ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発ドルトムント!シャルケに引き分け!「香川は前半は最も良い攻撃的選手!」BVB選手採点と寸評!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ



entry_img_1304.jpg
引用元:BVB公式ツイッター

ビュルキ 3
フリーのコラシナツに対しては力強い反応を見せた。それ以外はほとんど出番なし。



ピスチェク 4
二人のサイドバックの中では手堅いほうだった。攻撃においてはコラシナツを意識し過ぎた。後半はよりプレッシャーをかけた。

スポンサーリンク




ソクラティス 2
全体的に最も良いボルシアドルトムントの選手。非常に力強いシャルケに挑み、何度も最後の一人として守った。組み立てではすべてが上手く行ったわけではない。



ギンター 4
試合に入るのに問題を抱えた。何度かひどいポジショニングのミスを見せ、それは14分のシャルケのチャンスの前でも見られた。後半は良くなったが、一度シュポモティンにやられている。




パスラク 4.5
この18歳の非常に神経質なパフォーマンス。彼はまたしても左サイドでプレーしなければならなかった。攻撃においてはミスが目立ち、守備においても掌握してなかった。



ヴァイグル 3.5
前半の彼はめずらしく正確でなかった。それに加えて11分にはマイヤーに対してイエローカードをもらってしまった。後半からは試合の指揮をとり、ドルトムントのプレーに安定感を与えた。



プリシチ 4
最初はコラシナツ相手に苦労したが、その後良くなり、ドリブルでシャルケ守備陣にとって脅威となった。しかし結果にはつながらなかった。



ゲッツェ 4
前半はほとんど目立たず、その後いくらか存在感を発揮した。しかしこのような激しい戦いの試合は彼に向いていない。しかし後半にはPエリア内でのワンツーからシュートまで持っていくという素晴らしい見せ場を作ったがフェアマンの前に敗れた。



香川 3
この攻撃的ミッドフィルダーは頻繁に後ろからボールを受け取りにいった。そうしなければボールを前に運ぶことができない状況だったからだ。前半はドルトムント攻撃陣の中では最も良い選手だった。



デンベレ― 4
何度か軽々しくボールをロスト。何度も素早さを生かそうとしたが。その度経験豊かなナルドにやられた。ドルトムントで最初にゴールチャンスを得たが、角度がない場面から放ったシュートはバーに当たってしまった。全体的には目立っていたが、効果的ではなかった。73分のゲッツェへのアシストを除いては。




オバメヤン 4.5
彼は最初の30分で2度しかボールに触れなかった。これは驚くべき少なさだ。後半は試合に入れるようになり、危険なシュートも放った。しかしシャルケも良く試合をコントロールしていた。



201610300351501df.jpg




【ルーア・ナッハリヒテン】


ビュルキ 2.5

ピスチェク 3.5

ソクラティス 3

ギンター 4

パスラク 4

ヴァイグル 4

プリシチ 4.5

香川 4.5
カストロが負傷し、ゲレイロもまだ100%ではない中、この小さな日本人にとっては次なるチャンスとなった。パスは試合を遅くし、一対一では弱弱しかった。後半は明らかに良くなった。彼に代わって79分にシュルレが出場。


ゲッツェ 3.5

デンベレ― 4

オバメヤン 4


201610300351482c9.jpg



【ビルト】


ビュルキ 3

ピスチェク 3

パスラク 3

ギンター 3

ソクラティス 3

ヴァイグル 4

香川 4

ゲッツェ 3

プリシチ 3

デンベレ― 3

オバメヤン 3

ゲレイロ 3






以上です。

今日のシャルケは非常にバランスよく守っていましたが、後半は何度かチャンスもあり、それだけに勝てなかったのが残念です。

香川選手は、ほとんどボランチのような位置まで下がってポゼッションには貢献していましたが、それより前に行くことはあまりありませんでしたね。評価も分かれていますが、役割をどうとらえるかで見方が変わるという事の一例ではないかと思います。

