ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、バルトラ「トゥヘルはペップやエンリケを思い出させる!」トゥヘルを絶賛!《ドイツの反応》




スポーツビルト

BVBスター・バルトラ:“ここはバルサよりもさらに熱いよ!”


entry_img_1308.jpg
引用元:sportbild




BVBに移籍してからバルトラにとっては、スポーツ面ではすべてが上手く行っているわけではない。このスペイン人は負傷したこともあって、これまでブンデスリーガでは4試合に出場し、チャンピオンズリーグでは2試合出場している。しかし、それでもこの25歳のセンターバックは確信している。:バルセロナからドルトムントへの移籍は、“これまでの人生で下した最高の決断。”だったようである。彼はUefaのインタビューでそのように語っている。

スポンサーリンク






バルトラは、“それと同時に(この決断は)もっとも難しいものでもありました。僕は新しい街、違う言葉を話す新しい国にやってきたんです。また長い間プレーしていたバルサを去りました。そこでは11歳の時からプレーしていたんです。”と続けている。



ドルトムントは、バルトラに対して800万ユーロの移籍金を支払い、バルトラは2020年までの契約にサインした。このスペイン人は、新しいクラブに感激しているようだ。“バルセロナの選手としてバルセロナに住んでいると、そこの人々の心にどれだけバルサがあるのか気が付きます。それはドルトムントも全く同じなんです。街はまるで黄色の海のようですし、車などいたるところでドルトムントのワッペンを見る事になりますね。それどころかスタジアムの支えはバルサよりももっと熱いと思います。ファンがチームを鼓舞する姿は、本当に信じられません。スタジアムに着た瞬間から彼らはチームを支えているんです。これは本当に感銘に値しますね。”


バルトロが熱を上げるのはBVBのファンだけではない。トーマス・トゥヘルもだ。“ 彼は非常に精確な監督で、すべてが正しく機能することを求めます。大きなパーソナリティを備え、はっきりとしたヴィジョンを持っていることが彼の最も良いところです。彼は僕たちがボールを支配し、攻撃的なサッカーをすることを望んでいますし、そのアイデアを人に伝える才能も有ります。時々ドイツ語で話しますので、彼の言っていることがはっきりとはわかりませんが、それでも僕にモチベーションを与えてくれます。彼のものの伝え方だけでもそうなります。そして選手に浸透するんです。”



このスペイン代表の選手はさらにトゥヘルを偉大な監督たちと比べる。“ボス(監督)が要求することは、ペップ・グアルディオラの下でプレーした時のことを思い出させますね。またある部分はルイス・エンリケも。それにスタイルはスペイン代表とも似ているんです。後ろからの組み立てなどは。ポゼッションをしてさらにチャンスを作る動きが許されているんです。”






以上です。

これは中々興味深いですね。まあ若い選手がメディアで監督を批判できるはずはありませんが・・・・。

バルトラは負傷もあり、まだ完全にその力を出せてはいませんが、時々見せる縦パスにはその才能を感じますね。あとは本業の守備で安定したプレーをみせてほしいです。

さて今週はまたチャンピオンズリーグがありますね。ここで勝てばグループ突破はほぼ確実となるでしょうから、ぜひとも勝ってもらいたい所です。

まだ対策されていない分だけチャンピオンズリーグのほうがのびのびプレーできていますね。
[ 2016/11/01 06:00 ] バルトラ | TB(-) | CM(16)
なるほどね。バルトラに言わせると、トゥヘルはエンリケやペップより攻撃的ってわけだ。
ならば今のドルのピンチもうなずける。

今のヨーロッパサッカーで、結果出してる監督たちは、ほとんどセリエAのOBなんだよね。前のシーズンのCLのベスト4監督のうち3人そうだし、各国リーグの優勝監督もみなさんセリエAのОB。

別の言い方すれば、みんな守備重視。
だからトレンドも必然的にそうなるし、現に、今シーズンの各国リーグの上位見れば、どのチームもコンパクトに固まって堅守速攻。バイエルンなんか、またセリエのОB呼んで結果だしてる。

だけど今のドルは、間延びさせて抜けないドリブルばっかだよwそれもドリブルできるやつらをハーフにおいて、ハーフできるやつをベンチにおいてだよw

勝負の世界でトレンドに逆らったらどうなるか知らんのかな?

バルトラは監督かばったのかもしれないけど、逆にホントのこと言っちゃったかなw

[ 2016/11/01 07:18 ] [ 編集 ]
多少のお世辞は有ると思うけど、気に入っている事だけは間違いないみたいですね。私も同じです。
[ 2016/11/01 07:18 ] [ 編集 ]
ここもそうなりつつあるので
こうした違った角度からのトゥヘルの見方も
ありがたいです。
批判されすぎてて最近はコメントしていませんが
私はトゥヘルいい監督だと思ってます。
多分やりたいことが出来るようになれば勝ちも増え
順位も上がるだろうと思ってます。
[ 2016/11/01 08:40 ] [ 編集 ]
ハッキリしたビジョンは、リーガでは大成功してますもんねー(棒

