゃない。
[ 2016/10/24 01:15 ] [ 編集 ]
まだ負けてないだけマシかもね。負けだしたらどんな言い訳するのか聞いてみたい。
でも学習能力ない監督だなってつくづく思います。
[ 2016/10/24 01:44 ] [ 編集 ]
日本の各サイトでは、不調の?香川選手を叩くだけのコメントが大半で辟易しておりますが、ここはいつも冷静、かつ的確なご意見が多く、安心させられます。

管理人さんのご指摘、皆さんのコメントに、今回もただただ同感です。胸のつかえ、モヤモヤが取れたような気がします。

監督が今のスタンスのままではなかなか厳しいでしょうが、また最高のチームプレーを見せて欲しいですね。
[ 2016/10/24 02:10 ] [ 編集 ]
上の人の意見で、トゥヘルはCL初挑戦で慣れてないから時間をってあったけど、優勝目指しているロイスやオバの気持ちを考えたらうーーんって感じかな。
彼らには若手と違って時間が限られているのだ。
香川はタイトル4つ持ってるけど、この二人は0じゃなかったっけ?
フンメルスも逃げ出すわけだ。。。
優勝できるポテンシャルあるのに諦めるもんね。
若手養成場をフロントが目指しているなら、ロイスとオバは早く移籍させて上げてよ。彼らの夢を弄ぶな。
あ、後香川もね。
[ 2016/10/24 03:04 ] [ 編集 ]
自分はトゥヘルが戦術オタクになんかまったく見えないし、トゥヘルのやっているサッカー観ていて面白いなどとは口が滑っても言えないレベルのつまらなさだと思う。
こんなことなんか、フィールドでプレーしている選手の表情を見ていれば一発でわかるでしょ、昨シーズン途中から誰一人として楽しそうな顔をしてサッカーをやっていない、特にオバメヤン、ロイスの表情は暗い。
これはトゥヘルが指示している内容と自分の考えやプレースタイルが合っていないというか、最近では「トゥヘルお前ダメだわ」という感情の表れにしか見えなくなってきた。
まぁ、負けた理由を選手のせいにしてしまう監督に期待なんかできないし、百歩譲って素晴らしい戦術オタクだとしても選手の気持ちを掌握できなければ、そんな戦術は半分も役にも立たない。
そういう点ではクロップは優秀だったとあらためて思ったわ。
シーズンが終わってみればそこそこの成績を残すかもしれないけど、経験は少なくても優秀な選手がこれだけいればトゥヘルじゃなくても残せるハズだし・・・
[ 2016/10/24 05:52 ] [ 編集 ]
全く同感です。
ベテランのリーダーとなるべき選手を
ことごとく排除し、使いやすい若手を
起用してポイントを奪えてないのは
もちろんそこで奮起できていない選手の
責任でもありますが、全ての責任は
トゥヘルにあると思っています。
ただしせっかく起用された香川選手も
チームではリーダーにならなければ
なりません。怪我で主力が出れない
このチャンスをしっかり活かしてほしい
ところですね。
[ 2016/10/24 10:04 ] [ 編集 ]
負け試合の原因を選手の責任にする監督は
ファンからも選手からも信用されないですね。
戦術も選手起用したのも誰の責任でもなく
自分だということをわかっていないのかな?
クロップの後だから見劣りすることもありますが
勝ったからと子供みたいに有頂天になり
キャッキャして若手を持ち上げすぎたり
負けて選手のせいにしたりせず
もう少し冷静に分析したコメントができないものでしょうか?
[ 2016/10/24 10:37 ] [ 編集 ]
03:04様 トゥヘルはCL初挑戦で慣れないから時間をあげてと書いた者です。確かにオバは可哀想ですね。でも、移籍を望むなら長期延長はしなかったはず。ロイスは怪我が多いし、無免許等まあ自業自得の部分は有りますね。