それにしても選手間の距離が開きすぎているのが気になりますし、中央で香川―ゲッツェのコンビネーションの可能性すら見られないのが気になりますね。トゥヘルの戦術では、インサイドハーフ同士はパスを出さない、とかいう約束でもあるのでしょうか?中央のコンビネーションがまったくないので、まるで右と左が分断されたかのように感じました。

結局、中央をあまり経由しないので、相手にとっては守りやすかったのではないかと思います。トゥヘルももう対策がとられてきていますね。まだバイエルンとも戦っていないのに、すでに8ポイント差になってしまいました・・。今シーズン本当にチャンピオンズリーグ入りも怪しくなってきましたね・・。


しかしトゥヘルの交代策は複雑すぎますね。なぜ素直にデンベレに対してシュルレにしないのか。香川選手に代わってシュルレが入ってから、デンベレが中に入りましたね。またローデが入ってから、それまで短時間サイドバックでプレーしていたゲレイロが中に入りました。一度の試合で複数のポジションをこなさなければならない、というルールでもあるのでしょうか・・・?



【おまけ今日のドイツ】

20161030035146033.jpg

スーパーに柿がありました。お店によっては、Kakiと日本語名で売られている時もあります。
まだ食べていませんが、渋柿ではない事を祈ります。
今期はもうデンベレ育てるためにやるつもりなのかね?チームが崩壊するわ。
明らかに今の戦術も交代もおかしい。昨年までの連携が完全になくなって別チーム。
[ 2016/10/30 06:16 ] [ 編集 ]
クロップの残していったものをすべてとっぱらった今こそがトゥヘル色を出せるかどうかの山場
このまま面白味もなくて勝てもしないままじゃないことを祈る
[ 2016/10/30 06:54 ] [ 編集 ]
前スレで予想した通りのゲームになったな。
シャルケは、アウェーだし調子悪いしで5バックでイエロー覚悟で止めに来ただけ。ドルは、さすがに前のゲームで懲りたのか、香川とゲッツェを真ん中に置いてバランスとらしてただけ。どっちも点取る感じも、取られる感じもしないゲーム内容。引き分けでいいか~みたいなw
何んとも盛り上がらないダービーだった。

それにしてもドルのウィングなんとかなりませんかね?
ボール持てないのにウィングやらせてるよ。まともなプレーは70分にゲッツェがポジションチェンジしてドリブルで切れ込んだとこだけ。それ以外はまともに機能してなかった。
あれならドン引き442にしてサイドハーフやらしたほうがいい、つか、ありゃウィンガーじゃない。

選手交代の仕方というか、監督さんのことはもう言うことないよ。まぁ、見切り千両、ってとこだなw

というわけで、すぐにチーム状態がよくなることもないだろうから、次も頑張って引き分け狙ってくださいだよw
[ 2016/10/30 06:58 ] [ 編集 ]
本当に見ていてつまらないサッカーになったな、ドルトムントは。
こんな試合をしていては地元以外のファンはいなくなるだろうね
昨季までのワクワクさせるような要素が何もない
怪我人が多いせいばかりではないよ
[ 2016/10/30 07:10 ] [ 編集 ]
ドリブラーの突破力による恩恵よりもドリブラーが居る事による相手が守りやすくなるデメリットの方がとてつもなく大きい状態みたいですね
常にドリブラーが両サイドにいる現状じゃ中央、特にオバの殺しっぷりが酷すぎて可哀想
[ 2016/10/30 07:15 ] [ 編集 ]
香川がデンベレより低い点ってないわーマジないわー。
[ 2016/10/30 07:48 ] [ 編集 ]
もうドルトムントの試合は香川が出ていてもみたいと思えなくなってしまった。。。
ここのところ修正もなくなぜドリブラーをサイドで使い続けるのか
交代ならデンベレが最初でしょう
なぜあれだけミスするデンベレをインサイドハーフにするの?
香川をシュールレ、ゲレイロと一緒にプレーさせたくないのかと思ってしまったわ。。。
[ 2016/10/30 08:02 ] [ 編集 ]
以前、香川はギュンドアンの役割を担うようになっていると書かせて頂きましたが、今回ではっきりしましたね。

