ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リベロ長谷部!ドイツ紙「日本のベッケンバウアー、そして日本のイコンだ!」長谷部特集《ドイツの反応》




ビルト



“リべロ”長谷部



日本のディフェンダーのレジェンドに例えられる!



entry_img_1306.jpg
引用元:Bild
スポンサーリンク



スポーツ・ディレクターのブルーノ・ヒュープナーは彼をすでに“日本のベッケンバウアー”と呼んだ。今度はニコ・コヴァチ監督が彼をさらなるレジェンドとも比較した。“お前は日本のイコンとなっている宮本みたいだけど、今度はお前がイコンだ。(注:イコン=聖画像)”コヴァチは何をしゃべっているのかちゃんとわかっている。彼は3年間宮本とザルツブルクでプレーしていたのだ。


宮本はセンターバックとしては小さいながらも(176センチ)巨人のようにプレーしたが、グラートバッハ戦での長谷部は5バックの中央のボスとしてプレーした。そして時にはほぼリベロのようなプレーを見せたのだ。



彼は非常に手堅く指揮を執り、チームメートに対して物事をはっきりとさせていた。一度も視野を失う事はなく、賢いパスを見せた。今シーズンの彼のベストプレーだ(採点2)。しかも彼にとっては不慣れなポジションで。“リベロでプレーしたことはありませんでしたが、楽しみました。この役割で心地よく感じています。”



2016103107503837a.jpg


さらにコヴァチも彼を称える。“彼が後ろにいる事で我々はヴァリエーションが豊富になるんだ。彼は本当に良くやってくれたよ。”



また彼がここでプレーする可能性はある。








以上です。


久しぶりに長谷部選手の特集記事が出ました。他にもいくつか出ていますのでまた取り上げる予定です。

めだたないポジションながらもこうして活躍してメディアに取り上げられることは嬉しいですね。長谷部選手は優勝メンバーとして、当然ドイツでは一定の評価を得ていましたが、ここ最近はベテランとしての評価も加わりつつあるような感じがします。


元日本代表の宮本選手の名前がドイツメディアに出てきたのは意外ではありましたが、監督がチームメートでしたか。いろんなところでつながっているものですね。

長谷部選手、フランクフルトも好調ですし、活躍を続けてほしいです。


[ 2016/10/31 07:53 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(9)
サッカー頭脳的にはピルロ・セスク・長谷部はいい勝負できる。
彼がやってる事は過小評価されててきたのでこれは嬉しいね。
フィジカルがあれば遠藤もドイツに渡ってほしかったがな。
[ 2016/10/31 11:28 ] [ 編集 ]
長谷部はいわゆるトリックスター的な性格だよね。
レッズにいるときからだけれど、
代表でも"今この集団に何が足りないか"客観的に見て変化をつけるのが上手い人。
だから全体の状況が見やすいポジションへ、どんどん移っていくのは必然なのかも。
もちろん人の縁や運もあると思うけれど。

そういう人って中心から距離を置いて俯瞰で観たがるので、
周囲に慕われること自体を敬遠したり、キャプテン向きじゃない人が多いけれど、
そういう特性を集団の中心で活かすことが出来るのは、
なかなか稀有な存在なんじゃないかなんて
思ったりする。
[ 2016/10/31 22:36 ] [ 編集 ]
長谷部はキャプテン向きの性格では無いよ、人が苦手だからね。クラブでも一人部屋を契約条項に入れているし、他人の家に泊まれないのは有名な話。
ただ、サッカーはキャプテンだけが審判に交渉権が有るという決まりだから、代表戦のように海外と試合する時は語学力や冷静さが必要だから、代表でのキャプテンを任されている。
ブラジルでチームがバラバラになりそうだった時も長谷部は纏められなかった。そういうごたごたにそもそも付き合うのが苦手な人だよ、本人が言ってる。
[ 2016/11/01 00:16 ] [ 編集 ]
>長谷部はキャプテン向きの性格では無いよ、人が苦手だからね。

ほ〜。ではもう典型的なトリックスターなんでしょうね。
たまたま当時の代表に足りなかった役柄がキャプテンだったと。

人が苦手と言うより、集団の外枠に近い場所に居たいというのと、
もう一つは、きっと周囲の状況把握とコントロールに人一倍神経を使うから、
疲れちゃうんじゃないでしょうかね。
普段から"この集団に足りない役"を探しちゃうんじゃないかと思うな。
心を整える時間が欲しいんでしょうね笑

[ 2016/11/01 05:50 ] [ 編集 ]
人が苦手、だったら外から人間を観察できていいんじゃない?
中に入ってしまうと影響されて調子に乗ってしまうってよくあるでしょ
ゴタゴタに乗っかって物事を大きくする人居るよね。
たぶん自分に深く入ってくるのが苦手っていうのと相手に深く入るのも苦手、というか好きじゃない。って事を言いたいんじゃ?
人が苦手イコールキャプテン向きじゃないってオカシイでしょ
こういうのはどうとでも取れるからね
[ 2016/11/01 11:14 ] [ 編集 ]
トリックスターって敵も味方も引っかき回すイメージだけど、、、
長谷部とは間逆に思えるんだけど
[ 2016/11/01 12:40 ] [ 編集 ]
コヴァチはドイツW杯日本-クロアチアでも先発して宮本と対峙してるな
[ 2016/11/01 13:22 ] [ 編集 ]
良くも悪くも、て事じゃないすかね。
個人や集団の長短所を見付けるのが上手く、固まったものを壊すのが得意、だけどその逆は苦手。
くらいの理解で。

自分の書いた"リーダー向き"と言う表現は、確かに場面に依るかも、訂正。
いろんなタイプのリーダーがいて良いですよね。

ただマイペースでリーダーを積極的にやりたがらない傾向はあると思う。
指摘や分析は的確なので社会的圧力で押し上げられる事はあるし、
パイが大きい組織ほどそういう事例は多いと思う。
会社なんかでも、特に混乱していて積極的ななり手がいない様な時に突然転がり込んで来たりする、あるある。

とここまで書いてふと気になりキャプテン就任時期見たら、南アフリカW杯直前の5月だね。
あの混乱の時期だわw
[ 2016/11/01 22:58 ] [ 編集 ]
今のA代表は海外組も多いし長く同じメンバーだから、長谷部は良いリーダーだと思うよ。今はね。
ただブラジル前の合宿中や、初戦負けた後ネガティブな空気の中のいろいろ通訳日誌等読んで、一寸思う事は有った。

改めて私の理想のキャプテン像は、遠藤航みたいな人だね。
[ 2016/11/02 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。