ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 マンチェスター・U デ・ヘア 「ファーガソンの事は孫にも語るだろう!」ドイツキッカー紙でインタビュー!


香川選手の元同僚である、マンチェスター・ユナイテッドのゴールキーパーがキッカー紙で取り上げられましたので紹介したいと思います。キッカーに外国のリーグの選手のインタビューが掲載されるのは結構珍しいです。今後のスペイン代表での正ゴールキーパーの第一候補でもあるだけに、その期待の大きさが伺えます。



カシージャスが僕を祝ってくれた

20141027050809ee2.jpg

2011年にダヴィド・デ・ヘアがアトレティコ・マドリットから来たとき、彼は批判に立たされた。現在の彼はマン・ユナイテッドで議論の余地がない地位にいる。そして彼はより多くのものを手にしたい。


デ・ヘアさん、あなたは代表戦の前のエヴァートン戦でPKを素晴らしいセーブで止、オールド・トラーフォードから大合唱が起こりましたが、どのような感じですか?それどころか伝説のペーター・シュマイヒェルがあなたを賞賛してましたが。


素晴らしいですね。褒められるとむず痒くなります。


あなたは自分がヒーローだと感じていますか?


僕はヒーローにはなりたくありません。そうではなくてチームを手助けしたいんです。僕たちは新監督のファン・ハールの前で毎週良くなっています。これはハードな仕事の結果です。僕らの挑戦は、再びトップに戻ることです。


ルイス・ファン・ハールへのファンの期待はものすごく大きですね。しかし結果はあまり伴っていません。このようにギクシャクしたスタートはあなたにとって驚きですか?この前のウェスト・ブロム戦では結局2:2の引き分けでした。


新しいトレーナーが全く新しい考えできた場合、スタートに躓くことは普通のことです。今はまだ過程ですし、ファン・ハールも僕らがいつも良くなるだろうけれど、それには時間がかかるだろうとも言っています。これには疑問の余地はありませんが、ユナイテッドは再びチャンピオンズリーグに出なければなりません。


ディ・マリアとファルカオというトップスターがこの夏に加入しましたが、彼らはチームを前進させてくれますか?


疑いは無いですね。彼らはファンタスティックなプレーヤーです。難しいと言われていたにも関わらずもうゴールも決めていますしね。でも彼らがより頻繁にゴールを決めてくれることを願っていますよ。


スペインではあなたがマドリッドに帰ってくると噂されていますね。レアルの方に。


噂ですよ。僕はここでハッピーです。


あなたが2011年にアトレティコからやって来た時は常に批判されていましたね。それは公平でしたか?


僕はいつも前向きに考えるようにしていました。僕の助けとなったのは、僕は毎日のトレーニングが好きですし、それを成長するために使いました。キーパーはとても微妙なポジションなんです。失敗はとても人間的ですし、そうしたものにメンタルで対処しなければならないんです。もし失敗したらその分成長しなければなりません。僕は今は以前よりも良くなりましたよ。


あなたはユナイテッドを去ろうと思っていましたか?


はい、あの時は本当に難しい時期でしたから。僕はダメだと思っていました。サー・アレックス・ファーガソンンがいつも支えてくれていたのにもかかわらずです。
スポンサーリンク



彼は何をしたのですか?


彼は批判から僕を守ってくれました。それに僕が再びユナイテッドのために成長するまで我慢強く待ってくれました。


あなたはサー・アレックスがいなくて寂しいですか?


ないわけないですよ。彼は何よりも偉大な人物でした。僕らの多くにとって父のような存在でした。僕は彼には感謝することしか出来ません。そして僕はいつの日か自分の孫に彼のことを語るでしょうね。


あなたは今ほぼ24歳ですが成熟したと感じていますか?


そうですね。今は自分の人生の中でも良い状態です。ここ3年間のユナイテッドでは2年だけ安定していましたが、今ならこう言えますよ。準備はできていると。


スペイン代表のナンバー1としてもですか?あなたがユーロ予選でカシージャスの代わりに出場しルクセンブルク相手に4:0で勝利した事でそのように見てますね。


そのような目線で見られることは僕にとってはなんら問題はありません。アトレティコやユナイテッドでのプレッシャーのほうがもしかしたら代表よりも大きいかもしれません。


ルクセンブルク戦の後であなたの競争相手のカシージャスはあなたに何と言いましたか?


彼は僕を祝福してくれましたよ。他の人たちと同じようにね。僕たちはとてもよい関係を築いていますし、僕もイケルのように代表戦ではデル・ボスケ監督の要求に答えるようにしています。


2016年のユーロではスペインのナンバー1になりますか?


それはぜひ、デル・ボスケに聞いてください。僕はナンバー1になるように準備し取り組むだけですし、そうすれば結果もついてくるでしょう。




以上です。香川選手の元同僚でさらに仲良しだったという事もあり、日本での知名度もすっかり上がった、デ・ヘアですが、今ではドイツでも、カシージャスの後釜第一候補として注目を集めているようですね。

つい先日スカイで2002年のチャンピオンズリーグの決勝戦(レバークーゼン対レアル・マドリッド)の試合を偶然に見たのですが、試合終盤、バラック率いるレバークーゼンが猛攻を仕掛ける中、若かりし頃のカシージャスが何度も好セーブを見せていました。その頃からもう12年ですからね、いくらキーパーの寿命が長いとはいえ、世代交代の時期は目の前にやってきていますね。

今後もドイツ国外のニュースで調度良いのがありましたら、取り上げていきたいと思います。


【おまけ 今日のドイツ】

2014102704472180b.jpg

ドレスデンの隣街ラーデボイルにあるワイン畑の頂上からの景色。(撮影は7月)
畑に挟まれたこの名物階段(Spitzhaustreppe)は220メートル397段あります。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/10/27 06:30 ] 日本人インタビュー | TB(-) | CM(4)
No title
'失敗はとても人間的ですし、そうしたものにメンタルで対処しなければならないんです。'

キーパーの受けるショックって、時にはいわゆる『心的外傷』トラウマになりそうな気がするのですが、一体どう対処するのだろうと思ったりすることがあります。
今年のW杯で聖イケルに起きたことはまさにそれで、本当に胸が痛みましたが、このように新しいことのはじまりでもあるのだから、前向きに捉えたいと思いました。
[ 2014/10/27 08:23 ] [ 編集 ]
こういう記事を今川島をバッシングしてる人たちに読んでもらいたい
川島に限らずですが、選手たちをネットでバッシングしたり、ひどいのはスタジアムで罵声浴びさせたりしてる人種が、本当にサッカーを愛し選手をリスペクトしてると思えないです。
ハノーファ戦のあともゴール裏で選手たちにチャントを歌ったドルサポの爪の垢を飲んで欲しい。
あれこそ真にチームを愛する姿ですよ。
[ 2014/10/27 10:21 ] [ 編集 ]
No title
あのチャントは凄かったですよね…
選手でもない自分があの優しさにウルっときてしまいました。
[ 2014/10/27 17:09 ] [ 編集 ]
No title
グッドラック   デ・ヘア
[ 2014/10/27 17:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。