しかし、そんな事より内容が益々ひどくなってるのが気がかりですね。連携が無い、両サイドが開きすぎで距離が遠い。これはまるで近年のミランです。

ミランと違うのは選手の質も補強に掛けた金も違うという事。この状況が続くようでは年明け頃にトゥヘル解任も見えてきてしまいましたね。みるみる悪くなっていってます。

ゲーゲンプレスは何処へ行ったのか。ペップ流のポゼッションだって激しいプレスがあってこそのポゼッションのはずなのですが、トゥヘルのやりたい形が見えてきませんね。まさかサイドがドリブルで行ってこいなだけでは無いと願いたいですが。
[ 2016/10/30 08:05 ] [ 編集 ]
香川とゲッツェはヴァイグルの側でボールを受けて前線に出すという指示を受けてるんじゃなかった?それでは攻撃も単調になりますよね。せっかく香川とゲッツェが揃っても何とももったいない使い方ですよ。まあこれがトゥヘルのやり方。香川も黒子のスタイルで頑張ってるしこれも経験と思うしかない。もっと出来るはずだしやれるはず。
[ 2016/10/30 08:20 ] [ 編集 ]
8番の役割でしたが今の香川はこれでいいと思ってます
無難な横向きのプレー中心だったのでスタッツ見ればパス成功率が高いだけかもしれないけど
バランスやポゼッションで役立つし前半ゲッツェに良い縦入れてたのでこれが増えていければ強力な8番になると思う
もっとゲッツェとの距離感を縮めてコンビネーションを見せて欲しいけど謎の制約があるのかもしれないw

デンベレ、モル、プリシッチのうち2人が両サイドで出場する試合を見るのもあと少しの辛抱でしょう
[ 2016/10/30 08:59 ] [ 編集 ]
地元2紙の香川の評価が真っ二つに分かれましたね。理由はおっしゃる通りだと思いますが、珍しいことですね。
香川選手自身はトゥヘル監督のことを「自分に一番合っている」と言っていたようですが、どうもそのようには思えないです。
個人的には、相性のいい選手をすれ違いに交代させるやり方に、少しもどかしさを覚えます。

(余談)
アメリカでも柿はKaki、みかんはUnshu(おそらく温州みかん)のラベルの貼ったものが売られています。
ハロウィンのかぼちゃマスクを柿で作る人もいますね。
[ 2016/10/30 09:04 ] [ 編集 ]
昨シーズンの後半、解説の方が中盤がポッカリ
空くのはトゥヘルの戦術って言ました。
わざと中盤に広いスペースを作ってるって。
誰か詳しい方教えて下さい。どうゆう事ですが?
すみません素人なので意図が知りたいです。
解説の方は日本の人です、その先を説明してくれなかったのでモヤモヤしてました。

[ 2016/10/30 09:14 ] [ 編集 ]
本当に別のチームになってしまったなと悲しくなりました
ドルトムントをドルトムントたらしめていたものをトゥヘルが物の見事に壊してくれました
プレスも消え走らず 裏抜けをはじめオフザボールの動きのなさ ポジショニング パスミス ロスト 選手間の距離 連携のなさ 流動性皆無 チャンスメイクの少なさ カバーリングの意識も乏しく 攻撃も守備も個個個
ドリブルしてはロスト 攻め急いではロスト 適当クロス 苦し紛れのパス フリーの選手にもボールを出さない 単調なサッカー
今のドルトムントを見ているとスペース?何それ?って感じですね
前が碌に動かないので勝負パスも出せない
サイドに好きにに仕掛けさせてブレーキになる
多彩なサッカーをしていたドルトムントの面影はありません
足元でもらうサイドの選手にとにかくつっこませるのが彼の言う「攻撃的」なサッカーなのか?
これがトゥヘルの望んだチームなのでしょうか?
それとも自分以外のものに今の結果を顛末を投げるのでしょうか?
2部に延長の末PKで勝ち抜けるのも最下位のチームに同点で終わるのも順当なサッカーです