バルトラが幸せで何より。
[ 2016/11/01 08:59 ] [ 編集 ]
今現在の状況でトゥヘルを絶賛ってなんか虚しく聞こえるなあ。
[ 2016/11/01 09:41 ] [ 編集 ]
〉ポゼッションしてさらにチャンスを作る動きが許されているんです。
パパとギンターではこれが上手くいかないですね。フンメルスと比べるのは酷だけど、ギンターはもう一段上がって欲しいし、守備に関してはドルトムントのスタメンCBレベルでは無い。バルトラは、そういう意味では次のフンメルスに成れる可能性を感じています。

[ 2016/11/01 10:28 ] [ 編集 ]
いや、バルトラの縦パスは危険。
フンメルスはボール回してる時に選手探して一瞬の隙に縦パス入れてくれるけど、バルトラは自分がボール持った時に選手探すことが多くカットされやすい。

しかもパス出しやすい位置まで動いてパスするからカウンター対しても遅れてしまう。

そこ改善してほしいな
[ 2016/11/01 10:46 ] [ 編集 ]
>彼は非常に精確な監督で、すべてが正しく機能することを求めます。

それなのに香川とゲレイロでは雲泥の差がある。ゲレイロは能力が高いんだから~~という声もあるだろうが、自由にやっているから、伸び伸びとやっているから高い能力を発揮できる、という考え方もできるし、実際にそうした面があるはず。トゥヘルが自由を与えているのかもしれないが、もしかしたらゲレイロがトゥヘルの話をろくに聞いていないだけかもしれない。それでも上手く行っちゃっているからガミガミ言われないとか。

香川は日本人らしく真面目にトゥヘルの言いつけを守りすぎてしまっているんじゃないかと思う。プレーが窮屈で気の毒に思える。キッカーは香川を「試合に参加していない」と酷評したという話だけど、トゥヘルの事細かな要求通りにプレーしようとすると、あれが精一杯なのかもしれない。代表では連携プレー軽視の監督の下で目立った活躍も出来ないし、このままフェードアウトってことになっちゃうのかなぁ。
[ 2016/11/01 13:09 ] [ 編集 ]
さすがにバルサより熱いは言いすぎですねw
スポルティングリスボンとの1レグは、シュールレ・カストロ・ゲレイロ・デンベレ辺りのキッカーが先発予想している選手がいなくてもなぜか勝ってしまいましたね
それもレアルがベスメンで苦戦した相手に
[ 2016/11/01 15:09 ] [ 編集 ]
トゥヘルで良かった。
トゥヘルじゃなかったらポゼッションじゃなかったろうし、戦術の無いとんでもないサッカーさせられてたような気がする。
[ 2016/11/01 16:59 ] [ 編集 ]
11/01 13:09
「戦術香川」ができるほどの能力がないのだから、チームとしてのタスクを分担するのは当然かと
トゥヘルの方向性うんぬんを差し引いても、あまりにも弱々しいパフォーマンスですわね
[ 2016/11/01 18:04 ] [ 編集 ]
ユーロのゲレイロ見てたけど、彼はもともと攻守に上手い選手だよ。でも、左サイド限定だね、完全な左利きだからトップ下はできない。

香川は自由を奪われている様に見えるけど、もともと彼はどんな監督の時もオーダーに応えようとする性格だよね。香川自身はポゼッションのバルサ的サッカーが好みで、やりたがっていたけど、クロップの下ではゲーゲンプレスのカウンターサッカーの申し子になった。モイーズの下ではひたすらクロスマンに。今のポゼッションサッカーは、やっとやりたかったサッカーができていると思って見ている。横パスやバックパスの多さを叩かれるけど、あれがポゼッションサッカーだ。ボールを失わない事が一番大事。実際香川はロストをほとんどしないよね。

トゥヘルみたいに自分の戦術を忠実にやらせたい監督、選手の自由を縛る監督にとって香川はお気に入りにならないはずはないと思ってる。
[ 2016/11/01 19:15 ] [ 編集 ]
最近はベンチだねぇ、このインタビューの後に出場機会増えたら、あぁそう言えって言われたんだなぁと判断するしかないね。
トゥヘルの守備が酷いのは一試合みればすぐわかるし。
[ 2016/11/01 20:01 ] [ 編集 ]
良くも悪くも典型的なクラブ新入りによるカジュアルサポーター向けのポジショントークですね。
[ 2016/11/01 22:03 ] [ 編集 ]
選手だからスタメンでプレーできてる監督を批判はしないよね。
でも、チクチク感じるのはチーム状態が良くない証拠なんだろうね。

態々持ち上げるようなコメントを挟まなくてもいいと思うけどね。
しかも、実績を残してるペップなどの名前を出さなくてもね。

はっきり言って、トゥヘルはまだ何も残してはいない。
トゥヘル=戦術、その人気先行で人気に追い付こうともがいてるようにさえ見受けられる。
それが現状のチームに現れてる様にさえ感じられるよね。

監督の迷いがチームの迷いみたいでさ。
トゥヘルもドルも、何か滑稽に見えちゃうよ。
[ 2016/11/01 23:01 ] [ 編集 ]
単に試合に出れてるか出れて無いかの差でしかないような
そりゃ選手にしてみれば、スタメンで出場できるなら熱いですね
ロシツキーが居た時より酷く冷めてる事になってる感じです
[ 2016/11/02 02:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。