ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対インゴルシュタット!キッカー全選手採点と試合評!《ドイツの反応》




キッカー

entry_img_1295.jpg



インゴルシュタット採点


ニラント 2.5

ハデルチョナイ 3、マティップ 3.5、ティッセラント3.5、シュットナー 3

コーヘン 3、ロガー 3.5

ハルトマン 4、 グロース 3.5

レスカノ 2、 ヒンターゼーアー 3



スポンサーリンク




ドルトムント採点


ヴァイデンフェラー 3.5

ピスチェク 4、ギンター 4、バルトラ 5、パク 5

ヴァイグル 3.

カストロ 3、香川 4、デンベレー 3

ラモス 3、オバメヤン 2.5

プリシチ 2

ゲッツェ 3





審判 ツヴァイヤー 2
非常に集中した激しい試合で常に良い視野を保っていた。




試合採点 2
非常に緊迫した、エンターテイメント性のある試合。しかしどちらのチームの戦術的、技術的欠陥をさらした。



キッカー試合分析

ボルシアは目覚めるのが遅すぎた。


ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は4231の形の戦術を採用した。この不慣れなフォーメーションが、ドルトムントには珍しく無気力な態度につながる事になった。

インゴルシュタットは目が覚めており、存在感もあり、さらに危険だった。インゴルシュタットは何度もセカンドボールを奪取し、BVBの決心の足りなさを利用し、2度のセットプレーからゴールを決め、さらにカウンターのチャンスもあった。前半はさらに得点を広げることもできただろう。

その後トゥヘルは352の戦術を採用したが、ヴァイグルのボールロストの後で、再び4バックに戻した。

ドルトムントにかかるプレッシャーはますます大きくなり、オバメヤンのゴールもドルトムントのガラ空きの守備を改善する事にはつながらなかった。

インゴルシュタットはその後もカウンターを見せ、61分のハルトマンのシュートがポストを直撃し、試合を決定づけるチャンスを逃した。

ドルトムントは終盤433の戦術を最小氏、それによて疲れたインゴルシュタットに対して絶好のチャンスを得るた。94分にのオバメヤンのヘディングがもう少しで試合をひっくり返すところだった。




まとめ
まったく異なる前半と後半だったが、引き分けに相応しい試合。両チームとも試合を決めるチャンスを逃してしまった。



マン・オブ・ザ・マッチ
2ゴールを決め、3ゴール目を外してしまった。力が足りているうちは、ダリオ・レスカノは多くのボールを奪取し、熱心にボールに対してプレーしていた。








以上です。

試合の採点は2でしたね。まあ最後の同点劇は劇的ではあったので、ストーリーに関しては娯楽性があったと思います。しかしドルトムントファンにしてみれば、心臓に悪い・・・。

本当はオバメヤンが1点を返した時点で、逆転できそうかと思ったんですが、その40秒後にはさらに引き離されてしまいましたからね。あのゴールは本当に絶望的でした。

バルトラがまだ1試合を通して良いパフォーマンスを見せていないのが気になります。やはり体が細いためか、セットプレーで競り勝てないような印象がありますね。時々光るパスを見せてくれるのですが、肝心の守備の部分で安定したパフォーマンスを見せてくれるかがカギでしょうか。

デンベレ―はほとんどロストばかりしていましたが、そのうちの一つがアシストにつながったのが割と高評価な原因でしょうか。まあ攻撃の選手は何度失敗しても点に絡むことが大事だ、という考えは理解できますが、前半はそれほど良くありませんでした。


キッカーはカストロ右サイドで評価していますが、個人的には右サイドは誰もいないのではないかという印象を受けるぐらい、何も起こりませんでした。左サイドでプレー時には右サイドは画面から消えてしまう事も多いので、カストロの本当のポジションはどこだったのか気になるところです。




【おまけ今日のドイツ】


20161024220101749.jpg

近所を散歩していたら、柴犬に出会いました。
尻尾が何とも可愛いです。
いつも丁寧な記事、ありがとうございます。
デンベレ3 ですか・・・・ おっしゃる通り前半のデンベレは中盤でロストし、ボールを奪われるシーンが目立ったように感じましたが。
最近のドルトムントを見て感じたことですが、ワンツーなどの連携が減ったように思えます。度重なる怪我でメンバーの入れ替えが激しく、連携を深められないのでしょうか。CLスポルティング戦でのパス回しは見ていて楽しかったのですが。インゴルシュタット戦は前半で切ろうかと悩みました。
またドルトムントのわくわくする連携がみたいですが、果たしてかなうのかな・・・
[ 2016/10/25 06:39 ] [ 編集 ]
カストロのポジションには大方サイドバックがいた。つことは、ご当人はその前にいたってこと。点に絡みたかったんだろ。ポジョン放棄でもあるし、センターバックとサイドバックの間スカスカになるからトゥヘルはさっさと替えた。

カストロは相変わらず前後のバランス悪いね。なんか中央でサイドのプレーしてるように見える。中央はタメつくんなきゃいけないんだけどな。サイドで使ってやれば今以上に怖いプレーヤーなのに、、、デンベレなんかより全然いい。

使う方に問題ありですね。
[ 2016/10/25 06:49 ] [ 編集 ]
デンベレのアシストは走り込んで香川のボール受けてそのままクロスあげたシンプルなプレー
それが自分のプレーで唯一得点になったことを考えてほしい
[ 2016/10/25 07:42 ] [ 編集 ]
毎回、採点低いんですけど香川大丈夫なんですかね?
[ 2016/10/25 08:55 ] [ 編集 ]
シンプルに機能するならまだしもトゥヘルの半端な実験に振り回される選手の心中やいかに(まあ好き勝手にやってる選手もいますが)
選手はトゥヘルの頭の中のサッカーシステムの奴隷ではないのです
前半に比べれば後半はましでしたが大概ひどいものでした