こんなサッカーをやっていれば怪我人も増えますよ
おそらくトゥヘルは組織的な戦術指導はできないのでしょう
何を練習しているのかさっぱり見当もつきません
全体的な戦術の組み立てもできないのかもしれません
トゥヘルは何らかの変化を加えているのかもしれませんが、チームが良くなる兆しを一向に感じることができません
むしろ悪化しています
グアルディオラになりたいのか知りませんけどトゥヘルがやっていることはいじること制限を加えることでで選手の可能性を増やしていくのではなく、色々動かすことで特性を失わせて加えてチームを機能させてようには到底思いないのです
その一方自由にやらせてる選手もますが見栄えがいいかもしれませんがその選手たちを野放しにしていることもチームを壊している一因です

サッカーは0.数秒で差が出たりする繊細さもありますが、そんなものおかまいなしなんですね
神経質そうなのに
すべてを掌握したがるのにずっと綻びや問題を放置しているんですよね
不思議です
なぜ試合中にトゥヘルがイライラしているのかも理解できません
監督の責任なのに

強いチームはやっているプレーひとつひとつはシンプルです
トゥヘルはごちゃごちゃで複雑なのとチームを壊すプレーが混ざり合っているのでより深刻かと
勝負強い監督、勝ちに行く監督は全責任を負える人、ここぞというタイミングでリスクを冒すことを辞さない人なのだなと最近思いました
トゥヘルには無理そうです
今日はデンベレとゲッツェが特にブレーキになっていたと個人的に思うのですが、採点は良いかもしれません
左サイドがあまりにも自由で守備も緩いのでひやひやしました

フロントもトゥヘルもドルトムントがいかにして強くなり、ファンを増やしてきたのか何もわかっていないんじゃないか、理解する気すらないのではないかと疑いたくなる現状です
トゥヘル昨シーズンの数カ月過ぎたころから手を加えてきましたが、ここまで自分の色を出してバラバラにする必要があったのでしょうか?
確かに不安はありましたが、こんなにはやく弱くて魅力のないドルトムントになるとは思いませんでした
ちぐはぐな「チーム」が機能するように果てしてなるのでしょうか?
[ 2016/10/30 09:19 ] [ 編集 ]
同時刻開始だったからドイツ中が熱くなる伝統のルールダービーかリバプールの試合かどっちを観ようかとか思いましたが、ここ最近のドルトムントは塩試合を続けてますのでリバプールの試合を観ることにしましたが
正解だったようですね。
相変わらずの馬鹿試合で大笑いしてました、でもそれでも勝ちきれるようになったのがリバプールなんですよね!
ドルトムントは本当に勝てなくなって来ましたね、これはベスメンのメンバーが怪我って理由だけじゃないような気がします。
[ 2016/10/30 09:26 ] [ 編集 ]
点が入る気がしませんでした。
オーバが孤立ー下がる で気の毒になりました
シュールレ戻ってきたのでデンベレはしばらく休ませてほしいです。狙われている感じがしました。

カストロがまた筋肉系の問題みたいですが、シュールレ、ゲレイロももう大丈夫なんですかね?

