ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBヴァイデンフェラー、PK阻止のおかげで契約延長か?ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト


ヴァイデンフェラー


PKリストのおかげで新契約か?


最初にカンニング。そして対戦相手を大会から締め出す!



entry_img_1301.jpg
引用元:BILD


ドルトムントのゴール・キーパーであるロマン・ヴァイデンフェラーは4:1で勝利したウニオン・ベルリン戦で2つのPKを阻止した。折りたたまれたA4紙のおかげで。

スポンサーリンク




そのメモをビルトが特別に入手した。

2016102820314881e.png



青いボールペンでキーパーコーチのテディ・デ・ベーアがビデオ分析に基づいて、可能性のあるキッカーを書き出していたのだ。そして彼の予想は正しかった!!





▶最初の二人のキッカー、フェリックス・クロースとシュテファン・フュルストナーに対して、このワールドカップ優勝者は正しいコーナーを選び、ボールを弾いた。

ヴァイデンフェラーはにんまりして:“僕は特にPKキラーではないけれど、みんな僕が重要なPKを何度か阻止していることも知っているね。もちろんウニオンを相手にしっかり準備をしたことがその助けとなっているけど。”




この紙がヴァイデンフェラーに新たな契約をもたらすだろうか?



チーム最年長(2002年より在籍)であり、ロマン・ビュルキの補欠となっているヴァイデンフェラーの契約は、次の夏までとなっている。しかし今契約延長の可能性が出てきた。本来は、この夏彼が引退する事が決まっているのではないかと思われていた・・・

ヴァイデンフェラーはビルトに対して:“もちろんこのように勝利した後で、いろいろと考えるのは自然なことだね。落ち着いて冬に話し合いをして、どうなるか決めたいよ。”


土曜日のダービー、シャルケ戦ではビュルキが再びゴールを守り、PKキラーのヴァイデンフェラーはベンチに座る。







以上です。

しかし良くこのようなメモ紙を入手しましたね。確かにクロースとヒュルストナーはこの紙と同じ方向に蹴りました。

クロースのキックは決してコースが甘すぎたわけでもないので、あれは本当に良く止めたなと思いました。

キーパーは普通の選手よりも寿命が長いですし、まだ欲しがるクラブもありそうな気がしますが、できればBVB選手のままキャリアを終えてほしいですね。


[ 2016/10/28 17:58 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(4)
昨年だったか一昨年だったか忘れたけど、遠征にも連れてってもらえない時期があって、気持ち切れたかなと思っていたけど、そんなことなかったな。
昨日のセービィングは、眼でサッカーしろの見本だった。三人目は、蹴る前から外すのわかったもんね。背中かたまちゃってたし。
チームの中では貴重な経験をいくつも積んでるし、相手のメンタル面にまで影響を及ぼしてやれるプレーヤーそれほどいないので、簡単に辞めさせないでもらいたいです。
モリーニョじゃないけど、サッカーは心理学ってとこあるからね。
[ 2016/10/28 19:19 ] [ 編集 ]
PK戦って短期的には運の要素が強いと思っているので、ヴァイデンが活躍したという印象が薄いんですよね
それよりも延長戦で飛び出しミスって失点しかけたことの方が気になってしまいました
[ 2016/10/28 19:40 ] [ 編集 ]
ヴァイデンさんもシャヒンもモチベーション維持が
大変でしょうががんばってほしいですね。
スボティッチの現在の立ち位置はどうなっているんでしょう?
年齢や新入り選手厚遇などの理由でクロップ時代に貢献した選手が
もはや過去のものとして放出されたり冷遇されたりしているのが
とてもやるせないです。
[ 2016/10/28 22:50 ] [ 編集 ]
ハリルが「一流ゴールキーパーは190センチ以上だ」って言ってたけど、PK戦の様な1対1ではやはり高さは絶対必要だと思い知ったPK戦でした。
その前にルヴァンカップ決勝、ガンバ対浦和のPK戦で東口対西川見ちゃったから余計にヴァイデンの凄さ感じちゃったよ。
後気になったのは、最近ドルトムントの若い子達の活躍に慣れたせいか、キッカー10人中8人が30代に驚いてしまった。いつからJリーグってこんなに平均年齢上がったの?解説者が盛んに若い若いと言ってた選手も22歳。世界ではもうそんなに若いとは言えないよね。若い突き上げが無いとますます高齢化してきそうなJリーグでした。
[ 2016/10/28 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。