香川は4つタイトル取っているからね。勿論さらなるタイトルを取って欲しいと熱望してますが、正直それは香川にとってMastだとは思ってません。長い人生、引退後の方がずっと長い。一生サッカーにかかわっていくだろう事、たぶん指導者になっていくだろう事を考えれば、クロップの元で得られた様々な事、マンチェスターでの事、そして今の全てが彼にとって凄い宝になると思って見てます。特にトゥヘルの戦術的な事は、失敗も有るけどそれを含めて凄いと思ってますよ。データのとり方や毎回様々試していく姿。サッカーにかかわっていくこれからの役に立たない訳は無いと思ってます。
そう考えると、後30年位香川で楽しめる。ちなみに、直近で期待しているのは、俊介の引退後の解説者としての仕事。早くまともな解説者が現れて欲しいですから。
[ 2016/10/24 11:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルの采配などに疑問点あるのは同感
クロップがトゥヘルより優秀なのにも頷ける

ただ戦術に合わない 監督から見て調子悪い選手は出す訳には行かないってだけだと思うのだが
監督変わればやり方変わるのは当たり前

出場機会に関しては実力主義である程度公平だと感じる
シャヒンは可哀想だけどね

香川を出さないのはおかしい!
香川はトゥヘルに壊された!嫌われている!
ってコメントがあるけどそれに関しては違うと言いたい
実際に基本的な技術見ればわかるように香川は調子落としていると言わざるを得ない
ボールタッチや位置取り 強みの部分が消えている
こういった部分をタスク課すことにより潰しているといわれたらもう何も言えないけど・・・
[ 2016/10/24 12:26 ] [ 編集 ]
上でコメントされてる方に同じですが、昨シーズン後半戦の香川選手ベンチ外だったヘルタ戦でしたかね。あの時のオバメや他のメンバーの表情見てショックでしたね。クロップのイケイケのサッカーが恋しいですね。温かくて熱くて速さがあって、選手がイキイキして見えたのは自分だけかな?そういうドルトムントが好きだったので、寂しいですね。
あれだけ戦術変えてたら、怪我もしますよね。選手のレベルは高いのだから、変に勝てもしない自己満足の戦術なんて無い方が勝てそう!昨シーズンの前半戦バイエルン戦までの選手みんなが挙ってプレイしてた様に、ドルメンには楽しんでサッカーして欲しいです
[ 2016/10/24 12:50 ] [ 編集 ]
長期離脱してるロイスが復帰すればキャプテンに返り咲くだろう
そうなればフンメルス程ではないかもだが、トゥヘルに意見してくれるかも?
昨シーズンも「もっとまともな補強してくれ」と公な言ってたし

しかしなんでデンベレやモルをあんなに自由にさせるんだ
連携も何もあったもんじゃない
その癖香川やゲッツェには縛りタスク課せる
その2人こそ自由を与えた方が輝くのに
その自由は自分勝手なものでなく、チームを活性化させる物なのに
[ 2016/10/24 16:17 ] [ 編集 ]
昨シーズン前半のドルトムントは見てて楽しかったですね。トゥヘル監督もドルトムントにきて一年目なのにもかかわらず素晴らしいサッカーを見せてくれました。
流動的な攻撃もみていて面白く、なにより選手の表情がいきいきとしていて、素晴らしいチームだと思いました。
昨シーズン後半ですかね? 突然香川選手がベンチ外になったり、オバメとラモスの2トップを何度もためしてうまくいかなかったり、得点王争いだった終盤でオバメを先発から外したり…
個人的に決定的にトゥヘル監督が嫌いになったのは、カップ戦決勝でバイエルンにPK戦で敗れた後のコメントです。PKを外した選手の責任にするかのようなコメントをしていて、最悪だと思いました。
[ 2016/10/24 18:04 ] [ 編集 ]
KK
上の方へ