[ 2016/10/30 09:36 ] [ 編集 ]
両ウィングに若手を使うのはもうやめてほしいです。
4-2-3-1に戻してDMFはヴァイグル、カストロ、ゲレイロを中心に、、
3の位置はゲッツェ、香川、シュールレ、復帰したらロイスを中心に組んでほしい。
たとえシュールレとロイスがいない状況であっても、デンべレなどを重宝するよりかは
ゲッツェやカストロにサイドを任せてしまった方がいいように思います。
[ 2016/10/30 09:44 ] [ 編集 ]
まあ、昨季はフンメルスやギュンドアンがいたからこその強さだったということでしょうね
ゲームの組み立てを担ったり後ろから良いボールを供給できる選手がいない
今は香川が右でそういう仕事をこなしてますが、だんだん慣れてきているので我慢できれば多少はマシになるかもしれませんね
[ 2016/10/30 10:06 ] [ 編集 ]
デンベレなしの10人のがマシだったとすら思える。
[ 2016/10/30 10:13 ] [ 編集 ]
引き分けという結果は順当だと思いますよ。
だって最下位相手に引き分けたり2部相手にPK戦までもつれてるチームですから。
中位同士の戦いだったと思えばこんなもんかってなもんです。
トゥヘルが本気出したら中位チームになるのは分かってただろうに現地ファンが騒ぐ理由がよくわからない。

とはいえ香川が活躍できないのはモヤモヤしますね。
管理人さんが言うように左右が分断されたように感じるのはオバメが下がって来ないからですね。
オバメが2列目くらいまで下がってポストすれば左右からゲッツェ、香川が飛び出す事ができるんですけどね。
チャンスにならないと全力で走らない、ポストプレーを一切しないオバメは個人的に2流選手だと思います。
あとはデンベレが無駄なドリブル多すぎて困る。

ドルってワンタッチ、ツータッチでパスを回して全員が走りこむ速攻が持ち味だったのに
最近は真逆のコネコネ選手達ばかりだし現地ファンはそこに気付かないのでしょうかね?
[ 2016/10/30 10:29 ] [ 編集 ]
こんなに楽しみにしてた試合だったのに、試合中眠くなってきて悲しくなった。

なんでトゥヘルは選手の自由を束縛するのか。
デンベレ失いすぎてイライラする
[ 2016/10/30 10:58 ] [ 編集 ]
去年のトゥヘル、ドルはクロップの集めた人材で勝ってただけ。それがいなくなれば今の位置8位が定位置なのではないでしょうか。

マインツとどっちが上位にいくか楽しみに見てます。
[ 2016/10/30 11:59 ] [ 編集 ]
ビルトもルーア・ナッハリヒテンも、香川よりパスラクの方が採点高いとは…
[ 2016/10/30 12:09 ] [ 編集 ]
 残念な内容は覚悟してました。

 左右で戦術を分割する感じで窮屈で流動性のない今期のトゥヘル戦術、自分は客観的な立ち位置から観戦しているので普通に楽しめますけど、チケットを買っている地元サポーターにとってどうなんですかね。

 そして、とうとうCL圏外です。勝てなくなると問題が起きます。勝っていれば受け入れられる事が、勝てなくなると受け入れ難いものに変化します。今の戦術にいつまで選手達が我慢できるかな?

 香川は右側で、以前のように深い位置に張り付きではなく、8番のような役割を今回与えられたようで、少しはやりやすそうでした。が、良い形でボールを持っても出しどころが右WG一つしかないんですよね。CFを一度下げたりSBを上げたりしないと厳しいかなと。
[ 2016/10/30 14:33 ] [ 編集 ]
管理人さんに同意です
香川とゲッツェがもう少し近くでプレーしたら状況は変わったように思います
シャルケの守備もタイトでしたから、2人がもう少し自由に動ければよかったのですが、トゥヘルの指示はどうだったのでしょう
攻撃の選手はミスがいくつあっても、決定的なプレーがあれば評価されるって感じでしょうか
香川は中盤の選手として役割は果たせてたいたのではないでしょうか
終始堅実なプレーをしているわけですから、1回や2回ロストやミス覚悟の仕掛けるプレーをして欲しいですが、今の状況ではしないのだと思います