カップ戦、ダービー、スポルディング戦と特に大事な試合が続きますがどうなるんでしょうか?
[ 2016/10/25 10:38 ] [ 編集 ]
 バルトラは正面で迎えて安易にボールに足を出して簡単に抜かれてしまうんです。足を出すのを我慢して、ボールではなく体を抑える意識が必要。セットプレーですけど、選手より指示が悪いかなと思います。
[ 2016/10/25 11:21 ] [ 編集 ]
組み立てが気になりヴァイグル、ギンター、バルトラのパスの行き先をリプレイ中を除き確認出来るものを前半だけですが調べてみました。パスブロックや競り合いはピッチに残って敵味方問わず拾われればルーズボールとして1カウントしました。パス総数(ルーズボール含む)/上記3人の当人以外2人へのパス/DF、GKへのパス/ヴァイグル、DF、GK以外へのパスで並べます。
ヴァイグル:43/16/24/10
ギンター:62/31/35/18
バルトラ:62/26/35/14

カストロへのパスは上記人名順に2/8/0でした。
ますます前半のプランが何だったのかは迷宮入りしました。ラモスを狙う、オバの抜け出しを狙って後ろから長いパス出しこぼれをカストロ香川デンベレが回収して二次攻撃に繋げる単純なプランだったらパクにも負担がかからなかったのかなと思いました。
[ 2016/10/25 11:30 ] [ 編集 ]
セットプレーをマンマークで守るのやめたほうがいいですね
ゾーンで、待ち構えてたほうが絶対いいですわ
[ 2016/10/25 11:34 ] [ 編集 ]
柴犬!ドイツでも日本人の多い地域だと良く見ますが、そうでない地域だと少しレアですよね。異国でも凛々しいお顔。
[ 2016/10/25 12:15 ] [ 編集 ]
最近の何試合か見て分かってきた事は、このチームは昨季のギュンドアンの役割を果たせたいる選手がいない事、それが一番のボトルネックになっている事ですね。
いわゆるセントラルの選手では、ヴァイグルはアンカー気味の選手だし、カストロはパサーより推進力の選手、ゲッツェはやや前線に特化した選手です。

最近のトゥヘルの香川起用方は、ギュンドアンの役割に近づいてると思います。確かに、現状面子で一番彼に近い仕事が出来るのは香川、もしくはシャヒンでしょう。私もそれには賛成です。

そう見ると、野戦病院とはいえ、トゥヘルはなんだかんだ香川の特長を理解した上で、信頼してるんだなというのは伺えます。ギュンドアンポジションを補強するかも知れませんが。

正直今のチームで香川に密集地に張らせても出す選手もいないですし、香川も打開出来ていません。それなら香川を出す側にした方が良いです。

ただ守備のタスクが増えて攻撃に絡む機会が減るので、役割の変化に気づかないと暫くはメディアなどから叩かれっぱなしになるでしょうねw
[ 2016/10/25 13:44 ] [ 編集 ]
管理人さんありがとうございました。キッカーの採点のみ、私のスコアブックに付けています。ここくらいしかキッカーの採点見れない(全員分が)ので、採点はいつも嬉しく写しています。

香川は守備とビルドアップに追われえててシュート打てなかったから、4は仕方ないですね。でも、監督やチームメイトはもう少し評価していると思ってます。
[ 2016/10/25 14:06 ] [ 編集 ]
柴犬可愛いですね。日本のよりひと回り大きい感じですね。

セットプレイで2点も点を入れられるのは本当にどうにかしてほしいです。
昨シーズンもそうでしたが
こういうのの練習ってしないものなんですかね?
逆に今のドルトムントはセットプレイ、フリーキック、などから点が入るの本当に少ないと思います。

もうすぐ、シュールレ、ゲレイロ、ロイスが戻ってくるみたいですが、どういう形になるのでしょうか?
デンベレ、モア、プリシッチは控えになるのでしょうか?

シャヒン、オーバは早ければ冬に移籍しちゃうんじゃないかと心配です
[ 2016/10/25 16:52 ] [ 編集 ]
13:44の方に同意で、今の香川はギュンドアンのような役割を求められているのだと思います
なので、直接得点に絡んでいなくてもトゥヘルはある程度評価しているのではないでしょうか
ただやっぱり攻撃での貢献が足りないのも事実です
香川は多くのことを完璧にやろうとし過ぎて、すべてが中途半端になってしまってるように見えます
プレーで頼れる選手がいない今、香川がそうなれればいいのですが
[ 2016/10/25 17:38 ] [ 編集 ]
香川はチャンスメイクできそうなところで今までのようなキレのあるパスを出せなくなった。
トラップも正直下手になってる気がする。
メンタル的にというか何か考え方を変えないとやばいんじゃないかな。
そういうアドバイスできる人が周りにいないんだろうか。
[ 2016/10/25 21:40 ] [ 編集 ]
昨シーズンの下がり禁止だったのか?で下がりボールを受けてベンチ外になってから、それが香川選手のどこかに残っているのか、監督のタスク言いつけを守った上でプレイしなくてわって気持ちがある様に思っています。若手のパスコース指示も監督から言われてるのかな?
その割に若手さんは好き勝手やってますけどね。ギュンの代わりにもならされて、周りからはもっと攻撃に絡めと言われる。それでも自分らしさをなくしたく無い。チームの勝利ためには?って常に頭の中にあるんだろうな。と勝手に推測してみたりしてます。香川選手がどう乗り越えるのかだけを楽しみにして、トゥヘルにはもう、好きな様にやってみればぁーー⁉︎って感じです
[ 2016/10/26 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。