昨シーズン前半のドルトムントは、トゥヘルが望んだものでは無いですよ。香川がインサイドハーフとして組み立てに参加し、チャンスとなればエリア内に入って行ってましたが、あれは香川が独自の判断でやっていたとインタビューに載っていたかと思います。つまり、前半は香川が動かしていたチームだったんですよね。
トゥヘルはそれが面白くなく、後半から香川を干して、自分の色を出し始めました。その延長が今シーズンだと思っています。
[ 2016/10/24 21:56 ] [ 編集 ]
ちょっと 片寄った考えかもしれませんが 香川選手の創造性に嫉妬があるんでは?と思ってしまいます。
香川選手のアイデアで勝つのではないんだ!自分の戦術で勝つんだ!っていう。
選手は監督の言うことを聞いていればいいんだ!と思ってそうです。
だから香川選手の動きを制限する。でも香川選手は完全にチームプレイヤーだから うまくいってないポジションに顔をだす。そして怒られる。なぜ言う通りにしないんだ!って。
負けた試合を選手のせいにしたりするのを見ると 俺の言うことを聞かないから負けるんだ!って言ってるように聞こえます。
[ 2016/10/24 22:38 ] [ 編集 ]
2016/10/24 21:56さん
コメントが私に向けたものだと思ったので・・・・
興味深いコメントありがとうございました。 自分も同意ですね。トゥヘルの考えに対して、おそらく香川選手は「動きすぎる」のだと思います。ただその割に、昨シーズンのムヒタリアンなんていろんな場所に動いていたと思いますが・・・ やっぱりお気に入りとかそんな考えになってしまいますよね。
[ 2016/10/25 06:30 ] [ 編集 ]
前提として私はクロップが好きで、トゥヘルの印象はよくないです。ただそれは、監督のキャラクターによるものです。

しかし、ここでは賛美され私も大好きなクロップは、確かにバイエルンを破り優勝し一時代を演出しましたが、ドルトムント最後の年はダメだったし、リバプールでも昨年も今年も凡庸な成績に甘んじています(現在8位)。

二人の比較としてドイツでの一般的な評価はどうなんでしょうか。トゥヘルも成績だけでみると、こき下ろされるようなものでもないように思います。
[ 2016/10/25 17:22 ] [ 編集 ]
上の方へ

クロップ監督の最期のシーズンは、W杯後の疲れが取れないままにシーズンに入った事が、ドイツ代表が多い割に選手層が薄いチームに大きな影響を与えたと思っております。それにリバプールはボロボロの状態でした。ロジャーズ監督下でチームからは覇気が感じられなくなり、それこそ崩壊寸前でした。それがシーズン途中でのクロップ監督の就任により、ファンはチームの将来的な成功を再び信じる様になり、チームは活発に動き出し、腐っていた選手がチームに欠かせない存在になってくれました。またカップ戦では決勝まで導き、チームの将来を託すに値する監督だと思わせてくれました。クロップ監督の評価が高いのは当然でしょう。

一方トゥヘル監督は、前シーズン前半は最下位まで落ちたものの、後半に建て直し7位で終わったチームをプレシーズンに準備が出来る状態で引継ぎました。選手にダイエットと食事改善を指導した事は、トゥヘルの功績でしょう。シーズン前半は、クロップの元でゲーゲンプレスを叩き込まれた選手達と、香川がインサイドハーフとしてヴァイグルのフォローと攻撃の起点役をこなす事で、高成績で終えました。トゥヘルが自分の戦術を選手に植え付け始め、それまでよりも点が取れなくなり、トゥヘル監督の怒鳴る姿が頻繁にテレビに映る様になったのは後半からです。より色が出てきた今シーズンでは、連携すら取れなくなり、ひたすら個人プレーを繰り返すチームになってきています。チームとして上手く行っていないのは明らかですし、トゥヘルの監督としての器や、能力に疑問が囁かれ評価が下がるのは当たり前です。

クロップとトゥヘルの現在の状況を並べること自体が間違っています。
[ 2016/10/25 20:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。