[ 2016/10/30 15:45 ] [ 編集 ]
両サイドにドリブラーがいること自体は悪くないのかもしれないけど、ムヒ・ロイスに比べてすべての面で劣っている。
結果コネコネするだけ→シャルケに引かれてコネるスペースなし→オバ茫然…
両サイドが開くせいか全体的に選手の距離感が遠すぎ→足元にしかパス出さない→ただ成功率が高いだけ…連携ゼロ…
けが人の関係もあるのかもしれないけど、この戦術で戦い続ける気なのか?
[ 2016/10/30 16:14 ] [ 編集 ]
昨日の試合見てたけどひたすらドリブルロストドリブルクロスで見ててつまらなかったし点をとれる気配すらなかった。
香川が近づいてパス交換しに行っても結局サイドでドリブルだし。
まあ香川自体もよくはなかったけど選手間の連携が無さすぎる。
[ 2016/10/30 16:47 ] [ 編集 ]
今日の試合は本当に眠くなって悲しかったし、今の所監督は評点5.0でいいよ
[ 2016/10/30 17:29 ] [ 編集 ]
香川にはもう少し積極的にはなってほしいとは思いますが、周りが動かないのにどう決定的な仕事をすればいいんでしょうか。
ドリブルで持ち上がっても動かないからバスの出しどころはないし、いい位置に走り込んでもパスは出てこない。
8番としての仕事はしっかりこなしてたと思います。
あとはそれにどうプラスアルファの仕事をするか。
[ 2016/10/30 17:36 ] [ 編集 ]
WAZは専門紙ではないですけど採点者はなんだかんだ試合を良くみてますね。昨季後半も徐々にフォーメーションや役割の変更に気付いて修正していった気がします。RNは採点者が多いからかイマイチ気付けないのかそれともクラブと密着しているので採点や記事にクラブの意図が入ってるのか。キッカーは専門誌ですけど昨季前半のケルン戦からしばらく間違ったフォーメーションで採点してどこに問題があるかわかっていなかったのであれ以来私の中で信用度がかなり落ちてます。最近はましになりましたけどこの試合の採点もどこまで気付くか見ものですね。わからない事は試合後会見でトゥヘルに突っ込んで聞けばいいのにといつも思います。香川は試合後に結構フォーメーションやトゥヘルの指示を喋ってますし。ここに来る方含めて既に気付いているサポはいますのでまあRNは別としてサッカーを知る現地の記者の方々が気づかないというのはありえないと私は思いますけどね。香川は自分の立場をわかった上で話してますし移籍は確実だと思いますけど移籍の時期がいつになってもしゃあないと切り替えていけそうな様子だなとこの試合後のインタビューでなんとなく思いました。
[ 2016/10/30 18:05 ] [ 編集 ]
30日14:33さんの意見に同意です。
右サイドという新しい場所ですが、両方の足を使える香川選手なら、そこそこいい仕事が出来ると思うのですが、現時点で同じ右にしか出しどころがない。
左サイドをもっと上がらせると、去年の433で良かったギンターとのコンビの逆が出来るんじゃないかと思うんですね。ダイアゴナル…でしたっけw斜めのパス。しかも誰よりも正確なパス。

昨日見ていて、サイドがドリブラーということよりも、クロスを入れた時の雑さが目について……。
[ 2016/10/30 20:28 ] [ 編集 ]
香川選手交代時かなり悔しそうにしていましたね。シャルケも疲れてきてて、もう少しやり続ければ1点入ったのにと思ってたのではないでしょうか。。トゥへル考えてることわからないなあ。
[ 2016/10/30 20:31 ] [ 編集 ]
18:05 さん 深読みするとそうなるのですね…まーどんなクラブに行こうと応援しますけどね!
[ 2016/10/30 22:30 ] [ 編集 ]
 しばらく2列目 シュールレ、香川、ゲッツェ、カストロでやってみてほしいです。
[ 2016/10/31 17:01 ] [ 編集 ]
それ見たいです。
[ 2016/10/31 22:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。